MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

バンダイナムコオンラインは、2月22日、完全新作となる、Windows専用オンラインゲーム『ガンダムヒーローズ』を今春より配信を開始する。正式サービスに先駆け、本日 2 月 22 日にアキバ・スクエアで記者発表会を開催した。オフィシャルレポートをお届けしよう。<以下、オフィシャルレポートより>本作品は、プレイヤーが司令官となり敵艦隊を撃破するリアルタイムバトルゲームです。毎秒変化する戦場を見極め、さまざまな特徴を持つ個性豊かなユニットをいつ ・どこで出撃させるか…。司令官の戦術が勝利を決める白熱の戦いを楽しめます。記者発表会では、4 月上旬より第 2 回先行プレイヤー体験が開始されることが発表しました。また、主題歌を担当する EXILE THE SECOND」のみなさんからのビデオメッセージや、描き下ろし主題歌 HEROES」を使用した新 PV が公開され、会場を大いに盛り上

「艦これ」公式Twitterの凍結が解除される 140万いたフォロワーはゼロに

ともあれ良かった。

 X-LEGENDENTERTAINMENTJAPANは本日(2018年2月22日),“アニメチックファンタジーMMORPG”「幻想神域-CrosstoFate-」において,アップデートを実施した。新たな幻神「村正(花宴)」が登場。超高難度ダンジョン「時の書庫」に第13〜15章が追加されている。

 WeMadeOnlineとNHNハンゲームは本日,PC用オンラインファンタジーアクションRPG「Ar:pieL」のオープンβテストを開始した。使用可能なキャラクターはルー,ユエ,カイル,アイリーン,バインといった計5体。作成したキャラクターのデータは,正式サービスに引き継がれる。

 Wargamingは,オンラインRTS「TotalWar:ARENA」のオープンβ版を本日(2018年2月22日)ローンチした。オープンβ版から新勢力「カルタゴ」が参戦。「ハンニバル・バルカ」「ハスドルバル」といった司令官のほか,「戦象」などのユニットが登場する。

「艦これ」運営、公式ツイッター凍結に関して発表 虚偽通告によるDMCA著作権侵害が原因

「艦これ」運営鎮守府は、同社の人気ゲーム艦隊育成シミュレーションゲーム『艦隊これくしょん-艦これ-』の公式Twitterアカウントの凍結理由においてコミュニティ内でその理由を明らかにした。同社によると、アイコンの画像を自身が描いたものだという偽名等の第三者からTwitter社に連続の虚偽通告があり、DMCA著作権侵害ということで、アカウントが運用できない状態になった。本件について、DMM、KADOKAWAと協力しつつ、必要な対応にあたっていくとのことだ。現在、『艦隊これくしょん-艦これ-』では冬イベ2018:【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】を展開中だが、同イベ関連の最新情報、各種障害/対応情報などは、「運営鎮守府からのお知らせ」等で、暫くの間公開していくという。 艦隊これくしょん(コミュニティ)

最もDDoS攻撃の標的になったのは「ゲーム業界」―攻撃総数自体は横ばいも79%占める

 セガ・インタラクティブのアーケード向け多人数ネットワーク対戦アクションゲーム「SOULREVERSE」が,全国で本日稼働開始となった。神々やクリーチャーの息づくファンタジー世界を舞台に,爽快かつ迫力のアクション対戦を美麗なグラフィックスで,そして,最大10vs.10で味わえるというタイトルだ。

海外:クラウドファンディングで320万ドルを集めたMMORPGの新作,「Ashes of Creation」とは

 2017年にクラウドファンディングで327万ドル(約3億5000万円)あまりを集めた新作MMORPG「AshesofCreation」。それぞれのプレイヤーの行動や選択が世界を変化させるノードシステムが最大の特徴で,参加者全員で政治や経済など,文明の未来を築いていくことになるという。

「艦これ」公式Twitterが凍結 Twitter「個別ケースについてはお答えできません」

そんなー。

北米でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

Arpier