MMOニュース > 海外ゲーム 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

海外:天空に浮かぶ島で暮らすMMO『Worlds Adrift』今年7月にサービス終了へ。十分なプレイヤーが集まらず開発継続を断念

イギリスのインディースタジオBossa Studiosは5月29日、MMOサンドボックスゲーム『Worlds Adrift』の開発およびサービスを終了すると発表した。今回の発表を受けてすでに販売を終了している。そして今年7月にサービス終了し、以降はプレイできなくなるとのこと。

海外:NeteaseとMarvel、スマホ向け新作MOBA『MARVEL Super War』のベータテストを東南アジアで開始 アイアンマン、サノス、デップー、マグニートなどが勢揃い

NeteaseとMarvelは、5月28日、スマートフォン向けの新作ゲーム『MARVEL Super War』のクローズドβテストをタイランド、インドネシア、フィリピン、マレーシア、インドで開催すると発表した。期間は5月28日〜6月10日(GMT+8)までを予定している。同タイトルは、ヒーローもしくはヴィランを選択して5人のチームで戦うMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)となる。詳細の多くは明かされていないものの、公平でバランスのとれたゲームを目指しており、また非常にシンプルな操作でプレイできるとしている。スクリーンショットや動画を見る限りかなりド派手な必殺技も体験できそうだ。  また、公開中のスクリーンショットではブラックウィドウ、ソー、キャプテン・マーベル、アントマン、ヴィジョン、ストーム、ウォーマシン、スターロード、マグニート、アイアンマ

海外:壮大宇宙ボクセルサンドボックスMMO『Starbase』発表!ボルト1本から宇宙船制作

海外:Origin Mood、日本風のMMORPG『太陽之都』を5月22日にリリース…香港セールスランキングで首位、台湾でも3位に

Origin Moodは、昨日(5月22日)、新作モバイルゲーム『太陽之都』を繁体字圏(台湾・香港・マカオ)のほか、シンガポール、マレーシアのApp StoreとGoogle Playでリリースした。繁体字圏だけで事前登録で40万人を超えるユーザーを集めるなど期待の大きいタイトルだったが、台湾のApp Storeセールスランキングで3位、香港では1位を獲得した。本作は、パートナーのエルフとともに戦争で荒廃した世界を冒険するファンタジーMMORPGだ。タイトルにカタカナで「タイヨウノミヤコ」という記載があるなど、日本風を打ち出したタイトルとなっている。プレイヤーは、対立する2陣営のいずれかに所属して戦うこともできるという。 なお、台湾と香港におけるランキングの推移は以下のとおり。 出所:AppAnnie

海外:バトルロイヤルで楽しむMMORPGこと「ハンターズアリーナ:レジェンド」のゲーム映像が公開。PC版は2019年上半期グローバルリリース

 マンティスコは,バトルロイヤルで楽しむMMORPGこと「ハンターズアリーナ:レジェンド」の公式ゲーム映像を,本日公開した。本作は2019年上半期中にPC版がグローバルリリース予定。映像は,50人のプレイヤーが1万匹のモンスターと戦って最後の一人を目指す「サバイバル」モードのものであるという。

海外:『Dauntless』ついに正式リリース。モンハンライクな基本プレイ無料アクションRPGがEpic Gamesストアに登場

モンハンライクなアクションRPG『Dauntless』が基本プレイ無料で正式リリースされた。『Dauntless』はPC(Epic Gamesストア)および海外PS4/Xbox One向けに配信中だ。

中国:GameNuts、新作モバイルMMORPG『犬夜叉-奈落之戰』を繁体字圏でリリース! 台湾売上ランキングで13位に!

GameNutsは、新作モバイルゲーム『犬夜叉-奈落之戰』を繁体字圏(台湾・香港・マカオ)のApp StoreとGoogle Playでリリースした。台湾のセールスランキング(ゲームカテゴリー)では本日(5月20日)、最高位となる13位まで順位を上げる場面があった。本作は、高橋留美子氏の人気作品『犬夜叉』を題材にしたMMORPGだ。もちろん正式ライセンスを受けているとのこと。犬夜叉や殺生丸、日暮かごめ、桔梗ら原作の人気キャラクターたちが登場しており、アニメのストーリーも忠実に再現しているという。 App Storeセールスランキングの推移は以下のとおり。 出所:AppAnnie(c)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2009

韓国:自由度の高いPC用MMORPG「PERIA CHRONICLES」。韓国でパイオニアテストが終了

 THINGSOFTが開発し,NexonKoreaがサービス予定のPC用MMORPG「PERIACHRONICLES」。本作のパイオニアテストが韓国で2019年5月9日から12日まで行われ,正式サービスに向けた本格的なスタートを切った。本テストでは,ゲームの核心コンテンツである「キラナシステム」を体験することができた。

海外:ガンホー子会社の韓国Gravity、モバイル向け新作アクションMORPG『Ragnarok DawnBreak』をインドネシアでリリース!

韓国Gravityは、モバイルゲームの新作『Ragnarok DawnBreak』を5月14日よりリリースしたことを明らかにした。Google Playのみのリリースとなっており、App Storeについては後日リリースするようだ。グローバルローンチの前にエリア限定で先行配信するソフトローンチのようである。本作は、ラグナロクオンラインとDawnBreakとのコラボタイトルで、MOアクションRPG(Multiplayer Online Role-Playing Game)になっている。様々なスキルや能力を持つ数百種類のヒーローを集めたり、かわいいペットの収集を行ったりしながら冒険やダンジョン探索、PvPなどが楽しめる。 

海外:登場当時の姿が楽しめる「World of Warcraft Classic」の正式サービスは,2019年8月27日にスタート

 BlizzardEntertainmentは北米時間の2019年5月14日,初期の「WorldofWarcraft」が楽しめる,「WorldofWarcraftClassic」のサービスを,8月27日に開始すると発表した。2006年に公開された「DrumsofWar」アップデートが適用された状態でのサービスとなり,今後,いくつかのテストも予定されている。

海外:ガーラ、『Rappelz Mobile』のアラビア語でのサービス提供についてUAEのGame Power 7とライセンス契約を締結

ガーラ<4777>は、連結子会社Gala Labが開発したスマートフォンゲームアプリ『Rappelz Mobile』(ラペルズモバイル)のアラビア語でのサービス提供に関し、UAEのGame Power 7とライセンス契約を4月30日付で締結したことを発表した。『Rappelz Mobile』は、Gala Labが開発したPCオンラインゲーム『Rappelz Online』(ラペルズ)を題材に、スマートフォンおよびタブレット向けに開発された、リアルタイム本格的MMORPG。カスタマイズ可能なキャラクター、様々なスキル、モンスターテイミング、コミュニティ機能などを楽しむことができる。Game Power 7とのライセンス契約は、サービス提供地域をグローバル(韓国・日本・東南アジア・中国・台湾以外)とし、アラビア語でiOS/Android版を提供するものとなる。なお、サービス提供開始

海外:『Risk of Rain 2』正式リリースまでのロードマップ公開。日本語対応も予定

『Risk of Rain 2』の正式リリースに向けたロードマップが公開された。また現在英語のみとなっている『Risk of Rain 2』の対応言語については、今後のアップデートで日本語を含む計10か国語が追加される予定だ。