MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

戦争ゲーム『War Thunder』、「政治的議論を防ぐため」にチャットを制限していた。政治情勢悪化を受け決断

Gaijin Entertainmentが開発・運営するミリタリー対戦ゲーム『War Thunder』にて現在、ゲーム内チャット機能の大部分が停止されている。同スタジオは3月30日、議論を呼んだこの変更について「ユーザー感情を損なうような政治的議論を防止するためだった」と明かした。 戦争ゲーム『War Thunder』、「政治的議論を防ぐため」にチャットを制限していた。政治情勢悪化を受け決断

JCBA、NFT関連ビジネスに関するガイドラインを改訂 サービス終了で無効化するNFT、パッケージ販売やガチャの手法を用いた場合についてなど

日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は、NFT部会が中心となり、NFT関連ビジネスに関するガイドラインを改訂し、第2版として公表した。本改訂では、著作権等に関する項目を追加したほか、賭博該当性についてNFTゲームのサービス設計に関する記述を整理したものとなる。本改訂により、事業者の参入時の円滑な参入を促進するとともに、ユーザーにとって安心・安全な利用環境を提供し、健全な市場育成や充実した商品やサ…

NCジャパン、スマホ向けMMORPG『リネージュ2M』サーバー移動は情勢が変化する自然現象。チェーンソード(魔剣士)実装を含むアップデート予定を訊く【1周年記念インタビュー】

オープンワールドRPG『リネージュ2M』が、日本でのサービスインから1周年を迎えた。そこで、日本プロデューサーと韓国NCSOFTの開発ディレクターにこれまでの1年間を振り返ってもらいつつ、運営方針や今後の展望も語ってもらった。

NTTドコモが独自メタバース「XR World」を発表! 将来的にはVRにも対応

3月31日(木)株式会社NTTドコモは、独自のメタバース「XR World」をローンチしました。利用者は、バーチャル空間内でコミュニケーションを行いながら、アニメやスポーツ、観光といったコンテンツを楽しめます。 現時点の […]

MMORPGで人生を救われた人物が、メタバースで利用できるメンタルケア企業を立ち上げ

MMORPGで人生を救われたと語る人物がメタバース関連事業を立ち上げたことで注目を集めています。その人物とは、Very Real Helpという企業のCEO・Noah Robinson氏。現在はバーチャル上で、うつ病や不 […]

[GDC 2022]基本プレイ無料ゲームにおけるサブスクリプションの現状と可能性。調査会社のアナリストが語ったその未来像

 昨今急速に普及を始めているゲームのサブスクリプション・モデルだが,音楽や映像といったほかのジャンルに比べると,その程度はまだまだに思える。では実際にはどの程度普及しているのだろうか。GDC2022では,調査会社であるOmdiaのアナリスト・GeorgeJijiashvili氏が,そのデータと未来像を語っていた。

『Call of Duty: Vanguard』のチーター、チートをしていない証拠映像を出してチートがバレる。非公式大会で

『Call of Duty: Vanguard』にておこなわれた非公式大会において、チートの嫌疑をかけられた選手が、思わぬ形で自らそれを証明してしまう一幕があった。2020年後半からの活動で、累計で約4千ドル(およそ48万円)もの賞金を獲得していたとみられる。 『Call of Duty: Vanguard』のチーター、チートをしていない証拠映像を出してチートがバレる。非公式大会で

違法クリエイターの復讐か?虚偽の申告で『Destiny』動画がYouTubeから大量削除

『FF14』吉田直樹氏×織田万里氏×石川夏子氏シナリオ鼎談インタビュー! 『暁月のフィナーレ』クリアー者必見! シナリオや世界観、キャラ設定、開発へのアツい想いを訊く

スクウェア・エニックスのオンラインRPG『ファイナルファンタジーXIV』の拡張パッケージ『暁月のフィナーレ』の物語について、吉田直樹氏、織田万里氏、石川夏子氏の3名へのインタビューをお届け!

FinalFantasy14

[GDC 2022]「Destiny 2」が不振からカムバックできた背景には,ゲーム開発に関する根本的な意識改革があった

 GDC2022にて,Bungieのジャスティン・トゥルーマン氏が登壇し,「箱製品からライブサービスへ:Destiny2はいかにBungieを変えたのか」というセッションを行った。ローンチ後,1年ほどは好調だった「Destiny2」は,プレイヤーが激減し,サービス停止も議論され始めたが「ライブサービス」へと意識を転換することで復活を果たしたという。

[GDC 2022]「Halo Infinite」のマルチプレイヤーBOTは,ゲーマーを研究することによって生まれた

 GDC2022で,343Industriesのシニア・マルチプレイヤーデザイナーのサラ・スターン氏が,「コンバット・ダンスを解剖する:HaloInfiniteのマルチプレイヤーBOTのデザイン」と題した講演を行った。対戦相手がいなくなったら自動的に穴を埋めてくれるBOTだが,初心者からベテランのプレイヤーまで,多くのテスターのデータを基に開発が進められていったという。

KDDIとソニー、「5G SA ゲームストリーミング」の技術検証…屋外のスマホで遠隔地のPS4・PS5の安定プレイが可能に

KDDIは、この日(3月25日)、ソニーと共同で、「5G SA ゲームストリーミング」の技術検証を3月23日に東京国際フォーラムで実施したと発表した。当日は屋外で、Xperiaスマートフォンと遠隔地に設置したプレイステーション4・プレイステーション5を5Gスタンドアローン(5G SA)でつなぎ、ゲーム操作のデモンストレーションを行った。ゲームストリーミング専用スライスに接続したス…

日米の男女で好まれるゲームアプリの分析など,興味深いデータが披露された「Mobile Leaders Summit 2022」のセッションをレポート

 data.aiは,2022年3月23日と24日にオンラインセミナー「MobileLeadersSummit2022」を開催した。その中で実施された,セッション「2022年,ゲーム業界は引き続き『変革真っ最中』。国内外最新ゲーム業界トレンドのご紹介」のレポートをお届けする。

この数年でeスポーツの動画視聴時間は増加傾向に。NTTドコモが「eスポーツの観戦スタイル動向調査」の結果を公開

 NTTドコモは本日,10〜40代のeスポーツ動画視聴者400名を対象に実施したという「eスポーツの観戦スタイル動向調査」の結果を発表した。この調査で,eスポーツ動画の視聴時間が増加傾向にあること,“切り抜き動画”がeスポーツ観戦の新たなトレンドとなっていることなどが分かったという。

日額24円から利用できる! 個人向けVPSで広がるオンラインゲームの世界KAGOYA CLOUD VPSで「マイクラ」、「ARK」、「Valheim」のマルチサーバーを立ててみた

「マインクラフト」のマルチサーバー構築はメニューを選ぶだけで超簡単!

メタバースに対しアバター関連ビジネスはどのように取り組むべきか。REALITYとcocone connectの事例を紹介

 2021年10月にFacebookがMetaに社名変更するなど,近年で世界的なトレンドになっているメタバース。現在はメタバースに対し,各社がさまざまな取り組みを行っているのは,4Gamer読者もよくご存じだろう。今回,アバター関連ビジネスを行うREALITYとcoconeconnectによるセッションが行われたのでレポートしよう。

CREST,モバイルゲームを対象とした「ゲームを始めるきっかけ/継続する理由/辞める理由」の調査報告を公開

NCジャパン、2021年12月期の決算は最終利益293%増の13億9900万円…『リネージュ2M』と『リネージュW』をリリース

韓国NCソフトの日本法人であるエヌ・シー・ジャパン(NCジャパン)の2021年12月期(第21期)の決算は、最終利益が前の期比293.8%増の13億9900万円だった。前の期(2020年12月期)の最終利益は3億5500万円だった。前の期は黒字転換に成功した期だが、さらに伸ばした。本日(3月24日)付の「官報」に掲載された「決算公告」で判明した。同社は、『リネージュ』や『リネージュ2』『タワーオ…

GMOグローバルサインHD、200名以上の同時マルチプレイが実装できるマルチプレイヤーエンジン「Photon Fusion」を正式リリース

GMOインターネットグループのGMOグローバルサイン・ホールディングスは、この日(3月23日)、オンラインゲーム開発向けに提供しているネットワークエンジン「Photon」シリーズにおいて、200名以上の同時マルチプレイが実装できるマルチプレイヤーエンジン「Photon Fusion」を正式リリースした。 「Photon Fusion」は既存のサービスの特徴を踏まえつつ、最先端機能を加え、複…

VRMMORPG「Zenith:The Last City」開発企業が3,500万ドルを調達。デスクトップやモバイル含めたクロスプレイ目指す

VR MMORPG「Zenith:The Last City」を開発するRamen VRが、3,500万ドルの資金調達を実施しました。本調達はシリーズBラウンドで、スタジオ規模拡充を目的としたものです。 日本から影響受け […]

バラエティ番組『しくじり先生』にスクウェア・エニックス吉田直樹氏の出演が決定! 放送は4月2日(土)0:50~

2022年3月18日、テレビ朝日は、バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな』2022年4月2日放送回(4月1日深夜)に、スクウェア・エニックスの吉田直樹プロデューサー・ディレクターが出演することを発表した。

30%がメタバースでの“お砂糖”経験あり―― 既に身近になりつつある「メタバース恋愛」の驚くべき実態とは【バーチャル美少女ねむ寄稿】

“お砂糖”“お塩”って知ってる?

「ぶっ殺してやる」セガサミーへ12回も脅迫メールを送り付けた54歳会社員が逮捕

ゲーム課金にお金をかけている30代・40代は10.8%,金額は平均6336円/月。SMBCコンシューマーファイナンスが金銭感覚の意識調査結果を公開

 SMBCコンシューマーファイナンスは本日,「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2022」の調査結果を公開した。レポートには,ゲーム課金にお金をかけている30代・40代は10.8%,金額は平均6336円/月など,2022年もゲームに関する意識や実態の調査結果が含まれている。

Meta社のメタバースの「個人境界線」機能がアップデート ユーザーの任意でオン・オフ可能に

Meta社(旧フェイスブック)のソーシャルVRサービス「Horizon Worlds」の「個人境界線」機能がアップデートされました。自分のアバターと他ユーザーのアバターとの距離を、任意で調整できます(※日本ではサービス未 […]

中国でオンラインゲームに対する規制強化がさらに拡大―株価下落などテンセント含め国内企業は大打撃

一般社団法人Metaverse Japanが設立 「メタバース」「Web3」時代のコミュニティハブ

メタバース領域で業界や企業の垣根を越えて最先端の情報や世界観を広く共有し、Web3時代に世界に日本の力を解き放つハブとなることを目的とした「一般社団法人Metaverse Japan」(MVJ)が、3月14日に設立となった。日本が持つIPやアーティストのクリエイティビティや、新しい起業家の持つ力をメタバース時代に解き放つ様々な活動を行うことで、日本の力がグローバルのマーケットやユーザーコミュニテ…

自動翻訳機能搭載の『リネージュW』なら日本語オンリーで海外勢に馴染めるか?1か月、ワールドワイドな仮想世界交流奮闘記 

『リネージュW』および開発元NCSOFTが提供するプラットフォーム「PURPLE」には、翻訳チャット機能がある。筆者が翻訳チャット機能で海外の仲間たちと邂逅し、一気に世界が広がった体験をお伝えする。 自動翻訳機能搭載の『リネージュW』なら日本語オンリーで海外勢に馴染めるか?1か月、ワールドワイドな仮想世界交流奮闘記 

ゲームには、「プレイヤーにストレスを与えない」工夫がさまざまに導入されている。『Dishonored 2』や『LoL』などの工夫

「プレイヤーには気づかれていない、ゲームをプレイしやすくする工夫」について、ゲーム開発者たちがその知見を共有している。 ゲームには、「プレイヤーにストレスを与えない」工夫がさまざまに導入されている。『Dishonored 2』や『LoL』などの工夫

オリジナル版から「Pay to Win」を見直し―欧米版『LOST ARK』ローカライズ成功の秘訣とは

2021年の世界ゲーム市場、モバイルゲームが貢献し1.4%増の1803億ドルに 角川アスキー総研が『グローバルゲーム マーケットレポート2021』発売

角川アスキー総合研究所は、ゲームビジネスの世界動向を調査したデータ年鑑『グローバルゲーム マーケットレポート2021』を、 2022年3月9日に発売した。 2021年の世界ゲーム市場について前年からの巣ごもり景気の反動やAAAタイトルの開発遅れなど“微減”となる要素もあったが、モバイルゲーム市場の世界的な拡大が大きく影響し、 前年比1.4%増の1803億ドル(編集注:20兆8900億円)と…

“侵攻した側”であるロシアのゲーム企業は、現在どうしているのか

現在、世界情勢を揺るがしているロシアのウクライナ侵攻。ロシアのゲーム企業たちは、今どのような動きを見せているのだろうか。 “侵攻した側”であるロシアのゲーム企業は、現在どうしているのか

『Battlefield 2042』Steam版の同時接続プレイヤー数が過去作を下回る状況続く。苦境

『Battlefield 2042』が発売されてから4か月が経とうとしているが、ローンチ当時と比べるとプレイヤー数が大幅に減り、シリーズの過去作にも劣る状況となっているようだ 『Battlefield 2042』Steam版の同時接続プレイヤー数が過去作を下回る状況続く。苦境

AmazonのMMO『New World』ロシア向けローカライズが中止に。戦争はゲームの翻訳展開にも影響

Amazon Games副社長が、同社が手がけるMMO『New World』のロシア向けローカライズ計画を中止したと明かした。 AmazonのMMO『New World』ロシア向けローカライズが中止に。戦争はゲームの翻訳展開にも影響

Access Accepted第716回:ウクライナ侵攻でゲーム業界はどう動いたか?

 2月24日に開始したロシアのウクライナへの軍事侵攻も,本稿が掲載される時点ですでに2週間目となる。ウクライナにもゲームデベロッパは少なからず存在するし,ゆかりのある業界関係者も少なくないが,この大きな危機に瀕して寄付をしたり呼び掛けたり,自身を含む近辺を報告したりとさまざまな形で手が差し伸べられている。

ロシアでデジタルゲーム購入が実質不可能に―米大手クレジットカードとPayPalがサービス停止

海外:MMORPG『LOST ARK』100万を越える不正アカウントを停止処分―「これはプロセスの第一歩でしかない」

Activision Blizzardを、自殺した元従業員遺族が提訴。同社および上司による“証拠隠滅”があったとの主張

Activision Blizzardが、自ら命を絶った元女性従業員の遺族から訴訟されたようだ。遺族はActivision Blizzardにおけるセクシャルハラスメントが自殺の原因になったと主張。社員による証拠隠滅や警察の不十分な捜査があったと訴えている。 Activision Blizzardを、自殺した元従業員遺族が提訴。同社および上司による“証拠隠滅”があったとの主張

【中国ゲームニュース座談会】中国政府のゲーム規制強化、その本気度は? 2022年はどうなる?

巨大な規模に成長した中国のゲーム市場。ゲームコンテンツの盛り上がりの一方で、政府による規制強化の動きなどが漏れ伝わってくる昨今だが、果たして実際はどうなっているのか? この“中国ゲームニュース座談会”は、中国から”ゲームが好き”という共通点を持った人々をお招きし、彼らの視点から中国のゲームニュースを解説してもらう企画。今回は、規制強化の発端となった2021年7月~9月にかけての各種ニュースについて!

元FF14世界ランカーが語るVRMMO「Zenith」の面白さ

2022年2月のサービス開始後間もなくサーバーダウンするほど多くのユーザーが押し寄せたVRMMO「Zenith: The Last City」。現在も多くのVRゲーマーたちが参加しており人気作品のひとつとなっています。 […]

ウクライナ脱出の顛末を、話題を呼んだ『FFXIV』配信者が語る―公式やファンにも動きが

FinalFantasy14

アバターとは何か? VRChat内で披露された舞台が問いかけたものを考える

「アバターとはなにか?」 その問いかけに対する解答はいくつもあるだろう。「VRChatにおいては」と前置きした上での私の回答は「衣服のように着替えができる存在」だった。あの劇場に訪れるまでは。 『テアトロ・ガットネーロ』 […]

猿楽庁,モバイルゲームユーザーの課金実態を調査したレポートを公開

Steamのゲイブはメタバースの現状と人々に懐疑的。「あいつらMMOもやったことないだろ」「まずはラノシアへ行け」と斬る

今よく聞かれる用語「メタバース」の濫用について、Valveの共同設立者Gabe Newell氏が苦言を呈している。「まずはラノシアへ行け」と斬っている。 Steamのゲイブはメタバースの現状と人々に懐疑的。「あいつらMMOもやったことないだろ」「まずはラノシアへ行け」と斬る

「東京ゲームショウ2022」は3年ぶりに一般来場者向けリアル会場を設置へ。今年のテーマは“ゲームは、絶対、とまらない。”

 CESAは本日,「東京ゲームショウ2022」の開催概要を発表した。東京ゲームショウ2022は,2022年9月15日から18日まで千葉・幕張メッセにて開催され,3年ぶりに一般来場者向けリアル会場も設置される。また,今年のテーマは「ゲームは、絶対、とまらない。」に決定した。

フラー,アプリ市場の現状を読み解く「アプリ市場白書2021」を作成