MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

大型独占インタビュー!「GTAオンライン」、失敗の淵から大成功への道のり

今月上旬、テイクツー・インタラクティブは決算発表で「グランド・セフト・オートV」の出荷本数が8500万本を突破したことを明らかにした。これは、公式の数字が発表されているビデオゲームの中で、「GTA V」の出荷本数がついに「Wii Sports」を超え、「テトリス」と「Minecraft」に次ぐ歴代3位に躍り出たことを意味する。   

『PUBG』のコスメアイテムを使った賭博サイトが浮上し始める。問題が顕在化するのは正式リリース後か

AAA級タイトルにおける「ルートクレート」を使ったゲーム内課金が取り沙汰される一方で、もうひとつのクレート問題とも呼ぶべきクレート排出アイテムを介した賭博サイトの蔓延について海外メディアKotakuが改めて報じている。2016年にはValve社の『Counter-Strike: Global Offensive』(以下、CS:GO)について、ゲーム内アイテムを使った賭博サイトの取り締まりが話題となったが(関連記事)、今回警鐘が鳴らされているのは『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のコスメアイテムを使ったオンライン賭博である。

[G-Star 2017]韓国最大のゲームショウ「G-Star 2017」が開幕。Nexonの新作スマホゲーム「OVERHIT」やBlueholeのMMORPG「A:IR」の情報に要注目だ

韓国最大のゲームショウであるG-Star 2017が,本日(2017年11月16日)から11月19日にかけて,韓国・釜山のコンベンションセンターBEXCOで開催中だ。

ベラルーシにあるWargaming最大の開発拠点を訪問。「World of Tank Blitz」ディレクターに独占インタビュー

11月11日,これまで数か月にわたって行われてきたモバイルゲーム「World of Tank Blitz」(PC / Mac / iOS / Android)の各地域の代表チームによる決勝戦「Twister Cup 2017」が,Wargamingの創立の地ベラルーシの首都ミンスクで開催された。海外からは唯一のメディアとして招待された4Gamerでは,アジア代表となる日本チームEHR2を交えて行われたトーナメントの様子をお伝えした。

Blizzard Battle.netが日本円に対応!2017年11月17日よりスタート

Blizzard Entertainmentは、日本、カナダ、ニュージーランドの各国において、Blizzard Battle.netにて用いられる通貨が米ドルから各国通貨に切り替えとなることを発表しています。

『PUBG』直近1週間のチーターBANが10万人オーバー、合計BANは70万人突破

BattlEyeは、同社のアンチチートシステムを用いて、直近1週間の『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUND(PUBG)』におけるチーターのBANが10万人を突破し、発売以降の合計は70万人を越えたことを明らかにしました。

設立からわずか3年で,TGSには4年連続出場――中国企業の皮をかぶった日本企業「コンゾンジャパン」は,日本発のグローバル企業を目指す

日本に進出した中国ゲームパブリッシャは数あれど,大きく成功した会社はほとんどない。昨今では,「戦艦帝国」や「崩壊3rd」「陰陽師」「アズールレーン」など,中国製のスマホゲームが立て続けにスマッシュヒットを続け,国内での中国作品の存在感も高まってきたが,それらはみな開発会社ベースでの成功であり,パブリッシャが成功を収めたという話はとんと聞かない。

CCP「バーチャルリアリティにはキラーアプリは必要ありません」

Eve ValkyrieのリードゲームデザイナーAndrew Whillans氏はVRマルチプレイヤーゲームでの低インストールベースの責任の取り方を共有した。

「東京ゲームショウ2017」来場者調査報告書を公開 家庭用ゲーム機のプレイ率は、「ニンテンドー3DS」が59.7%で最も高い

社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、9月21日から9月24日までの期間、幕張メッセにて開催された「東京ゲームショウ2017」の来場者調査報告書を11月13日より公開した。

ネクソン、韓国G-STAR 2017にメインスポンサーとして初参加…『EA SPORTS FIFA ONLINE 4』や『OVERHIT』など9タイトル出展

ネクソン<3659>は、11月16日~19日の4日間、韓国釜山広域市のBEXCOで開催する韓国最大のゲームショウG-STAR 2017に、ネクソングループとして初めてメインスポンサーとして参加する。今年のネクソンブースのテーマは「NEXT LEVEL」。初公開を含む新作9タイトルとともに、会場最大規模の試遊スペースを用意するとのこと。

ソーシャルゲームはなぜ「基本無料」でプレイできるのか? 課金の仕組みと国ごとの違いを解説

ソーシャルゲームのほとんどは「基本無料」をうたい文句に運営を続けています。ですが、本当に誰もお金を払わなければゲームを運営していくことはできません。では、ソーシャルゲームはなぜそんな状態で商売が成り立っている……どころか、場合によっては大もうけしているように見えるのでしょうか。

Electronic Arts、『Titanfall』開発のRespawn Entertainmentを買収へ。買収額は約356億円

Electoronic Artsは、『Titanfall』シリーズの開発元として知られるRespawn Entertainmentを買収することで同社と合意に達したと発表した。Respawn側も公式声明をサイト上に掲載している。RespawnはEAの「Worldwide Studios」組織に加わり、現在開発中の「スター・ウォーズ」ゲーム化企画やVRプロジェクトを引き続き進めていくという。

MOBA『LoL』世界大会決勝は連覇成らず。伝説は語り継がれ不滅となる

7週間にわたって続いた『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』世界大会にも、ついに終わりの時が来た。全世界から集まった24のトップチームの中から決勝戦会場である北京国家体育場、通称「鳥の巣」にたどり着いたのはたったの2チーム。二者の内一者は世界最強の称号を手にするが、もう一者は必ず敗者となる。ウサイン・ボルトが金メダルの走りを見せた競技場で、ふたたび繰り広げられた世界最高の戦い。2017シーズンの結末を、君は見届けたか。

ガーラ、2Qは1.6億円の営業赤字を計上 国内は『Flyff Legacy』配信開始も期中の寄与は限定的 『エターナルヒーロー』のMMORPG版を開発へ

ガーラ<4777>は、11月10日、2018年3月期の第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表、売上高3億700万円(前年同期比1.8%増)、営業損益1億6600万円の赤字(前年同期2億5700万円の赤字)、経常損益1億6700万円の赤字(同2億8500万円の赤字)、四半期純損益1億7300万円の赤字(同2億8300万円の赤字)と増収、赤字幅縮小での着地となった。

ネクソン、3Qは売上収益30%増、営業益2.3倍で着地 中国での『アラド戦記』の売上収益が想定を上回る 国内モバイルゲームは減収に

ネクソン<3659>は、11月10日、2017年12月期の第3四半期累計(1~9月)の連結決算(IFRS)を発表、売上収益1822億5400万円(前年同期比30.3%増)、営業利益787億4400万円(同2.3倍)、最終利益589億6000万円(同6.6倍)となった。

ナイアンティック新作ARゲーム『Harry Potter : Wizards Unite』日本向け公式発表文が公開

ナイアンティックは、公式ブログにて、先日海外メディア経由でその存在が明らかになった、「ハリー・ポッター」シリーズをテーマにした、モバイル向け新作ARゲーム『Harry Potter : Wizards Unite』の公式発表文の和訳版を公開しています。

中国:中国で『PUBG』そっくりのバトルロイヤルゲームが発表。手がけるのは『PUBG』の中国展開における交渉相手

中国の大手IT企業Tencent(騰訊・テンセント)は11月7日、『光荣使命:使命行动』を中国国内のスマートフォン向けに発表した。100人のプレイヤーによるマルチプレイ対戦で、最後の一人として生き残るまで戦うアクション・シューティングゲームだという。どこかで聞いたことのある内容だが、まずはトレイラーをご覧いただこう。

スクエニHD、第2四半期のスマホ・PCブラウザゲームの売上高は前年比17%増の227億円 QonQで減少続く 『DQライバルズ』は第3四半期から寄与

スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、この日(11月8日)、第2四半期決算の補足資料を公開し、スマートフォンやPCブラウザゲームの第2四半期の売上高は前年同期比で17.0%増の227億円だったことを明らかにした。

カプコンが2018年3月期第2四半期の連結業績を発表 売上高・営業利益・経常利益ともに増収増益に

2017年11月6日、カプコンが2018年3月期第2四半期(2017年4月1日~2017年9月30日)の連結業績を発表した。

PCのMMORPGからコンソール,そしてスマホの女性向けゲームまで――日本に来て10年。中国大手のゲーム会社「完美世界」(Perfect World)が今後目指す方向性

古くからの4Gamer読者であれば「完美世界」(Perfect World)という作品名を聞いて「おお,あれか」と思う人も多いだろう。2006年7月に日本サービスが発表されて2007年3月からOBTが始まった,マウント(騎乗動物)に乗って空を飛べることが売りで(当時は大変珍しい試みだった),美麗なグラフィックスが自慢の,オリジナルエンジンで動いているPC用のMMORPGだ。

「BlizzCon」eスポーツトーナメント、5種目中3種目で韓国勢が優勝 eスポーツイベントとしての「BlizzCon」にBlizzardの本気を見た

BlizzCon 2017が2日間の会期を終えた。現在、夜の12時過ぎ、ホテルの一室でこの原稿を書いているが、BlizzConを終えても興奮冷めやらぬ参加者たちの歓声が未だに聞こえてくる。夜遅くまで楽しかったイベントの余韻に浸っている来場者が多いようだ。

『Torchlight』シリーズのRunic Gamesがスタジオ閉鎖。オンラインゲームに注力する親会社の方針。『Gigantic』開発元のレイオフも

Runic Gamesは11月4日、本日をもってスタジオを閉鎖すると公式サイトで発表した。同スタジオはアクションRPG『Torchlight』および『Torchlight II』を手がけたことで知られ、今年9月にはアクション・アドベンチャーゲーム『Hob』をPC/PlayStation 4向けに発売したばかりだった(関連記事)。同スタジオの代表Marsh Lefler氏はRunic Games設立からの9年間を振り返りながら、ファンに感謝の言葉を述べている。

ソニーのフォーカスはハード売り上げからアクティブユーザー数に移りつつある

直近の四半期でソニーは420万台のPlayStation 4を販売した。昨年同時期の390万台から30万台増加している。同社は間違いなくこの数字の上昇を喜んでいるだろうが,かつて達成したときと同じくらいというわけではない。

「東風荘」のサービスが2018年3月末をもって終了へ。老舗オンライン対戦麻雀ゲームが21年の歴史に幕

長期にわたって提供されていたオンライン対戦麻雀ゲーム「東風荘」のサービスが,2018年3月末をもって終了するという。トップページには「21年間のご愛顧ありがとうございました。ユーザの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです」と,作者であるmjman氏からプレイヤーへの感謝の言葉が綴られている。

海外:サバイバル系MOFPS『Fortnite Battle Royale』同接数80万人突破、ユーザーの急増によるサーバートラブルの謝罪も

Epic Gamesは、同社が手がけるバトルロワイアルシューター『Fortnite Battle Royale』の同時接続数が80万人を超えたことを発表し、ユーザー増加によるマッチメイキングの問題やサーバ-トラブルについて公式ツイッターアカウントで謝罪しました。

「MONSTER HUNTER: WORLD」開発陣にインタビュー。新しいモンハンの“世界”は厳しい生態系のピラミッドと大地の息吹を描く

カプコンが誇るハンティングアクションゲームのシリーズ最新作「MONSTER HUNTER: WORLD」(PlayStation 4版。以下,MHW)の発売日となる2018年1月26日まで3か月を切った。狩猟解禁の日を今か今かと待ちわびている人は多いだろう。

JOGA,「安心安全ガイドライン窓口」への投稿状況をまとめた定期レポート(7月~9月分)を公開

日本オンラインゲーム協会(JOGA)は,2017年7月から9月までに「JOGA安心安全ガイドライン窓口」へ寄せられた意見・要望をまとめたレポート(関連リンク※PDFファイル)を,本日(2017年11月1日)公開した。

Netmarble Games、スマホ向けMMORPG『リネージュ2 レボリューション』初のオフラインイベント「リネレボファンミーティング」を開催 本日より特設サイトを公開

Netmarble Games(ネットマーブルゲームズ)は、11月1日、『リネージュ2 レボリューション』において、サービス開始後初となる一般ユーザー参加型のオフラインイベント「リネレボファンミーティング」を開催することを発表した。また、 本日(11月1日)より、イベント特設サイトを公開し、「リネレボファンミーティング」の参加者募集を開始したことも併せて発表した。

「Google Home」や「Amazon Echo」はゲームでも使えるもの? ゲーマーも知っておきたい「スマートスピーカー」の今とこれから

最近,日本でも,「スマートスピーカー」と呼ばれる製品の話題が多くなってきた。2017年10月5日には,Googleが「Google Home」,LINEが「Clova WAVE」というスマートスピーカーのプラットフォーム展開を国内向けに発表したこともあり,テック系以外のメディアの注目度も高まっている。

PS4版「ARK」に独自のPvEサーバー10台設置 人気に応えるため、非公式にゲームサーバーを増設

スパイク・チュンソフトは、プレイステーション 4用オープンワールド恐竜サバイバルアクション「ARK:Survival Evolved」において、オンラインマルチプレイ用の非公式PvEサーバーを独自に10台設置したことを発表した。

マーベラス2018年3月期 第2四半期決算―『ログレス』不調も、コンシューマ・音楽映像は好調で増益に

マーベラスは2018年3月期 第2四半期決算を発表しました。

ガンホー、3Qは売上高19%減、営業益22%減と大幅減収減益 主力の『パズドラ』の売上高が減少 QonQでも2四半期連続の減収減益に

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、10月31日、2017年12月期の第3四半期(1~9月)累計の連結決算を発表、売上高699億9600万円(前年同期比19.9%減)、営業利益281億7500万円(同22.9%減)、経常利益281億3200万円(同22.1%減)、四半期純利益179億3900万円(同22.6%減)と大幅減収減益での着地となった。

スマホ向けMOBA「Vainglory」,テクノブラッドと共同でオフ会支援プロジェクト「Vainglory FanParty」を11月4日より開始

2017年10月31日―Super Evil Megacorpは、本格戦略アクションゲーム 『Vainglory(ベイングローリー)』において株式会社テクノブラッドと協業でオフラインイベントの店舗大会支援および、オフ会支援プロジェクトの『VaingloryFanParty(ベイングローリーファンパーティ)』を開始することを発表しました。

【インタビュー】マイネットグループをゲームサービス業のトップへ―戦略顧問に就任した和田洋一氏、マイネットグループ代表の上原仁氏が見るスマートフォン市場の未来

9月21日、スクウェア・エニックス・ホールディングス元代表取締役社長の和田洋一氏が、マイネットグループの戦略顧問に就任することが発表された。(関連記事)ゲーム産業のすべてを知り尽くした和田氏が、ゲームサービス業で着々と成長を続けるマイネットグループの一員となったニュースは多くの関係者、さらには一般のゲームファンの間でも話題となった。

中国にて『PUBG』を代表とした「バトル・ロワイアル」ゲームに規制の動きか、政府が青少年への影響を懸念

中国にて『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』を代表とした、世界中で人気沸騰中の一大ジャンル「バトル・ロワイアル」ゲームを規制する動きが出てきているようだ。中国メディア游戏产业网CGIGCが公開した情報をMMO Cultureが報じている。

ゲームは依存症を引き起こさない 学者が証明

オンラインゲームへの熱中は「完全」な薬物・アルコール依存症と同様のものではない。「ゲーマー」にとって、ゲームは社会的ないし心理的不快感を鈍くさせるために必要なのだ。

GMOゲームポット、MOゴルフ「スカッとゴルフ パンヤ」歴代GMによる座談会の模様とミニインタビューをお届け

GMOゲームポットは2017年10月27日,オンラインゴルフゲーム「スカッとゴルフ パンヤ」(以下,パンヤ)のWeb番組「パンヤを偲ぶ……過去GM達の座談会生放送!」を配信した。同作の歴代GMが集結し,裏話やガチャの確率など「今だから話せる」エピソードを披露した。ここでは番組の模様と,参加したGMに行ったミニインタビューをお届けしたい。

【決算説明会速報②】Aiming、新作『CARAVAN STORIES』は「リリースに向けて最終調整中」(椎葉社長) リリース後のKPI予想についてコメントも

Aiming<3911>は、10月27日、東京都内で2017年12月期の第3四半期累計(1~9月)の決算説明会を開催した。決算説明会では、同社の椎葉忠志社長(写真)がまずは説明を一通り行い、その後に質疑応答が行われた。今回はその中から、期待の新作『CARAVAN STORIES』について取り上げたい。

古い『Battlefield』タイトルをオンラインで遊べるファンプロジェクト、EAの要請により活動停止。「弾薬箱を投げるのは終わりにしてもらう」

オンラインゲームでは、正式サービスが終了することによってサーバーが停止し、ゲームがプレイ不可になることが起こる。そんな“終了したゲーム”においてはファンの力で蘇らせようと試みる動きも見られる。

Aiming、3Qは19.2億円の営業赤字を計上…新作の開発費用が先行 期中は2タイトルのサービス終了も発表 4Qは売上回復も赤字計上続く

Aiming<3911>は、10月27日、2017年12月期の第3四半期(1~9月)連結決算を発表、売上高49億8700万円(前年同期比28.2%減)、営業損益19億2600万円の赤字(前年同期4億3600万円の赤字)、経常損益19億3000万円の赤字(同4億5800万円の赤字)、四半期純損益19億5100万円(同6億9900万円)の赤字)となった。

【大学生のスマホ座談会】想像以上に消費している通信量!ゲーム課金も

今の大学生は、スマートフォンをどのように使いこなしているのだろうか。今回は現役大学生3人による座談会を開催。高校生とはまた違った観点で、どういったアプリやゲームに課金するのか、どんなスマホを使いたいのか、スマホ代は自分で払うのか、などを本音で語ってもらった。なお座談会にはRBBTODAY編集長・小板も参加している。

オンラインゲームで知り合い少女にわいせつ行為か、撮影し逮捕

オンラインゲームで知り合った当時15歳の女子高校生にわいせつな行為をし、その様子をスマートフォンで撮影したとして、専門学校生の男が警視庁に逮捕されました。 逮捕されたのは、埼玉県に住む専門学校生、佐々木大樹容疑者(25)で、今年1月、当時15歳の女子高校生にわいせつな行為をして、その様子をスマートフォンで撮影した疑いが持たれています。

「FREE MULTIPLAYER WEEKEND」が10月28日,29日に開催。対象は「ARK:Survival Evolved」など

PlayStation 4(PS4)のオンラインマルチプレイを全ての対応タイトルで体験できる「FREE MULTIPLAYER WEEKEND」を、2017年10月28日(土)から10月29日(日)の2日間限定で開催いたします。

2017年末は海上戦に注目! MMORPG『ArcheAge』は「誰も損しない世界」を目指す

ゲームオンがサービス中の『ArcheAge』は、生活系のコンテンツが豊富なPC用MMORPGだ。広大な世界を冒険、農業、戦争、建国など、自由なプレイスタイルで満喫できる。

オープンサービスが11月2日に始まるMMORPG「BLESS」日本運営プロデューサーの箕川 学氏に聞く。CBTから見えた課題と今後の展開について

2017年10月12日から16日まで,新作MMORPG「BLESS」のクローズドβテスト2(以下,CBT2)が実施された。高品質なグラフィックスと大規模戦が特徴で,「誰もが親しめる・遊びやすいMMO」と「RPGらしさ」を追求した本作は,ゲームオンによる2017年内のサービス開始が予定されている。いよいよ遊べそうだということで,テストに参加した人を含めて,期待しているMMORPGファンは多いだろう。

BLESS

ガンホー、スマホ向けオンラインRPG「セブンス・リバース」が「FINAL FANTASY XI」とコラボ。特設サイトには田中弘道プロデューサーからのメッセージが掲載

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは本日(2017年10月25日),サービス中のスマートフォン向けRPG「セブンス・リバース」(iOS / Android)で,MMORPG「FINAL FANTASY XI」とのコラボレーションを近日開始すると発表した。詳細は追って公開される予定とのこと。

ゲームメーカー、AI活用しプレーヤーの特性を分析-つなぎ止め策

ゲーム開発メーカー各社は、無料のゲームで満足する大半のプレーヤーと、より多くの武器やスタミナを得るためにお金を支払うことをいとわないプレーヤーの両方を満足させるため、微妙なバランス取りに腐心している。

韓国:「PUBG」韓国でKAKAO GAMESがサービス。韓国のネカフェ「PC BANG」展開も本格化。PC BANGシェアは「LoL」に次いで2位に

韓国のKAKAO GAMESは本日(2017年10月24日),「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」の開発元であるPUBG株式会社(Bluehole Jinno Gamesが9月に社名変更)と本作の韓国サービス戦略を発表するメディアショーケースを開催した。

「Blizzard Battle.net」に新たなソーシャル機能搭載―グループ作成やギフトなどが可能に

Blizzard Entertainmentは同社が提供するランチャーアプリ「Blizzard Battle.net」に新たなソーシャル機能が追加されたことを発表しました。新たなソーシャルタブにグループ機能やチャット機能が含まれている他、他のプレイヤーにギフトを贈る仕組みも用意されています。

カプコン、MOアクション「Dragon's Dogma Online」初の公式オフラインイベント「アフタヌーンパーティー」が開催。開発陣とプレイヤーが交流を図った

カプコンは2017年10月22日,同社がサービスを提供しているオープンワールドアクション「Dragon's Dogma Online」(PC / PlayStation 4 / PlayStation 3 以下,DDON)のオフラインイベント「アフタヌーンパーティー」を,東京・パセラリゾーツ 新宿本店にて開催した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>