MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

共闘アクションRPG『ドーントレス』開発者インタビュー。大型アップデート「虚無の喚び声」の特徴や今後の展望を聞く

共闘アクションRPG『ドーントレス(Dauntless)』開発者インタビュー。『ドーントレス』大型アップデート「虚無の喚び声」の特徴や今後の展望を聞く。

TVアニメ「アラド:逆転の輪」,スタッフ&メインキャストのコメントが公開

スマホゲームで「不正行為の方法」を拡散していた人物を運営が特定、賠償請求へ 弁護士「謝罪すれば終了という問題ではない」

本人は反省し、運営に対し謝罪文を提出したとのこと。

中国のApp Storeから,版号(ライセンス)を持たない数千本のアプリが削除か

 中国当局からの指示を事実上かわし続けてきたアップルが,ついに重い腰をあげた。来月(7月)から,中国当局の版号(ライセンス)を持っていないAppStoreのゲームアプリを,すべて削除するとのことだ。

グリー、スマホ乗り換えで各ゲーム内のアイテムやガチャチケ等がもらえる「スマホで遊ぼうCP」を開催!

グリー<3632>は、6月25日より、フィーチャーフォン版GREEを利用中でスマートフォン版GREEとPC版GREEを遊んだことがないユーザーを対象に、「スマホで遊ぼうキャンペーン」を実施する。対象のユーザーが、条件を達成すると各ゲーム内で使えるアイテムやガチャチケットなど15以上のタイトルで総額7000コイン相当のアイテムがプレゼントされる。■「スマホで遊ぼうキャンペーン」概要▼参加条件下記(1)~(3)全ての達成が条件となる。(1)2018年6月から2020年5月までフィーチャーフォンでGREEを利用し、かつスマートフォンとPCでGREEを使ったことがないユーザー(2)キャンペーン期間中に、フィーチャーフォンから「スマホで遊ぼうキャンペーン」のエントリーボタンを押下したユーザー(3)キャンペーン期間中に、キャンペーン参加タイトルにスマートフォンで7日以上ログインしたユーザー

アラド戦記

CESA、「東京ゲームショウ2020 オンライン(TGS2020 ONLINE)」を9月23日~27日の5日間、公式サイト上で開催決定

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、今年9月に幕張メッセで実施を予定していた東京ゲームショウ2020に替わるオンラインイベントとして、9月23日(水)~27日(日)までの5日間、公式サイト上で「東京ゲームショウ2020 オンライン」(略称:TGS2020 ONLINE)」を開催することを決定した。TGS2020 ONLINEの出展社の募集を本日(6月25日)より開始した。<以下、プレスリリース>9月24日(木)から4日間にわたって、大手ゲームメーカーからインディーまで様々なゲーム関連企業・団体が、新作タイトルや新サービスなどの情報を、公式番組や、出展社が配信する番組や動画などを通じて発表します。さらに、eスポーツ大会の配信を予定しているほか、物販についての情報も出展社ページなどから発信します。主催者企画によるゲームの最新トピックスが分かるオンライント

16周年を迎えた「リネージュ2」。サービス無料化からのゲーム内の変化と今後の展開を日本運営の統括プロデューサーに聞く

 MMORPG「リネージュ2」が本日(6月25日)にサービス開始から16周年を迎えた。本作はこれまでに「自動狩り」や全サービスの基本プレイ無料化など,さまざまに変化し続けてきたが,それはプレイヤーにどのような影響をもたらしたのか。日本統括プロデューサーの新井友和氏に,本作の現在と今後について聞いた。

自分以外すべてAIのSNS「Under World」が,「SWORD ART ONLINE Alicization Lycoris」のスピンオフ企画としてサービス開始

 バンダイナムコエンターテインメントは,「SWORDARTONLINEAlicizationLycoris」のスピンオフ企画として,「UnderWorld」と名付けられたサービスを開始した。これは,自分以外すべてAIというSNSで,どんな投稿にも優しいリプライを返してくれる「全員善人の平和すぎる世界」が実現されているという。

なぜCDNはゲーム業界に必要なのか?単なるコンテンツ配信に止まらない可能性をライムライト・ネットワークスに訊く─5Gや超低遅延配信が生み出す新たなサービスのカタチ

セガ、2020年3月期の決算は営業益70億円 前の期18億円の赤字から黒字転換 PCオンライン・スマホの収益改善

セガの2020年3月期の決算は大幅増収・黒字転換となった。売上高が前の期比38.5%増の947億6000万円と大きく伸び、営業利益70億7600万円(前の期は18億6600万円の赤字)、経常利益80億2700万円(同14億8000万円の赤字)、最終利益48億7200万円(同59億5700万円の赤字)とそれぞれ大幅な黒字となった。セガサミーホールディングス<6460>の決算発表によると、パッケージゲームが売上のけん引役となった一方、PCオンラインとスマートフォンゲームの収益改善が黒字転換の要因となったという。なお、4月1日からセガ・インタラクティブと合併したため、2021年3月期は売上・利益ともに大きく変わりそうだ。 以下、セガサミーHDの記事から再編集したものを掲載する。国内外のグループ会社の数字や会計上の調整も含まれるため、セガの決算数字とは一致しないので注意してほ

『ファミ通ゲーム白書2020』が7月9日に刊行。2019年の世界ゲームコンテンツ市場は前年比約2割増に!

ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2020年7月9日に『ファミ通ゲーム白書2020』を発刊する。

「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」のサービスが9月23日に終了

「ハンゲ」運営のcocone fukuoka、19年12月期の最終利益は3億0400万円…昨年8月にココネグループに

cocone fukuokaの2019年12月期の決算は、最終利益が3億0400万円だった。同社は、オンラインゲームコミュニティサイト「ハンゲ(hange、旧ハンゲーム)」を運営している。もともとNHN JAPANの100%子会社だったが、昨年8月にココネのグループ会社となり、現在の社名に変更した。

ネクソン、ワンダーHDとゲーム開発の合弁会社2社を設立 それぞれ『マビノギモバイル』と『KartRider: Drift』を専業に

ネクソン<3659>は、この日(6月23日)、連結子会社であるNEXON Korea(ネクソンコリア)が、Wonder Holdings(ワンダーホールディングス)と共に、それぞれ50%ずつの出資のもと合弁会社2社を設立することを明らかにした。各合弁会社では、『マビノギモバイル』及び『KartRider: Drift』の開発を行っていく。『マビノギモバイル』は、2004年に配信を開始した、韓国の国民的人気PCオンラインゲーム『マビノギ』をベースとしたモバイルゲーム。キャンプファイヤー、多種多様なプレイヤーコミュニティのサポート及び音楽演奏など、原作に基づくファンタジー・ライフ体験を提供する。2018年に開催されたG-Starで初披露し、高い評価を得た。『マビノギモバイル』は、2021年に配信開始予定。『KartRider: Drift』は、世界で3憶8千万人ものプレイヤーを有し

“VRソーシャルケア”は、ロックダウン下の人々を救うかもしれない

ソーシャルVRアプリ「vTime XR」は、プライベート版のVR/ARプラットフォームを開発・発表しました。英 […]

Access Accepted第650回:デジタル化の進むゲームイベントを考える

 キャンセルされたE3に代わるデジタルイベントが次々に開催され,世界中のゲーマーがヒートアップしている。今後も大小のデジタルイベントが実施される予定になっており,欧米ゲーム業界はこうした新たなトレンドに対応する道を模索しているようだ。今週は,様変わりするゲームイベントのあり方を考えてみたい。

『マインクラフト』にて放射能汚染により立ち入り禁止中の「チェルノブイリ」を再現したマップが公開中

『マインクラフト』で今回再現されたマップはウクライナ北部にある「チェルノブイリ立入禁止区域」だ。1986年の原発事故以来、放射線汚染の影響から厳しく封鎖されているこの地区。いったいどのように再現したのだろうか。

Loot BoxをめぐってAppleに集団訴訟

『フォートナイト』有志によるチャプター2シーズン3パッチノートが作成される。さまざまな情報が集積

『フォートナイト』チャプター2シーズン3が開始された。Epic Gamesはチャプター2からパッチノートを公開しない方針を貫いている。そこで海外掲示板Reddit内では、ユーザーの報告をもとにパッチノートを作成しているのだ。

恐竜も登場する“石器時代”をテーマにした「ストーンエイジ ワールド」の開発チームリーダーにメールインタビュー

 Netmarbleは本日,スマホ向けアプリ「ストーンエイジワールド」の配信を開始した。野生動物と機械生命体が生息する“石器時代”をテーマにした本作の開発チームリーダー,WoonkiMin氏へのメールインタビューを通じて,ゲームのコンセプトや,今後のアップデート計画における方針などを確認してみよう。

Blizzardが『World of Warcraft Classic』のBOT行為者74,000名のBANを報告―「BOT行為は最優先で取り締まるべきもの」

オンライン麻雀「雀魂」でDDoS攻撃が発生。一時プレイ不能に計9時間の緊急メンテナンスを経て回復

 Yostarは、運営中のオンライン麻雀ゲーム「雀魂-じゃんたま-」にて、6月17日にDDoS攻撃を受けたことを報告した。6月18日3時時点で問題は解消しており、ゲームは正常にプレイできる。

『レッド・デッド・オンライン』で「KKK」を使って人種差別行為を行うチーターが急増―現在は公式パッチにより対策済み

「亡くなった家族のLINEアカウントが消えた」ツイート話題 大切な故人との思い出を残すには? LINEに聞いた

電話番号とのひも付けだけで利用している場合、ユーザーが亡くなって当該の番号が別の人に振られると、アカウントが削除されるケースがあります。

欧州委員会、Appleの「App Store」「Apple Pay」に独占禁止法の疑い Spotifyらからの苦情も

欧州委員会は、6月16日、Appleのサービス「App Store」「Apple Pay」に対して、日本における独占禁止法(EU競争法)の疑いがあるとして調査の開始を発表した。同委員会は、「App Store」の利用において、Apple独自のアプリ内課金システムの強制と、アプリ開発者に対して、アプリ外でより安い購入方法に対する消費者への告知制限を懸念しているという。今回の調査においては、音楽ストリーミングサービスの大手「Spotify」と電子書籍の事業者などからの苦情が申し立てられていたようだ。一方で「Apple Pay」については、ライバル会社の製品に対してiPhoneのNFC機能へのアクセスを制限していること、同支払いサービスへのアクセスを拒否したことなどの疑いでの調査となる。Appleは、6月15日に、自社の公式サイトにおいて、「Apple、App Store経済圏を通じて、2019

韓国最大のゲームショウ「G-Star 2020」が11月19日に開幕。今回はオフラインとオンラインの“並行開催”

 韓国最大のゲームショウである「G-Star2020」の公式サイトがオープンし,11月19日から22日までの4日間,韓国・釜山のコンベンションセンターBEXCOで開催されることがアナウンスされた。今回は,新型コロナウイルス感染症への対策として,各プログラムをオフラインとオンラインの“並行開催”するという。

『ポケモンGO』にて、一般ユーザーの誤BAN報告相次ぐ。不正行為と戦うNianticの苦悩とその弊害

『ポケモンGO』において、不正行為をしていないにもかかわらず誤って処分されたとのユーザー報告がコミュニティから相次いでいるようだ。

Pmangにてオンラインゲームに関するアンケートを実施中。抽選でWebMoneyが当たる

【ポケモンGO】「GOバトルリーグ」が緊急停止。不正と脆弱性のため

6月13日(土)、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」を手掛けるナイアンティックは、同タイトルの「GO […]

バーチャルSNS「cluster」でマルチプレイゲームの制作,公開が可能に

App Storeで障害発生が発生、『グラクロ』『リネレボ2』『クルセイダークエスト』が決済を行えない問題が発生したと報告

6月11日11時ごろより、一部環境にてiOS端末の決済が行えない問題が発生しているとの不具合が続々と報告されている。現在、公式Twitterを通じて問題を報告しているのは、ネットマーブルの『七つの大罪 ~光と闇の交戦(ひかりとやみのグランドクロス)~』や『リネージュ2 レボリューション』、韓国NHNエンターテインメントの『クルセイダークエスト』など。現在、原因を調査して対応を進めているという。※6月11日12:51追記クローバーラボと日本一ソフトウェア<3851>の『魔界ウォーズ』でも同様のアナウンスがあった。※6月11日13:38追記ブシロード<7803>とCraft Eggの『バンドリ! ガールズバンドパーティ!(ガルパ)』、オルトプラス<3672>の『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』、バンダイナムコエンターテインメントの『アイドルマスター

2020年第1四半期に急成長を遂げた”ハイパーカジュアルゲーム”をデータで解析。AdjustとUnity Technologiesが共同レポートを発表

 AdjustとUnityTechnologiesは本日,共同調査レポート「2020年ハイパーカジュアルゲーム:大ヒットジャンルの台頭」を発表した。2020年第1四半期に急成長を遂げたという同ジャンル。今回のレポートは,そんなハイパーカジュアルゲームアプリの台頭を,グラフと共に解説するものとなっている。

Game Server Services、スマートデバイスゲーム向けmBaaS「GS2」に新料金プランを導入 サポートメニュー付きのプランも

Game Server Servicesは、ゲームサーバーの開発・運用をせずにネットワーク対応ゲームのリリースを実現するスマートデバイスゲーム向けmBaaS(Mobile Backend as a Service) となる「Game Server Services(GS2)」において、利用者ニーズに基づく価格改定を実施することと、サポートメニュー付きのプランの追加を行うことを発表した。「GS2」は、ゲームサーバーの開発・運用をせずともゲーム開発が行えるよう、ゲーム内で必要となるサーバー機能をサービス化し、使用したいコンポーネント単位で契約・利用できるサービス。サーバー運用業務が必要なくなり、ゲーム開発者は本来の使命である「ゲームを面白くすること」に注力できる環境を手にすることが可能だ。■新料金プラン・Individualプラン過去12か月間の売上高の合計が1,000万円未満の個人・法人に適

エヌシージャパンが新たな企業ロゴを公開。グローバル競争力強化とブランドイメージ統一を図る

NCジャパン、MMORPG「ブレイドアンドソウル」のアップデート「黒く染まった楽園」では仙界の姿が明らかに。見どころやロードマップをプロデューサーにインタビュー

 5月20日に日本でのサービス6周年を迎えたMMORPG「ブレイドアンドソウル」。これを記念したイベントの終了日となる6月17日に,次期大型アップデート「黒く染まった楽園」が実装される予定だ。そこで運営プロデューサーを務める山本浩正氏に,アップデートの見どころや2020年のロードマップなどについて話を聞いた。

2020年のVRゲーム市場を新 清士氏が解説。オンラインセミナー「VRゲーム市場の現在〜今後の成長の可能性はどこまで見えたか」をレポート

 日本オンラインゲーム協会(JOGA)は2020年6月8日,オンラインセミナー「VRゲーム市場の現在〜今後の成長の可能性はどこまで見えたか」を開催した。このセミナーでは,よむネコの新清士氏が,世界のVR市場の最新動向や今後の日本市場における可能性についての解説を行った。

任天堂、不正ログイン事件で被害を受けた可能性あるアカウントが計30万であると発表。「NNID」経由「ニンテンドーアカウント」ログインはすでに廃止

任天堂は6月9日、4月末に発生していた「ニンテンドーネットワークID」に対する不正ログインについての続報を公開した。不正ログインを受けた可能性があるアカウントは、当初約16万アカウントであると発表されていた。今回の発表にて、追加で14万アカウントが被害にあった可能性があることが明かされている。

「協力プレイでミスした仲間に厳しい忠告」はNG? 対戦ゲームにおける気配りの大切さを語るツイートに共感

責めないで励ます。

ゲームのプレイ時間は引き続き増加傾向 20代のプレイ時間の増加が顕著 ゲームは巣ごもりと好相性 ゲームエイジ総研調査

ゲームエイジ総研は、この日(6月9日)、ゲームユーザーのプレイ時間の追跡調査を発表した。新型コロナウイルス(COVID-19)による自粛の影響で引き続きスマートフォンゲームのプレイ時間の増加の傾向が見られたが、前回に引き続き、135万人のモバイルログを活用した次世代型マーケティングデータサービス「iGage(アイゲージ)」を使って、2月から4月までのアプリゲームのプレイ時間を調査したとのこと。【使用データ概要】iGageデータ:2月1日~4月30日の期間のデータアンケート調査:5月8日~5月23日のインターネット調査■ スマホゲームユーザー全体の総プレイ時間は4月に入っても右肩上がりで推移スマホゲームユーザー全体の総プレイ時間の平均は2月の平日で5098万時間、 土日祝日は5919万時間、3月の平日は5334万時間、 土日祝日は6151万時間と増加、4月は5475万時間、 土日祝日は629

ゲームプレイ時間は2時間がベスト! Game Wellness Project、ゲームプレイ時のパフォーマンス状態を検証

 産経デジタル(産経新聞グループ)など5社共同でゲームを様々なアプローチで検証するプロジェクト「Game Wellness Project(ゲーム・ウェルネス・プロジェクト)」は、ゲームプレイ時におけるプレーヤーの脳活性やパフォーマンス状態を検証し、調査結果を発表した。

スクエニ、20年3月期の営業利益は58%増の314億円…『DQウォーク』や『ロマサガRS』『DQX』『FF14』などスマホ・MMOがけん引

スクウェア・エニックスの2020年3月期の決算は、売上高1949億円(前の期比12.5%増)、営業利益314億円(同58.4%増)、経常利益320億円(同51.5%増)、最終利益242億円(同85.9%増)と大幅な増益を達成した。スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>の決算発表によると、家庭用ゲームソフトは営業赤字となるなど苦戦したものの、スマートフォンゲームやMMORPGなどが好調に推移したことが主な増益要因となった。家庭用ゲーム機向けタイトルにおいて『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』の発売や、4月に発売した『FINAL FANTASY VII REMAKE』の先行出荷分の計上があったものの、前期は複数の新規大型タイトルが発売されたため、その反動により前期比で減収となった。また、前期に発売された大型タイトルのリピート販売が弱かったことや、コンテン

Amazonのチーム対戦シューター『Crucible』、3モード中2つを削除へ。プレイヤーが激減する中、選択と集中により再起なるか

Amazonのチーム対戦シューター『Crucible』、3モード中2つを削除へ。『Crucible』は配信から2週間で同時接続プレイヤー数が1000人を切っている。そうした中、選択と集中により再起なるか。

「ポケモンGO」は、新型コロナ下でプレイヤーが増えた——早期で約1.7倍に

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」。根強い人気を持つ本作は、外出制限や自粛をものともせずプレイヤー数 […]

『CoD:MW』『CoD:Warzone』人種差別的なアカウント名や言動への対策強化が発表。通報機能も拡充へ

『Call of Duty: Modern Warfare』および『Call of Duty: Warzone』を運営するInfinity Wardは6月4日、同スタジオのタイトルにおいては「人種差別的なコンテンツの居場所はない」との声明を発表し、そのための取り組みについて明らかにした。

『Escape from Tarkov』不正行為やRMT行為者への対策を強化する今後の取り組みについて公開

ヤルキマントッキーズ、リアルタイム通信エンジン「majiXA」をGitHub上で公開

ヤルキマントッキーズは、 リアルタイム通信エンジン「majiXA」を開発し、オープンソース化してGitHub上で公開した。今回の公開でリアルタイム対戦ゲームのさらなる普及を目指すという。「majiXA」はU、nityを利用して実現する、 オープンソースのリアルタイム通信エンジン。簡単にリアルタイム通信が実現できるだけでなく、完全なオープンソースのためパッケージの利用においては一切お金がかかることがない。市場では、リアルタイム通信に強いエンジンは複数存在しているが、 無料プランなどで利用すると、制限や超過分課金などで想定外のコストが請求されてしまう…といったことはないとのこと。■「majiXA」の特徴1.Unityのみでクライアントとサーバの開発が可能リアルタイム通信を行うにはクライアントとサーバを別々の環境で開発することが必要となるが、 双方をUnity上で、 かつ同一言語(

  1. 1
  2. 2
  3. 次へ >>