MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

ネクソン、3Qは売上収益13%増、営業益19%増と2ケタ増収増益に 中国事業が引き続き好調 韓国、北米などで『メイプルストーリーM』が寄与

ネクソン<3659>は、11月8日、2018年12月期の第3四半期累計(1~9月)の連結決算を発表、売上収益2076億円(前年同期比13.9%増)、営業利益944億円(同19.9%増)、最終利益1011億円(同71.6%増)となった。 中国事業が引き続き好調で売上収益は堅調に推移した。中国においては、主力PCオンラインゲーム『アラド戦記』の夏季アップデートと国慶節アップデートを実施した。主に9月17日に実施した国慶節アップデートに合わせたパッケージ販売の初動が好調であったことから売上収益は前年同期比で増加した。韓国においては、主力PCオンラインゲーム『メイプルストーリー』の夏季アップデートやモバイルゲーム『メイプルストーリーM』 が好調に推移したほか、『OVERHIT』と『KAISER』が寄与した。一方で、『ダークアベンジャー3』や『AxE』が減速し、『EA SPOR

Blizzard、『Diablo』以外のIPでもモバイル向け新作を複数開発中―海外メディアカンファレンス

DeNA、2018年度末までに大阪オフィスを閉鎖へ…経営資源の有効活用を図るため

ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、2018年度末までに大阪オフィスを閉鎖することを公式サイト上で明らかにした。なお、閉鎖の理由は、経営資源の有効活用を図るためとしている。

22か国の取材から世界のeスポーツ事情を見る「eスポーツ五大陸白書 2019」が12月3日発売。メディアクリエイトから

 4Gamerの「ゲームソフト週間販売ランキング+」でもお馴染みのシンクタンク・メディアクリエイトは,書籍「eスポーツ五大陸白書2019〜22ヵ国の現状を五要素から徹底解剖〜」を,2018年12月3日に発売する。22か国におよぶ取材から,各地域のeスポーツ事情を見るという書籍だ。

スクウェア・エニックス・ホールディングス,「平成31年3月期 第2四半期連結決算」を発表。Luminous Productionsの事業方針の見直しにより,特別損失を計上

Bethesdaが『Fallout 76』Mod&チートへの懸念に対し回答―「チートやハックは容認されないが、ファンのModへの情熱は分かっている」

オンラインカードゲーム『ハースストーン』のプレイヤー数が1億人を突破!―感謝のカードパック配布や特別クエスト追加を発表

ネクソン,「G-Star 2018」に「風の王国:Yeon」「テイルズウィーバーM」「マビノギモバイル」など計14タイトルを出展

 ネクソンは本日,11月15〜18日に韓国で開催される「G-Star2018」に,計14タイトルを出展すると発表した。モバイルでは,「風の王国:Yeon」「テイルズウィーバーM」「マビノギモバイル」が初めてプレイアブル出展されるほか,PC用の新作としてアクションRPG「Dragonhound」が出展予定だ。

ガンホー子会社のGravity、7~9月は売上高30%減、営業利益15%減と減収減益 『Ragnarok M』の収益低下 今後は世界展開強化で巻き返しへ

韓国Gravityは、10月31日、第3四半期(7~9月)の決算を発表し、売上高が前四半期比(QonQ)で29.9%減の442億0100万ウォン(約44億6100万円)、営業利益が同14.9%減の70億8400万ウォン(同7億1500万円)、最終利益が同4.6%減の63億1200万ウォン(同6億3700万円)と減収減益となった。『Ragnarok M』を中心とするモバイルゲームの課金収益が同35.5%減の333億8700万ウォン(33億7000万円)に減少したことに加えて、PCオンラインゲーム『ラグナロクオンライン』の定額課金による収益、日本からの『ラグナロクオンライン』のロイヤリティ収入が低下したことが響いた。営業費用を抑制したが、減収分をカバーできなかったようだ。なお、『Ragnarok M』については、韓国と台湾からの収益が低下したものの、10月から東南アジアでリリースした。タイとイ

中国のTencent、子どものゲーム時間制限 12歳以下は1日1時間

15年の歴史が詰まった「アルテイル」は,スマホでどんな作品へと生まれ変わったのか。コアエッジ社長の宮本貴志氏にインタビュー

 コアエッジがスマホ向けにサービスインした,新作オンラインカードゲーム「アルテイルNEO」の話を聞くため,コアエッジの代表取締役社長である,宮本貴志氏にインタビューを行った。アルテイルにとっての15年と,宮本氏にとっての15年には,どのような想いの積み重ねがあったのだろう。

経済産業省と公正取引委員会、総務省、「デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会」中間論点整理(案)を公開

経済産業省と公正取引委員会、総務省は、11月5日、「デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会」中間論点整理(案)を公開した。今後、事業者ヒアリングやパブリック・コメントを通じて広く意見を収集していく。寄せられた意見を踏まえ、基本原則の策定や、それを踏まえた具体的措置の実施へ向けた検討を進めていくとのこと。中間論点整理(案)では、デジタルプラットフォーマーは、社会経済に不可欠な基盤を提供しており、多数の消費者(個人)や事業者が参加する市場そのものを設計・運営・管理する存在であると評価しつつ、運営の操作性や不透明性の高さなどが問題点と指摘し、以下の点について検討が行われている。1.デジタル・プラットフォーマーの意義・特性デジタル・プラットフォームは、利用者である事業者(中小企業等)や消費者に様々なメリットをもたらす一方、ネットワーク効果等により、一部のデジタル・プラット フ

BlizzardのDiabloモバイル版はコミュニティの反発を受ける

「PlayDiablo4com」なるサイトが突如出現、アクセスすると『Path of Exile』公式サイトに転送される。『ディアブロ イモータル』発表の波紋続く

Blizzard Entertainmentが11月2日にBlizzCon 2018にて発表した『ディアブロ イモータル』が波紋を呼んでいる。PCユーザーがメインのシリーズにおいて発表されたモバイル版は激しいブーイングを受けている。そんな中、「PlayDiablo4.com」なるサイトが突如出現した。 The post 「PlayDiablo4com」なるサイトが突如出現、アクセスすると『Path of Exile』公式サイトに転送される。『ディアブロ イモータル』発表の波紋続く appeared first on AUTOMATON.

モバイルゲームの口コミを最大化するデザイン手法とは

ルートボックス全盛期が過ぎ去った今、海外AAA級タイトルは何で収益化を図るのか。『アサシン クリード オデッセイ』の先行アクセス権や経験値ブーストなど「早く遊び・速く進める」に再注目

『アサシン クリード オデッセイ』『ディビジョン2』『Anthem』『ジャストコーズ2』。PS4やPCで販売される海外AAA級タイトルでは、製品版の先行アクセス権をデラックス/ゴールドエディションといった豪華版の特典として付与するケースが増えている。本稿ではそうしたAAA級タイトルの現状を追っていく。 The post ルートボックス全盛期が過ぎ去った今、海外AAA級タイトルは何で収益化を図るのか。『アサシン クリード オデッセイ』の先行アクセス権や経験値ブーストなど「早く遊び・速く進める」に再注目 appeared first on AUTOMATON.

テスティー、ゲームアプリや家庭用ゲーム機に関する調査を実施

 テスティー(TesTee)は、男女2,970名を対象とした「ゲームアプリに関する調査」および男女2,016名を対象とした「テレビゲーム機に関する調査」の結果を11月5日に公開した。

【決算説明資料より】ベクター、既存タイトルの低迷で第2四半期は減収・赤字幅拡大 AppPass受託に向けた投資も実施、2019年1月から開始予定

ベクター<2656>は、10月19日、第2四半期累計(4月~9月)の決算を発表し、営業収益4億6400万円(前年同期比17.8%減)、営業損益1億3200万円の赤字(前年同期9200万円の赤字)、経常利益1億3100万円の赤字(同8200万円の赤字)、最終損益1億3300万円の赤字(同8300万円の赤字)と減収・赤字幅拡大となった。主力のオンラインゲーム事業において、第30期にサービスを開始したスマホゲームの売上が低調に推移したことに加え、新規ゲームタイトルの開始が今期はなかったことで収益が低迷したとのこと。『アビストライブ』と『侵攻のオトメギアス』『B.LEAGUE ドリームアリーナ』が該当するものとみられる。『B.LEAGUE ドリームアリーナ』は4月に終了し、『侵攻のオトメギアス』は10月22日にサービスが終了した。 ▲運営タイトルの状況。今期は5タイトル減少し

「ソーシャルゲームの属性相性考察」にさまざまな意見 「複雑過ぎると覚えられない」「ポケモンが一番やばい」

結局は製作者の調整次第なのかもしれません。

アソビモ、スマホ向けMMORPG「アルケミアストーリー」 12月1日に1周年を記念したオフラインイベントを開催

Access Accepted第592回:クトゥルフ神話を題材にしたゲームが増える理由

 FocusHomeInteractiveのホラーRPG「CallofCthulhu:TheOfficialVideoGame」を始めとして,いわゆる「クトゥルフ神話」ものの新作ゲームが次々に登場して,欧米ゲーム業界はちょっとした「クトゥルフ神話」ブームだ。気になる新作タイトルを紹介すると共に,このブームの理由を考えてみたい。

「Diablo Immortal」クリエイターインタビュー「Diablo II: Lord of Destruction」と「Diablo III」の空白の20年を埋めるエピソード

 「Diablo Immortal」のファーストインプレッション(参考記事)に続いて、本稿ではクリエイターインタビューをお届けしたい。

「ハースストーン」開発者インタビュー。新拡張「天下一ヴドゥ祭」は,ルール無用の喧嘩祭りに

 カリフォルニア州アナハイムで開催中のファンイベント,「BlizzCon2018」で発表された,「ハースストーン」の新拡張「天下一ヴドゥ祭(Rastakhan'sRumble)」。開発者であるDaveKosak氏とTimErskine氏に今回の新拡張についての話を聞いたので,その内容をお届けしよう。

コーエーテクモ、第2四半期のモバイルゲーム売上高は25億円超と過去最高に IP許諾タイトルのロイヤリティ収入と運営担当タイトルから運営収入の増加で

コーエーテクモホールディングス<3635>は、10月26日に発表した第2四半期の決算で、2018年7~9月におけるオンライン・モバイル分野の売上高が25億円を超え、過去最高を更新したもようだ。2016年7~9月には15億円弱だったことを考えると、2年で10億円以上伸びたことになる。 ▲補助線は当サイトで追加した。売上の伸びた要因は、同社が開発・運営する『DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA』などの運営収入に加えて、『新三國志』や『真・三國無双 斬』、『アトリエ オンライン』などIP許諾タイトルが国内外でヒットしロイヤリティ収入が増加したことによる。 同社では、中期経営計画として、IP許諾タイトルの成功を自社タイトルの開発へ活かし、ユーザー売上月間10億円を超えるスマートフォンタイトルを目標としているそうだ(IP許諾タイトルでは

Aiming、MMORPG『CARAVAN STORIES』1周年を記念しファンミーティングを開催決定!

Aiming<3911>は、本日(11月2日)、ファンタジーRPG『CARAVAN STORIES』のファンミーティングを11月24日、東京・秋葉原にあるベルサール秋葉原 B1 HALLで開催する。これは、CARAVAN STORIES1周年を記念したイベントで、ミニステージでのトークショーや限定グッズ販売、設定画展示にPS4版の試遊など盛りだくさんの内容になる。さらに来場者限定で挑戦可能な特別なダンジョンも用意する予定。なお、入場については事前応募不要の入退場自由となっているとのこと。イベントに関する情報は今後、随時更新する、としている。■開催日11/24(土)■開催場所ベルサール秋葉原 B1 HALL■入場方法入退場自由(事前応募不要)※会場内が混雑した場合、事故防止の為入場制限を行う場合がある。​ イベントページ ■『CARAVAN STORIES』&

テスティー,男女1406名を対象にした「荒野行動」に関する調査結果を公開

ソフトギア、オンラインゲーム開発向けサーバソリューション「Strix Cloud」…簡易なゲームサーバ構築と大量メッセージの高速処理を両立するクラウドサービス

ソフトギアは、オンラインゲーム開発向けサーバソリューション「Strix Cloud」を発表した。 2018年11月1日から111アカウント限定Strix Cloudトライアル提供を開始した。Strix Cloudは、リアルタイムアクションMMO開発用につくられたサーバソリューション「STRIX ENGINE」のクラウドバージョン。開発難易度の高いリアルタイムサーバをワンクリックで実現し、サーバ開発におけるオーバーヘッドを0にする。大量メッセージの高速処理と大規模な同時接続数を可能とし、リアルタイム性の高いオンラインゲームをはじめ幅広いゲーム開発への活用が期待されるという。今回リリースするStrix Cloud ver1.0.0ではゲームクライアント側にUnityを使用した開発が可能となる。StrixのUnityプラグインをインポートすることで、簡単にオンラインゲームをつくることができるそう

Blizzardタイトルの祭典「BlizzCon 2018」が明日より開幕!果たして「Diablo」の新作は出るのか!? 日本独自のパブリックビューイングにも注目

 Blizzard Entertainmentは、プライベートイベント「BlizzCon 2018」を米国アナハイムのAnaheim Convention Centerにおいて米国時間の11月2日より開催する。本稿では前日レポートとして、イベント概要と前日の模様をお届けしたい。

ガンホー子会社のGravityがリリースした『Ragnarok M』、タイとインドネシアで爆発的な人気に! App Store売上ランキングで即日首位

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>子会社の韓国Gravityが運営するモバイルオンラインゲーム『Ragnarok M: Eternal Love』がタイとインドネシアのApp Store売上ランキングで首位を獲得した(日本時間11月1日18時現在)。台湾や韓国などでも首位を獲得しているが、東南アジアでも幸先の良いスタートを見せている。 【App Storeセールスランキング】 本作は、PCで人気を博した人気MMORPG『ラグナロクオンライン』のモバイルゲーム版にあたる。3D技術を活用しながら、『ラグナロクオンライン』をモバイルで再現したとのこと。10月31日にサービスを開始したばかりだが、無料ランキングで首位を獲得し、同日中に売上ラキングで首位を獲得するなど爆発的な人気となっている。なお、ガンホーによると、北米や南米、オセアニアで年内に事前

「JOGA 中国市場進出セミナー」聴講レポート。日本企業が中国でゲームを展開するための課題と対策とは

 日本オンラインゲーム協会が主催する「JOGA中国市場進出セミナー」。中国で複数のアプリゲームを展開するアソビモ代表取締役の近藤克紀氏より語られた,中国でゲームアプリを展開するさいに発生する問題や,その対策について紹介していく。

ガンホー、『パズドラ』の売上高減少で減収減益に 連結子会社のGRAVITYは『Ragnarok M』を東南アジアで本日より配信開始予定

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、10月31日、2018年12月期の第3四半期累計(1~9月)の連結決算を発表、売上高617億円(前年同期比11.8%減)、営業利益172億円(同38.7%減)、経常利益174億円(同38.1%減)、最終利益106億円(同40.9%減)となった。 主力タイトルである『パズル&ドラゴンズ』(以下『パズドラ』)の売上高が減少したことが減収減益の要因。既存タイトルについては、『パズドラ』は新ダンジョンの追加やゲーム内容の改善、イベントの開催、他社有名キャラクターとのコラボレーションなどを継続的に実施するなど、長期的に楽しんでもらうことを主眼とした施策に注力した。新作については、6月27日にサービスを開始したスマートフォン向け妖怪探索位置ゲーム『妖怪ウォッチ ワールド』は、継続的なテレビCMの実施や位置情報を活用した異業種

ゲームオン、MMORPG「ArcheAge」の新装備「古代装備」のドロップ率はどれくらい? モンスター3000体を狩りまくって調べてみた

 MMORPG「ArcheAge」で,10月10日に大型アップデート「古の覚醒」が実施され,新たに「古代装備」シリーズが登場した。最高レベルの装備とまではいかないが,十分に“使えそう”な印象の「古代装備」。実際のところ,どれくらいの頻度でモンスターからドロップするのだろうか。3000体のモンスターを狩り,ドロップ率を検証してみることにした。

「PSO2」のオフラインイベント「アークスX'masパーティー2018」の参加者募集開始 新クラス「ファントム」の先行試遊会を実施予定

 セガゲームスは、「ファンタシースターオンライン2(以下、PSO2)」のオフラインイベント「アークスX'masパーティー2018」を12月15日に開催する。本イベントは、応募者の中から抽選で約250名を招待するクローズドイベント。10月31日から11月29日23時59分まで応募フォームにて参加希望者を募集する。

Ubisoft、ゲーム内課金などによる継続的収入やデジタルセールスが前年度比約50%の増加。クラウドゲーミングによりデジタル化がさらに進むか

Ubisoftの2018-2019会計年度上期業績報告によると、同社タイトルによるデジタルセールスとプレイヤーからの継続的収益が順調に増加。『レインボーシックス シージ』『ザ クルー2』『アサシン クリード オデッセイ』といったライブサービス型タイトルがUbisoftの長期運営・デジタル化戦略を支えている。 The post Ubisoft、ゲーム内課金などによる継続的収入やデジタルセールスが前年度比約50%の増加。クラウドゲーミングによりデジタル化がさらに進むか appeared first on AUTOMATON.

スクエニ、ベルギー地域での『メビウス ファイナルファンタジー』サービス終了を発表―「ルートボックス」問題を受け

『ポケモンGO』11月12日にiOS9使用端末のサポート終了へ、安全なアクセスにはiOS10以上へのアップデートを推奨

ソフトギアがオンラインゲーム開発向け高速サーバソリューション“Strix Cloud”を発表。簡易なゲームサーバ構築などが可能に

ソフトギアがオンラインゲーム開発向け高速サーバソリューション“Strix Cloud”を発表した。簡易なゲームサーバ構築と大量メッセージの高速処理を両立するクラウドサービスだ。

PSO2

スマホマーケットに背を向け,自分達が本当に作りたいものをPS4で作るということ――「Project Boundary」で,中国から世界を狙う

 端緒はPCゲームだったが,いまではすっかりスマホゲームの独壇場になりつつある中国ゲームマーケットでも,あえてコンソールゲームの開発に意欲を燃やす開発者は少なくない。中でも目立っている「SurgicalScalpels」という会社に話を聞いてみよう。

​Cygames、技術開発子会社Cysharpを設立 「C#」の第一人者の河合宜文氏が社長に就任

​Cygamesは、10月30日、ゲームに関するコンテンツの企画・開発、 技術コンサルティングを行う子会社Cysharpを設立したことを明らかにした。Cysharpは、C#を中心としたゲーム開発の技術開発とコンサルティング業務などを主な事業内容にする。C#はゲームエンジンUnityへの採用があり、ゲーム実装にも広く取り入れられており ゲーム開発においてC#を使用する場面が増加している。またモバイルでのネットワーク環境の向上で、高性能なサーバー技術が要求もあり、C#によるサーバー開発はパフォーマンスと開発効率の両立が可能という期待がある。今回の新会社設立はこのような背景があるという。なお、河合宜文氏が代表取締役社長に就任。同氏は複数の世界中で使われている著名なC#のオープンソースソフトウェアライブラリを開発した。また2011年から現在までMicrosoft MVP for Deve

Hey,ピーター。「WoTB」で世紀末すぎる戦車を作ったってのは君かい?

 Wargamingのスマホゲーム「WorldofTanksBlitz」で提供される“ハロウィン2018戦車”について知るべく,デザイン担当のピーター・パウンド氏にメールインタビューを試みた。氏はあの大作映画「マッドマックス怒りのデス・ロード」の車両デザインを手がけた人なので,こちらも“マッドな雰囲気”で臨まねばならなかった。

Google、トップページでブラウザゲーム『Doodle』を公開中 Google Cloudベースのマルチプレイ対戦ACTに

Googleは、10月30日、自社のトップページ上においてハロウィンにちなんだマルチプレイアクションゲーム『Doodle』を公開した。ゲームはPCとスマートフォンのブラウザ上でプレイができる。PCではマウスかキーボード、スマートフォンのフリックで操作する非常にシンプルな作りとなっている。ルールは4人構成で2つのチームに別れて、時間内により多くの火の玉を集め、ホームベースに連れていった方が勝ちとなる。ホームベースに戻る際には相手の火を強奪できる。なお、GoogleのトップページのイラストはDoodleという名称で、Googleの創設者であるラリーとサーゲイが、ネバダ砂漠で行われるバーニングマン フェスティバルに参加中であることを伝えようと、会社のロゴで遊んでいたときに誕生したという。現在では有名な行事を祝うために会社のロゴを装飾するようになっている。今回はそんなDoodle上で史上初のマルチ

X-LEGEND、MMORPG「幻想神域」の大規模リニューアルが2018年10月31日に実施。アップデートの概要が発表された5周年記念オフラインパーティーをレポート

 X-LEGENDENTERTAINMENTJAPANは2018年10月27日,MMORPG「幻想神域-CrosstoFate-」の5周年記念オフラインパーティーを開催した。ここで発表された,10月31日から行われる大規模リニューアルアップデートの情報を中心に,イベントの模様をお伝えしよう。

「アナザーエデン」のガチャ問題に対するグリーの見解も示された,同社の2019年第1四半期の決算説明会をレポート

 グリーは2018年10月26日,2019年6月期第1四半期決算説明会を,東京都内で開催した。この説明会では,グリーの代表取締役社長である田中良和氏らが,同社における2019年6月期1四半期の決算報告を行った。

格ゲーで「勝てないからつまらない」と言う前に基礎を覚えては?→「そういう初心者お断りの姿勢が衰退を招いた」と議論に

「勝つために基本システムを覚えるのは当然」「基礎だけでは勝てないから難しい」「対戦台ばかりで、1人で練習できる環境が少ない」など、さまざまな意見が。

アソビモ、スマホ向けMMORPG「アヴァベルオンライン」 初の地方イベント「アヴァベルパーティin福岡」が11月23日に開催

Access Accepted第591回:Googleのクラウドゲーミング参入はゲーム業界に変革をもたらすか

 GoogleがUbisoftEntertainmentと提携して,「アサシンクリードオデッセイ」を使ったクラウドゲーミングの実験「ProjectStream」を行っている。最近はそれほど注目されていなかったクラウドゲーミングだが,もしかすると次世代コンシューマ機にも影響を与える技術に進化しつつあるようだ。

幻想神域

“売れる”から“集める”へ――Gzブレイン 浜村弘一会長の講演“ゲーム産業の現状と展望<2018年秋季>”リポート

2018年10月19日、株式会社Gzブレイン浜村弘一会長(ファミ通グループ代表。以下、浜村代表)による講演“ゲーム産業の現状と展望<2018年秋季>”が開催された。

恐れずにもっと機能を追加しましょう −従業員に過剰労働をさせない方法とは

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>