MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

ゲームエイジ総研が分析レポートを公開。外出自粛によるプレイ時間の増加傾向や香川県の状況など

運営18周年『FF11』プロデューサー松井氏&ディレクター藤戸氏インタビュー。新たな展望は夏ごろ発表予定!

運営18周年を迎えた『ファイナルファンタジーXI』。プロデューサーの松井聡彦氏とディレクターの藤戸洋司氏にインタビュー。

【ACADEMY】誇大広告を信じてはいけない:プレイヤーエンゲージメントの基本ガイド

浜村弘一氏がゲーム産業の現状と展望を解説。セミナー“多軸化へ向かう競争と協調”をリポート

2020年5月22日、KADOKAWAデジタルエンタテインメント担当 シニアアドバイザーの浜村弘一氏による講演“ゲーム産業の現状と展望 2020年春季 多軸化へ向かう競争と協調”が催された。浜村氏によるゲーム業界の現状分析と今後の展望が示された講演をリポート。

League of Legends,プレイフィールドに広告を掲載

動物がいない、祭りが始められない……『Fallout 76』ゲーム内イベントが進行不能状態に―現在は停止中

Blizzard、「BlizzCon 2020」の開催中止を発表。オンラインでの代替案を模索

 Blizzard Entertainmentは5月27日、11月開催予定であった2020年度「BlizzCon」の開催中止を発表した。

韓国Pearl Abyss、第1四半期は営業益が153%増の462億ウォン 『黒い砂漠』と『EVE Online』が引き続き好調

『黒い砂漠』で知られる韓国Pearl Abyss(パールアビス)の第1四半期(2020年1-3月)の決算を発表し、売上高が前年同期比0.5%増の1332億ウォン(116億円)、営業利益が同153.8%増の462億ウォン(40億円)、最終利益が同242.6%増の483億ウォン(42億円)と大幅な増益となった。『黒い砂漠』は、PCとモバイルの売上が安定的に推移したほか、コンソール向けの売上が伸びた、としている。『黒い砂漠』については日本でゲームオンから運営移管の準備も行った。『EVE Online』についても好調だったとのこと。支払手数料と広告宣伝費が減ったことも増益要因となった。 

アピリッツ、20年1月期の最終利益は5800万円…『ゴエティアクロス』や『かくりよの門 -朧-』など運営、新作『アンノウンブライド』を控える

アピリッツは、5月21日付けの官報に第20期(2020年1月期)の決算公告を掲載し、最終利益は前の期と変わらずの5800万円だった。同社は、ECサイト構築やWebシステムの開発を行っているほか、自社オンラインゲームの開発、運営運営およびオンラインゲームの受託開発を事業として展開している。この期は、『ゴエティアクロス』や『かくりよの門 -朧-』『ひねもす式姫』などの運営を行った。新作として『アンノウンブライド』のリリースを控えている。 

いざ囲まんドマ式麻雀! 「ファイナルファンタジーXIV」デザインの麻雀グッズ2種が登場手打ち用麻雀マットと麻雀牌がそれぞれ発売決定!

 スクウェア・エニックスは、プレイステーション 4/PC用MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」の世界観をモチーフにした麻雀グッズ2種類を6月に発売する。価格は「ドマ式麻雀 手打ち用麻雀牌」が19,800円(税込)で、「ドマ式麻雀 手打ち用麻雀マット」が7,480円(税込)。

給付金はゲーム課金ではなく自身や周囲の生活応援に……『War Thunder』運営がTwitterで異例の投稿

台北ゲームショウがオンラインビジネスマッチングサービスを開設

FinalFantasy14

マーベラスが中国テンセントの傘下会社に。テンセント子会社と資本業務提携

マーベラスは5月25日、中国Image Frame Investmentと資本業務提携を結ぶことを発表した。あわせて、第三者割当の方法により新株式の発行をおこなうと告知した。Image Frame Investmentは、テンセントホールディングスの子会社(投資持株会社)。

ソニー決算から考察する“ウィズコロナ時代”のエンタメ需要。影響額の試算から見える2020年以降の世界は

2020年5月13日、ソニーの決算発表会が行われた。その内容や質疑応答から、“アフターコロナ”時代のエンタメ産業、コンテンツ産業を展望する。

大館市のネット・ゲーム規制条例、一時策定凍結へ 香川県の違憲訴訟受け「経緯見守りたい」

今後は香川県の訴訟の状況も見つつ検討していくとのこと。

『The Culling』課金モデルの批判を受けて開発元が反省。課金モデル自体ではなく「発表の仕方」や「1日1マッチ」制限が悪かったと自己分析

『The Culling』課金モデルの批判を受けて開発元が反省。課金モデル自体ではなく、「発表の仕方」や「1日1マッチ」制限が悪かったと自己分析している。

クローズドベータ中の『VALORANT』にて新たに不正行為者1,600人へのBANが報告

Respawnが『Apex Legends』開発専用スタジオをバンクーバーへ設立していたことが明らかに

COVID-19のパンデミックはモバイルゲーム市場をどう変えるか

フェイスブックは“VRリモートワーク”の拡充に着手した

フェイスブックは、一体型VRヘッドセットOculus Quest対応のコラボレーションアプリを拡充します。新型 […]

「Minecraft」のMojang,スタジオ名をMojang Studiosに変更

 「Minecraft」を手掛けたMojangは,スタジオ名を「MojangStudios」に変更すると発表し,新たなロゴやトレイラーを公開した。長編映画の企画やライブショーの準備をしたり,新しいゲームのアイデアを練ったりしていることが,合わせてアナウンスされている。

【8年前の今頃は?】消費者庁、「コンプガチャは違法」と判断 ソシャゲ業界にコンプガチャショック広がる

数年前の今日はどんな記事があった?

『マインクラフト』9年かけて作られた「特大現代都市」のマップデータが配布中。総勢400人が参加するマイクラ最大規模の街

『マインクラフト』にて、400人規模で制作中の超巨大なマップデータが注目を集めている。「Greenfield」というプロジェクトとして制作されているこの都市は、2011年から約9年の歳月をかけて成長してきたという。

『Apex Legends』ライフライン強化について開発者「実マッチでは元からトップティア。取り組んでいるが難しい問題」

『FF11』がPS2で正式サービスを開始した日。シリーズ初のオンラインタイトルでMMORPGというジャンルの魅力と認知度を広めた作品【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2002年(平成14年)5月16日は、プレイステーション2用ソフト『ファイナルファンタジーXI』が正式サービスを開始した日です。

『GTAV』がEpic Gamesストアで期間限定無料配布開始。しかし人が殺到しストアがダウン

Epic Gamesは5月15日、『Grand Theft Auto V』をEpic Gamesストアにて期間限定で無料配布開始した。期限は5月21日23時59分まで。

LINEがPC向けゲームプラットフォーム「LINE POD」を発表。台湾やタイ,インドネシアおよび東南アジアで提供へ

 コミュニケーションアプリ「LINE」を展開しているLINEは本日,PC向けゲームプラットフォーム「LINEPOD」の,台湾,タイ,インドネシアおよび東南アジアでの提供開始が決定したと発表した。ユーザーが1つのプラットフォームで,モバイルゲームとPCゲームの両方をプレイできるというものだ。

「World of Warcraft」の世界観を使ったボードゲーム「Small World of Warcraft」が発表。2020年夏に欧米でリリース予定

 ボードゲームのパブリッシャであるDaysofWonderは同社の人気作「SmallWorld」と,BlizzardEntertainmentの「WorldofWarcraft」の世界観を融合させた新作「SmallWorldofWarcraft」の制作を発表し,トレイラーを公開した。欧米での発売は,2020年夏が予定されている。

スクエニHD、「MMO」売上は48%増の401億円と過去最高を更新 「FFXIV」と「DQX」拡張パッケージ販売と課金会員が大幅増

スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、5月13日に発表した2020年3月期の決算で、「MMO」の売上高が前の期比47.9%増の401億円となったことを明らかにした。過去最高を更新したもうようだ。営業利益についても、具体的な数字は出ていないが、100億円台前半から200億円弱まで大きく伸びたことが示されている。同社では、好調の要因として、「ファイナルファンタジーXIV」と「ドラゴンクエストX」の拡張パッケージの販売が好調だったことに加えて、月額課金の会員数が大幅に増加したことをあげている。【関連記事】・スクエニHD、20年3月期は売上高4%減ながら営業益33%増 家庭用ゲーム機向けの苦戦を『ロマサガRS』や『DQウォーク』の好調などでカバー

ネクソン、第1四半期の営業益は21%減の415億円…中国『アラド戦記』はPCカフェ停止の影響でアクティブユーザー減少

ネクソン<3659>は、この日(5月13日)、2020年12月期の第1四半期(1~3月)の連結決算を発表し、売上収益827億円(前年同期比11.1%減)、営業利益415億円(同21.0%減)、税引前利益619億円(同0.3%増)、最終利益499億円(同6.5%減)と減収減益となった。売上収益と税引前利益に関しては予想レンジの上限を上回る水準で着地した。オーウェン・マホニー社長のコメント「世界経済が大きなダメージを受ける中、当社の事業は重大な影響なく、韓国では過去最高の四半期売上収益を達成し、堅調な第1四半期となりました。当社がサービスを提供するにあたり、ユーザーと物理的接触が必要となることは極めて少ないため、新型コロナウイルスによる大きな混乱もなく、事業を行うことができています。人々の間でオンラインゲーム及び仮想世界が21世紀最高のエンターテインメントであるという認識が広まり、

どのアプリが“売れている”のかも丸分かり。データ分析を行うフラー(App Ape)が業界動向を振り返る「スマホゲーム四半期報告書」を掲載

 スマホ向けアプリのデータ分析をテーマにした新連載,「スマホゲーム四半期報告書」を4Gamerで開始します。データ分析を専門に行うフラー(AppApe)が,セールスランキングなどを交えつつ市場動向を解説しているので,スマホゲーム界隈を俯瞰するための一助としてご一読ください。

『VALORANT』クローズドベータテストにて8000人以上のチーターBANが報告

PC版『CoD: Warzone』新規プレイヤーは二段階認証が必須に―チート対策の一環

シフォンが「M2 -神甲天翔伝-」ゲーム内で第2回「オンライン会社説明会」を5月26日に実施

コロプラ、コアエッジからオンラインゲームの企画・運営事業とコンサルテーション事業を買収

コロプラ<3668>は、5月8日、コアエッジが保有するオンラインゲームの企画・運営・コンサルテーション事業を買収することを発表した。具体的な取得日・取得額などは非開示。同社は事業譲受の理由を「オンラインゲーム領域に関するマーケティングの知見を持つコアエッジの優秀な人材を獲得し、当社のゲーム開発力と掛け合わせることで、当社のモバイルサービス事業のさらなる競争力向上に資するものと判断したため」としている。なお、人材紹介事業に関しては、コアエッジが引き続きが行う予定とのこと。 

H2インタラクティブ、eSports配信データ分析サイト「ESPORTS CHARTS」の日本向けサービスを開始

H2インタラクティブは、グローバルeSports配信データ分析サイト「ESPORTS CHARTS」を運営するESM-GROUP LLC(ウクライナ)と事業提携を行い、「ESPORTS CHARTS」の日本・韓国向けのサービスを開始する。「ESPORTS CHARTS」は世界中の主要なeSportsの大会の配信データやスタッツなどをチャート形式で配信するデータ分析サイト。全世界30を超える主要なeSports配信プラットフォームと連携して試合の視聴数・最大同時接続数・言語別視聴数などを大会・ゲーム・チームなどの様々な視点から分析することができるサービスになっている。大会やチームの配信データから見る影響力を可視化させ、よりクリアで公平な情報を提供。チームオーナー、eSportsスポンサー、大会主催者、eSportsゲーム会社などにはビジネスシーンで参考になるデータが確認できる。また、有料購読

『FF14』祖堅正慶氏も愛用の電子楽器“オタマトーン”誕生秘話。明和電機社長取材&祖堅氏のコメントも!

ゲーム業界とも縁のある電子楽器オタマトーン。明和電機社長への取材から、その誕生秘話に迫ります。愛用者の『FFXIV』祖堅正慶氏のコメントも紹介!

ニンテンドースイッチなどのネットワークサービス全般で障害が発生中

本日2020年5月10日(日8:54ごろよりNintendo Switchなどのネットワークサービス全般で障害が発生。スイッチなどでインターネットに接続できない状態が続いている。

「コード:ドラゴンブラッド」,リリースから約1か月を記録したビッグデータを公開。合わせて記念キャンペーン開催

 TencentGamesは,スマホ向けMMORPG「コード:ドラゴンブラッド」が配信開始から1か月を迎えたことを記念して,プレイヤーのこれまでの動向を記録した,「ドラブラビッグデータ」を公開した。合わせて,豪華賞品が当たるリリース1か月記念キャンペーンの実施も発表されている。

FinalFantasy14

Opinion:VRはその瞬間をつかむことができる ― 大手が協力さえすれば

デュエルスペースが使えなくてもTCG対戦はできるって知ってた?参加費、交通費すべて無料! ショップ主催のデュエマオンライン交流会に参加してみた

 新型コロナウイルスの感染を抑えるための緊急事態宣言が発令されてから約1か月が経過したが、まだまだ安心できる状況には至っておらず、緊急事態宣言も5月31日まで延長されることが決定した。こうした状況で、深刻な立場に立たされているのがTCG(トレーディングカードゲーム)を扱うTCGショップ(カードショップ)である。

eスポーツ配信のデータ分析を行う「Esports Charts」の日本・韓国向けサービスが発表

 H2インタラクティブは本日,eスポーツ配信データ分析サイト「EsportsCharts」を運営するESM-GROUP(ウクライナ)と事業提携を行い,EsportsChartsの日本・韓国向けサービスを開始すると発表した。世界中の主要なeスポーツ大会の配信データやスタッツなどを,チャート形式で配信するサイトだ。

オンラインでフレンドとボードゲーム! 「HUMBLE ASMODEE DIGITAL PLAY WITH FRIENDS BUNDLE」開催中

Google、アプリのユーザーの位置情報への不必要なアクセスを制限 Android11では一時的に許可する機能も

Googleは、「Developers Blog」で、Google Playで配信されているアプリ・ゲームを利用する際に求められる個人情報をユーザーがさらに細かく制御できるようにするポリシー変更を行ったことを明らかにした。その一つとして、ユーザーの位置情報へのアクセスに関して、ユーザー自身で制御できるようにし、Android11ではワンタイムで許可を与える機能が実装されているという。さらに、今年2月からはバックグラウンドで位置情報にアクセスを要求するアプリのデベロッパーは、Google Playの承認を受ける必要がある旨の告知が行われた。アプリの主な目的を実現するために位置情報にアクセスする必要があるアプリのみが、ユーザーにアクセス許可を要求できるようになっているとのこと。ただ、このポリシーに関しては、準拠するために十分な時間が必要であるとし、ポリシー施行期限を延長しているそうだ。具体的に

乱心のRockstar、とうとう『GTAオンライン』でエイリアンスーツを無料配布。35万ドルのコスチュームをまとい、鈍器を片手に宇宙戦争

Rockstar Gamesは5月7日、『GTAオンライン』で緑のエイリアンスーツと紫のエイリアンスーツの配布を開始した。そう、4月からサンアンドレアスを混乱に陥れている宇宙人のボディスーツがとうとう全プレイヤーに支給されることとなったのだ。

東京ゲームショウ2020中止、オンラインイベント検討へ

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は5月8日、東京ゲームショウ2020を中止すると発表した。

enish、第1四半期は新作貢献で2ケタ増収、粗利黒転も営業赤字続く リストラに伴う費用削減は今後徐々に発現

enish<3667>は、4月30日、2020年12月期の第1四半期(1月~3月)の単独決算を発表するとともに、決算説明資料を公開した。発表した決算を見ると、売上高が10億3100万円(QonQ15.0%増)、営業損益が3億1400万円の赤字(前四半期は3億9900万円の赤字)、経常損益が3億2200万円の赤字(同3億9900万円の赤字)、最終損益が3億2400万円の赤字(同4億円の赤字)だった。新作2タイトルのリリースで2ケタの増収を達成し、売上総利益(粗利益)が黒字転換したが、販売管理費が膨らみ引き続き赤字となった。リストラクチャリングに伴うコスト削減効果については、今後、より大きく出るという。決算の内容を見ていくと、売上高がQonQで15.0%増の10億3100万円と2ケタの増収を達成した。新作ゲームとして、1月17日に未来型アクションRPG「VGAME」、1月22日にド

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>