MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

海外:人気ARPG『Torchlight』シリーズ最新作『Torchlight Frontiers』がPC/PS4/Xbox One向けに発表。マルチプレイ対応作品に

パブリッシャーのPerfect Worldは8月9日、『Torchlight Frontiers』を、PCおよびPlayStation 4/Xbox One向けに発表した。発売時期は未発表。『Torchlight Frontiers』は、人気アクションRPGシリーズの最新作で、マルチプレイに対応するという。 The post 人気ARPG『Torchlight』シリーズ最新作『Torchlight Frontiers』がPC/PS4/Xbox One向けに発表。マルチプレイ対応作品に appeared first on AUTOMATON.

ガーラ、1Qは売上高51%増ながら7600万円の営業赤字を計上 『Flyff Legacy』が欧米向けに好調…半面そのマーケティング活動費用が増加

ガーラ<4777>は、8月10日、2019年3月期の第1四半期(4~6月)の連結決算を発表、売上高2億4700万円(前年同期比51.7%増)、営業損益7600万円の赤字(前年同期8100万円の赤字)、経常損益7300万円の赤字(同8300万円の赤字)、最終損益7300万円の赤字(同8300万円の赤字)となった。『Flyff Legacy(フリフレガシー)』の欧州と米国向け売り上げの拡大が大幅な増収につながった。 ①日本セグメント…売上高2200万円(前年同期比74.2%減)、セグメント損益4900万円の赤字(前年同期3700万円の赤字)『Flyff Legacy(フリフレガシー)』日本語版について、開発及び運営業務の効率化を図るため、連結子会社Gala Labがグローバルサービスを開始し、2018年5月にパブリッシャーが連結子会社ガーラジャパンからGal

カプコン、MORPG『ドラゴンズドグマ オンライン』“シーズン3.3”直前インタビュー「悪しき竜は過去最強クラスの竜」

2018年8月16日に“シーズン3.3”アップデートが実施される『ドラゴンズドグマ オンライン』。新たに追加されるストーリーやモンスター、コンテンツといった要素について、プロデューサー・松川美苗氏とディレクター・木下研人氏に話をうかがった。

ネクソン、『FIFA Online 4』は前作とは別タイトルとして配信 ユーザーの移行は「非常に順調」 付与ポイントが消化されれば売上も回復

ネクソン<3659>代表取締役CFOの植村士朗氏(写真)は、本日(8月9日)開催の決算説明会で、PCオンラインサッカーゲーム『EA SPORTS FIFA Online 4』と、そのモバイル版である『EA SPORTS FIFA ONLINE 4 M』について、前作『FIFA Online 3』からの移行が「非常に順調に進んでいる」と明かした。同社では、『FIFA Online 4』について、『FIFA Online 3』とは別に新しいタイトルとしてリリースし、旧作からの移行を促していたという(旧作のサービスは終了)。ユーザーの移行を最優先とし、新作に移行した際にはポイントの付与や前作のポイント移行などを行ったため、韓国セグメントの売上は前年同期比で2.1%減の154億5900万円と減少した。 幸いエレクトロニック・アーツの協力もあり、ユーザーの移行が非常に順調に進ん