MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

海外:ESAが最新ゲーム産業統計データ公表、米国の傾向が明らかに

ESA(エンターテイメントソフトウェア協会)が、米国におけるゲーム産業統計データを公表しました。前年2014年のコンシューマー・PC・モバイルのゲーム人口や販売比率など、アメリカのゲーム業界の実態が垣間見える興味深いデータとなっています。

Steam、BANプロセスの新規定を提示―開発者による申請が可能に

ValveのPCゲーム配信プラットフォームSteam。同プラットフォームにて、新たなゲーム利用禁止(BAN)ガイドラインが発表され、ゲーム開発者の申請でBANが可能になりました。

ガンホー,未成年者の高額決済問題を取り上げた啓発サイトをオープン

オンラインゲームの企画・開発・運営・配信などをおこなうガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社(以下、「ガンホー」)は、スマートフォンを利用した未成年者の高額決済問題に対する啓発活動として、本日、以下の情報を発表いたします。

NSFOCUSが2014年後期のDDoS脅威リポートを発表

*IoT接続デバイスがSSDPベースのリフレクション攻撃増加の一因と判明 *リポートはまた、オンラインゲームおよびエンターテインメントのセクターが今後も標的リストの上位を占めるとともに、攻撃者はますます高度な技術を駆使するようになっていると指摘

海外:米博物館が選定したゲームの殿堂候補15作品が発表―国産ゲームも多数

アメリカはマンハッタンに位置する博物館The Strong National Museum of Play(ストロング国立演劇博物館)が、2015年2月から選定を開始していたゲームの殿堂を決める「World Video Game Hall of Fame」。全選考過程が終了し、ファイナリスト15作品が発表されました。

“TSUTAYA オンラインゲーム”が本日スタート キーワードは“リアルとネットとの連動”

2015年4月29日、TSUTAYAなどでおなじみのCCCグループに所属するT-MEDIAホールディングスが都内にて、“オンラインゲーム領域の新サービス記者説明会”を実施。リアルとネットが連動した新ゲームプラットフォーム“TSUTAYA オンラインゲーム”のサービスを開始することを明らかにした。ベータ版のサービスは本日(4月29日)よりスタートしている。

セガネットワークスゲームスタイル研究所が“アプリ利用実態調査”を発表

株式会社セガゲームス セガネットワークス カンパニー(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:里見治紀、カンパニーCOO:岩城農、以下 セガネットワークス)は、10 代後半から 40 代をスマートフォン利用の中心年齢層と捉え、同年齢層の男女 1,400 人を対象にスマートフォン利用動向を調査した「アプリ利用実態調査」を発表します。

大阪初の「WoT」オフラインイベントが明日開催。CMコンテストなども実施中

全世界で100,000,000人を超える会員数を誇るオンラインタンクバトル『World of Tanks』を開発・運営するWargamingは、大型連休前後に様々なイベントを開催いたします、にゃ!

タッチでMOBAが遊べるの? iOS「Vainglory」のインプレッションを掲載

 PCゲーム発祥のジャンルであるMOBAが,タッチインタフェースで遊べるの?という疑問を「Vainglory」に抱く人は少なくないはず。スマホメインでゲームを遊んでいる層には,そもそもMOBA自体を知らない人が多いかもしれない。そのため本稿では,MOBA経験者と未経験者の両方の視点から,Vaingloryのプレイインプレッションをお伝えしていこう。

【特別企画】「OGC 2015」に見るブロードバンドとゲームの蜜月関係の終焉ブロードバンドの役割は終わったのか。センター不在の「OGC2015」に漂う悲壮感

既報の通り、4月24日、東京のベルサール神田にて「OGC2015」が開催された。「THE NEXT STAGE クラウド、AI、UI/UXイノベーションが開く次のゲームステージ」との副題が付された「OGC 2015」の構成は多岐に渡り、クラウドゲームから、VR、ARに至るまで多様なセッションが実施された。

WoT

Access Accepted第458回:我々のプレイスタイルを変えるかもしれない新感覚のゲームハード

 つい最近まで,PCや据え置き型のコンシューマ機で楽しむのが普通だったゲームが,最近はタブレットPCやスマートフォンなどへ領域を広げつつある。新しいハードウェアが出現すると,その特徴に応じたゲームが作られ,いつの間にか我々のプレイスタイルは変化していった。今回は,そんな新しさの感じられるゲームハードをいくつか紹介したい。

スクウェア・エニックス、オンラインゲーム「ドラゴンクエストX」のIT基盤を「Oracle Exadata」のアップグレードにより刷新

「ドラゴンクエスト」シリーズ最新作「ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン」の提供に先立ちデータベース基盤を強化、コンテンツの大容量化に耐えう...

日本人初の『Hearthstone』プロゲーマーkoroneko選手に訊く―「始めたからには頂点に」

4月7日に北米のチーム「Hearthlytics」に加入し、日本人初の『Hearthstone』プロゲーマーとなったkoroneko選手。弱冠18歳の高校生でありながら、「ESL Legendary Series Week #1」をはじめ多くの大会で好成績を残しています。4月1日には「世界最速の21時間40分でレジェンダリー(世界ランク)1位に到達する」という偉業を達成。TwitterとTwitchのフォロワーも増え続けており、今最も勢いに乗っている日本人のHearthstoneプレイヤーです。

ドワンゴ「ニコニコ超会議2015」の会場総来場者数は21%増の15万人に増加…全国ツアー2015や超会議2016の開催も決定

ドワンゴとニワンゴは、この日(4月26日)、4月25日と26日に千葉県にある幕張メッセで開催した「ニコニコ超会議 2015」の会場総来場者数が前年比20.9%増の15万1115人、会場からの公式生放送を視聴した「ネット総来場者数」は同1.0%増の794万495人だったと発表した。前年の実績は、それぞれ12万4966人、786万4158人だった。また、ニコニコ超会議の地方出張版である「ニコニコ町会議全国ツアー2015」、そして、5度目の開催となる「ニコニコ超会議 2016」の開催を決定したほか、10月25日開催の「ニコニコ超パーティー2015」において、ネットチケット(生放送視聴チケット)の発売を開始したとのこと。「ニコニコ町会議全国ツアー2015」と「ニコニコ超パーティー2015」の概要は以下のとおり(プレスリリースより)。■「ニコニコ町会議 全国ツアー2015」開催決定ニコニコ超会議の地[...]

WGL2015:Wargaming.net CEO Victor Kislyi氏インタビュー「World of Warships」が始まったら2日間で戦艦大和を取る!

 Wargaming.netを強烈なリーダーシップで牽引するVictor Kislyi CEO。パワフルなパフォーマンスとパワフルなボディをトレードマークに、いまやWargaming.netを象徴する存在だ。「World of Tanks The Grand Finals 2015」にも初日から元気な姿を見せてくれたが、発表内容そのものより、おそらく20~30kgは痩せたと思われる“激やせ”ぶりが話題になるなど、話題には事欠かない人物だ。

WoT

【超会議】本格MOBA『ベイングローリー』の決勝大会でAndroidベータ版の配信が発表

2015年4月26日、超会議“超スマホゲームをAppbankがやってみたブース”にて、Super Evil Megacorpより配信中のアプリ『ベイングローリー』を使った決勝大会が開催された。

WGL2015:「World of Tanks」プロダクトマネージャーMaxim Chuvalo氏インタビュー「大事なのは誰もが手軽にe-Sportsプレーヤーになれること」

 現在ワルシャワで開催されている「World of Tanks」の世界大会「World of Tanks The Grand Finals 2015」では、連日熱戦が繰り広げられ、ポーランドのe-Sportsファンが熱い声援を送っている。試合の合間を縫ってWargaming.netスタッフへのインタビューが行なわれたのでその模様をお伝えしたい。

WGL2015:アジア勢は場違いだったのか!? 「WGL The Grand Finals」予選リーグレポート強すぎる東欧勢。アジア代表ARETE、Elongは力の差を測ることすらできず!

4月25日、「World of Tanks」の世界チャンピオン決定戦「Wargaming.net League The Grand Finals(WGL Finals)」がポーランド・ワルシャワにて開幕した。本稿では初日に行なわれたグループリーグの試合模様をレポートしよう。

WGL2015:「World of Tanks The Grand Finals 2015」メディアインタビューレポートVictor CEOが語るWargamingのe-Sports戦略。ポーランド戦車やタンケッテはいつ登場する!?

本稿では「World of Tanks The Grand Finals 2015」の開幕に先立ち実施されたプレスカンファレンスでの質疑応答の内容をまとめてお伝えする。質疑応答に応えたのは、Wargaming.net CEOのVictor Kislyi氏と、e-Sports担当のMohamed Fadl氏の2人。

WGL2015:「World of Tanks」、e-Sports振興を目的にWargaming.net Leagueの強化を正式発表GOLDリーグは選手全員にサラリーを提供。e-Sports向けに総額30億円を投資

Wargaming.netは、「World of Tanks」の世界大会「World of Tanks The Grand Finals 2015」の開幕に先立ち全世界のメディアを集めたプレスカンファレンスを開催し、「World of Tanks」において、現行の公式リーグ戦「Wargaming.net League」を大幅に拡張する、新たなリーグシステムを正式発表した。

WoT

ゲームオン、オープンサービスの開始日や新クラス「リトルサマナー」など新情報が目白押し。大ボリュームだった「黒い砂漠」のステージイベントをレポート

 速報でもお伝えしたとおり,オープンテストが2015年5月8日9:00に開始されることが明らかになった,ゲームオンのMMORPG「黒い砂漠」。本稿では,「ニコニコ超会議2015」の同社ブースで行われたステージイベントの模様をお届けしたい。新クラスとなる「リトルサマナー」や,「キャラメイク選手権」など,さまざまな情報が公開されている。

[OGC 2015]Unreal Engine 4によるVR開発の実際。VR用途なら完全無料で資金援助プログラムも

 2015年4月24日,ブロードバンド推進協議会は都内で「OGC2015」(OnlineGameConference2015)を開催した。ここでは,エピック・ゲームズ・ジャパンコミュニティ・マネージャーである今井翔太氏による「アンリアルアンジンとバーチャルリアリティ」と題した講演の概要を紹介してみたい。

[OGC 2015]AI関連のセッションから見えてきた,ゲームの未来

 2015年4月24日,ゲーム開発者向けのカンファレンス「OnlineGameConference2015」が都内で開催された。ここでは,カンファレンスで行われたAI,つまり人工知能に関する3つの講演をまとめて紹介したい。一見するとゲームとの関係は薄そうだが,必ずしもそうではないことが分かるはず。今,AI研究の最先端では何が起きているのだろうか?

海外:『LoL』国際大会「IWCI」ファイナリスト決定、日本代表は予選敗退

『League of Legends』世界大会の出場権を賭けた国際規模大会「International Wild Card Invitational(IWCI)」の決勝戦進出チームが決定しました。

ニコニコ超会議2015いよいよ開幕!【ニコニコ超会議2015】

ドワンゴ及びニワンゴは、2015年4月25日(土)、26日(日)に幕張メッセで動画サービス“niconico”の超巨大イベント“ニコニコ超会議2015”を開催。いよいよ本日4月25日10時よりスタートする。

黒い砂漠

[OGC 2015]シンラ・テクノロジーの和田洋一氏がゲーム産業の過去10年,そして今後を語った基調講演をレポート

 一般社団法人ブロードバンド推進協議会は2015年4月24日,ブロードバンドコンテンツのカンファレンス「OGC2015」を東京都内で開催した。本稿では,シンラ・テクノロジープレジデントの和田洋一氏がゲーム産業の過去10年を振り返り,今後の展開を予測した基調講演の模様をお伝えしよう。

[OGC 2015]フジテレビジョンがゲームに特化したクラウドファンディングに参入した「5つの理由」とは

 ブロードバンド推進協議会は2015年4月24日,東京都内でカンファレンス「ONLINEGAMECONFERENCE2015」を開催した。そこで行われた講演の1つ「フジテレビがクラウドファンディングをする『5つの理由』」の模様をお伝えしたい。フジテレビジョンはなぜ,ゲーム特化型クラウドファンディング「クラウドライブ」に参入したのだろうか。

ベクター、15年3月期は減収・赤字幅縮小…営業費用の最適化・効率化が奏功

ベクター<2656>は、本日(4月24日)、2015年3月期の決算を発表し、営業収益17億9700万円(前の期比16.2%減)、営業損益3100万円の赤字(前の期2億5000万円の赤字)、経常損益2000万円の赤字(同2億4200万円の赤字)、最終損益2900万円の赤字(同3億0200万円の赤字)だった。

【オリコン顧客満足度ランキング】「ゲームアプリ2015年 春」に関する白書(調査レポート)を制作 データ販売サービスも開始

オリコンは、過去3ヶ月以内にスマートフォン/タブレットユーザーでスマートフォン/タブレットのゲームアプリを利用している9,076人(調査累計2万4000人)を対象に調査した、「ゲームアプリ2015年 春」に関する【白書(調査レポート)】を制作した。また、同データ販売サービスも開始。<以下、プレスリリースから抜粋>データご提供メニューは、ベーシックからプレミアムまで全4プラン調査全体の統計資料から、自社・競合アプリの分析まで実際のゲームユーザーの満足度のみならず、課金契機や可処分所得額、ゲーム選択時に重視する項目やイベントの好悪に関するデータ、さらには競合分析のためのコンペティターの調査データなどをご提供致します。≪ご提供プラン比較表≫※この他、プランに含まれないタイトル個別でのデータご提供も承ります。サービスは全4プランを展開。調査全体を俯瞰したレポートである白書に加え、集計内容の数値デー[...]

ハンビットユビキタス、14年12月期の最終利益は1500万円、黒字転換に成功

オンラインゲーム運営会社のハンビットユビキタスエンターテインメントは、この日(4月23日)付の「官報」で第11期(2014年12月期)の決算公告を掲載し、最終利益が1500万円だった。前の期は3148万円の赤字で、黒字転換に成功した。

ニコニコ超会議2015で「黒い砂漠」の重大発表!? 4月25日のステージに要注目。本作のキャラに変身できるメイクサロンも出展

 ゲームオンは,2015年4月25日11:00から,千葉・幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2015」のステージで,MMORPG「黒い砂漠」の重大発表を行うと発表した。どのような内容が飛び出すのか,当日のステージもしくは,生配信に注目しよう。

黒い砂漠

スクウェア・エニックス、MMORPG「FFXIV」は“昨年比2倍”でニコニコ超会議2015に出展。ステージイベントなど会場の模様はニコニコ生放送で配信

 スクウェア・エニックスは本日(2015年4月23日),4月25日,26日に千葉・幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2015」に,「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」(PC / PlayStation 4 / PlayStation 3。以下,PlayStationはPSと略記)を出展すると発表した。

ベクター、2015年3月期の業績予想を修正…経常損益は3800万円の赤字から2000万円の赤字に赤字幅が縮小

ベクター<2656>は、4月23日、2015年3月期通期の業績予想の修正を発表、営業収益は従来予想の18億円に対し17億9700万円とやや未達になる見通しながら、営業損益は同3800万円の赤字から3100万円の赤字、経常損益は同3800万円の赤字から2000万円の赤字と赤字幅縮小した。なお、当期純損益は同2500万円の赤字から2900万円の赤字に下方修正されている。なお、経常損益が最も大きな修正幅となっているが、これは昨今の為替相場の円安推移に伴い為替差益を計上したことが大きな要因となっている。 [...]

海外:これがRiot Gamesだ!『League of Legends』開発元が豪華な新オフィスを紹介

『League of Legends』で知られるRiot Gamesが、新たなオフィスを紹介するフォトイメージを複数公開しています。

海外:Blizzardのスマホ版『Hearthstone』が北米・韓国・台湾の売上ランキングで堂々のTOP10入り! スマホゲーム大手のSupercellとKingの間にPCゲーム最大手が割って入る

Blizzard Entertainmentの初となる無料ゲームアプリ『Hearthstone®:Heroes of Warcraft™(ハースストーン:ウォークラフトの英雄たち)』(以下、ハースストーン)が、4月14日リリースにも関わらず、北米App Store売上ランキングで早々にTOP10入りを果たした。

海外:サービス終了後のオンラインゲームはユーザーに開放すべき!? ゲーム業界団体とNPOが全面対決!

惜しまれてサービスを終了するオンラインゲームの数々――。まだまだ遊びたいというファンの一部が自主的に立ち上げたサーバーで、有志の間でプレイが続けられている例もある。ファンの熱烈な思いが高じたがゆえのこれら“エミュレーターサーバー”だが、これは知的財産の侵害なのではないか? と、これまでにもたびたび問題になってきた。そして昨今、「サービスが終了したゲームは、いっそのこと無条件でユーザーに開放すべきだ」という“主張”が登場して注目を集めたのだが……。

「プロゲーマー専門学科」入学希望者に,ウメハラ氏が語った心構えとは。1時間半にわたった特別講義のレポートをミニインタビューと共に掲載

2015年4月19日,東京・西葛西の東京アニメ・声優専門学校にて,プロ格闘ゲーマー・梅原大吾氏(以下,ウメハラ氏)による特別講義と題された講演会が開催された。

NHNPA、オンラインFPS「スペシャルフォース2」,日台親善試合を4月25日に実施。生放送の配信も

NHN PlayArt 株式会社は、同社が運営するインターネットゲームポータルサイト「ハンゲーム」上でサービス中のオンラインFPS『SPECIAL FORCE 2(スペシャルフォース2)』において、2015年4月25日(土)に、日本と台湾チームの親善試合であるSPECAIL XCHIBITION MATCH 2015の開催が決定いたしました。

【インタビュー】名古屋発の“世界的ヒットメーカー”を目指して。事業優位性から人材採用まで、エイチームの全貌に迫る

エイチームのポジショニングは、実に独特である。ソーシャルゲームのヒットタイトルを多数リリースすると同時に、グループ会社ではライフスタイルに紐づくITサービスを運営。気風はベンチャーでありながら、史上最速で東証一部上場を実現。本社は東京ではなく、名古屋にかまえている。そんなエイチームは、ビジョンとして掲げている“世界的ヒットメーカー”の実現に向けて、どのような事業戦略を組み立て、どのような開発環境を整備し、どのような人材を欲しているのか。取締役で、エンターテインメント事業の本部長を務める中内氏に、その全てを伺った。​企業HP採用HP■地に足をつけながら、新しいボールも投げていきたい。 ──:まずは御社の事業的な強みから教えてください。ゲームやデジタルコンテンツを提供する「エンターテインメント事業」と、比較サイトや情報サイトなどを提供する「ライフスタイルサポー[...]

【e-Sportsの裏側】「人と人とが繋がる場」e-sports SQUARE AKIHABARA店長に聞く、日本のe-Sportsの未来とは

e-Sportsに携わる「人」にフォーカスを当てて、これからの日本のe-Sportsシーンを担うキーパーソンをインタビュー形式で紹介していく【e-Sportsの裏側】。第1回目はMulti-Gaming Teamである「DetonatioN」CEO梅崎伸幸氏へのインタビューを敢行し、日本のe-Sportsチームが抱える課題や今後の展望について語って頂きました。

「League of Legends」プロチームDetonatioN、北米遠征インタビュー プロゲーマーの生活、練習、そして文化の違い、すべてを糧に!

 3月29日に行なわれた「League of Legends」の国内頂上決戦「LJL 2015 Season 1 Final」から10日あまり(関連記事)が経過した。そこで圧倒的な強さを見せつけたプロゲーミングチームDetonatioN Focus Meのメンバーは現在、米カルフォルニア州のニューアーク市にて強化遠征を実施中だ。

「GO-ONE」賞金総額が1000万円に決定。各大会のスケジュールが公開に

アソビモ株式会社(本社:東京都豊島区代表取締役:近藤克紀)は、日本国内におけるe-Sportsの祭典「GO-ONE」の賞金・賞品総額やステージスケジュールなど新着情報を発表しました。合わせて特設サイトを更新しています。

ガーラ、2015年3月期通期の連結業績見込みを発表…売上高が前期比16%減、経常損益は赤字幅が拡大

ガーラ<4777>は、4月17日、2015年3月期通期の連結業績見込みを発表、売上高6億8000万円(前期比16.5%減)、営業損益3億800万円の赤字(前期3億4500万円の赤字)、経常損益2億7900万円の赤字(同2億7700万円の赤字)、当期純損益2億9100万円の赤字(同2億6300万円の赤字)としている。

小説/漫画投稿サイト「アルファポリス」でオンラインゲームサービスが開始

株式会社アルファポリス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梶本雄介 以下、アルファポリス)は、運営するWebサイト「アルファポリス」( http://www.alphapolis.co.jp/ )にて、4月15日(水)より、PCオンラインゲームの連携サービスを開始いたしましたので、お知らせいたします。

「自分の視点」が視聴者にも見えるゲーム映像を配信できる視線追跡デバイス「Sentry Eye Tracker」が国内発売決定。価格は2万9160円

 2015年4月17日,SteelSeriesは,ゲーマー向け視線追跡デバイス「SentryEyeTracker」を4月28日に国内発売すると発表した。ゲーム配信映像にプレイヤーの視点を重ねて表示することで,今どこを見ているのかが視聴者にも分かるようにしたり,視点の動きを記録してプレイの分析に役立てたりできる。価格は2万9160円(税込)。

DeNA、ゲーム運営特化の拠点「DeNA Games Tokyo」を設立 DeNAタイトルの運営に注力する新会社。採用も開始

ディー・エヌ・エーは4月16日、DeNAが配信するゲームの運営を専門とする子会社「DeNA Games Tokyo」の立ち上げを発表した。これにあわせて公式サイトが公開され、採用も開始されている。

不正送金の温床のネットサーバー、フィッシング詐欺にも悪用か

不正送金などの温床になっているインターネットサーバーが、フィッシング詐欺にも悪用されている可能性が高いことが、警視庁の調べでわかった。

スマホいじりがやめられない理由TOP10

食事やトイレ、歩行時など、いつでもどこでもスマホ、スマホ…。スマホ中毒に見える人は少なくない。なぜスマホをいじるのをやめられないのだろうか? 「自身がスマホ依存だと感じている」という20~30代の男女222人にアンケートを行った。

「安心して課金できない」DeNAとのタッグも話題の任天堂 ゲームの課金方法をめぐってネットでは賞賛と非難が

今年3月、DeNAとの業務・資本提携を発表し、話題となった任天堂。「ついにソーシャルゲーム進出か?」と注目を集めたが、そんな任天堂が今月8日に配信を開始したニンテンドー3DS用ダウンロードソフト『みんなのポケモンスクランブル』の課金方法に対して、注目が集まっている。

「OGC2015」、講演タイムテーブルを発表

一般社団法人ブロードバンド推進協議会(BBA)は、4月24日に開催予定のカンファレンス「OGC2015」について、講演のタイムテーブルを発表した。内容は以下のとおり。なお第1部は無料で、第2部は参加費5,000円(税込)となる。

  1. 1
  2. 2
  3. 次へ >>