MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

New!

「アヴァベルオンライン」のオフラインイベントが12月7日に開催決定。参加申し込みは10月21日から New!

ゲームが我々の生活を豊かにする!?「モノビットエンジン5G」が描く未来とは【CEDEC 2019】 New!

海外:「黒い砂漠MOBILE」のグローバル版が10月24日より7か国で配信決定 New!

韓国:韓国Pearl Abyss、『黒い砂漠モバイル』グローバル版の事前登録者数が200万人突破! 10月24日より7か国で先行配信開始

韓国Pearl Abyssは、『黒い砂漠モバイル』のグローバル版において、事前登録者数200万人を突破したことを明らかにした。また、10月24日よりカナダ、チリ、スウェーデン、トルコ、アイルランド、オーストラリア、マレーシアの7か国にて、Android版を先行配信することを決定した。黒い砂漠モバイル グローバル版、7か国で先行配信決定!9月27日に事前予約開始し、早くも200万人を突破。グローバル版サービスは、北米、欧州、アジア地域など150カ国対象に、年内配信予定。10月24日より、カナダ、チリ、スウェーデン、トルコ、アイルランド、オーストラリア、マレーシアの7か国にて先行配信され、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの計3つのサーバーを選択することができる。また『黒い砂漠モバイル』は現在、韓国、台湾および日本でサービスされており、ダウンロード数は累計1000万を突破している。 ■『黒

「ブレイドアンドソウル レボリューション」日本運営プロデューサーにインタビュー。ネットマーブルがMMORPGで起こす第2の“革命”とは

 ネットマーブルのスマホ向けMMORPG「ブレイドアンドソウルレボリューション」の正式サービスが,2019年10月24日に開始される予定だ。日本運営プロデューサーにインタビューを行い,本作ならではの見どころをたっぷり聞いてきたので,本稿で紹介しよう。

 DMMGAMESはPC向けのオンライン対戦アクション「GOLDEXPRESS」の予約受付を特設サイトで開始し,Steamのストアページをオープンした。本作は,1機のハイテクマシンと,強化された4人の人間が戦うという非対称形のオンライン対戦アクションだ。

マーベラス<7844>とAiming<3911>は、本日(10月17日)、『ログレス物語(ストーリーズ)』(略称:ログスト)で新コレボアイテム「魔物の秘宝」の追加や「スタートダッシュクエスト」の延長開催を含むアップデートを発表した。 ◆<新コレボアイテム「魔物の秘宝」登場!> フィールド上の魔物からドロップする新アイテム「魔物の秘宝」が登場! 「魔物の秘宝」にはコレクションボーナス(コレボ)がついており、手に入れるとステータスがアップする。たくさん集めてどんどん強くなろう!◆<終了間近!「サービス開始記念プレゼント」実施中!> サービス開始を記念して、期間中ログインした方に「月晶石ガチャチケット 10 枚」をプレゼント。忘れずに受け取って、好きな月晶石ガチ

ネクソン<3659>は、『メイプルストーリーM』で10月17日より半周年アップデートの実施を発表した。ゲーム内では期間限定で、最大70連ガチャが無料で引けるイベントや、レジェンダリー装備確定のログインイベント、新規英雄「エヴァン」、新システム「ウェディングシステム」の実装など盛りだくさんの内容となっている。▼特設ページhttps://mobile.nexon.co.jp/maplestorym/campaign/halfanniversaryまた、半周年を記念して沢城みゆきさんが4キャラを使い分けて歌うWEB限定ソングを公開した。▼半周年記念動画 【MAD】4キャラ使い分けてメイプルM半周年を語ってみた【CV:沢城みゆきさん】 明るく元気な女の子やセクシーな大人の女性、少し大人びた幼女に、ドSな女王様まで幅広いキャラクターを演じ分けているという。▼沢城みゆきさん声優、

 HappyTukは本日,オンラインFPS「スペシャルフォース2」のアップデートを実施し,ハロウィンマップ「フォレストハロウィーン」を実装した。あわせて,TPとSPが獲得できるイベントや,「ハロウィンボックス」の販売も開始している。

EYOUGAMEは、本日(10月17日)12時より、新作スマホゲームとなる和風退魔MMORPG『幻妖物語-十六夜の輪廻』の正式サービスを開始した。本作は陰陽をかける幻想MMORPG。若き半妖陰陽師が人間との絆の約束を守るため、世界で猛威を振るう妖怪退治の旅に出る。ゲーム内には装備・スキル・騎獣・子供や、各スキンなどの様々な育成システムがある。旅の途中で妖怪・式神・巫女たちと巡り合う、笑いあり涙ありの物語となっている。 なお、現在、 以下のサービス開始記念イベントを実施している。七日ログインボーナス:稀有妖怪、 稀有騎獣、 限定称号をプレゼント!だるまを集め:新サーバ開設後7日間以内、 5色のだるまを集めると橙の霊力石と交換できる!鬼王初キル:最初に指定のボスを撃破したユーザーには髪型、 賞与袋、 ボス疲労回復薬をプレゼント!ランキング競争:毎日参加すると、 高段魂度Maxの赤装備

オンゲポータルサイト「ハンゲーム」、10月16日より「ハンゲ(hange)」に名称を変更し始動!Amazonギフト5,000円分が当たる始動記念Twitterキャンペーン開催

 cocone fukuokaは、10月16日をもって、同社が運営するオンラインゲームポータルサイトの名称を「ハンゲーム」から「ハンゲ(hange)」(以下、「ハンゲ」)へと変更し、それに伴い、サービスブランドロゴとサイトドメインが「hange.jp」に変わったことを発表した。

 CTWは2019年10月17日,ブラウザ向けRPG「ケモニスタオンライン」において,様々な新要素を追加する大型アップデートを実施することを発表した。今回のアップデートでは,レベル46から解禁される戦力強化要素「魔鎧機能」や「魔骨機能」に加えて,レベル82から利用可能となる「神将遠征」などの要素が追加される。

『ドラゴンクエストウォーク』のプレイヤー支出額は推定8600万ドル(93億円) 配信30日間で【Sensor Tower調査】

米国の調査会社Sensor Towerは、『ドラゴンクエストウォーク』が最初の30日間で推定8600万ドル(93億円)のプレイヤー支出があったと発表した。この結果は日本国内でのAR位置ゲームの中で『ポケモンGO』に次ぐ第2位の記録だという1位はNianticの『ポケモンGO』が歴代1位で1億1800万ドル(約128億円)だという。一方ダウンロード数に関してはApp StoreとGoogle Play共に170万回以上ダウンロードがあるようだ。またダウンロード数に対してのプレイヤーの消費支出は平均51ドル(約5500円)となっており、『ポケモンGO』の1プレイヤーあたり12ドル(約1300円)を上回る結果になったと報告している。なお、AR位置ゲームでの歴代ランキングでは、3位に『ハリー・ポッター:魔法同盟』、4位に『The Walking Dead: Our World』、5位に『Juras

ベクター、2Q業績予想の上方修正を発表…投資有価証券の受取利息やオンラインゲーム事業譲渡に絡む営業外収益の計上で営業益は予想比24%上ブレ

ベクター<2656>は、10月17日、2020年3月期の第2四半期累計(4~9月)の業績(非連結)予想の修正を発表、営業収益は従来予想4億9500万円から5億600万円(増減率2.3%増)、営業利益は同3200万円から3900万円(同24.9%増)、経常利益は同2300万円から3600万円(同58.7%増)、最終利益は同2100万円から3400万円(同66.2%増)にそれぞれ上方修正された。各利益項目の修正の理由は、投資有価証券の受取利息およびオンラインゲーム事業譲渡後の売上の一部を譲渡価格として受領したものを営業外収益として計上したため、としている。 

Blizzard、今度は香港デモを支持した『ハースストーン』大学チームを処分。騒動のプロ選手と同じく6か月の大会参加を禁ずる

アメリカン大学の『ハースストーン』チームに所属するCasey Chambers氏は、チームの3人がBlizzard Entertainmentから6か月の大会参加禁止処分を受けたことを、Twitterにて明かした。香港デモを支持するカードを掲げたことが理由であるという。

「LoL」のMMORPG? 配信でちらりと流れた謎の映像に憶測が飛び交うライアター曰く「現段階で話せることはない」

 ライアットゲームズは10月16日、ライアットゲームズ公式Twitchチャンネルにて配信した10周年記念「Riot Pls」において、DCG「リーグ・オブ・ルーンテラ」や、格闘ゲーム「Project L」、タクティカルシューター「Project A」などの新規タイトルを次々と発表した。しかし、配信された映像の中で言及されていないタイトルがあり、「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」のMMORPGではないか? などの様々な憶測が飛び交っている。

海外:中国発,16世紀の世界が舞台のオンラインマルチプレイアクション。「RAN: Lost Islands」の早期アクセスがSteamで2019年末開始

 ZodiacInteractiveは本日,JollyRogerGameの最新作となるオンラインマルチプレイアクションゲーム「RAN:LostIslands」の早期アクセスを,Steamで2019年末に開始すると発表した。「サバイバル・アドベンチャー・バトルロイヤル」を謳うタイトルだ。

モバイルゲームの2019年第3四半期の世界消費支出は20%増の163億ドル(約1.7兆円)に拡大 ダウンロード数もGoogle Play中心に伸びる【Sensor Tower調査】

米国の調査会社Sensor Towerは、2019年第3四半期(7~9月)におけるモバイルゲームへの消費支出は前年同期比20.0%増の163億ドル(約1兆7712億円)だったとの推計結果を発表した。アプリ支出の全体に占める割合は、76%から74%に低下した。ストア別の内訳をみると、App Storeが同19.0%増の98億ドル(約1兆0648億円)、Google Playが同21.7%増の65億ドル(約7062億円)となった。 またダウンロード数については、両ストアの合算で同17.6%増の111億ダウンロードを記録した。内訳は、Google Playが20.9%増の87億ダウンロードと伸びた。結果として、App Storeのダウンロード数のシェアは減少することになった。 

 PearlAbyssJPは本日(2019年10月16日),スマホアプリ「黒い砂漠MOBILE」にて,ヴァルキリー,ソーサレス,ブレイダー,リトルサマナーに継承クラスを実装するアップデートを実施した。継承クラス名は,掲載した順にパラディン,レイブン,ブレイドスピリッツ,ルプスドミナとなる。

 ネクソンは本日,PC用MMORPG「メイプルストーリー2」のアップデートを実施した。カオスレイド「ルディブリアム時計塔」に難度が緩和された「ノーマル」の実装や,キャラクターレベルや同じギルドメンバーなどの参加条件が設定されている「ギルドレイド:ゼノンシステム」などが追加などが行われている。

 エヌシージャパンは本日,MMORPG「リネージュ2」の全サービスにおいて,定額制から基本プレイ無料に変更すると発表した。2019年10月30日からを予定しており,10月16日にはゲージを保有していなくてもプレイできる「無料化体験期間」がスタートする。

カプコン「モバイルゲームのガチャ要素を最小限に抑えます」

韓国:MMORPG「野生の地:Durango」韓国語版のサービスが12月18日をもって終了に

 グラビティゲームアライズは,スマホアプリ「ゆめいろファンタジーラテール」のAppStore&Googleplayのストアページを公開した。本日(2019年10月16日)15:00にサーバーがオープンされるとのこと。また,告知されていたオフラインイベントの詳細に関しては,リリース後に発表するという。

Microsoft,Xbox用の罵倒フィルタを導入

韓国NCSOFT、『リネージュ2M』で事前キャラの作成を開始! 開始後約2時間で用意された100サーバーがすべて定員に達する Hot!

韓国NCSOFTは、スマートフォン向けMMORPG『リネージュ2M』において、10月15日12時に公式サイトで事前キャラクターの作成を開始し、開始後、約2時間で用意された100サーバーがすべて定員に達したことを明らかにした。なお、 『リネージュM』では事前キャラクター作成時に同じ規模のサーバーを設け8日目で定員に達している。NCはサーバーごとに定員数を増やし15日(火)午後3時から事前のキャラクターの作成を再開。これにより参加できていなかった利用者もキャラクターの種族とクラス、名前を作成することが可能。キャラクターを作った利用者は血盟も結成することができ、ゲーム正式サービス前に集められた血盟員の数に応じて報酬を受けることができる。なお、本作の配信は韓国で2019年第4四半期を予定しているとのこと。日本国内での展開は明らかになっていない。詳細についてはリネージュ2M公式サイトで確認することが

 ライアットゲームズは、「リーグ・オブ・レジェンド10周年感謝祭」において、開発中のタイトルとして格闘ゲーム「Project L」とタクティカルシューター「Project A」を発表した。

『リーグ・オブ・レジェンド』(『LoL』)サービス10周年記念放送“Riot Pls”で『LoL』を題材にしたデジタルカードゲーム『レジェンド・オブ・ルーンテラ』が発表された。

『フォートナイト』のチート少年、裁判になってもチートをやめられず

Epic Gamesは『フォートナイト』でチートを使用していた少年を著作権侵害などで訴訟している。しかし、問題の少年はチートの使用をやめずEpic Gamesを挑発する言動を繰り返しており、話題となっている。

メイプルストーリー2
RAGNAROKONLINE

海外:移植は困難?Oculus Quest/Go版「マイクラ」開発者がコメント

サンドボックスゲーム「マインクラフト」の一体型VRヘッドセットOculus GoとOculus Quest(オ […]

Rockstar Gamesの未発表作品の開発に『ライオットアクト 2』のデベロッパーが参加。オンラインマルチプレイ要素を担当か

デベロッパーRuffian Gamesが、現在新たなスタッフを募集中だ。その目的について、Rockstar Gamesの何らかのタイトルを手がけるためであるとしており注目を集めている。

「League of Legend」運営、大会配信でデリケートな話題避けるよう選手やキャスターに求める

「Hearthstone」の大会で政治的発言をした選手が処分されたことが背景にあります。

『フォートナイト』になにが? ブラックホールのようなものがすべてを吸い込みプレイ不能に

『Fortnite(フォートナイト)』が2019年10月14日午前3時ごろからプレイできない状態になり、話題になっている。

10月12日~13日に接近する台風19号、ゲーム業界の動きは?

“野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

 PC用のMMORPGは数多くリリースされているが、中でもキャラクターがかわいく、PCのスペックがあまり高くなくてもプレイできるシリーズは幅広い層に支持されているように思う。韓国のActozSoft社が開発し、HappyTukが運営する「トキメキファンタジー ラテール」も国内でサービス展開するMMORPGの1つだが、こちらもキャラクターのかわいらしさや手軽に遊べるところがポイントのPC向けMMORPGだ。

「ハースストーン」の中継で出た政治的発言と選手の処罰をめぐる出来事が議論に

 BlizzardEntertainmentが,「ハースストーン」の公式大会で政治的発言を行った香港のプレイヤーに重い処罰を下し,それが一般メディアを巻き込んだ大きな議論に発展している。現在進行中の出来事だが,週刊連載「AccessAccepted」でおなじみの奥谷海人氏が,現段階で起きていることをまとめた。

ドラゴンオープンワールドゲーム、爆発的な人気で目標額の40倍の資金を集める。成功の裏にあったのは『ハリー・ポッター』の偶然

ドラゴンオープンワールドゲーム『Day of Dragons』のKickstarterキャンペーンが、10月頭に終了した。最終的に集めた資金は約53万ドル(約5700万円)。大きな成功の裏には、ちょっとした偶然が存在していたようだ。

韓国:スマホ向けMMORPG「V4」のサービスが韓国国内で11月7日にスタート。プレイするサーバーとキャラ名を先取りできるイベントも開催中

 NexonKoreaは2019年10月10日,スマホ向け新作MMORPG「V4」のサービスを,韓国国内で11月7日に開始することを発表した。これに先駆けて,ゲームをプレイするサーバーとキャラクター名を先取りできるイベントが,11月3日まで開催されている。

アエリア子会社のエイジが減資 資本金を8230万円、準備金を2164万円減らす

アエリア<3758>グループのエイジは、10月10日付けの官報に「資本金及び準備金の額の減少公告」を掲載し、資本金を8230万円、準備金を2164万円減らし、それぞれ3000万円、622万円にすることを明らかにした。株主総会の決議は9月27日に終了しているとのこと。同社は、ガマニアデジタルエンターテインメントだったが、2014年12月にアエリアグループ入りし、2015年5月に現在の社名に変更した。『感染×少女』や『てのひらワンコ』『てのひらニャンコ』の運営を行っており、2018年12月期の業績は6400万円の最終赤字だった。 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>