MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

中国での配信が始まったスマホ版「PUBG」がダウンロード数ランキングで首位に。スマホでもコアゲームが求められることを証明

 中国でスマホ版の「PLAYERUNKNOWN’SBATTLEGROUNDS」が2月8日に配信され,大きな盛り上がりを見せている。AppAnnieが公開したレポートによると,中国だけで配信前に1億5000万以上もの数がDLされ,配信から2日間でランキングで首位となったとのこと。スマホでもコアゲームが遊ばれる時代になったという見方もできそうだ。

ネクソンが社会貢献活動推進のため“ネクソン財団”を設立

任天堂、「すれちがい通信中継所」を稼働停止へ すれちがい通信機能自体は継続

稼働停止日時は3月28日10時。

ゲームオン、MOFPS『AVA』1対1のオンライントーナメント“GP-STADIUM”が3月14日スタート、豪華賞品が当たるイベントも開催

2018年2月28日、ゲームオンはPC用オンラインFPS『Alliance of Valiant Arms』において、オンライントーナメント“GP-STADIUM”の実施を発表した。当該システムは2018年3月14日~4月11日の期間限定で実装。

ゲームの評価を集積し平均化した「メタスコア」による、2017年度ゲーム会社ランキングを発表。トップ3には国内企業2社がランクイン

大手海外ゲームレビュー集積サイトMetacriticが海外時間の2月26日、2017年度ゲームパブリッシャーランキングを発表した。このランキングは当該年度においてどのゲーム販売会社がどれだけ優れたゲームを世に売り出し続けたのかを示した、いわばゲームパブリッシャーの格付けといえるものである。 The post ゲームの評価を集積し平均化した「メタスコア」による、2017年度ゲーム会社ランキングを発表。トップ3には国内企業2社がランクイン appeared first on AUTOMATON.

米レーティング団体ESRB、ゲームパッケージに「ゲーム内課金」の有無を明示へ。ルートボックスへの懸念高まる中「第一歩」と主張

主にアメリカやカナダで販売されるゲームのレーティングをおこなっている非営利団体ESRB(Entertainment Software Rating Board)は2月27日、販売されるゲームのパッケージに表示するコンテンツラベルに「In-Game Purchases(ゲーム内課金)」を追加すると発表した。 The post 米レーティング団体ESRB、ゲームパッケージに「ゲーム内課金」の有無を明示へ。ルートボックスへの懸念高まる中「第一歩」と主張 appeared first on AUTOMATON.

『Dota 2』中毒ゲーマーがあまりの止めたさに「アカウント停止」を懇願、Valveが取った対応は…

AVA

中学⽣の4〜6割が毎⽇1時間以上ネットを利⽤、モバイル社会研調べ

NTTドコモ モバイル社会研究所は26日、「スマホ・ケータイでインターネットをする時間(ブラウザでの検索、映像の視聴、オンラインゲーム、LINEの利⽤を含む)」などの調査結果をまとめ発表した。

RF Onlineをもとに作られたスマホ向けアプリ「RF Online M」が事前登録を受付中。ジャンルはターン制のシミュレーションRPG

 PC向けMMORPG「RFOnlineZ」のIPをもとに作られたスマホ向けアプリ「RFOnlineM」が,事前登録の受付を行っている。今作はターン制のシミュレーションRPGとなっているようで,プレイヤーはデッキや陣形を構築しながら,4種族による争いに身を投じることになる。正式サービス開始日は3月15日とのことだ。

「RED STONE」13周年記念イベント「本祭」を開催 隼優紀氏のサイン入り色紙が当たるイベントなど全16種を実施

 ゲームオンは、MMORPG「RED STONE(レッドストーン)」が2月24日で正式サービス開始より13周年を迎えたことを記念して、13周年記念イベント「本祭」を開催した。

Access Accepted第565回:成長を続ける「Twitch」が,2017年を総括するデータを発表

2011年にスタートし,2013年にAmazonに高額で買収されたゲーマー向けのストリーミングサービス「Twtich」。2月に発表されたデータによれば,2017年も絶好調だった模様で,コンテンツの数や種類は順調に拡大を続けている。今週は,そんなTwichとその周辺の話題をお届けしたい。

【決算まとめ】ゲーム関連企業32社の10-12月…ミクシィの四半期営業利益が3四半期前の3分の1まで減少 『A3!』の寄与などでアエリアは売上高60億円台に躍進 

10~12月の決算発表シーズンも終了し、主要モバイルゲーム企業の2017年10~12月期(一部8~10月期と9~11月期)決算が出そろった。そこで今回も恒例ではあるが、ゲーム関連企業32社分の決算の状況をチェックしてみたい。今回も銘柄の増減、入れ替えはなく、前回、前々回と同じ32社分を取り上げる。また、これまでと同様に決算期の都合で、gumi<3903>とエイチーム<3662>の数字は8~10月期と2ヶ月前の数字となっているほか、gloopsなどを含むネクソン<3659>のモバイル事業の売上高も掲載し、サイバーエージェント<4751>(表中はCA)は、ゲーム事業の数字のみを取り上げている。 今回の決算では、32社中、増収が16社、減収が16社となり、半々の状況となった。なお、前四半期と比べると増収企業が減少する結果となっているが、ク

米トランプ大統領「映画やゲームには規制が必要だ」―パークランド銃撃事件受け

「艦これ」公式Twitterの凍結が解除される 140万いたフォロワーはゼロに

ともあれ良かった。

「艦これ」運営、公式ツイッター凍結に関して発表 虚偽通告によるDMCA著作権侵害が原因

「艦これ」運営鎮守府は、同社の人気ゲーム艦隊育成シミュレーションゲーム『艦隊これくしょん-艦これ-』の公式Twitterアカウントの凍結理由においてコミュニティ内でその理由を明らかにした。同社によると、アイコンの画像を自身が描いたものだという偽名等の第三者からTwitter社に連続の虚偽通告があり、DMCA著作権侵害ということで、アカウントが運用できない状態になった。本件について、DMM、KADOKAWAと協力しつつ、必要な対応にあたっていくとのことだ。現在、『艦隊これくしょん-艦これ-』では冬イベ2018:【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】を展開中だが、同イベ関連の最新情報、各種障害/対応情報などは、「運営鎮守府からのお知らせ」等で、暫くの間公開していくという。 艦隊これくしょん(コミュニティ)

最もDDoS攻撃の標的になったのは「ゲーム業界」―攻撃総数自体は横ばいも79%占める

「艦これ」公式Twitterが凍結 Twitter「個別ケースについてはお答えできません」

そんなー。

北米でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

Blizzard Entertainment、『ハースストーン』世界選手権のドキュメンタリー番組をBSフジで2月24日より放送決定!

Blizzard Entertainmentは、デジタル戦略カードゲーム『ハースストーン』の世界選手権を取り扱ったドキュメンタリー番組をBSフジにて2月24日15時30分より放送すると発表した。番組詳細【番組概要】昨年から番組ではバハマ、中国、アメリカで行われたeスポーツの大型世界大会に出場する日本人選手を密着取材してきた。そのeスポーツとは、世界で7,000万人以上がプレイしているという人気カードゲーム「ハースストーン」。その「ハースストーン」の2017年の集大成、世界チャンピオンを決める大会が今年1月にオランダ・アムステルダムで行われた。賞金総額は100万ドル、優勝賞金は25万ドルという超大型大会。バハマ、中国、アメリカで行われた世界大会でベスト4に残った12人と年間獲得ポイント数トップ4の16人が世界一の栄冠を目指し、アムステルダムに集まった。会場は世界中からその試合を見にきた観客た

PSN各機能をWebブラウザで利用できるサービス“My PlayStation”が公開

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、PlayStation Network(PSN)の各機能をウェブブラウザ上で利用できるウェブサービス“My PlayStation”を、本日2月21日より公開した。

シリーズ30周年記念の「PSO2」特製フレーム切手セットが郵便局で3月1日より期間限定販売へ。ゲームで使えるアイテムコード付き

 レッグスは本日,セガゲームスが展開しているオンラインRPG「ファンタシースターオンライン2」の特製フレーム切手セットを,郵便局にて2018年3月1日から期間限定で販売すると発表した。価格は4980円(送料・消費税込)。メモリアルな切手であり,PSO2で使えるアイテムコード付きだ。

“FREE MULTIPLAYER WEEKEND”が2月24日、25日に開催、週末はPS4のオンラインゲームを遊びつくせ

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション4のオンラインマルチプレイをすべての対応タイトルで体験できる“FREE MULTIPLAYER WEEKEND”を、2018年2月24日から2月25日の2日間限定で開催する。

『H1Z1』最盛期からプレイヤーが約91%減、後発バトロワ作品へ移行かー海外統計サイト報告

議論を重ねて一歩ずつ進んでいくことが大事な、eスポーツとプロゲーマー、ひいてはゲームという魅力の話

日本中が平昌オリンピックに盛り上がり、頭脳スポーツと言える将棋の世界も盛り上がるなか、今後にオリンピック種目にもなっていくとされるeスポーツのプロライセンスの議論や話題も、連日のようにどこかしらでみられる1週間でした。

PSO2

ESA,休止したオンラインゲームの保存を目的としたDMCAの潜在的ルール変更に反対

BXD,HTML5を活用したスマホ向けブラウザゲームプラットフォームの正式名称を「enza(エンザ)」に決定。「DBZ」など新作タイトルの情報も

 BXDは本日(2018年2月20日),HTML5を活用したスマホ向けブラウザゲームプラットフォームのサービス名称が,「enza(エンザ)」に決定したことを発表した。これに合わせて,「ドラゴンボールZブッチギリマッチ」「プロ野球ファミスタマスターオーナーズ」の新情報が明らかにされたので,それぞれお伝えしよう。

韓国のeスポーツ団体“KeSPA”のキーマンにインタビュー。eスポーツ隆盛の背景にあるのは、行政との連携【闘会議2018】

KeSPA(KOREA e-SPORTS ASSOCIATION)戦略事業担当のジャスティン・リー氏のインタビューをお届け。韓国においてeスポーツが発展した背景や、今後のKeSPAの目標などをうかがった。

「インゲーム」海外の人気オンラインゲームを日本で配信しよう!事業拡大に伴い、一緒に働く仲間を大募集!

株式会社インゲーム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:段卓)は、事業拡大に伴い、2018年2月16日(金)より3月入社スタッフの募集を開始致しました。

海外:「S.T.A.L.K.E.R.」の世界観を受け継ぐ100人規模のバトルロイヤル「Fear the Wolves」の詳細を開発者に聞いた

 VostokGamesが発表したオンラインシューター「FeartheWolves」の詳細を開発者に聞いた。100人規模のバトルロイヤルが楽しめるという本作だが,世界観は開発チームのメンバーがかつて手がけた「S.T.A.L.K.E.R.」を思わせるものになるようだ。

BlueStacks CEOが見る日本、そしてアジアのゲーム市場とプラットフォーム戦略100カ国で愛用され、ユーザー数も増加中の「BlueStacks」についてインタビュー

 世界中だけでなく、日本でもユーザー数を大きく伸ばしている「BlueStacks」というソフトをご存じだろうか?AndroidのアプリをPC環境で動作させる、乱暴な言い方をすれば「仮想マシン」、「エミュレーター」と呼ばれるプラットフォームだ。

「フィギュアヘッズ」PC版,PS4版それぞれで「WOCT 2018 Season1」覇者が決定! 激戦の模様をパブリックビューイングの会場からお届け

 スクウェア・エニックスは2月18日,「フィギュアヘッズ」の公式大会となる「WOCT2018Season1」の決勝戦パブリックビューイングイベントを,東京・池袋にある「THEATERCAFE&DININGSTORIA」で実施した。どのクランが優勝したのか,イベントの模様をお伝えしよう。

「ゲーム内少額課金」に金銭を全く払わない消費者は僅か5.8%―海外統計サイト報告

海外:上院議員,Loot Box再検討のためにESRBを呼び出し

App Annie CEO バートランド・シュミット氏と振り返る2017年ゲームアプリ市場。消費者は1日平均で3時間近くアプリを利用,さらに中国ゲーム企業が世界各地で業績を拡大

 アプリビジネスに役立つ市場データと分析を提供するAppAnnie(アップアニー)。先日同社は,2017年を象徴するデータやトレンドを掘り下げた毎年恒例のレポート「2017年アプリ市場総括レポート」を公開した。本稿では,群雄割拠の2017年アプリ市場の動向について,AppAnnieCEOバートランド・シュミット氏と共に紐解く。

海外:「ルートボックス」問題に進展―米国上院議員がESRBに働きかけを求める、政府の直接関与示唆も

『PUBG』が初のプレイヤー減少傾向を見せる。接続障害や大規模なアカウントバンが要因か

バトルロワイヤルゲーム『PUBG』は、PC版の同時接続ユーザ数は2017年12月に初めて300万人を突破し、2018年1月には約323万人という大記録を叩き出している。平均でも150万人を超える相変わらずの大人気ぶりを発揮しているが、2月に入ってからは1度も300万人を超えていないとGitHypは指摘している。

マイネット、ゲーム運営子会社4社を4月1日付で合併…経営資源の集約を通じて運営力の向上と効率的な運営管理体制を構築するため

マイネット<3928>は、本日(2月14日)、連結子会社マイネットゲームスを存続会社として、マイネットエンターテイメント、マイティゲームス、S&Mゲームスを4月1日付で合併させることを明らかにした。マイネットエンターテイメント、マイティゲームス、S&Mゲームスは解散する。同社では、今回の決定について、ゲームサービス事業を担う経営資源を集約させることで、より一層のゲーム運営力の向上と効率的な運営管理体制を構築するため、と説明している。なお、この合併に伴い、マイネットゲームスの代表取締役社長に仲川航一が就任することが決定したという。その他、名称、所在地、事業内容、資本金及び決算期についての変更はないとのこと。なお、マイネットの2018年12月期の業績に与える影響は警備となる見通し。

海外:海賊ACT『Sea of Thieves』はルートボックス非採用、課金要素には検討の可能性

Aiming、開発パイプラインは6本 全て18年12月期中にリリース予定 大手ゲーム会社との大型MMORPGやアニメ・ゲームIP系など

Aiming<3911>は、この日(2月13日)に開示した決算説明会資料で、開発パイプラインは6本で、いずれも2018年12月期中にリリースする予定であることを明らかにした。内訳は、大手ゲーム会社と共同開発の大型MMORPGや、自社のオリジナルMMORPG、ゲーム系IPタイトル、アニメ系IPタイトルなどとなっているという。

Aiming、『CARAVAN STORIES』は月商2億円レベルでスタート 継続率は『ログレス』全盛期並みの水準 中華圏やPC、家庭用向けへの展開も準備中

Aiming<3911>は、この日(2月13日)に開示した決算説明会資料で、『CARAVAN STORIES』の売上は月商2億円レベルでスタートしたことを明らかにした。昨年11月29日に配信が始まったMMORPGだが、ユーザー継続率は『剣と魔法のログレス いにしえの女神』全盛期並みの高さで推移しているという。リリース以来、順調に推移しているようだ。 また、『CARAVAN STORIES』については海外展開も予定しているとのこと、中国や台湾地域への配信を準備しているほか、PCや家庭用ゲームにも展開する準備を進めているという。 

KLab、第4四半期(10-12月)の売上高と営業利益は過去最高を更新

KLab<3656>の第4四半期(17年10~12月)の連結決算は、売上高85億円(前四半期比[QonQ]16.7%増)、営業利益16億円(同36.1%増)、経常利益10億円(同31.4%減)、最終利益5億円(同52.3%減)となり、売上高と営業利益は過去最高となった。新作『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』と『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』が寄与したことに加えて、グローバルで人気を博している『BLEACH Brave Souls』が売上の増加に寄与したものとみられる。四半期売上高と営業利益の推移は以下のとおり。 

海外:ハワイでルートボックス規制法案が提出―未成年へのゲーム本体販売禁止、確率開示

【ネクソン決算説明会】17年12月期は中国『アラド戦記』が「素晴らしく好調」で最高業績 『メイプル』再成長、モバイルもヒット続出、米国事業も急拡大

ネクソン<3659>は、2月8日、2017年12月期の機関投資家・アナリスト向けの決算説明会を東京都内で開催した。同日発表した2017年12月期の連結決算(IFRS)は、売上収益2349億円(前の期比28%増)、営業利益905億円(同2.2倍)、最終利益567億円(同2.8倍)と過去最高業績を記録した。第4四半期(17年10-12月)結についても同様で、売上収益526億円(前年同期比22%増)、営業利益117億円(同61%増)、最終損益22億円の赤字(前年同期112億円の黒字)となり、第4四半期として売上収益、利益ともに過去最高の水準となった(前年同期比は会計基準ベース)。決算説明会に臨んだオーウェン・マホニー社長(写真)は、『アラド戦記』が「素晴らしく好調であった」と総括した。2月の中国における旧正月のアップデートも好調で、「次の四半期決算説明会で報告するのが楽しみ」とし、足

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 次へ >>