MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

コロプラ<3668>は、本日(10月17日)、新作ゲームアプリ『バクレツモンスター』の正式サービスを開始した。本日16時にリリースした後、アクセス殺到によるサーバ障害に伴い、一時サービスを停止していた。ゲームでは、現在、星4確定のチュートリアルガチャなど最大40連のガチャが引ける事前登録キャンペーンや「ポプテピピック」コラボガチャを行っている。本作は、簡単操作で爽快なアクションが楽しめる対戦型アクションゲームで、インディゴゲームスタジオが開発している。多種多様なモンスターたちが登場して バトルを盛り上げる。また モンスターを集めたり、 お気に入りのモンスターを育てたりできることも楽しみの一つとなる。さらにマルチプレイ対応や 緊張感のある駆け引き、 爽快なアクションなど全国のプレイヤーとの熱いバトルが楽しめる。 【関連記事】・コロプラ、『バクレツモンスター』リリースもサ

コロプラ<3668>は、9月21日、『白猫テニス』で累計利用者数1200万人を突破したと発表した。これを記念して、ゲーム内では最大250ガチャポイントが手に入る特別ログインボーナスや、豪華プレゼントマッチ等、「1200万利用者突破記念キャンペーン」を開催している。さらに、1200万利用者突破を記念して、5キャラ対5キャラで戦う新形式マッチ「コロッセオ」が登場している。■「1200万利用者突破記念キャンペーン」 概要 最大250ガチャポイントが手に入るログインボーナスを開催する。期間:9月21日~9月27日■1200万利用者突破記念プレゼントマッチ開催100ガチャポイントやセレクションマッチ入場チケット、ギアスタールーンが手に入るプレゼントマッチを開催する。期間:2018年9月21日(金)~10月15日(月)■1200万利用者突破記念スキルチェンジダブルス開催期間中毎日

【イベントレポート】カスタマーサポートのあり方とは? 業界での地位向上もにらんだCX交流会をコロプラで開催

コロプラ<3668>は、同社のオフィス内にあるリラクゼーションスペース「コロパーク」において、「第二回ソーシャルゲーム業界CX座談会」を開催した。同イベントはゲーム業界を中心に様々な業界から顧客応対のプロフェッショナルが集まり、パネルディスカッションやグループディスカッションを行うイベントとなる。今回参加した企業は、Studio Z株式会社、KLab株式会社、株式会社ポンテム、グリー株式会社、司会進行を務めた株式会社ビジプルなど9社だ。サポート業務といえば、これまではメールの応対が主流だったが、現在はTwitterをはじめとしたSNSや生放送・動画配信など、ユーザーと繋がる様々なチャネルが生まれている。そんな中でカスタマーサポート(CS)のあり方を見直し、ユーザーとより良く接するにはどうしたら良いか、というのがイベントの主旨となる。   ■CSから

『白猫プロジェクト』がNintendo Switchに!『Shironeko New Project(仮題)』が2020年リリース予定

本日(2018年7月14日)に、サービスインからちょうど4周年を迎えたコロプラのスマートフォン向けアクションRPG『白猫プロジェクト』が、『Shironeko New Project(仮題)』として、Nintendo Switch向けに展開予定であることが判明。

中国:コロプラ、『ドラゴンプロジェクト』の中国語簡体字版を中国本土で配信開始…運用は中国YOOZOO GAMESが担当

コロプラ<3668>は、『ドラゴンプロジェクト』の中国語簡体字版を中国本土(台湾・香港・マカオを除く)で6月7日より配信開始した。本作は、巨大なモンスターを仲間とともに力を合わせて倒し、クエストをクリアしていくアクションRPG。中国語簡体字版の運用については、YOOZOO GAMESが担当する。YOOZOO GAMESは、上海に本社を置くモバイルゲームのパブリッシャーで、上海、南京、台北、シンガポールなどの八都市にオフィスを持ち、ヨーロッパ、米国、中東、アジア、南米の150カ国以上で数多くのモバイルゲームを展開している。配信OSにつきましては、今回iOS版をリリースし、今後Android版を追って配信する予定としている。(C) 2016-2018 COLOPL, Inc.

【速報】コロプラ、第2四半期の営業益は43%減の41億円 スマホゲームの課金収益が低下

コロプラ<3668>は、本日5月9日、第2四半期累計(2017年10月~2018年3月)を発表し、売上高235億5800万円(前年同期比13.6%減)、営業利益41億8000万円(同43.2%減)、経常利益38億7000万円(同49.6%減)、最終利益26億0300万円(同46.7%減)だった。大幅な減益となったが、『白猫プロジェクト』など、売上の多くを占めるスマートフォン向けゲームの課金収益が低下したことによる。 この四半期では、国内向けに「ディズニー ツムツムランド」「アリス・ギア・アイギス」の配信を開始した。また、「クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ」や「白猫プロジェクト」といった既存ゲームにおいては、TVCMやオンライン動画プラットフォームのプロモーションに加え、グッズの製作、リアルイベント等を実施することでユーザとのエンゲージメントを高めるサービス運用をして

韓国:コロプラとLINE PLUS、『ドラゴンプロジェクト』韓国版を4月11日をもってサービス終了

コロプラ<3668>とLINE PLUSは、4月11日をもって、『ドラゴンプロジェクト』韓国版(現地タイトル「드래곤 프로젝트」)のサービスを終了する。すでにアプリストアでの配信は終了している。本作は、巨大なモンスターを仲間とともに力を合わせて倒し、クエストをクリアしていくアクションRPG。開発をコロプラ、マーケティング・運用をLINE PLUSが担当する枠組みで、2017年5月より配信されていたが、約11ヶ月でサービスを終了することになった。©2017 COLOPL, Inc.

スマホゲーム会社の雇用動向(35) コロプラ、17年12月末の従業員数は15人減の1237人に

コロプラ<3668>は、2017年10~12月の決算説明会資料で、2017年12月末のグループ従業員数が前四半期末(17年9月)比で16人減の1237人となったことを明らかにした。内訳を見ると、コロプラ本体が横ばいで、グループ会社の人数が15人減ったとのこと。コロプラは、サイバーエージェントなどと同じく、新卒社員が入る第3四半期(4~6月)に従業員数を大きく増やす傾向にある。 

コロプラ<3668>は、『白猫プロジェクト』において、「魔道士」が「大魔道士」へとクラスチェンジできるようになったことを発表した。「大魔道士」の追加は、1月31日に実装された機能、超職強化「クラスチェンジ」の第2弾となっている。また、2月14日のバレンタインデーを記念して、新イベント「HOSSURU~すてきなチョコっと大戦争!~」も開催中。「優勝賞品は何でも好きな願いを一つ!」という事を聞いたルカ・セーラ・チハヤら女性冒険家たちは、バレンタイン・グランプリに参加する。優勝目指して奮闘する彼女たちの一生懸命で可愛らしい姿をチェックしよう。■『白猫プロジェクト』超職強化「クラスチェンジ」第2弾&「大魔道士」登場 概要☆「大魔道士」登場!「魔道士」を「大魔道士」にクラスチェンジできるようになる。「大魔道士」になれば、「クラスチェンジ」による各種強化に加えて、新能力「スペルバースト」も

コロプラ、スマートフォンを活用したリサーチに関するセミナーをMMD研究所と共同で開催…前回開催の2015年から変化と傾向を捉える

コロプラ<3668>は、「スマートフォンユーザー動向調査」をMMD研究所と共同で1月25日に開催する。本セミナーはスマートフォンを活用したリサーチの現状と活用法に関するもので、2015年以来2年ぶりの開催となる。iPhone、Androidのユーザー傾向、スマホ端末のシェアや満足度傾向、大手キャリアと格安SIMユーザーの対比、通信量や料金プラン、そしてスマホアプリの利用実態やゲームやニュース、ECなど2015年との比較を踏まえ、調査結果データを発表する。直近2年間でのスマートフォンユーザーの傾向と変化を捉え、今後の事業施策に役立てる内容になっているという。また、当日は、調査結果の発表以外にも、コロプラからはスマートフォン特化型ネットリサーチサービス「スマートアンサー」を紹介、MMD研究所からは調査データの分析手法や活用手法の紹介を予定している。申し込みページ<セミナー概要>■日

コロプラの「白猫プロジェクト」 任天堂からの特許権侵害に関する訴訟提起を受け「お客様への感謝とお知らせ」と題したページを公開

コロプラは本日(2018年1月12日),スマートフォン向けアプリ「白猫プロジェクト」(iOS / Android)の公式サイトで,「お客様への感謝とお知らせ」と題したページを公開した。

コロプラ、任天堂からの特許権侵害に関する訴訟提起についてを発表…対象アプリは『白猫プロジェクト』

コロプラ<3668>は、本日(1月10日)、12月22日付で特許権侵害に関する訴訟を任天堂<7974>より提起され、1月9日に訴状内容を確認したことを発表した。

【年始企画】成熟市場で成功の鍵を握るのはコアユーザー…ポケラボ代表取締役社長 前田悠太氏に訊く2018年のスマホゲーム市場

2017年におけるスマートフォンアプリ業界の総決算として、前年から2018年に至るまでの市場動向を総まとめする年始恒例企画「ゲームアプリ市場のキーマンに訊く2017-2018」。

コロプラ<3668>は、12月12日、『白猫テニス』の累計利用者数が1000万人を突破したことを記念して、「ありがとう1,000万プレイヤー!夢モリィィッ!超感謝祭!!第2弾!!」を12月11日より開催している。またクリスマスにふさわしい装いのルウシェとリリカがガチャに登場しているとのこと。

コロプラ<3668>は、12月11日、『Rumble City(ランブル・シティ)』のサービスを2018年3月30日16時をもって終了することを発表した。

コロプラは本日(2017年10月6日),スマートフォン向けアプリ「ドラゴンプロジェクト」(iOS / Android)で,アップデートを実施したことを発表した。

コロプラ<3668>は、6月16日、スマートフォン向け本格対戦テニスゲーム『白猫テニス』の累計利用者数が2017年6月14日に800万人を突破したことを発表した。

コロプラ、スマホ向け『白猫プロジェクト』、AppStore売上ランキングで久々の首位獲得!

コロプラ<3668>の『白猫プロジェクト』がApp Store売上ランキングで首位を獲得した。AppAnnieの集計によると、昨年12月10日以来の首位獲得となるようだ。

2017年5月23日,コロプラは,スマートフォン向け新作アプリ「プロ野球バーサス」(iOS / Android)の正式サービスを開始した。

コロプラ<3668>は、5月23日、スマートフォン向け新作ゲーム『プロ野球バーサス』の配信を開始した。

的中率90%、「退職予測」AI開発者の思い

成長どころか社員を病気に追い込む一因が、相性の合わない上司だ。

【速報】コロプラ、『プロ野球バーサス』と『Project:Pani Pani』で新しい課金システムを導入 その次は「有名IP」を使ったタイトルに

コロプラ<3668>の馬場功淳社長は、この日(5月10日)開催した決算説明会で、『プロ野球バーサス』と『Project:Pani Pani』で、ガチャとは異なる新しい課金システムを導入することを明らかにした。詳細については明かさなかったが、ガチャと同水準の売上が担保できるとのこと。

スマホゲーム会社の雇用動向(11) わずか6年で17倍の規模に成長したコロプラ

不定期連載として、スマートフォンゲーム会社の雇用動向にフォーカスしていく。第11回目は、コロプラ<3668>を取り上げる。位置情報ゲームからスタートした同社だが、『プロ野球PRIDE』や『秘宝探偵キャリー』などのネイティブアプリが大ヒットし、以降、スマートフォンゲーム企業として成長してきた。『白猫プロジェクト』と『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』『蒼の三国志』などのヒット作も生み出している。

コロプラ<3668>は、本日(3月28日)、2016年6月3日より国内で展開しているスマートフォン向けアクションRPG『ドラゴンプロジェクト』を韓国で今春より配信することを決定した。

コロプラは本日(2017年3月23日),スマートフォン向け新作ゲーム「プロ野球バーサス」(iOS / Android)を今春に配信すると発表し,事前登録の受付を開始した。

コロプラ<3668>は、本日(3月21日)より、スマートフォン向けアプリ『ドラゴンプロジェクト』において、最大8人で同時に遊べる新機能“集会所”が実装されたことを発表した。

渡辺篤史さんのゲームオフィス探訪~コロプラ編~(1/3)

“建ものの探訪者”渡辺篤史さんがゲームメーカーを訪問して、建もの好きの観点から各社のワークスタイルに迫る本企画。今回訪れたコロプラの社内はかなりユニークとのことですが……。

VR空間でリアルなテニスの駆け引きを再現。PS VR版「VR Tennis Online」のインプレッションと,開発者へのインタビューを掲載

コロプラは2017年2月16日,PlayStation VR(以下,PS VR)対応ソフト「VR Tennis Online」の配信をスタートする。

コロプラは本日(2017年2月15日),PlayStation VR向けの新作タイトル「VR Tennis Online」の配信を,2月16日にスタートすると発表した。価格は2490円(税込)となる。

【コロプラ決算説明会①】新作は「ガチャは入れない方向で開発中」(馬場社長)…新しい課金の仕組みを模索 IPタイトル開発へのコメントも

コロプラ<3668>は、2月1日、2017年9月期の第1四半期(10~12月)の連結決算を発表するとともに、東京都内で決算説明会を開催した。今回の記事では、その中から同社の新作タイトルの開発状況について取り上げたい。

スマートフォン向け本格対戦テニスゲーム『白猫テニス』の累計利用者数が、2016年11月1日(火)に600万人を突破(※)いたしました。ご利用いただいているユーザーの皆さまへ心からの感謝を申し上げるとともに、今後もより多くのユーザーさまにお楽しみいただけるアプリへと進化させてまいります。

スマートフォン向け本格対戦テニスゲーム『白猫テニス』の累計利用者数が、2016年9月19日(月)に500万人を突破(※)いたしました。ご利用いただいているユーザーの皆さまへ心からの感謝を申し上げるとともに、今後もより多くのユーザーさまにお楽しみいただけるアプリへと進化させてまいります。

弊社のスマートフォン用アプリ『ランブル・シティ』にて「ありがとう!1,000億住人突破キャンペーン」が2016年9月21日(水)より期間限定で行われております。期間中のログインボーナスとして、毎日ダイヤモンドを10個プレゼントしています。 7月に開催された住民1,000億人を目指すキャンペーンの目標を達成したことを記念し、新機能として「チャレンジマッチ」が追加されました。

コロプラは本日(2016年9月15日),ブラウザゲーム「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ PC」の配信をYahoo!Mobageで開始した。  本作は,スマホ向けに配信されている「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」のPCブラウザ版だ。

C&R社、コロプラ開発者によるセミナー「ユーザーさまにダイレクトに届く、プランニング術とは」開催 大阪での開催は初

クリーク・アンド・リバー<4763>は、10月1日に、コロプラ<3668>の開発者によるセミナー「ユーザーさまにダイレクトに届く、プランニング術とは」を大阪にて開催する。さ

コロプラは本日(2016年9月1日),スマホで展開中の「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」のPCブラウザ版「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ PC」を,Yahoo! Mobageほかで今秋に配信すると発表した。サービス形態は基本プレイ無料(アイテム課金制)。

2016年8月31日,コロプラは,スマートフォン向けアクションRPG「ドラゴンプロジェクト」(iOS / Android)で大型アップデートを行い,新機能「討伐隊モード」を実装した。

スマートフォン向け本格対戦テニスゲーム『白猫テニス』の累計利用者数が、2016年8月26日(金)に400万人を突破(※)いたしました。ご利用いただいているユーザーの皆さまへ心からの感謝を申し上げるとともに、今後もより多くのユーザーさまにお楽しみいただけるアプリへと進化させてまいります。

斬新なVRゲームを矢継ぎ早に提供し続けるコロプラ リリースラッシュの背景や事業部の体制・思想を訊いた

コロプラ<3668>は、2016年8月17日にOculus Rift向けの新作VRロボット格闘ゲーム『STEEL COMBAT』をOculus Storeにて配信開始した。

コロプラ、サーバサイドエンジニア・インフラエンジニアにフォーカスを当てたセミナー「コロプラのゲームを支える技術とは」を9月7日に開催

コロプラ<3668>は、『白猫プロジェクト』や『クイズRPG 魔法使いと黒猫の ウィズ』などの人気タイトルや、『白猫テニス』や『ドラゴンプロジェクト』などの最新作まで数多くのゲームの基礎を作り、その後の運用を支えるサーバサイドエンジニア・インフラエンジニアにフォーカスを当てた中途採用セミナー「コロプラのゲームを支える技術とは -インフラとサーバの技術領域とミッション・開発手法について-」を9月7日に開催する。

コロプラ<3668>は、8月16日、新作スマートフォン向けテニスゲーム『白猫テニス』の国内における累計利用者数が8月14日に300万人を突破したことを発表した。

株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)は、新作スマートフォン向けテニスゲーム『白猫テニス』の国内における累計利用者数が、2016年8月7日(日)に200万人(※1)を突破したことをお知らせいたします。

【インタビュー】クロスメディア展開を成功させるコロプラ独自の秘訣とは…イベントから商品化まで全員に通ずる信念は「自分もワクワクできること」

『白猫プロジェクト』を始め、『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』や『バトルガール ハイスクール』など、自社タイトルで活発にクロスメディア展開を行うコロプラ<3668>。直近では、8月5日に、『白猫プロジェクト』と若者向けアパレルショップ「2.5SPINNS」のコラボカフェ「星たぬきカフェin原宿」を期間限定でオープンしている。

株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、 本社:東京都渋谷区、 以下「コロプラ」)は、 新作スマートフォン向けテニスゲーム『白猫テニス』の国内における累計利用者数が、 2016年8月2日(火)に100万人(※1)を突破したことをお知らせいたします。

コロプラ<3668>は、7月31日、大人気アクションRPG『白猫プロジェクト』のキャラが登場するスポーツアクション『白猫テニス』をリリースした。

【コロプラ決算説明会②】3QはQonQで大幅な減収減益 『白猫』が5月に低迷…「新職種が不評」(馬場社長) 『ドラプロ』は良好なKPIでスタート

コロプラ<3668>は、7月27日、2016年9月期第3四半期(10~6月)の決算を発表するとともに、東京都内で決算説明会を開催した。同日発表した第3四半期の決算は、売上高645億円(前年同期比26.2%増)、営業利益256億円(同11.5%増)、経常利益250億円(同8.3%増)、四半期純利益147億円(同7.7%増)と増収増益を達成した。

コロプラ、スマホ向けMORPG『ドラゴンプロジェクト』に特化した中途採用セミナーを7月21日に開催! 「質問会」と「オフィスツアー」も予定 希望者は面接も確約!

コロプラ<3668>は、7月1日に累計利用者数が300万人を突破するなど好スタートを切った新作アクションRPG『ドラゴンプロジェクト』に特化した中途採用セミナー「今までにないクオリティへの挑戦! 開発責任者が語る『ドラゴンプロジェクト』開発の裏側」を7月21日に開催する。6月3日に配信を開始した、コロプラの新作『ドラゴンプロジェクト』。これまでの数々のタイトルとは打って変わった、新しい挑戦を重ねた本作の開発の裏側に迫るセミナーを初開催する。開発で特に力を注いだ、コンシューマゲームを意識した「リッチなグラフィック」を始め、その表現をアクションゲームの中で実現するUnityエンジニア・大規模トラフィックを想定した、サーバサイドエンジニアの大事な動きについても話すという。もちろん、デザイナーやエンジニアと一緒にゲームの面白さをとことんまで追求してきたディレクター/プランナーも登場。当[...]

【上期総括】馬場功淳氏が語る上半期のVR市場とコロプラの取り組み 「来年、再来年を見据えて技術・経験・ノウハウを積みたい」

スマートフォンアプリ業界に身を置く方々に話を伺い、2016年上期の市場動向と下期のトレンドを読み解く特別企画「ゲームアプリ市場のキーマンに訊く2016年上期振り返り」。今回はコロプラ<3668>の馬場 功淳 社長にインタビューを行い、上半期のVR市場と同社としての取り組みを振り返ってもらうとともに、下半期の展望について語ってもらった。

  1. 1
  2. 2
  3. 次へ >>