MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

「モンスト」で不正にレアキャラを入手した大阪府の男性が逮捕

ミクシィのスマートフォン向けアプリ「モンスターストライク」(iOS / Android)のゲームデータが改ざんできる不正プログラムを使ってレアキャラクターを入手したとして,大阪府の男性(33歳)が逮捕されたと,産経WESTが報じている。

「Lobi」プレイヤーがゲーム会社公認のグループ管理人になれる“総選挙”を開催。第1弾は「ブレイブ フロンティア」

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、以下「カヤック」)は、カヤックが提供するゲームコミュニティ「Lobi-チャット&ゲームコミュニティ-」(以下、「Lobi」)にてゲームプレイヤーがゲーム会社公認のグループ管理人を選出する『グループ管理人総選挙』を2016年2月29日より開催いたします。

Access Accepted第490回:いよいよ到来するVR時代のハードとソフト

 2016年は,HTCの「Vive」を始め,OculusVRの「Rift」,SonyCompterEntertainmentの「PlayStationVR」など,VR(仮想現実)対応ヘッドマウントディスプレイが次々と市場に投入される「VR元年」とも呼べそうな年だ。果たしてVRは我々ゲーマーになにをもたらすのか? ゲームはどう変わるかのか? について考えてみたい。

【白熱しすぎ(笑)】FF14のオンラインゲーム大会に潜入取材! 吉田直樹プロデューサーにゲームで勝てるコツを聞いてみた

ゲーム大好きっ子たちが見逃せないテレビ番組といえば、TOKYO MXにて毎週金曜日18時30分から放送中の「eスポーツMaX」である。人気ゲームのマスター(達人)の座を争うバトル、毎週ワクワクさせられますなぁ。

「私はアイドルじゃない」―注目の女性『LoL』配信者Otofuの素顔に迫る

世界的人気を誇るMOBA『League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)』、そして映像配信サービス「Twitch」の2大巨塔が日本展開に向けて大きく動き、国内e-Sportsシーンや「ゲーム配信」文化が生まれ変わりつつある昨今。プロプレイヤーや人気ストリーマーが次々と誕生し、注目を浴びています。Game*Spark編集部は、いまTwitchで頭角をあらわしている日本人女性『LoL』プレイヤーOtofuさんにインタビューを実施。CROOZやMSYが早くもスポンサー契約を結ぶなど業界内でも話題の彼女に、ビデオゲームの馴れ初めから『LoL』との出会い、「Twitch配信者」としてのスタンスまで、気になる質問を投げかけました。

なぜ止まらない?子どものソーシャルゲーム高額課金問題

人気ソーシャルゲーム「グランブルーファンタジー」で騒動が起きていることをご存じだろうか。事の発端は、年末年始のガチャイベントだ。何十万円と投入しても目当てのキャラが出現しないと苦情が相次ぐ騒ぎとなった。

中国: “ネトゲで惨敗”20歳自殺未遂、高額装備揃えるも歯が立たず絶望。

オンラインゲームに多額のお金を投入していても、さほど珍しい時代ではないが、中国の20歳の男性は先日、親からもらったお金をすべて費やして高額装備を購入。にも関わらず対戦相手との勝負に惨敗してしまい、失意のどん底に突き落とされ、自殺を図ったという。

クラウドソーシング上で「Steamの代行レビュー」が依頼される、国内のゲーム開発スタジオが関与か

【2016年2月27日 0:45】: 現在、今回の記事にて紹介したクラウドワークスの仕事依頼が非公開にされている。 先日、多種多様な仕事を依頼・検索できるクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」に、Steamタイトルのレビューやゲームの紹介記事の執筆者を募集する仕事の依頼が投稿された。近年、こうしたレビューや口コミの代行依頼は、アプリ業界を筆頭にステルスマーケティング(通称、ステマ)の手法の一つとして広まりつつある。国やサービスごとに法律や規約は異なるが、Steamにおけるレビュー代行は運営元のValve Corporation(以下、Valve)が明確に禁止している。販売促進が目的の企業広告とは違い、ユーザーレビューには賛否に関係なく純粋な消費者の声が反映されることから、購入時の判断基準にする者は少なくない。ステルスマーケティングの影と口コミ代行ビジネスについて考える。

ガチャの「確率表記」問題、どう思う?

人気ゲームアプリのガチャにおける高額課金問題が話題になっています。「課金しても目当てのガチャが出ない」などの苦情が相次いでいる中、2月18日の読売新聞夕刊に「グラブル課金に苦情殺到…『希少キャラ出ない』」が掲載されました。

スクエニ、MMORPG『ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン』のサントラCDが3月9日に発売決定! ゲームと連動するアイテムコードも封入

スクウェア・エニックスのオンラインRPG『ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン』のオリジナルサウンドトラックCDが、2016年3月9日に発売される。

【フォーラム】『ソシャゲガチャの天井設定について思うこと』

今話題のトピックについて読者の読者の皆様に語り合ってもらったり、議論したり、情報共有の場にするコーナー“Game*Sparkフォーラム”。今回のテーマは「ソシャゲガチャの天井設定について思うこと」です。

フジテレビジョンが「Ingress」を運営するナイアンティックに出資

株式会社フジテレビジョン(以下、フジテレビ)は、Google Inc.(以下、グーグル社)、任天堂株式会社(以下、任天堂)、株式会社ポケモンおよびその米国子会社である The Pokémon Company International(ポケモングループ:以下、ポケモン)などと同じシリーズAで、人気スマートフォンゲーム「イングレス」を運営するNiantic, Inc.(カリフォルニア州:以下、ナイアンティック社)に出資しました。

カヤック、スマホゲームに特化した賞金付大会『RANKERS』Androidアプリ版をリリース…3月1日の開幕に向けてエントリー受付を開始

カヤック<3904>は、2月26日、スマートフォンゲームアプリに特化した賞金付き大会サービス『RANKERS』(ランカーズ)のAndroidアプリ版をリリースしたと発表した。それに伴い3月1日(火)からの大会開催に向けて、ユーザーのエントリー受付を開始したとのこと。

【インタビュー】「現地市場で完結させる経営を」…セガゲームスに訊く海外市場におけるモバイルゲーム事業展開の現状と将来像

モバイルゲームの世界的な市場の拡大に伴い、大手ゲーム企業各社は海外進出について検討フェーズから積極展開フェーズに移行しつつある。その中でも、セガゲームスはコンシューマー、アーケード各事業で長年培った知見と、モバイルゲーム事業に求められる最先端のマーケティング・マネタイズ手法の両輪を駆使し、「ぷよぷよ!!クエスト」「チェインクロニクル」シリーズ、「モンスターギア バースト」など、国内で数々のヒット作品を生み出し、注目を集めている。また国内のみならず「チェインクロニクル」の海外展開にも成功しており、今後は海外市場でのモバイルゲーム事業の拡大を加速させる方針である。

【豆知識】LINEコインがリアルなお金になる!?そもそも仮想通貨って一体なに?

LINEのスタンプや着せ替えを買う時に使う「LINEコイン」は仮想通貨と呼ばれるものですが、日本経済新聞によると金融庁が仮想通貨を「貨幣」と認定する事になったそうです。

『ディビジョン』の世界観はいかにリアルなのか? パンデミックによる崩壊を検証する“COLLAPSE 社会終焉シミュレータ”が公開

ユービーアイソフトから2016年3月10日発売予定のプレイステーション4/Xbox One/PC用ソフト『ディビジョン』。同作のワールドワイドの公式サイトにて、“COLLAPSE 社会終焉シミュレータ”が公開された。

ゲーム業界大規模勉強会「GCC '16」のタイムテーブルが公開に

関西でのゲーム業界大規模勉強会「GAME CREATORS CONFERENCE '16」。遂にタイムテーブルの発表です!!

Cygames、ソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』今後の方針に関する“4つの取り組み”が発表

サイゲームスは、同社が開発・運営を行うスマートフォン用ゲーム『グランブルーファンタジー』において、2016年3月10日より順次、4つの取り組みを実施することを発表した。

海外:スマホで『League of Legends』フレンド機能にアクセス!無料アプリが海外向けに配信

Riot Gamesより、『League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)』のソーシャル要素を利用するモバイル端末向けアプリケーション「League Friends」が無料配信されました。対応機種はiOS/Android。スマートフォンからフレンド機能をチェックできるこのアプリケーションですが、現在は海外の『LoL』プレイヤーのみを対象としており、日本国内からの利用は不可能なようです。

アソビモ、スマホ向けMMORPG『アヴァベルオンライン』でオフラインイベントプロジェクト「ビモフェス」第二弾を開催 賞金総額2016魔石のPvP大会も実施

アソビモは、2月25日、スマートフォン向け3DアクションMMORPG『アヴァベルオンライン(AVABEL ONLINE)』のオフラインイベントを、2016年3月19日(土)にアソビモ本社にて実施することを発表した。

MOBA『League of Legends』プロ・セミプロリーグで全世界共通となる処罰基準が発表

『League of Legends』(以下、LoL)を運営するRiot Gamesは2月23日、全世界のプロ・セミプロリーグで共通となるルール違反行為と処罰基準の制定を発表。わかりやすさと透明性を増した競技シーンの運営を目指し、定期的な基準の見直しも盛り込まれたシステムが今後運用されていく見通しだ。

アルファポリス、人気小説『とあるおっさんのVRMMO活動記』PCブラウザゲーム『ワンモア・フリーライフ・オンライン』を2016年春リリース決定

アルファポリス<9467>は、累計28万部の人気小説『とあるおっさんのVRMMO活動記』のIPを活用したPCブラウザゲーム『ワンモア・フリーライフ・オンライン』を2016年春にリリースすることを発表した。また、本日2月23日に、ティザーサイトを公開した。

ネクソン、資本金550億円圧縮 配当原資を確保

オンラインゲームのネクソンは2016年12月期に資本金約560億円のうち約550億円を資本剰余金に振り替え、10億円に圧縮する。資本剰余金などを厚くして、株主還元の原資になる資金を約1000億円規模で確保する。今後の配当や自社株買いなどに使う。

メガサーバー化は「黒い砂漠」に何をもたらすのか。新システム導入の真意を運営プロデューサーの麥谷将人氏に聞いてきた

ゲームオンは,同社がサービス中のMMORPG「黒い砂漠」にて,2016年2月24日のメンテナンスでメガサーバーシステムを導入する。これは,現在プレイできる「Calpheon」「Valencia」「Media」の3つのサーバーと,新しく追加される「Balenos」と「Serendia」の,計5つのサーバー間で垣根をなくし,プレイヤーが自由に行き来できるようにするためのものだ。

大阪で行われた「Hearthstone」の公認イベントのレポートが公開

Diablo, StarCraft、World of Warcraftそして Warcraftなどの大ヒットシリーズの数々で知られているブリザード・エンターテイメントは、2016年2月20日(土)にハースストーン炉端の集いを大坂で開催いたしました。

“東京ゲームショウ2016”の開催概要を発表! 開催期間は2016年9月15日〜18日で、今年はVRコーナーも新登場!!

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、2016年9月15日(木)から9月18日(日)に日経BP社と共催で、千葉・幕張メッセにて開催を予定している東京ゲームショウ2016の開催概要を発表した。

【人事】ネクソン、李度和の取締役就任が内定

ネクソン<3659>は、2月22日、李度和(イ・ドーハ)氏の取締役就任が内定したことを明らかにした。3月29日開催予定の定時株主総会の選任決議を経て正式就任となる。

『ディビジョン』ベータに640万人参加、現行機新IPとして最大規模

先日におよそ3日間にわたりPS4/Xbox One/PCを対象に実施された『Tom Clancy's The Division(ディビジョン)』のオープンベータですが、同作の公式サイトにて、その参加人数が640万人に達したことが発表。現行機における新規タイトルのベータとして最大の規模になったと報告しています。

エレコムの放つMMOゲーマー向け周辺機器「DUX」,第1弾製品をまとめてFFXIVで使ってみた

 PCなどの周辺機器メーカーとして知られるエレコムが,日本のMMOゲーマー向け周辺機器ブランド「DUX」(ドゥクス)を立ち上げた。ゲームのなかでもMMOに特化するという,珍しい立ち位置だが,第1弾として登場したマウスとキーボード,ヘッドセットの実力はいかほどか。FFXIVプレイヤーの目線から,その性能と使い勝手を明らかにしてみたい。

ワンモア・フリーライフ・オンライン

「老後はVRゲーム廃人に」SAO川原礫先生 IBMと一緒に未来を語る

人気小説『ソードアート・オンライン』(SAO)の世界をバーチャルリアリティーで実現する。IBMとSAOのコラボレーションで生まれた夢の企画が「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」。2月22日に特設サイトがオープンしたばかりだ。  コントローラーを使うのではなく、実際に自分の身体を動かして遊ぶゲーム。原作者の川原礫先生は、試作段階のゲームを体験して「今までのゲーム体験とはまったく異質」であることに驚かされたそうだ。

ゲームオン、MMORPG「TERA」の新クラス“くノ一”が3月9日に実装。日本運営チームへのインタビューで“エリーンの人気の高さ”をあらためて実感

ゲームオンがサービス中のMMORPG「TERA The Exiled Realm of Arborea」で,12番めのクラス“くノ一”が3月9日のアップデートで実装される。

コーエーテクモ、ブラウザゲーム『のぶニャがの野望』ヒットの要因はニャんですか? 5周年の歴史を廣重演久プロデューサーに聞く

2016年2月22日でシリーズ5周年を迎える『のぶニャがの野望』。廣重演久プロデューサーに、本作が作られたきっかけや、話題を集める多彩なコラボのお話を伺った。

超有名ゲームメーカー「ブリザード」が25年もトップを走り続けることができた理由

「ウォークラフト(Warcraft)」「ディアブロ(Diablo)」「スタークラフト(スタークラフト)」シリーズなど、世界中で大ヒットしいまだにトップクラスの売上を誇るオンラインゲームを生み出したのが「ブリザード(Blizzard Entertainment)」という企業です。創業から25年が経過した2016年現在でもブリザードはオンラインゲーム業界のトップに君臨しているのですが、IT関連メディアのVenture Beatがブリザードの創業者や開発者にインタビューを実施し、その秘密に迫っています。

【TpGS】「10本中8本失敗」「商談のスピードが物言う」…狙うはトレンドの“その先”、中国大手パブリッシャー・efunに訊くモバイルゲーム市場

2016年1月28日~2月2日、台湾は台北世界貿易センターにおいて、「台北ゲームショウ2016」が開催。台湾と言えば、人口2300万人ほどにも関わらず、Google Playの世界売上で、中国・日本・アメリカに次ぐTOP5にランクインするほど、成長著しい市場だ。今年は、台湾・香港を中心に世界各国から300社以上のゲーム企業が出展した。本稿では、中国を代表する大手パブリッシャー・efunを取材。2012年9月に設立された同社は、他社のモバイルゲームを買い付けては運営を行うパブリッシング事業が中心。以前は、efunfunという会社名でPCウェブゲームを取り扱っていたが、市場の衰退によりモバイルゲームに完全シフト。現在は、中国(本土)・台湾・香港・マカオ・東南アジアを中心に、70タイトル以上のモバイルゲームを運営している。今回は、efunのCOOであるDale Huang氏にインタビューを実施。[...]

TERA

ゲーマーの4~10%が依存症!? ゲームが脳に与える“好影響”と“悪影響”

ビデオゲーム好きにはやや微妙な話にはなるが、現代の精神医学の診断によると、「オンラインゲーム依存症」は現実に存在する症例である。また、オンラインではないビデオゲームの依存症も実際にあると考えられているようだ。

ガンホー、スマホ向け「サモンズボード」協力プレイに覚醒,交換所など2016年は変革の年!? 2周年の振り返りと3年目の展望について,荻原プロデューサーへインタビュー

ガンホー・オンライン・エンターテイメントが配信している「サモンズボード」(iOS / Android)は,2016年2月10日に正式サービス2周年を迎えた。今回4Gamerは,同作のプロデューサーである荻原 智氏にインタビューを行い,これまでの2年間を振り返ってもらいつつ,3年目の展望や2016年中に展開予定の新要素/コラボについて話を聞いた。

オンライン対戦ゲームブームの火付け役が帰ってくる! ダチョウ倶楽部も駆けつけた『三国志大戦』ステージをリポート【JAEPO 2016】

2016年2月19日~20日、千葉県・幕張メッセにて開催中のアミューズメント・エンターテインメント産業の総合展示会“ジャパン アミューズメント エキスポ 2016”(JAEPO 2016)。そのビジネスデーとなる19日、セガブースにて“『三国志大戦』ステージ”が行われた。

MMORPG「FFXIV」初の公認オフラインPvP大会「ウルヴズジェイル杯」が「ゲームクラブ eスポーツMaX」で3月4日から放送予定。その番組収録をレポート

 東京MXで毎週金曜日に放送されているe-Sports番組「ゲームクラブ eスポーツMaX」が主催する大会「eスポーツMaX FFXIVウルヴズジェイル杯」が2016年2月14日,東京アニメ・声優専門学校 総合校舎で開催された。

MOBA「マスター×マスター」の開発者コメントが公開。本作の魅力と今後の展開について言及

エヌ・シー・ジャパンは本日(2016年2月19日),新作オンラインゲーム「マスター×マスター」の開発者コメントを公開した。

カプコン、オンラインRPG「ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち」インタビュー。新たな試み“納得課金”やオンラインゲーム化の理由などを聞いた

2013年8月の発表から2年半,いよいよ「ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち」(PC / iOS / Android 以下,BOF6)が本格的に始動する。本日(2016年2月19日)17:00より,PCとAndroid向けのオープンβテストに相当する「ムラオサ先発テスト」が実施され,2月24日に正式サービスが開始となる予定だ。

「JOGAガイドライン」改訂版が4月1日より施行。PC/スマホとデバイス別だったガイドラインが統合,有料ガチャの表示に関する記述も変更に

 JOGAこと日本オンラインゲーム協会は本日,同協会が制定している「JOGAガイドライン」の改訂版を,2016年4月1日より施行すると発表した。今回の改訂は「スマートフォン向けゲームアプリ市場の拡大に伴う利用者数の増加とサービスの多様化などに対応するため」とされており,2015年夏より作業を行っていたのだという。

半年シェアハウスに住みながらドラクエ。「ドラゴンクエストXTV」で初心者大使企画5弾が始動

株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、ニコニコ生放送の公式レギュラー番組『ドラゴンクエストXTV』(平均来場者数10万以上)にて展開中のコーナー「ドラゴンクエストX 初心者大使」の新企画を実施します。

パズドラ:ガチャの確率表示「必要あれば問題ない」 森下社長がコメント

スマートフォン向け人気パズルゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」で、運営元のガンホー・オンライン・エンターテイメントの森下一喜社長は19日、同ゲームの4周年イベント後の会見で、有料ガチャ(くじ)の確率表示について、「業界の中でどういうふうに自主規制していくかというのは当然あると思う」とした上で、「必要があれば、なる(表示する)のは全然問題ないと思う」と話した。

日本のゲーマーもWebMoneyで決済可能に G2Aが発表

【ジェシュフ(ポーランド)、ロンドン、香港2016年2月19日PR Newswire=共同通信JBN】G2A.COMは、顧客がデジタル製品を売買できる世界最速成長のゲーミング・マーケットプレイスである。G2Aは過去2年間にセキュアで保障されたオンライン・イニシアチブを確実なものにするため、2500万ユーロ以上を投資した。G2Aは、600万人のユニークユーザーを擁して月間100万以上の取引が行われており、デジタル・ゲーミング製品は世界一の2万5000点以上を有している。

日本におけるe-sports元年は今年?その理由となる様々な追い風がそこかしこに見え隠れ

今年は各HMDが販売され、VR元年になると業界では騒がれていますが、日本国内ではもうひとつ元年になるのではないかと考えていることがあります。

SANKO、e-Sports SQUARE公式サイトで情報流出を発表 ホームページを閉鎖、現在原因を調査中

東京秋葉原にe-Sports SQUAREを展開するSANKOは2月19日、e-Sports SQUAREのWebサイトを通じて、同サイトに登録した個人情報が外部に流出していたことを明らかにした。同社はサイトを閉鎖し、調査を開始したとしている。

後絶たない課金トラブル、コンプガチャは禁止に

国民生活センターによると、オンラインゲームについての相談は、2010年度は約2000件だったが、12~14年度は4000~5000件台に増加。未成年がスマホのゲームで、有料アイテムを無料だと勘違いして10万円以上購入してしまったケースもある。

App Annie,ユーザーの性別や年齢,重複利用アプリ別の分析が可能に

アプリ情報プラットフォームを提供するApp Annie(アップアニー、 本社:米・サンフランシスコ、 代表:Bertrand Schmitt)は、 この度、 App Annie Intelligence※において、 「User Segment」機能をリリースしたことをお知らせ致します。 今回のアップデートにより、 各アプリの利用状況データをユーザーの性別、 年齢、 重複利用アプリ別に分析できるようになりました。 利用状況データにはアクティブユーザー数、 普及率、 起動率、 セッション時間、 データ消費量などが含まれます。

スクウェア・エニックス、ストラテジック・シューター「フィギュアヘッズ」サービス開始直前! メディア向け体験会レポート 3月上旬サービス開始予定。「ゼノギアス」とのコラボレーションも発表!

スクウェア・エニックスが3月上旬にサービス開始を予定しているPC向けオンラインゲーム「フィギュアヘッズ」のメディア向け先行体験会が、秋葉原e-sports SQUAREにて開催された。

スクウェア・エニックス、MMORPG『FFXIV』パッチ3.2吉田直樹氏インタビュー ザ・フィースト、アレキ律動編、セフィロト戦をどう楽しむか?

2016年に入って初となる『ファイナルファンタジーXIV』の大型アップデート、“パッチ3.2 運命の歯車”がいよいよ2月23日に公開される。これに先立ち、吉田直樹プロデューサー兼ディレクターにインタビュー。“蒼天編”のシナリオの中での今回のパッチの位置付けや、新規PvPコンテンツ“ザ・フィースト”の魅力などを幅広く尋ねた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 次へ >>