MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

 Webzen Japanは、2018年上半期にリリースを予定しているWindows用MMORPG「MU LEGEND」について、事前に応募して当選した人のみが参加できるクローズドβテスト(CBT)を、4月12日17時から4月15日23時まで実施する。

ネクソン<3659>は、本日(4月12日)より、今初夏に国内配信予定のモバイル向け新作RPG『OVERHIT』の公式サイトを公開し、事前登録の受付を開始したことを発表した。また、事前登録開始にあわせ、ゲーム内アイテムがもらえる事前登録キャンペーンや、Amazonギフトカードが当たるTwitterキャンペーンも開催する。本作は、大ヒットオンラインアクションRPG『HIT ~Heroes of Incredible Tales~』(以下、HIT)を手がけた「NAT Games」開発によるモバイル向け新作RPG。「Unreal Engine 4」を使用したモバイルゲーム最高レベルのグラフィックをベースに、壮大なストーリーや、フル3D&ボイス付きで描かれるキャラクター、ド派手な演出が魅力のバトルなどを楽しむことができる。■ストーリー本作の舞台は、近未来都市や未開拓地域など、それぞれ異な

海外:大空に浮かぶ島々で暮らすMMOサンドボックスゲーム『Worlds Adrift』5月17日にSteamにて早期アクセス販売開始へ

『Surgeon Simulator』などで知られるイギリスのインディースタジオBossa Studiosは4月10日、現在開発中のMMOサンドボックスゲーム『Worlds Adrift』について、5月17日にSteamにて早期アクセス販売を開始すると発表した。『Worlds Adrift』の舞台は、大空に浮かぶ島々である。 The post 大空に浮かぶ島々で暮らすMMOサンドボックスゲーム『Worlds Adrift』5月17日にSteamにて早期アクセス販売開始へ appeared first on AUTOMATON.

X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPANは、4月11日、『暁のエピカ -Union Brave-』において、声優の「小倉唯」さんが演じる新キャラクター「メロディー」が登場した。また、本作で初のアップデートとなる「刻印システム」を実装したことを発表した。<以下、プレスリリースより> ■装備をさらに強化しよう!「刻印システム」実装!2018年4月11日(水)より、本作初となるアップデートを実施し、「刻印システム」を実装いたしました。「刻印システム」は、装備に刻印を打つことで大幅に強化できるシステムで、刻印に必要なアイテムは新規マルチダンジョン「リブル戦役」にて獲得することが可能です。 【お知らせページ】https://epica.x-legend.co.jp/notice/detail.php?news_id=6313 ■英雄「【天空のハープ弾き】

 ゲームオンは本日,PC向けMMORPG「TERA:TheExiledRealmofArborea」にて,アップデート「覚醒」を実装した。アップデートでは,7クラスの覚醒が可能となり,新たなスキルが取得可能になった。また,復帰者や新規プレイヤー向けのキャンペーンも開催されている。

Supercellは、『クラッシュ・ロワイヤル』で、次のアップデートでクラン宝箱の廃止する予定だと発表した。ただし宝箱がなくなっても、クラン宝箱で手に入る報酬は、別の機能から入手でき、新しい機能では報酬の量がどんどん豪華になっていく仕様になるとのこと。例えば最小限の量の場合においてはクラン宝箱の報酬量に比べて少なくなるが、たくさんプレイすることでより多くの報酬を得ることができるとしている。同社は、クラン宝箱の機能の利用状況において、実装当初に比べコンプリート率の減少がありマンネリ化があったという。ただし、クラン宝箱によってどのクランメンバーが積極的に活動していて、どのメンバーが放置気味かを知ることができるという利点もあるため、同様のチェックができるように工夫していく予定だ。なお機能を追加しつづけると散漫になるため、同社では機能の追加や刷新を行う際、やるべきタイミングや箇所を見極めた上で、機

TERA

WebzenJapanは、2018年4月12日よりクローズドβテストを開催する新作MMORPG『MU LEGEND』の公式サイトを公開した。

SteamSpyなどデータ集積サイトが運営停止の危機。Steamプライバシー設定の変更によりデータ収集が困難に

Steamを運営するValveは4月11日、Steamアカウントプロフィールのプライバシー設定機能をアップデートしたことを発表した。デフォルト設定が「フレンドのみ」になったが、これにより痛手を負ったのは、Steamデータを収集しているトラッキングサイトSteamSpyである。 The post SteamSpyなどデータ集積サイトが運営停止の危機。Steamプライバシー設定の変更によりデータ収集が困難に appeared first on AUTOMATON.

AppAnnieが2018年第1四半期を振り返るレポートを公開。「荒野行動」や「PUBG Mobile」などのバトルロイヤル系ゲームが上位に

 AppAnnieによる,2018年第1四半期を振り返るレポートが公開された。ダウンロード数ランキングでは「荒野行動-KnivesOut-」「PUBGMobile」などが上位となっており,バトルロイヤル系のゲームが大きな盛り上がりを見せていることがデータにも表れている。

 LINEとアイディスは,共同開発タイトルとしてリリースを予定しているスマホ向け新作MMORPG「ガーディアンズ」のAndroid版クローズドβテストを,2018年3月26〜31日の期間で開催した。今回4Gamerは,本CBTに参加させてもらえたので,このときのプレイをもとにインプレッションをお届けしよう。

CEDEC、DiGRA JAPAN、IGDA日本・・・世代交替を通して成熟する業界三団体の現状と新たな連携の可能性

 セガゲームスは、プレイステーション 4/Nintendo Switch/Windows/PlayStation Vita用オンラインRPG「ファンタシースターオンライン2(以下、PSO2)」において、EPISODE 5の大型アップデート第4弾「星雲に舞う叡知の翼 Part2」を4月11日に実装する。

海外:Bossa手がける飛空艇MMO『Worlds Adrift』の早期アクセス開始日が決定!

グリーとファンプレックス、「超長期ゲーム運営サミット」を5月10日に開催! 『釣り★スタ』の高松プロデューサーらが登壇を予定

グリー<3632>とファンプレックスは、5月10日18時30分より、「超長期ゲーム運営サミット」を開催する。グリーからはリリース11年を誇る『釣り★スタ』のプロデューサー高松亘平氏が、運営5年以上のタイトルを10本持つファンプレックスからは執行役員佐藤 洋祐・遠藤 圭太が登壇する。その他にも5年以上ヒットを維持し続ける超長期運営タイトルが続々登場する。 ■「超長期ゲーム運営サミット」実施概要イベント名:「超長期ゲーム運営サミット」イベント概要:~超長期ゲーム運営サミット~ ヒットゲームの5年後生存率ってたったの●%!?モバイルゲーム市場は1発のヒットタイトルを狙う「開発市場」から、念願のヒットとなったタイトルをいかに長く遊んでいただくかの「運営市場」に焦点が移行しつつある。そういった中で、5年以上ヒットを維持し続ける超長期運営タイトルにフォーカスし、「マーケティング戦

MU LEGEND

 ネクソンは本日,スマホ向けアプリ「GIGANTSHOCK」のβテストを開始した。本作は,巨大なボスモンスターとのバトルに特化した,“超巨大ボスハンティングRPG”だ。Android版は飛び込みでのテストプレイ参加も可能となっている。

韓国公正取引委員会、「ガチャ」などで確率誤認をもたらしたとしてネクソンらメーカー3社に罰金を請求

『ハースストーン』スイッチ向け移植は「可能だが予定はない」…海外インタビューでディレクター語る

モブキャストゲームスの社外取締役に石井 武氏が就任

海外:EverQuestシリーズのスタッフによる新作MMORPG「Ashes of Creation」,αテストを2018年末に実施予定

 IntrepidStudiosが開発を続けているMMORPG「AshesofCreation」の公式サイトにおいて,αテストのテスター受付が行われている。本作は「EverQuest」シリーズを手がけたメンバーが設立した新スタジオの処女作。プレイヤー一人ひとりの行動がゲーム世界に大きな変化を与えていく「ノードシステム」が大きな魅力だ。

韓国:コロプラとLINE PLUS、『ドラゴンプロジェクト』韓国版を4月11日をもってサービス終了

コロプラ<3668>とLINE PLUSは、4月11日をもって、『ドラゴンプロジェクト』韓国版(現地タイトル「드래곤 프로젝트」)のサービスを終了する。すでにアプリストアでの配信は終了している。本作は、巨大なモンスターを仲間とともに力を合わせて倒し、クエストをクリアしていくアクションRPG。開発をコロプラ、マーケティング・運用をLINE PLUSが担当する枠組みで、2017年5月より配信されていたが、約11ヶ月でサービスを終了することになった。©2017 COLOPL, Inc.

World End Fantasy

プレイヤーに「面白さ」を届け続けたいーDGTがユーザーインタビューをする理由

ファンの投票で年間No.1を決定する“日本ゲーム大賞2018”年間作品部門の一般投票受付がスタート

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、ファンの投票で年間No.1のゲームタイトルを決定する“日本ゲーム大賞2018”年間作品部門の一般投票を本日、2018年4月9日より開始した。

カードバトル型ブロックチェーンゲーム「サムライクリプト」,事前登録スタート

 バンダイナムコオンラインは、Windows向けオンラインシミュレーション「ガンダムヒーローズ」の正式サービスを4月9日メンテナンス終了後より開始する。メンテナンス日時は、4月9日10時から同日16時29分までの予定。

スマホゲーム会社の雇用動向(37) ガンホー、2017年12月期の従業員数は109人増の1043人

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の2017年12月期の年間平均の従業員数は前の期比109人増の1043人と過去最高となった。2012年以前にアクワイアなどの買収などで従業員数が大きく伸びたが、2012年にリリースされた『パズル&ドラゴンズ』が大ヒットして以降であっても従業員数は1000人前後で推移している。 

『モンスターハンター:ワールド』クリエイターインタビュー完全版(PART.01)――まだまだ進化し続ける『MH:W』

週刊ファミ通2018年4月19日号(2018年4月5日発売)では、2018年1月26日に発売された、カプコンのハンティングアクションゲーム最新作『モンスターハンター:ワールド』の開発陣インタビューを掲載した。その完全版をお届け。

gundamheroes

【リサーチ】『オンラインゲームではどんな名前を使ってる?』結果発表

日本eスポーツ連合(JeSU)が議員連盟へ活動内容を報告、当面の目標はJOC加盟

2018年3月30日、“オンラインゲーム・eスポーツ議員連盟”の総会が、衆議院第2議員会館にて行われた。その模様をリポートする。

「戦国IXA」は10周年と言わず15周年を目指す。プロデューサーとディレクターが語る“ここからもう一盛り上がり”するための施策とは

戦国IXA

 バンダイナムコオンラインは本日(2018年4月6日),完全新作となるPC向けオンラインゲーム「ガンダムヒーローズ」の正式サービスを4月9日に開始すると発表した。また,トッププレイヤー同士の戦いをリプレイで確認できるヒーローズチャンネルの紹介動画も公開されている。

『PUBG』開発元が、『荒野行動』『Rules of Survival』を著作権侵害として提訴しストアからの削除を求める。数多くの共通点を列挙し告発

韓国のゲーム開発・販売元Blueholeの子会社で、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』を手がけるPUBG Corporationが、中国の大手パブリッシャーNetEaseを相手取り、アメリカ・北カリフォルニアの合衆国地方裁判所にて訴訟を起こしていたことが、4月5日明らかになった。 The post 『PUBG』開発元が、『荒野行動』『Rules of Survival』を著作権侵害として提訴しストアからの削除を求める。数多くの共通点を列挙し告発 appeared first on AUTOMATON.

海外:終末MMORPGシューター『Will To Live Online』早期アクセス開始!『S.T.A.L.K.E.R.』な雰囲気漂う

【インタビュー】セガのオンラインゲームを影で支えるエクストリームの力 ― 両社の対談で見えた技術者の新しい働き方とは

コンシューマ、アーケード、スマートフォンと幅広い分野で最前線を走るセガゲームス。また、エクストリームといえば他社のゲームプロジェクトに技術スタッフを送り出す「デジタルクリエイタープロダクション宣言」を推進しており、双方非常に良い協業関係と言える。今回の記事では、セガゲームスで数多くの作品に携わる田中氏と、エクストリームのソリューション事業本部長としてスタッフを提供する奥冨氏の対談をお届けする。長きに渡りゲーム業界を見てきた2人だから分かる業界の変遷、そして現在のゲーム業界について、興味深い話を聞くことができた。 ◼︎ふたりの経歴から振り返るゲーム業界の今昔――本日はよろしくお願いします。まずはお二人の現在の業務と経歴について教えてもらえますか?田中氏:セガゲームスのオンライン研究開発部の部長を担当しています。オンライン研究開発部は文字通りオンラインゲームを専門に開発する部署で『フ

チートを防ぐには何が必要なのか?セキュリティソリューション開発会社DNPハイパーテックにチートの実態と性質を訊く(前編)

チートおよびクラック対策のプロフェッショナルであるDNPハイパーテックにお邪魔し、開発会社を困らせるゲームのチートにまつわるさまざまなことをお聞きする企画。前編は主にチートの性質と実態を中心に解説してもらう。チートはどのように生まれ、どのような被害をもたらすのだろうか? The post チートを防ぐには何が必要なのか?セキュリティソリューション開発会社DNPハイパーテックにチートの実態と性質を訊く(前編) appeared first on AUTOMATON.

 ネクソンは本日(2018年4月6日),モバイル向け新作RPG「OVERHIT」を,日本国内で2018年初夏に配信すると発表した。本作は,オンラインアクションRPG「HIT〜HeroesofIncredibleTales〜」を手がけたNATGames開発による,モバイル向け新作RPGだ。

『ドラゴンズドグマ オンライン』“シーズン3.2”アップデート直前インタビュー「いまできる最大限を注ぎ込んだ」

2018年4月12日に“シーズン3.2”アップデートが実施される『ドラゴンズドグマ オンライン』。新たに追加されるストーリーや新ジョブ、コンテンツといった要素について、プロデューサー・松川美苗氏とディレクター・木下研人氏に話を伺った。

「セブンス・リバース」、「FFXI」とのコラボが本日より復活!新規プレーヤー向け装備プレゼントやガチャ、コラボダンジョンが登場

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、Android/iOS用RPG「セブンス・リバース」とスクウェア・エニックスのMMORPG「FINAL FANTASY XI(FFXI)」とのコラボレーションイベントを4月6日より開始した。開催期間は4月18日まで。

gundamheroes

 WebzenJapanは2018年4月4日,MMORPG「ミュー奇蹟の大地」において,新マップ「深淵のダンジョン」の追加や,4次チェンジアップとそれに伴うレベルキャップ開放などを行う「UPDATESEASON12PART2」を実装した。アップデート後からは期間限定で強力な防具が無料で交換できるイベントも開催中だ。

MMORPG「黒い砂漠」のPearl Abyssに,Counter-Strikeの父であるMinh Le氏が入社

 「黒い砂漠」のデベロッパである韓国のPearlAbyssが,「Counter-Strike」の父と呼ばれるMinhLe氏を同社に迎え入れたと発表した。Le氏は今回の発表で,「PearlAbyssの開発陣と共有して新作の準備に最善を尽くす」とコメントしており,同社の新作タイトルに関わることが明らかになっている。

 ACCESSPORTは本日,同社がサービス中の“ダークファンタジー”RPG「LeagueofAngelsII」において,大型アップデートを実施した。今回のアップデートでは3つの勢力が競う,多人数対戦モード「国戦」と,新PvPシステム「聖印殿堂」が追加される。

Netmarble Games、スマホ向けMMORPG『リネージュ2 レボリューション』でパセラリゾーツとのコラボ開催が決定! 東京・大阪5店舗でコラボメニューを提供

Netmarble Games(ネットマーブルゲームズ)は、スマートフォン向け超巨大マルチバトルRPG『リネージュ2 レボリューション(Lineage2 Revolution)』において、ニュートンが運営する複合エンタテイメント施設「パセラリゾーツ」とのコラボレーションイベントを、4月28日より期間限定で、東京・大阪の5店舗にて開催することを発表した。期間中は、コラボメニューを注文した人を対象に、オリジナル缶バッチのプレゼントや、オリジナルクッション等の豪華賞品がもらえるスタンプイベントを実施する。<< 「パセラリゾーツ」コラボイベント概要 >> ■コラボイベント内容パセラリゾーツの5店舗にて『リネージュ2 レボリューション (Lineage2 Revolution)』に登場する血盟アジトの晩餐を再現したオリジナルのコラボメニューを、期間限定で提供。また、コラボメニューを注文した

黒い砂漠

韓国:ガンホー子会社のGRAVITY、17年10-12月の売上はQonQで2.8倍の68億円と急拡大 『Ragnarok M』が台湾・香港で大ヒット

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>子会社のGRAVITYは、2017年第4四半期(2017年10-12月)において、売上高が前四半期比(QonQ)で2.8倍となる675億2100万ウォン(約68億円)に急拡大したことを決算説明会資料で明らかにした。ただし営業利益は横ばいだった。リリース当初の広告宣伝費などによるものとみられる。 この背景には、同社の展開するモバイルMMORPG『RO仙境傳說:守護永恆的愛(Ragnarok M)』が寄与したものとみられる。『Ragnarok M』は10月に台湾・香港・マカオでリリースされ、台湾のセールスランキングで首位を獲得するなど好調な出足を見せていた。この結果として、2016年12月期においては32%だった台湾の売上比率が2017年12月期では54%に上昇した。デバイス別売上もモバイルが23%から58%に上昇するな

  1. 2
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6
  6. 7
  7. 8
  8. 9
  9. 10
  10. 次へ >>