MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

『Apex Legends』の年間売上予測は300億円以上、週間プレイヤー数は800万〜1000万人。ライブサービスがEA業績を牽引する

『Apex Legends』の年間売上予測は300億円〜400億円台であり、現在の週間プレイヤー数は800万〜1000万人であることがわかった。EAの2020会計年度第1四半期は新作リリースが控えめながら、『Apex Legends』『FIFA』などのライブサービスが業績を牽引。

「Apex Legends」,初の公式大会「Apex Legends Preseason Invitational」が発表。2019年9月13日〜15日にポーランドで開催

 ElectronicArtsは本日(2019年7月30日),バトルロイヤルFPS「ApexLegends」初の公式大会「ApexLegendsPreseasonInvitational」を,9月13日〜15日にポーランドで開催すると発表した。世界中から80チームが参加し,賞金総額は50万ドルになるという。

​クアルコムとテンセントゲームスが提携 モバイルゲーミング端末、5G、クラウドゲーミングなどで協力へ

クアルコムとテンセントゲームスは、7月29日(米国時間)、戦略的提携を発表した。今回の提携は今後のプロジェクトの最適化のために行ったとしている。これによって、クアルコムの Snapdragonベースのゲーミングデバイス、ゲームコンテンツとそのパフォーマンスの最適化、Snapdragon Elite Gamingの機能強化、クラウドゲーミング、AR/VR、5Gゲーミングといった分野での協力していく。両社は「今回の提携でユーザーにより良いゲームとインタラクティブ体験をもたらしたい」、「今回の提携で生活が潤い、世界規模でのゲーム変革が起こることを楽しみにしている」とそれぞれコメントしている。 

定額制サービス「EA Access」のPS4版が本日スタート。「EA SPORTS FIFA 19」や「Battlefield V」などの人気タイトルが遊び放題に

 エレクトロニック・アーツは2019年7月30日,定額制サービス「EAAccess」のPlayStation4版をスタートした。EAAccessに加入すると対象の作品を無料で遊べるほか,新作タイトルを最大10時間まで体験できる先行トライアルに参加できる。さらに,同社がPSStoreで販売するゲームや各種DLCを10%OFFで購入可能となる。

賞金総額約32億円の「Fortnite World Cup」大会レポート。会場はフォートナイト一色に。出場した日本人選手の順位は

 いま世界で一番人気のTPS「Fortnite」の世界大会「FortniteWorldCup」が,7月26日から28日の3日間にかけてアメリカ・ニューヨークにて開催された。日本人選手も出場した本大会の現地レポートをお届けする。

セガサミーHD、デジタルゲームの営業利益が23億円と黒字転換 『PSO2』と『サカつくRTW』貢献、タイトル譲渡益も

セガサミーホールディングス<6460>の第1四半期(4-6月)の決算で、セガゲームスやセガ・インタラクティブの展開する「デジタルゲーム」の営業利益が23億円と前年同期の4億円の赤字から黒字転換したことがわかった。デジタルゲームは、前期の4四半期に黒字転換するなど好転の兆しがでていたが、さらに営業利益を伸ばしてきた格好だ。また、売上高についても前年同期比32.2%増の119億円と増収を達成した。 同社では、デジタルゲーム分野における一部既存タイトルが好調だった、と説明している。『ファンタシースターオンライン2』がEpisode 6などの大型アップデートで、『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』の1周年イベントが好調だったという。さらに、タイトルの譲渡によって収益も計上したとしている。この四半期で2タイトルの運営を終了し、開発・運営タイトルの適正化とと

オンラインセッション用TRPGツール「TRPGスタジオ」無料公開。リプレイを簡単に動画/ゲーム化可能

フリーランスエンジニアのシケモクMK氏は7月29日、オンラインセッション用TRPGツール「TRPGスタジオ」を無料公開した。「TRPGスタジオ」はリプレイをワンボタンでゲーム化できることが特徴となっている。

『マビノギ』メーカー公式コスプレ撮影会と座談会リポート。愛を全身に浴びてきた!

PC用オンラインRPG『マビノギ』のメーカー公式コスプレ撮影会と、コスプレイヤーと運用スタッフによる座談会が行われた。

Access Accepted第619回:PCゲームの復権とコンシューマ機の将来

 かつて,「PCゲームは死んだ」と言われた時代があったが,現在,欧米ゲーム市場ではPC専用のサブスクリプションサービスが次々に登場するなど,技術面でもビジネス面でも大きな存在感を発揮している。市場がクラウドに向かいつつある今,以前とは正反対の方向性までが見えてきた。

Free-to-Playのレシピ集:エンゲージメントに効く秘密の数字

Eyedentity Games Japan、『ドラゴンネスト』コミカライズをLINEマンガにて配信開始!!

Eyedentity Games Japanは、7月27日、- 全世界2億人以上がプレイした伝説のRPG -『ドラゴンネスト』をコミカライズした『ドラゴンネスト賢者の予言』をLINEマンガにて配信開始すると発表した。■ドラゴンネスト コミックに関する作品紹介 それは、竜と人の物語――爽快3DアクションRPG「ドラゴンネスト」のコミカライズ作品!お金に目がない天才ソーサレス「アンジェリカ」が賞品として手に入れたのは、伝説の宝玉!…ではなく、ヘンな生き物!?一方、とある重要任務に赴くこととなった生真面目クレリック「エダン」は遠征先で思わぬ事件に巻き込まれる…。運命の悪戯か女神の意思か…二人の出会いを契機に物語が今、動き出す…!『ドラゴンネスト 賢者の予言』LINEマンガで毎週火曜・土曜連載中!URL:https://lin.ee

【LINEリサーチ調査】若年者の流行に関する定点調査…15~18歳男性でゲームが最多、下半期流行予測の3位に「ポケモンGO」

LINE<3938>が運営するスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」は、 「若年層の流行に関する定点調査(2019年上期)」を発表した。同社では、全国の15~24歳の若年層の男女に四半期ごとに「最近流行っているコト・モノ・ヒト」「2019年下半期に流行りそうだと思うもの」についてアンケート調査(自由記述形式)を行った。今回発表となったのは2019年上期で、3月と6月に実施したとのこと。調査結果は以下のとおり(プレスリリースより)。■調査サマリー ・2019年上期の若年層流行、 男女ともに「タピオカ」が圧倒的1位・男性15~18歳の流行、 上位10項目中7項目は、 ゲーム関連・2019年下期の流行予測は1位「タピオカ」、 2位「東京オリンピック」、 3位「ポケットモンスター/ポケモンGO」「日向坂46」■2019年上期の若年層流行、 男女ともに

FPS『Doom Eternal』開発インタビュー。初披露された対戦モードの詳細や、新デーモンの能力や倒し方について聞いた【QuakeCon 2019】

ベセスダ・ソフトワークスが発売予定のFPS『Doom Eternal』について、開発インタビューで新要素の対戦モードなどについて聞いた。

『Team Fortress 2』ルートボックスのバグで激レアアイテムの出現率がほぼ100%に

ゲーム運営の新しい考え方「LiveOps」に迫るセミナーレポートーMicrosoft Azure 「PlayFab」のコンセプトと国内での動向を本国マネージャーに訊く

Aiming、4-6月の最終損益は前四半期の黒字から一転して5.17億円の赤字に ゲームアプリの不振と早期退職者の募集による特損で

Aiming<3911>は、7月26日、第2四半期累計(2019年1月~6月)を発表し、売上高29億6100万円(前年同期比21.8%減)、営業損益3億7500万円の赤字(前年同期は11億1400万円の赤字)、経常損益3億8400万円の赤字(同11億3400万円の赤字)、最終損益4億6900万円の赤字(同11億3800万円の赤字)だった。なお、前年同期の数字は連結ベースとなるので比較は参考程度としてほしい。相変わらず定性情報はまったくない。最終損益の赤字幅が他の項目よりも大きいのは、早期退職者の募集に伴い、特別退職金として8500万円を計上したことによる。 この四半期(4~6月)だけの数字を見ると、売上高13億6300万円(前四半期比14.7%減)、営業損益4億3400万円の赤字(前四半期5900万円の黒字)、経常損益4億3800万円の赤字(同5400万円の黒字)、最

「クラウドゲーム」のプレイに興味のあるゲームプレイヤーは11.7%。ゲームエイジ総研が意識調査の結果を公開

 ゲームエイジ総研は本日,「クラウドゲーム」に関するゲームプレイヤーの意識調査の結果を公開した。時代の潮流や具体的なプラットフォームを提示したうえで「クラウドゲーム」プレイへの興味を聞いたところ,「非常に興味がある」「興味がある」と回答したのは11.7%だったという。

『GTAオンライン』新要素「カジノ」は世界50カ国以上で利用できず―各地域の賭博関連法に関する説も

「これ堕天騎士さんにチャットで教えてもらったやつだ!!」 ソシャゲ公式が既視感しかない某ゼミ風漫画を公開する暴挙

成績も上がり、部活でも大活躍。彼女もできた……ってそんなんあるかい!

クラウドゲームの開発を劇的に変えるGame Platform for Azureの可能性をクラウドクリエイティブスタジオに直撃

クラウドゲームの開発を劇的に変えるGame Platform for Azureの可能性を、提供元であるクラウドクリエイティブスタジオの代表取締役、秦泉寺章夫氏に聞いた。

[GTMF]スマホアプリがクラッシュすると,継続率は10%もダウンする。エラー検知・解析ツール「SmartBeat」の効果とは

「リネージュ 2」とインターネットカフェ「DiCE」のコラボが本日開始。池袋店にはコラボルームも登場

エレクトロニック・アーツ日本法人、19年3月期は2億円の最終赤字…日本は縮小、モバイルゲーム開発スタジオは閉鎖

エレクトロニック・アーツ株式会社の2019年3月期の最終損益は2億0200万円の赤字だった。本日(7月24日)付の官報に掲載された第21期決算公告で判明した。同社は、世界最大規模のゲームソフト会社であるエレクトロニック・アーツの日本法人だが、日本法人については3月26日に縮小する旨のアナウンスが出ている。モバイルゲームの開発スタジオ「EAジャパン モバイル ジャパン スタジオ」は閉鎖されたようだ(サイトにも接続できなくなっている)。 

「マビノギ」公式オフラインイベント「コスプレ撮影会」をレポート。運用チームを交えての座談会も

 ネクソンは2019年7月13日,MMORPG「マビノギ」のイベント「コスプレ撮影会」を東京都内の撮影スタジオで開催した。10名のコスプレイヤーによる撮影会と,運用チームを交えての座談会が行われたイベントの模様をレポートする。

ゲームによるメンタルヘルスの悪化は無し。一方SNSとテレビはうつ病との相関が認められる。カナダの学生を対象にした調査結果

医学雑誌JAMA Pediatricsは7月15日、10代の若者におけるデジタルメディアとメンタルヘルスの影響についての調査研究結果を公表した。それによると、ゲームのプレイ時間とうつ症状の徴候との間に相関関係はみられなかったが、SNSの利用とテレビの視聴については相関関係があることがわかった。

『テイルズウィーバー』開発陣に“Episode4 Variation~変奏~”について訊く! 新章とソウルリンク改変、回避システムの変更で目指すものとは?

ネクソンのPC用オンラインRPG『テイルズウィーバー』にて、2019年7月24日に新エピソードを含む大型アップデートが実施される。15周年を迎える本作への想いに加え、アップデートの詳細やコンセプトを開発陣に訊いた。

E3 2019で話題となった『PSO2』開発の裏側ー北米展開を目指すMicrosoft Azure × セガゲームス『PSO2』の挑戦

国内ゲーム市場規模は家庭用・スマホ用ともに縮小 『2019CESAゲーム白書』発刊

海外の家庭用ゲーム市場規模は3兆363億円で、前年から約1割増加。

「大航海時代VI」プロデューサーインタビュー。5年ぶりのナンバリング最新作は,商館経営とリアルタイム海戦を主軸に

 コーエーテクモゲームスの新作スマホゲーム「大航海時代VI」の発表に先駆けて,プロデューサーの竹田智一氏にインタビューをした。お馴染みの魅力はそのままに,かつ作品ごとに趣をガラッと変えてみせる大航海時代シリーズだが,今回は“商館経営”と“リアルタイム海戦”に重きを置いてきたようだ。

ソニー、「ソードアート・オンライン」の仮想現実世界の“具現化”をサポート「ソードアート・オンライン -エクスクロニクル-」8月4日開催

 ソニーは、8月4日より秋葉原で開催される体験型展示イベント「ソードアート・オンライン -エクスクロニクル-」において、原作となっている「ソードアート・オンライン」の物語の中で描かれる仮想現実世界を具現化する協力を行なうことを明らかにした。

Blizzardの共同創立者兼CDO、Frank Pearce氏が退任―「Diablo」「Starcraft」など

『Apex Legends』コンソールでのマウス&キーボード使用は「容認していない」―検知の手段を模索中

Access Accepted第618回:進化するAIと,ゲームコミュニティに広まる新しい“遊び”

 Google検索からSteamの「おすすめ」まで,我々は日常のいたるところで「機械学習」(マシンラーニング)によるAIの恩恵に与かっている。ゲームに使われるだけでなく,最近はゲーム開発にもAIが応用されているという。そんなAIの最新事情と,新たな遊び「AIアップスケーリング」について紹介しよう。

PSO2

Googleのクラウドゲームサービス「Stadia」製品ディレクターが“ゲーム版Netflix”ではないと明言。そのほかにもゲーマーからの質問に回答

Googleクラウドゲームサービス「Stadia」の製品ディレクターを務めるAndrey Doronichev氏は7月19日、RedditにてAMA(Ask Me Anything・何でも聞いていいよ)企画を実施し、コミュニティからの質問に回答した。

5G時代のゲームはこうなる。「ChinaJoy 2019」の公式サイトに,次世代のゲーム業界の姿を予想する記事が掲載

 2019年8月2日〜5日,中国・上海で開催されるゲームショウ「ChinaJoy2019」。現地時間の7月16日,「ChangeofGamein5GAge」と題された記事がChinaJoy2019の公式サイトに掲載された。タイトルどおり,来たるべき5G時代にゲームがどのような影響を受け,変化していくのかを予想するという内容だ。

「ファンタシースターオンライン2」が2度目のアニメ化 全25話で10月放送開始

まさかの。

「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」体験会が,カプコン直営の3店舗で7月20日から順次開催へ。会場は埼玉,東京,広島

 PS4版が2019年9月6日に発売予定となっている「MONSTERHUNTERWOLD:ICEBORNE」。カプコンは本日,本作の体験会を,カプコン直営の3店舗で順次開催すると発表した。会場は埼玉,東京,広島。「森の大食漢ドスジャグラス」「猛牛竜バフバロの狩猟」「縦横無尽のティガレックス」を体験可能だ。

PSO2

『PUBG』開発元は、どのようにチート対策をしているのか。専門チームが取り組みを明かす日本語字幕付きの映像公開

『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』の開発チームはYouTubeにて、チート対策専門チーム「PUBG Anti-Cheat Unit」の取り組みを映像にて公開した。チートを対策するにあたって何をしているのかが明かされている。

「リネレボ」を愛してやまない"リネジョ"大集結! タイトル初となる女子会「L2R Girls Party」を開催男性お断り! 女子だらけのGirls Partyの様子をお届け

 ネットマーブルは、7月14日にホテルローズガーデン新宿にてAndroid/iOS用MMORPG 「リネージュ2 レボリューション(以下、リネレボ)」の女子会イベント「L2R Girls Party」を開催した。

海外:ヨルダンで『PUBG』が禁止に…『フォートナイト』なども対象にあがるー市民の苦情や“ゲーム障害”への影響を考慮

【特別企画】期待のMMORPG「LostArk」は何が素晴らしいのか?最新開発バージョンに触れてわかった“4つのポイント”を解説!

 「LostArk(仮称)」の日本サービスがついに決定した。韓国では2018年11月よりオープンベータテストが開始されており、いきなり同時接続数35万人を記録し、一気に話題作となったPC用MMORPGだ。

「FFXIV」、阿波踊りに参加してくれる光の戦士を募集「FFXIV」オリジナル法被を着て総勢100名で阿波踊りに参戦!

 スクウェア・エニックスは、徳島市の夏祭り「阿波踊り」に「ファイナルファンタジーXIV」が参加することを明らかにした。合わせて、「FFXIV」の連員として参加してくれるプレーヤーを50人募集する。応募の詳細は、公式サイトに掲載されている。連員への応募〆切は7月18日までで、参加日は8月14日を予定。

ゲームオン、MMORPG「ArcheAge」で7月24日に新サーバー「Aria」が開設。なぜこの時期に新サーバーを立ち上げるのか,その真意をプロデューサーに聞いてきた

 ゲームオンは,PC向けMMORPG「ArcheAge」で7月24日に新サーバー「Aria」をオープンする。とくに目新しい施策が新サーバーを,なぜこのタイミングでオープンするのか。その理由をArcheAge日本運営プロデューサーの石元一輝氏に聞いた。

ArcheAge

【速報】ケイブ、2019年5月期は12億4000万円の最終赤字 『三極ジャスティス』などの減損で

ケイブ<3760>は、本日(7月11日)、2019年5月期の決算を発表し、最終損益が12億4000万円の赤字となり、前の期の7000万円の赤字から大きく拡大した。『三極ジャスティス』などの減損損失を計上したことによる。また、売上高は前の期比20.1%減の18億9000万円、営業損益は6億9600万円の赤字(同6900万円の赤字)、経常損益は7億3900万円の赤字(同8800万円の赤字)となった。【詳報】は↓をどうぞ。ケイブ、2019年5月期の最終赤字は12.4億円と大幅に拡大 『ゴ魔乙』売上減と新作ゲームの不振で 『三極ジャスティス』など減損4.99億円を計上

  1. 1
  2. 2
  3. 次へ >>