MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

GameJeansは、『オーディンクラウン』のサービス開始が2月8日に決定したことを発表した。サービス開始時刻については、当日に公式SNS(Twitter、LINE、Facebook)にて告知されるとのこと。 また、事前登録者数は60万人を突破したことで全ての報酬の配布が確定している。事前登録は2月6日15:00にて終了となる。【事前登録報酬】(1)レインボージュエル2,500個(2)ゴールド10,000G(3)スタートダッシュログインボーナス:レインボージュエル7日間×150個「オーディンクラウン」事前登録キャンペーンURLhttps://odincrown.jp/campaign/登録方法・メールアドレス登録:https://odincrown.jp/registration/・公式LINE@アカウントの友だち登録:https://line.me/R/ti/p/%

グリー、第2四半期の営業益は24%増の50億円 ゲームアプリのコイン消費が増加【追記】

グリー<3632>は、本日(2月2日)、第2四半期累計(17年7~12月)の連結業績を発表し、売上高410億円(前年同期比35.8%増)、営業利益50億円(同24.5%増)、経常利益57億円(同10.0%減)、最終利益38億円(同69.4%減)だった。 同社では、スマートフォン向けゲームアプリは新規タイトルの開発を進める一方、既存タイトルの運営強化に取り組んだ結果、コイン消費は前年同期比で増加した、としている。ウェブゲームのコイン消費は減少したが、ネイティブゲームの増加が上回ったという。『アナザーエデン 時空を超える猫』や『ダンまち~メモリア・フレーゼ~』『SINoALICE』『戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』といったタイトルが貢献した模様だ。なお、経常利益が10%の減益となっているが、これは前年同期に計上された為替差益(17億円)が今期においては計上さ

ガンホー、2017年12月期は減収減益 売上高1000億円割れ 『パズル&ドラゴンズ』の売上減少で【追記】

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、この日(2月2日)、2017年12月期の連結業績を発表し、売上高923億円(前年同期比17.9%減)、営業利益343億円(同25.4%減)、経常利益343億円(同25.5%減)、最終利益223億円(同19.8%減)と減収減益となった。 同社では、業績の変動要因について、主力ゲームである『パズル&ドラゴンズ』の売上高が減少したため、と説明している。『パズドラレーダー』では、2017年10月にユーザー同士がオンラインで対戦することができる対戦モードを実装し、遊びの幅をさらに広げ、e-Sportsへの取り組みを強化する。このほか、連結子会社のGRAVITYについては、主に現在アジア地域へ展開しているスマートフォン向けゲーム『Ragnarok M』が好調に推移しているとのこと。【追記】第4四半期(17年10-12月期)の

ネクソンの連結子会社ネオプル,代表取締役社長にノ・ジョンファン氏が就任予定

海外:TPSMOBA『Gigantic』7月末にサービス終了へー最終アップデートも配信済

ポケモンGOのNiantic、マルチプレイAR技術のEscher Realityを買収 新作「ハリーポッター」への期待も高まる

Nianticは、2月1日(現地時間)、Escher Realityの買収を同社の公式BLOGで発表した。買収内容の詳細は明らかになっていない。Escher Realityは、ARをiOSとAndroid端末といったクロスプラットフォームでの動作し、マルチプレイ時においてリアルタイムでAR内のオブジェクトを共有しアプローチする技術を持っている。Nianticと言えば、『Ingress』や『Pokémon GO』といったタイトルの他、映画化もした大人気ファンタジー小説「ハリーポッター」の世界を舞台にしたARゲーム『Harry Potter: Wizards Unite』といった新規タイトルも控えており、同社の技術をどう活用していくか注目となる。 

『カウンターストライク』共同開発者が児童への性的搾取で逮捕ー海外報道

日本eスポーツ連合が発行するプロライセンスの発行手数料は5000円,ジュニアライセンスは3000円に

日本のeスポーツ、流行らせる理論と危惧する感覚

2月1日、コンピュータゲームの対戦競技「eスポーツ」を振興するための団体、日本eスポーツ連合(JeSU)の設立記者会見が東京都内で行われた。

世界で賭博と認定されつつある携帯ゲームの「ガチャ」

主にスマートフォンを中心に展開される『ソーシャルゲーム』。キャラクターの獲得やアイテムの入手などに、抽選方式の“ガチャ”が用いられている。このガチャの海外での呼称は『ルートボックス』といい、欧米のソーシャルゲームでも広く採用されるようになった。

スクウェア・エニックスは、完全新規プロジェクトとなるアーケード向けハイスピード対戦メカアクション『星と翼のパラドクス』を、2018年秋稼働予定であることを発表した。

​ポッピンゲームズジャパンは、2月1日、サンリオとのライセンス契約により、 スマホ向けアバターコミュニティ『ちゃんりおフレンズ』を今春リリースすると発表した。事前登録者数に応じて、 アバターや豪華コスチュームがもらえる事前登録キャンペーンを開始した。本作は、累計2000万以上作られた大人気アバター「ちゃんりお」のアプリ版となる。ちゃんりおを作るだけでなく、アバターのコーディネートや、お友だちづくり、作物の栽培などを行い、ちゃんりおと一緒に街を作っていく。  なお、キャンペーン期間中、『ちゃんりおフレンズ』のティザーサイトで事前登録を受け付けている。事前登録人数に応じてアプリ内で使用できるアバターや豪華コスチュームをプレゼントするとのこと。 1万人達成:ダイヤ300個 3万人達成:髪型×1 5万人達成:「たすき掛け」上下セット&n

CSO