MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

海外:あのMMORPGの楽しさをもう一度。キャラを育成せずにレイドボス戦だけが楽しめる,「Ragtag Adventurers」を紹介

 MMORPGは面白い。とくに気心知れた仲間とパーティを組み,強大なボスと戦う「レイドボス戦」は多くのMMORPGゲーマーを魅了してきた。ボスニア・ヘルツェゴヴィナのデベロッパが発表している作品は,まさに「レイドボス戦だけを遊ぶゲーム」なのだ。発展途上のタイトルだが,簡単に紹介したい。

日本におけるeスポーツ問題と展望,そしてゲーム依存症の今後。ゲームと社会との関係を問う「黒川塾」第59回をレポート

 黒川文雄氏が定期的に開催している「黒川塾」。これまでもさまざまな議題を取り上げてきたが,「eスポーツの展望とゲーム依存症を考察する会」と題して行われた第59回では,カジノ研究家の木曾崇氏と,本誌でもおなじみ山本一郎氏が登壇。「JeSUに本当に期待したいこと」を中心としたトークが繰り広げられた。その模様をレポートする。

海外:基本無料MOBAシューター『Paladins』正式サービス開始日が決定!

『PUBG』開発元、制作初期メンバー全員に最大5億円のボーナスを支給へ。昨年入社した社員にも平均300万円支給

PUBG Corp.は、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』に携わる同社のスタッフにインセンティブボーナスを支給したようだ具体的な額としては、企画段階から参加した初期メンバー20人全員に、少なくとも10億ウォン(約1億円)から50億ウォン(約5億円)を支給。昨年の発売後に入社した社員300人に対しても平均3000万ウォン(約300万円)を支給したという。 The post 『PUBG』開発元、制作初期メンバー全員に最大5億円のボーナスを支給へ。昨年入社した社員にも平均300万円支給 appeared first on AUTOMATON.

「10連ガチャでSSRを多く引いた方が勝利」 AnimEVOの「グラブル」トーナメントが闇のゲームすぎる → 競技内容変更に

これが真のe(economic)スポーツ……!

任天堂、Web上でMiiを作成・編集する機能を5月下旬に追加─『Miitomo』サービス終了に合わせ

 NHNハンゲームは本日,PC用ベルトアクションRPG「ELSWORD」に,新たなレイドボス「ドラバキ」を実装するアップデートを行い,それを記念したアップデート記念イベントを開始した。また,4年ぶりとなるエルソード公式決闘大会「最強タッグバトルトーナメント」の募集もスタートしている。

 ゲームオンは、PC用MMORPG「黒い砂漠」において、5月9日の実装に先駆けて「ラン」の先行キャラクター作成を開始した。5月9日のメンテナンス開始前までに「ラン」を作成しておくと、ゲームアイテムがプレゼントされる。

「PUBG MOBILE」で,スマホでも最高のバトルロイヤル体験を――日本上陸を果たしたPUBG Corp.副社長 チョ・ウンヒ氏インタビュー

 PUBG(株式会社)が2018年5月中旬のサービス開始を予定しているスマホ向けタイトル「PUBGMOBILE」。バトルロイヤルゲームの大本命として注目度の高い同作だが,今回4Gamerではその準備のため来日した同社の副社長,チョ・ウンヒ氏に話を聞く機会を得たので,その模様をお届けする。

 VALOFEJAPANは,PC向け新作共闘アクションゲーム「KRITIKAR:evolution」(クリティカ・レヴォリューション)を発表した。本作は,「KRITIKA」をより遊びやすく調整し,新要素を取り入れたリニューアル作品だ。「KRITIKA」プレイヤー向けに行われるCBTの参加応募受付も始まっている。

【特別企画】ゲーム×ビットコイン!? 狂気のビットコインゲーム特集異色の組み合わせの結果は面白いのか、それとも超クソゲーなのか……?

 読者の皆さんは「ビットコイン」をご存知だろうか。「あぁ、いわゆる投機ってやつね」といった印象の方から「ブロックチェーン技術には未来がある」といった方まで幅広いと思う。特に今思い返すと2017年は異常とも言えるほどの盛り上がりで、2017年1月には1ビットコイン=11万円ほどだったのが、2017年12月には最高値で1ビットコイン=約240万円に届くなど明らかに過熱していた。その熱は一部の投資家だけのものではなく、TVでは仮想通貨投資に関する特集やニュースが放送され、仮想通貨投資に関するムック本なども多く出版されていた。総資産が1億円を越えた人を「億り人」と呼ぶのだが、仮想通貨投資により多くの億り人が生まれたと言われている。

GAMEVIL COM2US Japanは、本日5月2日より、戦略MMORPG『ガーディウス・エンパイア(GARDIUS EMPIRE)』の事前登録キャンペーンを開始した。本作は、 広大なマップ上で部隊を駒のように動かしながら世界中のプレイヤーたちとぶつかり合う「ストラテジーゲーム(SLG)」と、 キャラクターを育成して冒険と物語を楽しめる「ロールプレイングゲーム(RPG)」が融合したハイブリットタイトル。今年2月に行ったクローズβテストを経て、5月30日よりグローバル配信することが決定したとのこと。 ■ゲームの特徴 遊び方は無限大!自由に攻略しよう 今作では、 RPGメインの「冒険」モードとストラテジーゲームが楽しめる「天上対戦」モードを搭載!プレイヤーは自由に両モードを選択してゲームを遊ぶことができる。 冒険では、 8つのワールドで合計288ステ

【Aiming決算説明会】『ログレス』は「ユーザーの熱量が減少している」(椎葉社長)ことが課題 『キャラスト』は海外版と家庭用ゲーム版の開発も進行中

Aiming<3911>は、4月27日、東京都内で2018年12月期の第1四半期(1~3月)の決算説明会を開催した。説明会に先立ち発表された第1四半期決算は、売上高19億6900万円(前年同期比4.2%減)、営業損益6億7800万円の赤字(前年同期1億3400万円の赤字)、経常損益6億9200万円の赤字(同1億2700万円の赤字)、最終損益6億9400万円の赤字(同1億2900万円の赤字)と減収、赤字幅拡大という結果になった。決算説明会では、同社の椎葉忠志社長(写真)がまずは説明を一通り行い、その後に質疑応答が行われた。今回はその内容も踏まえつつ、会見の様子をまとめてみた。 ■QonQでは『キャラスト』のフル寄与で増収にまずは業績を四半期推移(QonQ)で見てみると、売上高は前四半期比6.9%増、各利益項目は赤字幅縮小となった。売上高がQonQで増収となったのは、昨年

裁判に持ち込まれる「バトルロイヤル」ゲームと,ゲーム業界における知的財産の意味

 「PLAYERUNKNOWN’SBATTLEGROUNDS」で知られる韓国のPUBGCorporationが,著作権侵害を理由に「荒野行動-KnivesOut-」を開発するNetEaseGamesを,米国連邦地方裁判所に告訴した。確かに類似点が多いこの2作品だが,ジャンルの先駆者は,どこまで著作権を主張できるのだろうか。ゲームの歴史や過去の判例を振り返りつつ,この騒動についてまとめてみよう。

League of Angels II

パーフェクトボディな俳優、ケイン・コスギにインタビュー。『LoL』の魅力は? 配信開始のきっかけは? esportsはスポーツ?【動画あり】

パーフェクトボディな俳優、ケイン・コスギ(以下、ケイン)にインタビュー。『LoL』を始めたきっかけや、その魅力について。esportsをどう捉えているのかなど、筆者が個人的に聞きたいことも含めて、たっぷりと伺った。

ウインライトは、Nintendo SwitchダウンロードソフトとしてMMORPG『エレメンタルナイツオンライン』を、2018年夏に配信すると発表した。本作は、2008年日本初のモバイルキャリア間MMORPGとして誕生し、その後スマートフォンへ展開したが、今回初めての家庭用ゲーム機への提供が決定した。Nintendo Switchのダウンロードソフトの配信を行い、さらにプラットフォームを超えたユーザー同士で協力して遊ぶことができる。 【Nintendo Switch版エレメンタルナイツオンライン概要】・タイトル:エレメンタルナイツオンライン ・配信予定日:2018年夏・ジャンル:MMORPG・プラットフォーム:Nintendo Switchダウンロード専用ソフト・価格:未定・CERO:Aを予定

 フロム・ソフトウェアは本日,「DARKSOULSREMASTERED」のネットワークテストを,PS4およびXboxOneで,2018年5月11日と12日に実施すると発表した。いくつかの条件を満たせば,誰でも無料で参加が可能。PSPlusやXboxLIVEゴールドメンバーシップなしで参加できるテストだ。

​N2インタラクティヴジャパンは、本日5月1日、『STARSHIP BATTLE ROYALE(スターシップバトルロワイアル)』をApp StoreとGoogle Playでリリースしたことを明らかにした。本作は、宇宙を舞台として、定番のシューティングゲームとバトルロワイヤルのシステムが融合したオンラインシューティングゲームだ。最大50人による同時対戦が楽しめる。ゲームの特徴は以下のとおり(プレスリリースより)。●このゲームでは、以下のことにご注意ください!1・誰でもわかるシューティングゲームです。2・最大50人参加して、生き残るのはたったひとりです。3・簡単操作ですが、勝つためには深い戦略性が必要です。●遊び方360度移動のシューティングゲームです。広大なマップの中で、最大50人のバトルロワイアルをします。勝者は、最後に生き残ったたったひとりだけ。時間が経つと、マップ中のダメージエリアが

海外:「EU一般データ保護規制」対応コストのためオンラインシューター『Super MNC』サービス終了へ―追従するサービスが登場するおそれも

『PUBG』チートツール開発者15名が逮捕、チートツールへのトロイの木馬混入も確認

「8時間同じことを言い続ける」「罵声を浴びせる」などの問い合わせへにどう対応するか? KLab、個人投資家対応の電話窓口を廃止

決算発表シーズンが中盤にさしかかったが、一部個人投資家への電話対応をどうするか、頭を悩ませている上場企業IR担当者は少なくないのではないか。電話対応は長時間労働の一因となっているだけでなく、株価や業績の悪化した局面では電話にでるなり罵声を浴びせる人が少なくなく、精神疾患になってしまい、休職や退職を余儀なくされるケースもあると聞く。こうしたなか、個人投資家や株主からの電話窓口を廃止する企業が増えているようだ。KLabは、昨年8月に実施した「個人投資家向けフォーラム」で、投資家への情報開示方針を明示し、電話対応の廃止を中心とする業務の合理化とともに、より付加価値の高い業務に注力する考えを示した。ポイントは以下のとおり。(1) ゲームのリリースや事前登録のスケジュールは事前に告知しないこと、個別の問い合わせにも対応しないこと。(2) 個別ゲームタイトルの情報に関する問い合わせには回答しないこと。

ソニー ゲーム&ネットワークサービス分野の2017年度業績は増収増益、PS4ソフト増収やPS Plus加入者増によるもの

ソニーが2018年3月期の決算短信(米国会計基準)を発表。ゲーム&ネットワークサービス分野は、売上高は前年度比2940億円(18%)増加し、1兆9438億円となった。

『PUBG』のチートツールには、使用者の個人情報を抜き取るウイルスが混入されていた。15名の販売者逮捕にあわせて報告

PUBG Corp.は4月27日に、中国で『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のチートツール開発及び販売をしていた組織から、15名の容疑者を逮捕したことを発表した。あわせて、チートツールからトロイの木馬のような悪性コードが含まれ、(チートツールを使用した)プレイヤーの情報が盗まれていたことを確認したことも発表している。 The post 『PUBG』のチートツールには、使用者の個人情報を抜き取るウイルスが混入されていた。15名の販売者逮捕にあわせて報告 appeared first on AUTOMATON.

EVO Japan実行委員会有限責任事業組合、期間満了により解散

EVO Japan実行委員会有限責任事業組合は、3月31日、存続期間満了により解散したことを4月27日付の官報で明らかにした。有限責任事業組合・EVO Japan実行委員会は、ハーツユナイテッドグループ<3676>と、松竹ブロードキャスティング、「4gamer.net」を運営するAetasの3社共同で、日本における格闘ゲーム大会「Evolution Championship Series:Japan」を開催・運営することを目的に、2016年9月に設立された。「EVO Japan2018」は、今年1月に開催され、大盛況だった。「EVO Japan 2019」も来年開催するとのことだが、運営主体は今年とは違った形になりそうである。HUG、日本における格闘ゲーム大会「EVO Japan」の開催・運営を目的とした有限責任事業組合・EVO Japan実行委員会を設立 

『フォートナイト』「バトルロイヤル」を含む3月の総収入はおよそ243億円―海外報道

 スクウェア・エニックスは、プレイステーション 4/Nintendo Switch/Wii U/Windows用RPG「ドラゴンクエストXオールインワンパッケージ」を7月26日に発売する。価格は4,800円(税別)で、CEROレーティングはA(全年齢対象)。

ゲームロフトは、新生オンラインアクションRPG『Dark Quest Champions』をApp Store、Google Play、Windows PCで、5月3日よりリリースすることを明らかにした。今回、開発者インタビューのほか、チャンピオン3体、背景アートの公開などを行った。 ■開発者インタビュー公開開発者インタビューを公開する。ソロキャンペーンおよび対戦プレイでの、バトルやゲームプレイ、チーム作成のストラテジーなど、プレイの詳細が語られている。  ■新チャンピオン 3 体公開さらに、先日ご紹介したチャンピオン 3 体に加え、新たに主要な 3 体(ログリム、ヴェラー、セレスティーナ)も紹介。本ゲームではチーム作りに重きが置かれており、250 体以上のキャラクター、5 種類の属性、5 種類の戦闘タイプを組み合わせて自分だけのチーム作りを楽しむことができる

噂:Blizzard Entertainment、新たな“対戦シューターを開発中か

3年目のシーズンに突入した「野球つく!!」インタビュー。好きな選手をずっと使える「チームリーダー任命」により,さらに感情移入できる

 セガゲームスの「野球つく!!」は,3年目のシーズンに突入している。2018年3月に実施された大型アップデート「OneForAll」では,さらに戦略性の幅が広がった。そんな「野球つく!!」について,プロデューサーを務める徳永剛氏に話を聞いた。

海外:盲目のプレイヤーたちが「音」で視て戦うマルチプレイFPS『Muffled Warfare』早期アクセス配信開始

シンガポールのインディースタジオGattai Gamesは、Steamにて『Muffled Warfare』の早期アクセス配信を開始した。『Muffled Warfare』は、全員盲目状態であるプレイヤーが、銃を使い相まみえるマルチプレイFPSだ。 The post 盲目のプレイヤーたちが「音」で視て戦うマルチプレイFPS『Muffled Warfare』早期アクセス配信開始 appeared first on AUTOMATON.

新作MMORPG『MU LEGEND』CBT参加キャラの統計データと序盤ダンジョンの攻略情報が公開

2018年4月27日、Webzen Japanは、新作MMORPG『MU LEGEND』において、4月15日まで実施していたクローズドβテストのキャラ統計データと序盤でつまずきやすいダンジョンの攻略情報を後悔した。

海外:西部劇MMO『Wild West Online』のSteam配信日が決定! 最新バージョン紹介映像も

野球つく!!

将来を真剣に考えなくなったらまずい――『サドンアタック』最強クランはなぜプロにならなかったのか。

「esportsの発展にはスターが必要だ」という声は多いが、目標にしやすいヒーロー像も大切だ。『サドンアタック』の元トッププレイヤーで、現在はネクソンに勤務するMatcha氏の来歴を訊いたら、セカンドキャリア問題解決のヒントも見えてきた。

アピリッツ、風姿華傳のゲーム事業の一部を5月1日付で譲受…オンラインゲーム事業の開発ラインを拡大、強化へ

アピリッツは、本日(4月27日)、風姿華傳のゲーム事業の一部を5月1日付で譲受することを発表した。同社は、自社オンラインゲームの開発、運営運営およびオンラインゲームの受託開発を事業として展開している。今回、その事業における開発ラインの拡大、強化を目的として、風姿華傳のゲーム事業の一部を譲り受けることとなった。<事業の一部譲受(簡易事業譲渡)のスケジュール>2018年4月16日 事業譲渡契約の締結2018年5月1日 事業譲渡日(予定)なお、譲渡日をもって、譲受事業に関わる従業員の雇用、風姿華傳と第三者との契約、固定資産はアピリッツが継承する予定としている。

【Aiming決算説明会速報】サービス中タイトルの整理に着手 国内版『ぐるぐるイーグル』のサービス移管が決定 『幻搭戦記グリフォン』も移管へ

Aiming<3911>は、4月27日、東京都内で2018年12月期の第1四半期(1~3月)の決算説明会を開催した。決算説明会では、同社の椎葉忠志社長(写真)がまずは説明を一通り行い、その後に質疑応答が行われた。今回はその中から、同社がサービス中のタイトルへの」施策について取り上げたい。最新作『CARAVAN STORIES』のリリースという大きな節目を通過し、同社は「より効率を重視したコストの使い方」(椎葉社長)を目指し、コストの見直しを進めている。そうした流れの一環として、サービス中タイトルの整理やコストの適正化も今後に向けた施策として取り組みが進められている。具体的には、先日、『ルナプリ from 天使帝國』と『ひめがみ絵巻』のサービス終了を発表しているが、このほかにも繁体字版『ぐるぐるイーグル』のサービス終了も決定したとのこと。さらに国内版『ぐるぐるイーグル』のサービス

『ブレイドアンドソウル』対人戦“比武”プレイヤー日本一を決める“ジャパンチャンピオンシップ 2018”が今夏開催!

エヌ・シー・ジャパンは、PC用オンラインゲーム『ブレイドアンドソウル』において、“比武”プレイヤーの日本一を決める大会“ブレイドアンドソウル ジャパンチャンピオンシップ 2018”を2018年夏に開催することを発表した。

【Aiming決算説明会速報②】開発パイプライン見直しで6本から5本に減少…「他社に譲渡する方針」(椎葉社長) 2タイトルのリリースが2019年に期ずれへ

Aiming<3911>は、4月27日、東京都内で2018年12月期の第1四半期(1~3月)の決算説明会を開催した。決算説明会では、同社の椎葉忠志社長(写真)がまずは説明を一通り行い、その後に質疑応答が行われた。今回はその中から、開発パイプラインの状況について取り上げたい。同社は開発中のタイトルについても見直しを進め、開発パイプラインはこれまでの6本から5本に減少した。「Aimingと開発会社で共同で開発を進めていたタイトルを他社に譲渡する方針」(椎葉社長)とのこと。なお、これまでの発表ではオリジナルタイトルとしてパイプラインに入っていたタイトルとなる。また、自社タイトルとなるMMORPGと、ゲーム系IPタイトルの2本がこれまでの2018年リリース予定から2019年リリース予定へとリリース時期が変更された。2タイトルの期ずれによる業績への影響は今後じっくりと見極める必要がありそ

任天堂が2018年3月期 決算説明会資料を公開、有料サービス“Nintendo Switch Online”は5月上旬に詳細が明らかに

任天堂は、2018年3月期 決算説明会のプレゼンテーション資料を公開した。

【NDC18】日本版『HIT』の成功から見るカルチャライズの手法を伝授…制作への考え方の違いから語る「日本人は面食い」の真相とは

ネクソン<3659>連結子会社のNEXON Koreaは、4月24日~26日の3日間、韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンス「Nexon Developers Conference 18(NDC18)」を開催した。本稿では、25日に行われたネクソンジャパン プロダクトデザイン室 室長の水野太介氏によるセッション「日本における『HIT』のカルチャライズ手法」をレポートしていく。本講演では、日本版『HIT』のデザイン施策を中心に、どのようなカルチャライズが加えられたかという話を展開した。 ■各国の文化に合わせたカルチャライズ事例を紹介▲ネクソンジャパン プロダクトデザイン室 室長の水野太介氏。フリーのイラストレーターとして活動した後、2008年にデザイナーとしてネクソンジャパンに入社。2015年以降は現在の立場で日本運営タイトル全般のゲームデザインを監修している。▲

『H1Z1』PS4版決定も、開発Daybreak Gamesはレイオフ実施へ

gloops、2017年12月期は1億4600万円の最終赤字

gloopsは、この日(4月27日)付の官報に第13期(17年12月期)の決算公告を掲載し、最終損益は1億4600万円の赤字だった。前の期の実績は4億1100万円の赤字だった。同社は、ネクソン<3659>子会社のモバイルソーシャルゲームの企業として知られており、『大戦乱!!三国志バトル』や『大熱狂!!プロ野球カード』などを配信している。今期はネクソンが配信する『ドラゴン騎士団』の開発を行っているほか、新作『HEXIA』のリリース準備を行っている。 

[NDC18]Nexon Koreaの社員はどのような環境で働いているのか。人事部長に聞く,働きやすい職場に向けた取り組み

 NDC18の期間中,NexonKorea人事部長に同社の職場環境に関する取り組みについて聞く機会を得た。NDCのような大規模イベントを主催していることからも分かるとおり,韓国のゲームメーカーの中でもとくに力を持つNexonKoreaだが,その社員はどのような環境で働いているのだろうか。

SuddenAttack

アソビモは、正統派MMORPG『トーラムオンライン』において、4月26日に大型アップデートを実施した。■初心者も上級者も!GWイベント開催!GWイベント期間中、詳細不明のゴールデンな限定ボス「ゴールデンイコノス」や、限定モンスター「金コリン」が登場する。「金コリン」を倒すと、事前にツイッターで募集した、染色済みの体防具や追加装備等が手に入る。手に入る体防具と追加装備の色は、出現するマップごとに異なる。「ゴールデンイコノス」は「金コリン」から手に入る「金のリンゴ」を10個集めると、ソフィア政庁の特設ポータルから挑戦できる。ほかにも、期間中特別なデイリー勲章を実施。毎日ゲームにログインで「雫玉の欠片」×20、ゲームで1時間遊ぶとさらに「雫玉の欠片」×20、クエスト3つ完了で「チケットピース」×40が手に入る。また、経験値とドロップ率が20%ずつ上昇する。ゴー

  1. 3
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 7
  6. 8
  7. 9
  8. 10
  9. 11
  10. 次へ >>