MMOニュース - V字回復するスクウェア・エニックス、顧客との対話を重視し、オンラインゲームに手応え についてのコメント 0 件

V字回復するスクウェア・エニックス、顧客との対話を重視し、オンラインゲームに手応え [ nikkei TRENDYnet ]

 約61億円の赤字となった2013年3月期決算から、社長を交代して再起を目指すスクウェア・エニックス・ホールディングス。2014年3月期決算の見通しは、グループ全体の売上高は大きく変化しないが、コストコントロールによる構造改革、家庭用ゲーム機やスマートフォン向けゲームアプリなどにヒット作が生まれ、黒字化へV字回復を果たしそうだ。その旗ふり役が、和田洋一前社長からバトンを受け取った松田洋祐社長だ。  海外スタジオが開発する『トゥームレイダー』から、国内スタジオの『ファイナルファンタジー』『ドラゴンクエスト』などの強力IPを軸に、家庭用ゲーム機、PCオンライン、スマートフォンなどさまざまなプラットフォームで展開を続ける同社が、過去の成功体験から脱却し、新たな成長を求めて何にチャレンジするのか――。松田社長が考えるスクウェア・エニックスの新しいビジョンについて聞いた。

ArcheAge
旬な運営会社 投票 コメント / 人数
1 位
△1
(2 位)

株式会社スクウェア・エニックス

PlayOnline - 日本 - 会社詳細 »

16 票 / 10 人

○ 2 人
- 5 人
× 3 人