MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

テンセント、無料ハクスラ『Path of Exile』開発元の株式80%を取得―Pay to Win化は否定 New!

セクハラは?荒らしは?人口は?『VRChat』のイマを知るべく潜入調査してみた【特集】 New!

「在留カード渡さないと帰さない」 日本eスポーツ史上に残る“最悪”の汚点、「League of Legends」国内リーグで何が起こったか New!

「League of Legends」の国内リーグを騒がせ、海外にも飛び火している“Dara選手引退”騒動について、Dara選手本人や関係者に取材しました。

MMORPG「テイルズウィーバー」のオフラインイベント「音楽祭2018」をレポート。新キャラ「リーチェ」や,「魔方陣グルグル」コラボの情報が公開

 ネクソンは2018年5月19日,MMORPG「テイルズウィーバー」のオフラインイベント「テイルズウィーバー音楽祭2018」を開催した。ここで発表された,新ストーリーやダンジョン,新キャラクター「リーチェ」や「魔方陣グルグル」コラボといったアップデート情報をお伝えしよう。

 インゲームは本日,同社がサービス中のブラウザ向けファンタジーRPG「ドラゴンアウェイクン」にて,第3サーバーを公開した。新サーバー公開記念として,ログイン3日目で光翼「光と闇の調和」,7日目でレア英雄「九尾の狐」をもらえるログインボーナスが実施されている。

MMORPG『黒い砂漠』グローバルテストサーバーを準備中! 温泉で行動力が回復!? “3rd Anniversary Party”リポート

2018年5月20日に開催された、『黒い砂漠』のサービス開始3周年記念イベント“3rd Anniversary Party”の模様をリポート。

TalesWeaver

 ヴァロフジャパンとALL-Mは,PC向けの新作アクション「KRITIKAR:evolution」の第1次クローズドβテストを開始した。第2次CBTのテスター募集は継続して行われており,さらに6月開始予定のオープンβテストに向けて,事前登録キャンペーンが始まっている。

 Webzen Japanは、Windows用MMORPG「MU LEGEND」において、5月18日19時より新サーバー「エノバ」をオープンする。

​GAMEVIL COM2US Japanは、本日(5月18日)、スマートフォン向けMMORPG THE NEXT『ロードオブロイヤルブラッド(LORD OF ROYAL BLOOD)』の事前登録キャンペーンを開始した。本作は、MMORPGの楽しさを最大限に引き出しつつ新しい可能性を追求した作品。 広大なフィールドで繰り広げられる戦闘やミッションはもちろん様々なコンテンツが用意されている。また、 世界観やキャラクターグラフィックの3D表現ではUnityエンジンを採用、 その技術を最大限まで活かしたという。さらに、視点も固定ながらズームすることができ、 迫力のある戦闘を楽しむことができる。■Unityで表現するモバイルゲーム最高峰の3Dグラフィッククオリティ 『ロードオブロイヤルブラッド』では、 「Unity」エンジンを採用し、 滑らかな動きや素材の質感など細部にまでこだ

 ネクソンは本日(2018年5月18日),スマホ向けRPG「OVERHIT」の正式サービスを5月29日に開始すると発表した。これは東京都内で開催されたプレス向け発表会で明らかにされたもの。本作は,スマホ向けアクションRPG「HIT」を手がけたNATGamesの最新作である。

Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

エンジェル戦記

総務省のWebサイトにて,「eスポーツ産業に関する調査研究」報告書が公開

 「eスポーツ産業に関する調査研究」と題された報告書(pdf)が,総務省のWebサイトにて公開された。2018年3月報告時までの国内外のeスポーツの現状,および未来への提言をまとめた80ページ以上におよぶもので,貴重な資料となっている。興味のある人は,ぜひチェックしてみよう。

韓国:GRAVITY、第1四半期の営業利益は46%増の48億ウォンと大幅増益…モバイルMMO『Ragnarok M』が韓国と台湾で好調

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>子会社の韓国GRAVITYは、4月27日、第1四半期(1~3月)の決算を発表し、売上高が前年同期比184%増の663億1100万ウォン(約67億円)、営業利益が同46.1%増の48億2000万ウォン(同5億円)、最終利益が63.5%増の35億4900万ウォン(同3億円)と大幅な増収増益を達成した。同社では、モバイルMMORPG『Ragnarok M』の韓国と台湾における収益が寄与したため、としている。モバイルゲームの収益は、513億9600万ウォン(52億円)と全体の77%に達している。『Ragnarok Online』の定額課金や、『Ragnarok Online II』のライセンスフィー、『Ragnarok Online』のライセンス収入も伸びた。

海外:『RAGE 2』オンラインサービス要素に「ルートボックス導入」は無し―海外報道

“絶アルテマ”は“絶タイタン”を内包? 『FFXIV』パッチ4.3吉田氏インタビュー

『ファイナルファンタジーXIV』の次期大型アップデートとなるパッチ4.3の見どころを、吉田直樹プロデューサー兼ディレクターに直撃。同氏が明かした、“絶アルテマウェポン破壊作戦”の激烈なまでの難しさとは!?

ゲームオン、MMORPG「ロードス島戦記オンライン」公式オフ会の詳細が発表。水野 良氏もゲスト出演

Electronic Artsは5月17日、『Battlefield(バトルフィールド)』シリーズ最新作のタイトルが『Battlefield V』となることを発表した。『Battlefield V』の開発を手がけるのは、これまでのシリーズ作でもおなじみのEA DICEで、マルチプレイとシングルプレイの両方に力を注いでいるとのこと。 The post EAが『Battlefield V』を正式発表。5月24日にライブ配信にて披露へ。バトルフィールドの歴史が変わる、壮大な旅の幕開け appeared first on AUTOMATON.

 WebzenJapanは,「ミュー奇蹟の大地」の後継作であるMMORPG「MULEGEND」の正式サービスを,本日開始した。これを記念して,“複合キャンペーン”となる「LEGENDFESTIVAL」も開始。抽選でゲーマー向けPCなどが抽選で当たる,ゲーム内アイテムがもれなくもらえる,といった内容だ。

アソビモは、5月16日、『イルーナ戦記オンライン -The Girl Behind the Legend- 』において、「永久の迷宮」新階層の追加を含むアップデートを実施した。<以下、プレスリリースより> ■「永久の迷宮」地下106階~110階を実装!ダンジョン「永久の迷宮」に新階層、地下106階~110階を追加しました。「永久の迷宮」はシナリオミッションから独立しており、いつでも楽しめるコンテンツです。首都「ソフィア」、首都「サテリカ」などの酒場にいるNPCと会話すると「永久の迷宮」に移動できます。「永久の迷宮」は大きく5階層ごとに分かれており、最後の1階層にはボスが登場します。ボスの出現しない4階層にはクイズや謎解き、迷路など冒険者の行く手を阻むバラエティ豊かなギミックを設置しています。今回追加の新階層、地下106階~109階ではNPC「犬」に「焼けた肉」や「ふかふかな毛皮」

アソビモは、5月16日、『アルケミアストーリー』で、より、新コンテンツ「レイドボス」の実装を発表した。新コンテンツ「レイドボス」は、最大 50 人が同時に挑むことができる強力なボス戦となる。「マルチチャンネル」限定で、特定の時間・特定の場所に出現する。「レイドボス」との戦闘に参加し、制限時間以内に倒しきれると参加報酬を貰える。さらに、戦闘終了時に生存しているプレイヤーは勝利報酬を入手できる。また、与えたダメージ量によって追加報酬が存在し、ラストアタックを決めたプレイヤーにはボーナス報酬がある。今回実装のレイドボス「ホムンクルス」は 2 時間おきにマップ「魔王城・外郭」に出現する。討伐すると、強力な武器「ファントムシリーズ」の作成素材となる「マテリアル A」や多額の Zell(ゲーム内通貨)が入手できる。この度、先日実装の新一次職「魔剣士」にぴったりの新規武器ガチャ「マルシュ・ド・ソルダガチ

ロードス島戦記オンライン

 コアエッジは本日,長きにわたって運営されてきた「アルテイルネット」のサービスを,2018年8月6日をもって終了すると発表した。同社の新たなフラグシップは今夏登場の「アルテイルNEO」。本日は,アルテイルネットのプレイヤーを対象とした,アルテイルNEOモニター体験会の実施も発表されている。

アソビモ近藤克紀社長、ICO「ASOBI COIN」のプロジェクト背景や内容について講演 なぜゲーム会社がブロックチェーンを利用するのか?

アソビモは、5月14日・15日の両日、アメリカ・サンフランシスコで開催されたB2Bモバイルゲームカンファレンス「POCKET GAMER CONNECTS」で、先日発表して話題となったICO「ASOBI COIN」のプロジェクト背景や内容について、同社の近藤克紀社長が講演を行ったと発表した。【関連記事】アソビモ、ICOトークン「ASOBI COIN」対応第一弾アプリとして『アヴァベルオンライン』『トーラムオンライン』など5タイトルを発表!<プレスリリースより>「POCKET GAMER CONNECTS」は、B2Bモバイルゲームカンファレンスとしてヨーロッパ最大級のイベントです。今回はアメリカ・サンフランシスコで開催され、2018年9月はヘルシンキ、2019年1月はロンドンでの開催が予定されています。講演では、アソビモ株式会社 代表取締役 近藤克紀よりICO「ASOBI COIN」のきっか

エイチエムシステムズは、『クロノスエイジ』のサービスを2018年5月31日12時をもって終了する。本作は、神によって“歴史改変”が繰り返される世界を舞台に、時空を超えた大冒険を繰り広げていく新感覚のMMORPG。2017年10月18日よりサービスを開始しており、サービス開始から約7ヶ月でのサービス終了となる。© HMSYSTEMS Co., Ltd.

 マーベラスは本日,「ブラウザ三国志」(PS4/PSVita)のサービスを開始した。また,Yahoo!Mobage版「ブラウザ三国志」では“38ワールド”が新たにオープンしており,100万円分のCPを同盟ごとに取り合って所属プレイヤーで山分けにするイベントが開催中だ。

 エヌ・シー・ジャパンは2018年5月16日,同社のMMORPG「リネージュ」で,アデン大陸における4つのフィールド「火竜の棲処」「風竜の棲処」「ドラゴンバレー」「オーレン雪山」のリニューアルを行う最新アップデート「地殻変動」を実装した。それに合わせて,リニューアルされた各フィールドにおける「デスペナルティカット」や「SSコンテスト」なども開催されている。

Netmarble(ネットマーブル)は、 本日(5月16日)、  iOS/Android対応の次世代型MMOストラテジー『アイアン・スローン』(開発:4PLAT)を日本を含む全世界(中国を除く)に向けて正式リリースしたと発表した。『アイアン・スローン』は、 全世界の様々なユーザーと一緒に遊ぶ面白さを堪能できるように企画したネットマーブル初のMMOストラテジーゲームとなる。 他のユーザーと競い合いながら王国を築きあげていくというゲーム本来の面白さを引き立てるために、 建設、 生産、 戦闘などのストラテジーゲーム特有の要素に、 ヒーロー育成などのRPGの要素を加えることで、 今までにない複合的な面白さをプレイヤーが感じられる作品となっている。最大の魅力は、 世界規模のオンラインプレイにあります。 構想の段階から世界市場でリリースすることを念頭に置いて開発され、 全

 ユービーアイソフトのアメリカ全土を舞台にしたオープンワールド・ドライブゲーム「ザクルー2」のクローズドβテストを5月31日17:00から実施される。今回,4Gamer用にPS4版のクローズドβテストコード300名分を用意してもらった。「テストに参加したい!」という人は記事をチェックだ。

『PUBG』国内大会運営チームにインタビュー。“PJS”βリーグでは「選手にフォーカスしたコンテンツなど多数の企画を用意」

PC用バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のDMMGAMES公式大会“PUBG JAPAN SERIES”βリーグ。2018年5月18日の開幕前に、大会運営チームにインタビューを行った。

 NCSOFTは本日(2018年5月15日),スマホ向けMMORPG「リネージュM」のサービス1周年を記念したメディア向け懇談会「YEARONE」を,韓国・ソウルで開催した。会場では,リネージュMに新クラス「銃士」が実装されることや,日本,中国,北米市場向けにグローバルバージョンを開発することなどが発表された。

PUBG 株式会社は、モバイル版『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』の配信を開始した。対応プラットフォームはiOS/Androidで、基本プレイ無料(アプリ内課金あり)ゲームとして、App Store/Google Play向けに配信中。 The post 基本プレイ無料のモバイル版『PUBG』iOS/Android向けに国内配信開始。砂漠マップも含めPC版の既存コンテンツを収録 appeared first on AUTOMATON.

ELSWORD

「クラロワ」が,2018年8月に開幕するアジア競技大会のeスポーツ種目に決定

Twitchが『PUBG』フィルタリング機能を実装、「残り人数」などで配信をソート可能に

本物の政治家が『EVE Online』星間管理評議会に立候補―「国家をゲームの世界に置き換えれば同じこと」

海外:スマホ用「みんゴル」が韓国、台湾、香港、マカオにて、今春より配信決定!

 フォワードワークスは、ドリコムとの協業により、Android/iOS用ゴルフゲーム「みんゴル」の韓国語版を韓国で、繁体字圏版を台湾、香港、マカオで、2018年春よりそれぞれ配信する。基本料金は無料で、ビジネスモデルはアイテム課金制。

 WebzenJapanは本日,2018年5月16日に正式サービスがスタートする新作MMORPG「MULEGEND」にて,ゲームクライアントの先行ダウンロードを開始した。また,「ルーンストーン鉱山」や「ブラッドキャッスル」といった正式サービス開始後に開放されるダンジョンの一部も明らかになっている。

オンラインゲームに生まれ変わった「Dark Quest」シリーズ最新作「Dark Quest Champions」プレイレポート。ARPG要素でチャンピオンを集め,5vs5の戦いに挑め

 ゲームロフトは,同社による「DarkQuest」シリーズの最新作「DarkQuestChampions」の配信を,2018年5月3日に開始した。MOBAとMMOの要素を含んだARPGである本作は,いかにして成長やコミュニケーションを楽しむRPGと,競技性の高いMOBAの同居を成立させているのだろうか。本稿では,そんな本作のプレイレポートをお届けしていく。

DMM GAMESがオープン化。デベロッパ登録を行った組織は同プラットフォーム向けのゲーム開発が可能に

 DMMGAMESは本日(2018年5月14日),同社が運営するゲームプラットフォーム「DMMGAMES」のオープン化を発表した。公式サイトでは,デベロッパ募集が開始されている。デベロッパ登録を行った組織には,DMMGAMES用の開発ドキュメントや検証環境が提供される。

バンダイナムコエンターテインメント、ゲームアプリなどの運営機能を分社化…「株式会社バンダイナムコネットワークサービス」を10月1日付で設立

バンダイナムコエンターテインメントは、この日(5月14日)、ゲームアプリなどのネットワークサービスの運営機能を分社し、2018年10月1日付で100%子会社「株式会社バンダイナムコネットワークサービス」を設立すると発表した。池田貴征氏が社長に就任する。新会社は、バンダイナムコエンターテインメントのゲームアプリなどネットワークコンテンツ事業の運営業務の受託及び機能業務提供を中心とし、順次グループへの横展開を行っていく予定。専門性の高いノウハウを有した人材を集結させ、新たに育成も行うことで、ノウハウの蓄積と、グループの事業会社からの多様なネットワークサービスのニーズに応えられる体制を整えていく、としている。そして、将来的にはあらゆる事業領域にも対応できる多機能会社へ成長し、グループの事業成長、拡大を実現することを目指すという。設立の経緯について、ネットワークサービスのより良い、安定的なサービス

アソビモは、本日(5月14日)、スクウェア・エニックスと共同開発中のアクションRPG『ファンタジーアース ジェネシス(Fantasy Earth Genesis)』の最新ゲーム情報を公開した。本作は、10年以上続くPC向けオンライン対戦アクションRPG『ファンタジーアースシリーズ』のスマートフォン向け最新オリジナル作品。特色である最大50vs50でのリアルタイム大規模戦争や召喚といった要素はそのままに、スマートフォンならではの操作と新要素を追加している。今回、その一部として、キャラクターメイク内容と戦場を一部公開する。プレイヤーは、ゲーム開始時に好きなキャラクターを作成することができる。顔、髪の毛、体型など様々な要素を組み合わせ、好きなキャラクターで戦場に駆け回ることが可能だ。さらに、好きな武具を装備することで、より一層キャラクターを目立たせることができる。また、ズーム機能などでキャラクタ

海外:スマホ向け「ファイナルファンタジーXI(仮)」のスクリーンショット5点が公開に。Nexon Koreaで開発スタッフを募集中

 NexonKoreaの公式サイトで,スマホ向け「ファイナルファンタジーXI(仮)」に関する開発スタッフの人材募集が行われている。同ページでは本作のSS5点も公開されており,高品質なグラフィックスで生まれ変わったヒューム/エルヴァーン/ミスラ/タルタル/ガルカなど,FFXIおなじみの要素が確認できる。

MU LEGEND

 2018年5月11日,PUBG(株式会社)は,スマホアプリ「PLAYERUNKNOWN'SBATTLEGROUNDSMOBILE」のサービスの開始日が5月16日の午前中に決定したと発表した。スマホ版には,PC版で楽しめる2つのマップ(Erangel,Miramar)が実装されるとのこと。なお,事前登録数は5月11日に90万を突破したという。

Netmarble(ネットマーブル)は、iOS/Android対応の次世代型MMOストラテジー『アイアン・スローン(Iron Throne)』(開発:4PLAT)を、5月16日に、日本を含む全世界251ヵ国に向けて正式リリースすることを発表した。現在『アイアン・スローン(Iron Throne)』では、特設サイト( http://www.playironthrone.com )にて事前登録を受け付けている。正式リリース時に、「1,000ゴールド」・「次元の征服者のヘルム」・「次元の征服者のグレードソード」などの特典がプレゼントされるので登録しておこう。・『アイアン・スローン(Iron Throne)』 プロモーションムービー・『アイアン・スローン(Iron Throne)』 運営・開発インタビュームービー■関連サイト 公式サイト© Netmarble Corp. All

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>