MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

カプコン、第3四半期の営業益は37%増の70億円と大幅増益 「バイオ7」や「モンハンダブルクロス」堅調 IPを用いたライセンス収入が寄与 

カプコン<9697>は、本日(1月31日)、第3四半期累計(2017年4~12月)の連結決算を発表し、売上高477億円(前年同期比10.8%減)、営業利益70億円(同36.9%増)、経常利益70億円(同71.2%増)、最終利益44億円(同60.7%増)と大幅な増益を達成した。主力の家庭用ゲームソフトが好調だった。 『バイオハザード7 レジデント イービル』、『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』が堅調に推移したものの、アミューズメント機器事業においては、市場環境の変化を踏まえ新作の発売時期を見直したことにより減収となった。一方、利益面ではデジタルコンテンツ事業の利益率が改善したことにより増益となった。セグメント別の状況は以下のとおり。■デジタルコンテンツ事業売上高308億円(同8.5%増)、営業利益62億円(同328.2%増)だっ

台北ゲームショウと東京ゲームショウと友好協定を締結、日台間の友好関係を強化し、産業交流をより促進【台北ゲームショウ2018】

『CS:GO』海外スキン売買サイトで約665万円のスキンを購入する猛者が出現

マーベラス、18年3月期通期予想を下方修正…営業益は60億円→50億円に オンライン事業での新作開発遅延や不振、不採算タイトルのサービス中止などが響く

マーベラス<7844>は、1月31日、2018年3月期通期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想300億円から250億円(増減率16.7%減)、営業利益は同60億円から50億円(同16.7%減)、経常利益は同60億円から50億円(同16.7%減)、当期純利益は同41億8000万円から33億円(同21.1%減)にいずれも下方修正された。 コンシューマ事業と音楽映像事業は、当初計画を上回る好調な推移となったが、オンライン事業において、当期リリースを予定していた新作タイトルの開発遅延や一部タイトルにおけるサービス開始後の低調な推移、不採算タイトルのサービス中止に加えて、期末に予定していた1タイトルの開発を中止したことにより、これら新作による今期業績への貢献が限定的となった。また、既存の主力タイトル『剣と魔法のログレス いにしえの女神』は、11月から12月にかけて行われ

2017年のスマホゲーム市場動向を紐解く“スマホゲームユーザー分析2018”が本日(1月31日)発売

Gzブレインは、2017年のスマホゲーム市場の調査レポート“スマホゲームユーザー分析2018”を2018年1月31日より発売開始する。

エイチーム、Unityと共同のプログラマ向け勉強会を2月8日に開催…Unity最新技術と『ユニゾンリーグ』を例にしたリアルタイム通信技術に関する講演を実施

エイチーム<3662>は、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンとの共同による勉強会「【Unity × エイチーム】ゲームプログラマー必見!スマホゲーム開発最前線!リアルタイム通信技術のノウハウ大公開」を、2月8日(木)大阪にて開催することを発表した。今回、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの山村 達彦様をお招きして、「最適化をする前に覚えておきたい技術 2018 」と題して、最適化とは何か?や、データ作成回りで注意すべきことなど、実際のケーススタディを交えた講演を行う。また、『ユニゾンリーグ』の開発者からは、リアルタイム通信を取り入れたゲームにおける通信技術や開発に関して、『ユニゾンリーグ』の開発を例にした事例やノウハウを講演予定。セミナー後には登壇者も交えた懇親会も実施されるので、同社の考えやUnityの最新技術動向とスマートフォンゲームの制作事例を知る機会に一度参

MOFPS『サドンアタック』運用スタッフに転身した元トップ選手を直撃、2018年はアップデートもイベントも増量!

PC用オンラインFPS『サドンアタック』では、2018年は大きく動く年にするという。変化の内容について、運用チームの竹本涼平氏に話を伺った。

Facebook、ゲーム配信サービスのパイロット版をリリース―マネタイズも可能

「PUBG」、台湾でも人気爆発!台湾/香港/マカオの交流試合に凄まじい数のファンが集結

 今年も様々なタイトルが出展されたTaipei Game Show。コンソールでは、「モンスターハンターワールド」(カプコン)や「真・三國無双8」(コーエーテクモゲームス)、そして「北斗が如く」(セガゲームス)と話題に事欠かなかったし、スマートフォン向けは、人気シリーズのモバイルゲーム化作品となる「D×2 真・女神転生 リベレーション」(セガゲームス)に、カードゲーム大国である台湾にうまく馴染んだ「Shadowverse」(Cygames)、モバイル向けに再起を賭ける「ラグナロクオンラインMobile」とこちらも大量の新作が出展されていた。

SuddenAttack

コーエーテクモHD、3Q売上高は微減収ながら営業益は62%増を達成 コラボやP許諾などのロイヤリティ収入が増加 「VRセンス」も12月に稼動

コーエーテクモホールディングス<3635>は、1月29日、2018年3月期の第3四半期累計(4~12月)の連結決算を発表、売上高240億3000万円(前年同期比0.7%減)、営業利益56億8800万円(同62.5%増)、経常利益114億500万円(同43.1%増)、四半期純利益82億6100万円(同38.0%増)となった。 コラボレーションやIP許諾などのロイヤリティ収入が増加し、利益率が向上した。また、テクモ創業50周年プロジェクトとなる多機能VR筐体「VRセンス」が12月に各地のアミューズメント施設で稼働を開始した。主力のエンタテインメント事業は、売上高212億6400万円(前年同期比0.7%増)、セグメント利益49億1600万円(同81.2%増)と大幅増益を達成した。各ブランドごとの状況は以下の通り。・「シブサワ・コウ」ブランドシリーズ15作目となる最新作『信長

[EVO Japan]5G時代は携帯電話回線でも遅延なしのオンライン対戦プレイか可能になる? NTTドコモのデモを西川善司がチェック

 EVOJapan2018にブース出展したNTTドコモが,次世代の5G回線を使って,PC版「鉄拳7」のオンライン対戦を行うというデモを披露していた。次世代の携帯電話通信向け回線では,入力遅延にシビアなゲームをオンラインでプレイできるようになるのだろうか。現地で体験してきた西川善司氏によるレポートをお届けしたい。

「モンハンワールド」プロデューサー辻本良三氏インタビュー「ストV AE」コラボの“昇竜拳”は無敵判定ありで迎撃にも使える!?

 Taipei Game Show 2018会期3日に行なわれた「モンスターハンターワールド」のステージイベントは既報の通り大盛況だった。本稿ではその直後に行なわれたメディアインタビューの模様をお届けしたい。

『星のドラゴンクエスト』の一部ユーザーがガチャの表示について集団訴訟

スマートフォンゲーム『星のドラゴンクエスト』の一部ユーザー(8名)が1月26日、運営元のスクウェア・エニックスを相手に、同タイトルのふくびき(ガチャ)の表示に対して、不実告知ないし優良誤認表示に該当することを理由に損害賠償等請求訴訟を求める訴訟を東京地方裁判所に申し立てたことを明らかにした。原告らの代理人である、ひかり総合法律事務所の弁護士 板倉陽一郎氏によると、期間限定とする複数の「★5 そうび」に関して、ふくびきから高い確率で排出されるかのような表示を行っていたが、実際にふくびきを利用すると極めて低い確率でしか排出されなかったとのこと。8人の請求は、スクウェア・エニックスに対して原告団が購入したジェム(ゲーム内通貨)購入額相当の支払いを求めるという内容だった。ジェム購入額は8800円から 93万3720円まで幅があり、合計は300万円強となる。これには、300万円強の弁護士費用(1割)

スマホ版「KOF」に消費者庁が措置命令 ガチャの確率表示に有利誤認

出現確率3%と表示されていたキャラの実際の出現率は0.333%でした。

『モンハン:ワールド』早朝の渋谷に約150人のハンターが集う!

“プレイヤー目線でのゲーム運営”のプロフェッショナル、DeNA Games Tokyoを訪問【ファミキャリ!会社探訪(57)】

ファミ通ドットコム内にある、ゲーム業界専門の求人サイト“ファミキャリ!”。その“ファミキャリ!”が、ゲーム業界の最前線で活躍している、各ゲームメーカーの経営陣やクリエイターの方々からお話をうかがうこのコーナー。第57回となる今回はDeNA Games Tokyoを訪問した。

海外:米ワシントン州上院議員「ルートボックスの賭博判定」法案提出―「子供が標的にされているのを容認できない」

妖星乱舞に乗せて,新レイドでケフカが登場!? 「FFXIV:紅蓮のリベレーター」パッチ4.2直前,吉田直樹氏インタビュー

 スクウェア・エニックスは1月30日,MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」にて,パッチ4.2「暁光の刻」を実装する。今回のパッチでは,FFVIの魔列車やケフカが登場しそうで,期待が膨らむところだ。その気になる正体を含め,本作のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏にインタビューしてみた。

FinalFantasy14

「Second Life」内で実施している赤い羽根共同募金の合計募金額が38万2244リンデンドルに

ベクター、3Qは営業収益が17%減、1.7億円の営業赤字を計上 前期サービス開始のタイトルの不振が響く オンラインゲーム事業は24%減収に

ベクター<2656>は、1月24日、2018年3月期の第3四半期累計(4~12月)の決算(非連結)を発表、営業収益9億3700万円(前年同期比17.6%減)、営業損益1億7500万円の赤字(前年同期5600万円の赤字)、経常損益1億6500万円の赤字(同4600万円の赤字)、四半期純損益1億6700万円の赤字(同1億3600万円の赤字)となった。 オンラインゲーム事業の営業収益は、スマホゲームを中心に新規タイトルのリリースにより収益の拡大を計ったたが、前期中にサービスを開始したゲームタイトルの不振の影響が大きく、前年同期と比べて減収となった。一方、ソフトウェア販売事業は、販売施策などが好調に推移したことより第3四半期の営業収益は前年同期比で増収となった。法人向け市場が底堅く推移していることも増収の要因となっている。オンラインゲーム事業の販売金額は、前年同期比24.3%

2017年のモバイルゲーム利用は16%減少したが,プレイヤーの出費は増えている

グリー、Supercellとの特許紛争についてのコメントを公開 2016年9月に話し合いを提案 十数件の特許の使用差止の仮処分を申立て

グリー<3632>は、1月24日、Supercellとの特許紛争についてのコメントを公式サイトにて公開した。同社では、『クラッシュ・ロワイヤル』および『クラッシュ・オブ・クラン』の2アプリを含めSupercellが日本で配信中のゲームアプリにおいて、非常に多数の同社保有特許を侵害している可能性があることを発見し、2016年9月にSupercellに対してその事実を伝えるとともに話し合いでの解決を提案したとのこと。しかし、Supercellは話し合いを拒否し、ゲームアプリの配信を継続したため、やむなく、上記特許のうち『クラッシュ・ロワイヤル』ならびに『クラッシュ・オブ・クラン』において使用されている十数件の特許の使用差止の仮処分を東京地方裁判所に申立て、損害賠償請求も順次提訴したという。先日、Supercellの判断で『クラッシュ・ロワイヤル』および『クラッシュ・オブ・クラン』の

Wargamingが「World of Tanks VR」でVR市場に進出へ。VRゲーム提供会社「Neurogaming」設立を発表

 Wargaming.netは本日,ロシア・モスクワのVRTechとの提携によりVRゲーム提供会社・Neurogamingを設立すること,そして初のVRタイトルとして「WorldofTanksVR」をリリース予定であることを発表した。人気オンライン戦車バトルゲーム「WorldofTanks」のVR版が登場するわけだ。

Aimingが大幅続伸…期待作『キャラスト』がApp Store売上ランキングで初のトップ30入りで

Aiming<3911>が大幅続伸し、500円台後半へと歩を進めてきた。本日(1月24日)付のApp Store売上ランキング(ゲームカテゴリー)において、同社の『CARAVAN STORIES(キャラバンストーリーズ)』が前日の187位から24位まで急上昇し、初のトップ30入りを果たしたことが市場から材料視されている。今後のフラッグシップタイトルとして期待されていたものの、ここまではやや苦戦が目立っていた本作だが、今回の新種族「エルフ」の追加などの大型アップデートを契機に浮上のきっかけをつかむことができるのか、注目されるところだ。【関連記事】【App Storeランキング(1/24)】Aimingの『キャラスト』が初のトップ30入り…新種族「エルフ」追加などで 『トレクル』は160位→7位に急浮上Aiming、『CARAVAN STORIES』で新種族

『PUBG』開発元がチャリティーイベントに合計200万ドルを寄付予定、日本円にして約2億円

SF-MMORPG『EVE Online』最大の会戦が勃発、100万ドル相当の艦船と6,000人以上が集う

マルチサバイバルシューター『PUBG』海外ユーザーが仲間を一瞬で蘇生する新種チーターを報告

【特別企画】2018年、「ハースストーン」はこう変わるBlizzard日本法人設立の影響は? eスポーツ周りがどう進化するのか解説する

 PC/モバイル向けオンラインカードゲーム「ハースストーン」の世界大会「Hearthstorn Championship Tour 2017 World Championship(HCT 2017 World Championship)」が現地時間の1月21日幕を閉じ、全4回の世界大会の歴史において、初のアジア勢となる台湾のtom60229選手が栄冠を獲得した。

優勝者へのインタビューも掲載! 『シャドウバース』公式大会“Shadowverse Premier Cup 2018 Tokyo”をリポート

2018年1月20日~21日、東京ビッグサイトにて、デシタルカードゲーム『シャドウバース』の公式大会“Shadowverse Premier Cup 2018 Tokyo”が開催された。本記事では、その模様をリポート。

Twitterでハッシュタグ「グリーを許すな」が流行 「クラッシュ・オブ・クラン」への特許侵害申し立てでユーザーから不満

当該機能の削除が発表され、ユーザーからは「不便になる」と不満の声があがっています。

「クラッシュ・オブ・クラン」 グリーとの係争に伴い,レイアウトエディタを削除へ

なぜ現実世界でレベル上がった……!? ドラクエXにハマって、世界中をサイクリングするようになった“リアル冒険者”

「私に最初に冒険というものを教えてくれたのはドラクエです」。

【インタビュー】株式会社DeNA Games OsakaからDeNAの第六開発部へ―設立の経緯や今後の展開、開発チームが求める人材について吉田氏に聞く

ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、昨年10月24日、連結子会社DeNA Games Osaka(以下DeNA Osaka)を2018年1月1日付で吸収合併することを発表した。これにより、DeNA OsakaはDeNAの大阪の開発拠点「第六開発部」となったが、第六開発部とはどのような組織で何を目指すのだろうか。 今回SocialGameInfoでは、DeNA第六開発部部長の吉田周太氏にインタビューを実施。あまり語られることのなかった第六開発部の設立に至る経緯や今後の展開、求める人材について話を聞いた。  ◼︎設立の経緯は「規模の拡大」と「チャレンジ領域の拡大」 ―:本日はよろしくお願いいたします。最初にご自身の自己紹介をお願いいたします。 本日はよろしくお願いいたします。私はDeNAにてプランナーやプロデューサーなどを

バーチャル無法地帯『VRChat』の歩き方…今日から遊べるカオスな溜まり場

「ハースストーン」eSports Manager Matt Wyble氏インタビュー2018年はeスポーツ要素を全方位に充実。「もっと日本人選手の活躍を期待している!」

 「ハースストーン」は、デジタルカードゲームとしては、グローバルで展開し、毎年世界大会を行なっているほぼ唯一の存在だ。Blizzardの他のタイトルと切磋琢磨する形で、独立したeスポーツ部門を持ち、世界大会を頂点とした各種eスポーツイベントを企画、マネジメントしている。

「オーバーウォッチリーグ」参加選手が暴言で1週間の出場停止へ―同性愛者への差別発言

「ハースストーン」の世界大会「HCT 2017 World Chanpionship」がアムステルダムにて開幕予選リーグがスタート。eスポーツとしての「ハースストーン」の魅力とは?

 オンラインカードゲーム「ハースストーン」の世界大会 「Hearthstorn Championship Tour 2017 World Championship(HCT 2017 World Chanpionship)」が1月18日、オランダ アムステルダムのBeurs van Berlageにおいて開幕した。会期は1月21日までで、18日、19日は予選リーグ、20日からは決勝トーナメントとなり、21日に7,000万人の頂点が決まる。試合の模様は公式Twitchを通じて日本語による実況解説で観戦できる。

2018年,ゲームのマネタイズに法的規制が入るか?

アプリ市場データを提供する App Annieが「2017年アプリ市場総括レポート」を公開

「App Store審査ガイドライン」が更新。ガチャにおける入手確率の記載を義務化

まもなく「台北ゲームショウ 2018」!

 久しぶりに当連載っぽい話題です。今年も台北ゲームショウ2018の時期がやってきました。中華圏の正月前に開催されるこのイベントには、主要メーカーが出展し一般来場者が楽しめるB2Cゾーン以外に、私たちのような中小規模の独立系パブリッシャーや開発者が集うB2Bゾーンのフロアが用意されています。

なんで「しょうがないにゃあ・・」を選んだの? 『ラグナロクオンライン』LINEスタンプ制作秘話を訊いたらホロリときた

『ラグナロクオンライン』LINEスタンプに気になる絵柄がラインナップされている。作った理由を聞いたら思いのほかいい話になってしまった。

【e-Sportsの裏側】誰が為の「ゲーム」なのか?プロゲーマー ももちがすべてのゲーマーに問う

海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

『PUBG』マーケットで一部のアイテムが高騰、20万円以上での取引成立も

RAGNAROKONLINE

2018年3月に大阪で行われるゲーム業界向け勉強会“GCC'18”のチケット販売が開始、『モンハン:ワールド』などのセッションを実施予定

2018年3月30日(金)に開催される、関西最大のゲーム業界向け大規模勉強会“GAME CREATORS CONFERENCE '18”のチケット販売がスタート。

モブキャスト、4月1日付での純粋持株会社体制移行に向けた分割準備会社モブキャストゲームスを2月中旬に設立

モブキャスト<3664>は、1月17日、持株会社体制移行に向けた準備として、分割準備会社モブキャストゲームスを2月中旬に設立することを発表した。同社は、2017年12月20日付で発表した「純粋持株会社体制への移行に関するお知らせ」の通り、2018年4月1日付で純粋持株会社体制へ移行するための準備を進めている。同社は体制移行後、純粋持株会社としてグループ全体の経営を統括し、各事業間のシナジー効果を高めてグループ全体の企業価値の向上を目指していく方針だ。<設立する分割準備会社の概要>【関連記事】​モブキャスト、2018年4月1日を目途に純粋持株会社体制に…ゲーム事業はゲーム子会社に承継へ、グループの経営機能と事業執行機能を明確化  

MMD研究所、「2017年版:スマートフォン利用者実態調査」を発表…スマホの利用時間や利用するアプリ、動画視聴などの状況が明らかに

MMD研究所は、コロプラ<3668>が提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」で共同調査を行い、第17弾として「2017年版:スマートフォン利用者実態調査」を実施した。スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女2,780人を対象に2017年12月20日~12月21日の期間、調査した。【 調査結果サマリー(※一部抜粋) 】■スマートフォン利用時間「2時間以上3時間未満」が21.7%、よく利用している時間帯は「夜(19~23時台)」■スマートフォンの一日平均利用、キャリアメールは3.3回、SMSは3.4回、LINEは10.8回送信■インストールしているアプリの平均は20.6個、人気アプリのジャンルは「SNS・動画、天気、ゲーム」■よく利用するネットショッピングサイト・アプリの上位「Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、メルカリ」■動画視

中国:『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  1. 1
  2. 2
  3. 次へ >>