MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

ソニーがついにクロスプレイを本格解禁。大幅な方針転換により、PS4『フォートナイト』をNintendo SwitchやXbox Oneユーザーと遊べるように

ソニー・インタラクティブエンタテインメント社長兼CEOの小寺剛氏は、公式サイトにてPS4におけるクロスプレイに対応していくことを発表した。これまでPS4の他コンソールとのクロスプレイを許可してこなかった同社が、『フォートナイト』からクロスプレイを開放する。 The post ソニーがついにクロスプレイを本格解禁。大幅な方針転換により、PS4『フォートナイト』をNintendo SwitchやXbox Oneユーザーと遊べるように appeared first on AUTOMATON.

Pokemon Goの総収益が20億ドルに到達

スマホ用ゲームアプリ「マチガイブレイカー」が「モノビットエンジン」を採用

ValveがSteam上で使用されるコントローラー統計データを報告―Xbox系強し、PS4も大きく健闘

Xbox One、マウスとキーボードのサポートを正式表明対応はデベロッパーの自由。「Warframe」が初対応タイトルに名乗り

 Microsoftは米国時間の9月25日、Xbox Oneにおいてマウスとキーボードを正式にサポートする方針を明らかにした。10月にもXbox Insider Programにおいてβテストがスタートし、11月10日に対応タイトルが発表される予定。

DMM GAMES、ブラウザゲーム『クロスオーバード』をアイテム課金制から完全無料に移行決定!

DMM GAMESは、10月25日メンテナンス後より、『クロスオーバード』について、基本プレイ無料のアイテム課金制から完全無料化することを明らかにした。正式サービス開始後2年半の節目を迎えた本作だが、今回のように完全無料化に移行するのは珍しい。なお、完全無料化に向けてゲーム内の既存コンテンツなどの大型アップデートと改修を行っていく予定。ゲームの最新情報は、 公式サイトと公式Twitterで随時告知する、としている。■関連サイト​公式サイトDMMゲームス©since 1998 DMM All Rights Reserved.

PayPal,ゲーム利用に関する調査の結果を公開&最大で1万円のPayPal決済割引きクーポンが当たるTwitterキャンペーンを実施

 オンライン決済サービスを展開するPayPalは2018年9月25日,同社とSuperDataResearchと共同で実施したゲーム利用に関する調査「DigitalGamingGlobalOverview」の結果を公開した。同時に,最大で1万円のPayPal決済割引きクーポンが当たるTwitterキャンペーンをスタートしている。

スイスでサッカーの試合中に「e-Sports抗議活動」が勃発…ピッチへコントローラーを投げ込むファンも

「Tree of Savior」サービス2周年を記念し,ラテアートの名店・リシューとコラボカフェを展開。プレオープンイベントをレポート

 ネクソンとウェブマネーは2018年9月25日から10月14日にかけて,オンラインRPG「TreeofSavior」のサービス2周年を記念したコラボカフェを,東京・原宿のカフェ「リシュー」にて実施している。初日に行われたメディア向けのプレオープンイベントの模様をお伝えしよう。

カプコン、MOアクション『モンスターハンター フロンティアZ』大型アップデート直前インタビュー オリジナル新武器種の磁力アクションで、さらなる極みを!

2018年9月26日に大型アップデート“モンスターハンターフロンティアZZ”が実施される。新たに追加される武器種やモンスター、フィールドといった要素について、プロデューサー・宮下輝樹氏と、アシスタントプロデューサー・砂野元気氏に話をうかがった。

TreeOfSavior

NHK Eテレ、平成のネット史を振り返る番組を制作中 アンケートで体験談や思い出を募集

平成の終わりに濃すぎるネット史を振り返ろう。

TGS2018来場者の結果速報! 総来場者数は歴代最多の29万8690人に【TGS2018】

2018年9月23日、4日間続いた東京ゲームショウ2018の全日程が終了。来場者に関する速報が発表され、歴代最多の29万8690人となったことが判明した。

[TGS 2018]「日本のゲーム配信は多様性が顕著」。拡大し続けるTwitchのキーパーソンに現状とこれからを聞く

 いまや「誰にでも始められる」ものとなったゲーム実況。巷にはHowto情報が溢れ,アバターを使った実況も広がりを見せているわけだが,世界有数のライブストリーミング配信プラットフォームであるTwitchは,「配信」文化をどう捉え,どのようにサポートしていこうと考えているのだろうか。同社のキーパーソンに直接聞いてみた。

DMM GAMESの事業戦略講演をリポート。カギを握るのはスマホアプリのPC版配信と遊び放題サービス【TGS2018】

2018年9月20日、東京ゲームショウ2018において、DMM GAMESは事業戦略に関する発表会を行った。

【TGS2018】NHN JAPANブースで本日より『#コンパス~戦闘摂理解析システム~』のステージイベントを開催 大会やコスプレショー、DJライブなど

9月20~23日までの期間、千葉県・幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2018」。NHN JAPANブースでは、『#コンパス~戦闘摂理解析システム~』のコーナーを出展している。ステージでは、本日(9月22日)より、実況者や踊り手、コスプレイヤー、声優などのゲストと来場者でチームを組んでゲームをプレイする「TGSバトルアリーナ」や、2018年最強のチームを決める「大炎上#コンパス グランドスラムTGS2018大会」、DJライブ「#COMPASS×VocaNicoステージ」、最新のアップデート情報が公開される「#コンパス ニュース」などが開催される予定。フォトエリアには、決まった時間に#コンパスヒーローのコスプレをしたコスプレイヤーたちが登場するとのこと。 TGS2018特設ページ ■『#コンパス~戦闘摂理解析システム~』 App Stor

PUBG、「PUBG eSports Conference」で今後のeスポーツ展開が明らかに選手報酬、ランキングポイント、大会運営など気になる話を井上室長に聞く

 韓国Blueholeの子会社PUBG Corporationは9月21日、東京ゲームショウにおいてプレスカンファレンスを開催し、同社が展開する「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」の日本展開について様々な発表を行なった。具体的な発表を行なったPUBG Corp TOKYO OFFICE室長の井上洋一郎氏への取材で得た内容も交えながら詳細をお届けしたい。

ネクソン、子会社ネクソンコリアから150億円の配当…連結業績には影響なし

ネクソン<3659>は、本日(9月21日)、連結子会社であるネクソン・コリア・コーポレーションから配当金として150億2500万円を受け取ることが決定したと発表した。個別決算において営業外収益として計上する。連結子会社からの配当であるため、2018年12月期の連結業績に与える影響はない。

リンクトブレイン、マルチプラットフォームへのポーティングサービスを開始…スマホアプリをPCやブラウザプラットフォームに展開可能に

リンクトブレインは、ゲーム開発・運営を支援するビジネスプラットフォーム「G-Link5」にマルチプラットフォームへのポーティングサービスを開始した。ポーティングサービスとは、既存のスマートフォン用アプリをPC/ブラウザタイプのプラットフォームへ展開しマルチチャネルで収益基盤を拡大させるための移行サービスとなる。最短で2ヶ月で開発できるという。同社では、「マルチプラットフォーム展開したいが開発リソースがない」「HTML5などのエンジニアがいない」「サーバー側でのAPIや課金認証組み込みなど手が空かない」といった相談に対応する、としている。

TGSフォーラム基調講演「eスポーツが“スポーツ”として広がるためのロードマップ」が開催「ストリートファイターを国技に!」。見えてきた日本発のeスポーツ戦略

 東京ゲームショウと併催という形で行なわれるカンファレンスプログラム「TGSフォーラム」。毎年初日に行なわれる基調講演では、その年のトレンドに則ったテーマで特別セッションが行なわれるが、今年もeスポーツとなった。CESAとして目下最大のテーマは依然として“eスポーツ”ということになる。

[TGS 2018]DMM GAMESが完全に新しいゲーム・プラットフォームを設立へ。DMM GAMES事業戦略講演をレポート

 東京ゲームショウ2018のビジネスデイ初日,DMMブースで「DMMGAMES事業戦略2018」という講演が行われ,DMMGAMESの現状と,今後のことが語られた。「完全に新しいゲーム・プラットフォームを作る」など,さまざまな発表が行われた講演の模様をお伝えしよう。

ネトゲで恋した美少女キャラが実は男性だった オフ会あるあるの状況から恋愛に発展していく漫画に「好き」「心温まった」の声

好きの気持は性別の壁も越えられる。

「東京ゲームショウ2018」開幕! eスポーツの大会も目白押しな新しいTGS

 国内最大規模のゲーム展示会「東京ゲームショウ2018」が幕張メッセで開幕した。期間は9月20日から23日までで、一般日は22日と23日。

【AppAnnie調査】上期の国内モバイルゲーム市場規模は7000億円と成長続く 中国勢台頭とバトルロワイヤル確立がトピックス 中国の規制強化でさらに増加も

AppAnnieは、9月19日、2018年上半期における日本のモバイルゲーム市場を総括するレポートを公開した。上半期の消費支出は世界トップの7000億円と成長を続けているが、中国を中心とする海外パブリッシャーの台頭、バトルロワイヤルというカテゴリーの確立が大きなトピックスだったとした。 ■未だ成長を続ける日本のモバイルゲーム市場2018年上半期の消費支出は世界トップの7000億円超昨今では、日本のモバイルゲーム市場は飽和状態と懸念される声もありますが、日本のモバイルゲーム市場の規模は未だに成長を続けており、2018年上半期の消費支出は7000億円以上で世界トップとなった。利用時間についても昨年下半期を超える成長率で増加している。  ■海外勢の躍進でモバイルゲーム市場の構成に変化が!国内パブリッシャーのアプリが市場の大部分を専有するものの、海外パブリッシャーのシ

『World of Warships』開発部門長インタビュー「あと2、3秒撃つのが遅れたら自分がやられてしまうという緊張感が上手くマッチするポイントが重要」

国内esportsの実態調査の結果が発表、国内esports認知度は昨年より約3倍の41.1%に上昇

ファミ通はeportsについて、全国47都道府県に在住する5~69歳の男女20000人超を対象にした実態調査の結果を発表した。

HTML5ゲームサービス「LINE QUICK GAME」が正式オープン。各タイトルで使えるポイント「QUICK」の導入も明らかに

 LINEは本日(2018年9月19日),HTML5ゲームサービス「LINEQUICKGAME」を正式オープンした。これにあわせて,Androidユーザー限定でLINEコインが使用可能となっている。さらに各ゲームタイトルで使えるポイント「QUICK」の導入も明らかになった。

World of Warships

MMORPG「ブレイドアンドソウル」2018ワールドチャンピオンシップはロシアが優勝

ネクソン、MMORPG『Tree of Savior』ラテアートで人気のカフェ“リシュー”とのコラボカフェが9月25日より期間限定でスタート

2018年9月18日、ネクソンはPC用オンラインRPG『Tree of Savior』のサービス2周年を記念したコラボカフェ施策を、2018年9月25日(火)~10月14日(日)に実施すると発表した。

オーストラリアによる調査でLoot Boxは心理学的に賭博と似ていることが判明

新たなポイントプログラム「Google Play Points」がスタート。支払いに応じてステータスや特典を付与。記者発表会をレポート

 Googleは本日(2018年9月18日),日本ユーザー向けの新たなポイントプログラム「GooglePlayPoints」を発表した。この発表に先駆け,デモを交えて行われた報道関係者向け発表会の模様をレポートしよう。

欧米のギャンブル規制当局らが“ルートボックス”に共同声明「ゲームとギャンブルの境界線のぼやけによるリスクを解決する」

【e-sportsの闇】ゲームイベント(大会)は儲かるのか。イベント運営者に訊く

TreeOfSavior

アソビモ、スマホ向けMMORPG「アヴァベルオフラインイベント」第2弾が,2018年9月22日に開催

ネットゲームに依存していく若者たちの決断とは?「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」【コントローラーを置く時間】

「FFXIV」、「パッチ4.4 狂乱の前奏曲」吉田直樹氏インタビュー「UO」でデパート経営者だった吉田Pが語る“「FFXIV」世界に住む”ということ

 スクウェア・エニックスは、プレイステーション 4/Windows/Mac用MMORPG「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター(以下、FFXIV)」の最新アップデート「パッチ4.4 狂乱の前奏曲」を9月18日に実装する。

CyberZによるeスポーツ認知度調査の結果が発表。認知数は前年比で約2倍に

FinalFantasy14

Google、Google Playにおける改善策の成果を公開…ファイルサイズを最大65%減やアクセス数30%増、機械学習を使った不正検知など

Googleは、Androidプラットフォームにおいて、アプリを効率的に配布し、ユーザーにアプリを見つけやすくしつつ、そしてエコシステムのセキュリティの改善を図るために行った、Google Playにおける改善策の成果を「Google Developers」ブログで明らかにした。その中でも特徴的な内容として挙げているのが、ダウンロードサイズの縮小となる。サイズの縮小を可能としたのは、Android アプリバンドルとダイナミック配信機能の恩恵があったそうだ。​その他、Play Console の新しいツールで、クラッシュ率が最大 70% 減少、見つけやすさの改善によって、直近 12 か月での Google Play ストアのアクセス数が30%増加といった成果があったとのこと。例えば、ゲームのダウンロードの大半はストアのブラウジングのため、新しいゲームのホームページ、人気のゲームや新しいゲーム

シリコンスタジオの『YEBIS 3』、Pearl AbyssのMMORPG『黒い砂漠』のリマスタリング版に採用

シリコンスタジオ<3907>は、昨日(9月11日)、ポストエフェクトミドルウェア『YEBIS 3(エビス 3)』がPearl AbyssのMMORPG『黒い砂漠(英語名:Black Desert)』のリマスタリング版に活用されたことを明らかにした。「黒い砂漠」は、シームレスで広大な世界、徹底的に作り込めるキャラクターメイキング、全クラスがアタッカーのアクション性の高いバトル、リアリティを追求した豊富で奥深い生活要素が魅力のハイエンドオンラインRPG。韓国をはじめ日本、ロシア、北米、ヨーロッパ、台湾、南米、トルコ、タイなど世界150カ国以上で12の言語でサービスが提供されており、今回、グラフィックスおよびサウンドのリマスタリングがグローバル全サーバーで実施された。Pearl Abyss社の技術と、『YEBIS』との融合による光の表現は、「黒い砂漠」のリマスタリングでも特徴となって

「ファンタジーアース ジェネシス」開発者インタビューCBTの反響、そして正式リリースに向けたロードマップ

 アソビモとスクウェア・エニックスが共同開発を進める、9月27日配信予定のAndroid/iOS用アクションRPG「ファンタジーアース ジェネシス(以下、FEG)」。PCでの展開を続ける「ファンタジーアース ゼロ(以下、FEZ)」の流れを汲みつつ、システムをスマートフォン向けにカスタマイズしたオンラインアクションRPGだ。

Cygames、富山のesports「Toyama Gamers Day 2018 Summer」の運営と告知を支援 地方esportsを盛り上げコミュニティ活性化が狙い

Cygamesは、9月12日、『Shadowverse(シャドウバース)』で、9月9日に富山テレビ放送本社で実施された「ToyamaGamersDay 2018 Summer」の大会サポートを行ったことを明らかにした。「ToyamaGamersDay 2018 Summer」は、富山県内における esports のムーブメント強化とゲームコミュニティのさらなる交流を目的とした大会。6回目の実施となる今回は、250 名以上のプレイヤーが集まったという。『シャドウバース』は初回大会より競技タイトルとして採用されており、今回は協賛イベントとして、Cygames がイベント運営・告知のサポートを行った。『シャドウバース』のプロダクトマネージャーである森慶太氏は、「日本における esports 文化浸透のために、トップの競技シーンだけではなく、地域振興や産学連携を強化していくことで esports

黒い砂漠

韓国NGELGAMESとケイブ、新作オンラインRPG『デビルブック』の日本国内での配信契約を締結 キーマン2人にインタビューし、ゲームの魅力に迫る

韓国のゲーム開発・運営会社であるNGELGAMES(以下、エンジェルゲームス)と、ケイブ<3760>は、モバイル向けの新作ゲーム『デビルブック』の日本国内における独占配信契約を締結した。これに際し、エンジェルゲームスのパク・ジフン代表と、ケイブの高野健一社長による調印式がケイブ本社で行われた。 『デビルブック』は、エンジェルゲームスと韓国のゲーム開発会社STARTER(以下、スターター)と共同開発したタイトルで、スマートフォン向けの2DアクションMMORPGになる。ケイブでは、2019年春に日本国内でサービスを開始していく考え。   ▲ケイブの高野健一社長(左)とエンジェルゲームスのパク・ジフン代表(右) 今回、『デビルブック』の企画・開発に携わったエンジェルゲームスのパク・ジフン代表と、スターターのクォン・サング代表にインタビ

UnityとGoogle Cloud「Open Match」を発表

MMORPG『TERA』11月に特性システム実装! 大いに交流を深めた7周年アニバーサリーパーティーをリポート

2018年9月8日、ゲームオンは『TERA』のオフラインイベント“7周年アニバーサリーパーティー”を開催した。今後のロードマップなども発表された本イベートのリポートをお届けする。

【インタビュー】モバイルゲーム運営市場は2020年に1000億円規模に拡大…ゲーム運営業界のトッププレイヤーであるファンプレックスが見る今後の市場展開と運営移管の実情

グリー<3632>の100%子会社であるファンプレックスは8月22日、デジタルインファクトと共同で行ったモバイルゲーム運営市場の調査レポートを公開した。こちらのレポートによると、モバイルゲーム運営市場の規模は2018年現在で約647億円、2020年に1000億円に到達すると予測されている。また、ファンプレックスの運営するタイトル数は20本を突破し、急激な成長を遂げている。 今回は、これらの調査をもとにファンプレックスがどのような業界に対して知見を得られたのか、またモバイルゲーム運営市場を牽引するキーマンとしてファンプレックス代表取締役社長の下村直仁氏と、執行役員・事業開発部長の村田卓優氏にお話を伺ってきた。 【関連記事】・【ファンプレックス調査】モバイルゲーム運営市場、2017年は7割増の502億円に急成長 2020年には1000億円に拡大する見通し▲ファン

TERA

多くの覚者が祝福! オフラインイベント“DDON3周年記念パーティー”が開催!

『ドラゴンズドグマ オンライン』公式オフラインイベント“DDON3周年記念パーティー presents by PASELA RESORTS”の様子をリポート。

オンラインゲームで負けたロシアの15歳少年、チェーンソーを使って自殺…「自殺扇動コミュニティ」関与か

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>