MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

GMO、ゲームアプリ内で「ビットコイン」を報酬として配布できる「CryptoChips」を8月より提供開始…第1弾タイトルは『ウィムジカル ウォー』に

GMOインターネット<9449>は、本日(5月31日)、ゲームアプリ内で仮想通貨「ビットコイン」を報酬として配布できる「CryptoChips byGMO」を開発し、 グループ会社を通じて8月より提供することを明らかにした。「CryptoChips」が実装されたゲームアプリのプレイヤーは、 ゲーム内のランキングや、ミッション達成時、アイテム獲得時などの報酬として、“秘密のおこづかい”のように仮想通貨を受け取ることが可能になるという。第一弾タイトルとして、リアルタイム型ジントリバトルゲーム『ウィムジカル ウォー』に8月に実装し、 ゲーム内のプレイヤーランキングに応じてビットコインの配布をプレイヤーが予め用意したウォレットに配布する予定。 また、 GMOインターネットグループが提供するその他のゲームアプリにも「CryptoChips」の実装を予定し

Paradox Interactive:「ボードゲーム制作については多方面からアプローチがありました」

ブラウザゲームプラットフォーム「にじよめ」がDLsiteに統合 →「DLsite.com にじよめ」に

「今後ともよろしく」感ある。

【インタビュー】新作発表の裏にある仕掛けとこだわりとは…スマホゲームにおけるマーケティングの変化とKLabGamesの挑戦

KLab<3656>は、去る5月10日、平成30年12月期の第1四半期累計(1~3月)の決算を発表し、売上高79億2700万円(前年同期比51.0%増)、営業利益13億4500万円(前年同期比43.8%増)、経常利益12億2900万円(前年同期比16.4%増)、最終利益8億500万円(前年同期比16.9%増)と2ケタ超の大幅増収増益となった(関連記事)。 昨年6月にリリースした『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』と同じく8月にリリースした『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』の売り上げが寄与したほか、『BLEACH Brave Souls』の売上も増加し、海外売上高も前四半期から64.0%増という驚異的な伸びを記録している。 また同社では、第1四半期期間にて「AnimeJapan 2018」にて出展も行い、新規タイトルの発表を行った。

【セミナー】ロングヒットタイトルのキーパーソンが登壇 長期運営のノウハウとは…「超長期ゲーム運営サミット」セミナーレポート

GREE<3632>とファンプレックスは、5月10日、六本木ヒルズ森タワー 9階セミナールームにて、「超長期ゲーム運営サミット」を実施した。本セミナーでは、5年以上に渡りヒットを維持し続けている各タイトルのキーパーソンから、長期運営におけるノウハウが披露された。本稿では、当日の模様をお届けする。 ▲グリー株式会社 超長期ゲーム運営サミット 責任者 馬場 貴之氏冒頭にはイベントの発起人でもある、馬場 貴之氏が登壇。馬場氏は"長期運営タイトル"とは、ヒット創造の成功体験を生み出す”開発力”に加えて、不調をきたした際のリカバリー、すなわち"運営力"が大切であると指摘。また、運営力の主な要素が「マーケティング戦略」「PLチューニング」「ユーザーリレーションシップ」の3点であると提示し、「各社のノウハウを共有し、よ

御影良衛氏はいかにしてどん底から立ち直り,再起するに至ったか。「クラン戦記」開発者インタビュー

 現在事前登録を受付中のスマホ向けRPG「クラン戦記」の企画を手がけているのは,かつてイメージエポックの社長を務めた御影良衛氏だ。同社は2015年に破産したが,御影氏はそこからどのように立ち直り,「クラン戦記」にどのような思いを込めているのか。じっくりと話を聞いた。

大規模宇宙シム『Star Citizen』になんと約295万円の課金コースが登場―約10万円以上の課金者限定

『PUBG』開発元が『フォートナイト』を著作権侵害で提訴、韓国でのサービス中断を求める

『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』の開発元であるPUBG Corp.が、『フォートナイト』を開発するEpic Gamesの韓国法人Epic Games Koreaを相手に提訴していることが判明した。The Korea Timesや毎日経済新聞といった韓国紙が報じている。 The post 『PUBG』開発元が『フォートナイト』を著作権侵害で提訴、韓国でのサービス中断を求める appeared first on AUTOMATON.

『フォートナイト』甘い話にご用心、Epic Gamesが“課金通貨無料入手”を謳う偽サイトを警告

MCF、スマホゲームの収益認識基準に関するガイドライン作成に向けた検討を開始 非会員企業からも意見募集

モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)は、本日(5月29日)、スマートフォンゲーム等における収益認識に関する業界ガイドラインの作成に向けた検討を開始したことを明らかにした。収益認識基準に関する状況について会計・税務部会において検討を続けてきたが、3月30日に、企業会計基準委員会(ASBJ)より公表された企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」及び企業会計基準適用指針第30号「収益認識に関する会計基準の適用指針」(「収益認識基準」)を受けて対応を開始した。スマートフォンゲームに特有な膨大なゲーム内アイテムなどに関連する収益認識に関して、主要なパターンに応じたガイドラインを作成することで、会員企業の過度な負担となることなく、より適正な会計処理ができることを目指しているという。MCFでは、スマートフォンゲームは1兆円を超えるなど市場規模が大きく、会計処理の変更は市場や業界にも大きな影

ESA会長が“ルートボックス”に擁護の姿勢―「規制は業界の自由な革新への挑戦」「賭博ではない」

ガーラジャパン、2018年3月期は4億9800万円の最終赤字

ガーラ<4777>子会社のガーラジャパンは、5月28日付の『官報』に2018年3月期の決算公告を掲載し、4億9800万円の最終赤字だった。前の期(2017年3月期)は8700万円の最終赤字だった。同社は、スマートフォンゲームアプリやアドネットワーク、ウェブサービスの運営などを行っている。スマートフォンゲームアプリでは『Arcane』と『フリフレガシー』を運営している。 

【ゲーム批評の現在地】第5回:ゲームと批評の「プレイヤー」

「FFXIV」の祖堅氏が率いる「THE PRIMALS」初のツアーライブが開幕。美しい歌声に光の戦士が酔いしれた東京公演をレポートしよう

 MMORPG「FFXIV」のサウンドディレクター祖堅正慶氏が率いる「THEPRIMALS」初のライブツアー「THEPRIMALSLiveTour2018-TrialByShadow-」が,2018年5月25日にスタートした。そのツアー初日となる,東京・台場のZeppDiverCityTokyoで開催された公演の模様をお伝えしよう。

ネクソン、『HIT』と『OVERHIT』開発のナット・ゲームズ株式を709万株を147億円で追加取得、連結子会社に

ネクソン<3659>は、本日(5月28日)、子会社のネクソン・コリアがKOSDAQ市場に上場しているナット・ゲームズの株式709万9314株を1451億5600万ウォン(147億3300万円、アドバイザリー費用込み)で追加取得し、グループの連結子会社にすると発表した。これまで発行済株式の18.6%に相当する433万2906株を保有していたが、今回の追加取得で49.1%に相当する1143万2220株となった。ナット・ゲームズは、『HIT』と『OVERHIT』が代表作とするモバイルゲーム開発会社。ネクソンは2016年4月にナット・ゲームズとの良好な関係構築を目的として戦略的パートナーシップを提携し、ナット・ゲームズを持分法適用関連会社とした。今回の株式取得は、両社のシナジーを最大化するとともに、協業と関係性のさらなる強化を図るという。なお、ナット・ゲームズの株式追加取得後のネクソン

Access Accepted第577回:ゲーム評価の妨げになる「Cost Per Hour」というコンセプト

 ダウンロード販売サービスの「GreenManGaming」が,「時間単価」(CostPerHour)という指標の公開を始めた。この値が低いほど,ゲームのコストパフォーマンスが優れているということになるが,果たしてゲームは長く遊ぶことだけに価値があるのだろうか。

ゲームの「コストパフォーマンスのデータ」を提供するストアが物議を醸す。ゲームの価値をプレイ時間で表現する手法に批判

海外のゲームストアGreen Man Gamingが先日からストアページにて表示している「STATS & FACTS」というデータが物議を醸している。議論の的になっているのは、「Average Cost Per Hour(時間ごとの平均コスト)」という項目。つまり、ゲームのコストパフォーマンスを測るデータだ。 The post ゲームの「コストパフォーマンスのデータ」を提供するストアが物議を醸す。ゲームの価値をプレイ時間で表現する手法に批判 appeared first on AUTOMATON.

FinalFantasy14

個人のネット利用機器で初めてスマホの割合がPCを上回る 総務省「通信利用動向調査」の結果

ただし60歳以上はPCがスマホを上回っています。

C&R社、韓国現地法人と共同で「日韓ゲーム共同パブリッシング事業」を開始 C&R社はローカライズやカルチャライズ、運営、配信を担当

クリーク・アンド・リバー社(以下、C&R社)<4763>は、韓国の現地法人CREEK & RIVER KOREA(以下、CRK)と共同で、韓国を中心に海外の人気スマートフォン(スマホ)ゲームを日本で配信する「日韓ゲーム共同パブリッシング事業」を開始することを発表した。韓国のスマホゲームは、長らく韓国でPCオンラインゲームとして親しまれてきたタイトルをモバイル化したものが多く、独自の世界観と高いゲーム性を持ち合わせているのが特徴。近年、韓国のスマホゲームが日本においても大ヒットを記録するなど、日本でも地位を確立しつつある。C&R社とCRKは、今回、そのような韓国の優れたゲームを日本のユーザーにプレイしてほしい、という想いから日韓ゲーム共同パブリッシング事業をスタートすることとなった。同事業において、CRKは韓国のスマホゲームの日本における販売権の取次を行い

Steamゲームをスマホで楽しめる「Steam Link」iOS版はリリースならずか―「ビジネス上の競合」のためストア登録拒否

東京ゲームショウ2018,形部一平氏が手がけたメインビジュアルが公開。今年のテーマは“eスポーツ”に

 コンピュータエンターテインメント協会と日経BPは本日,千葉・幕張メッセで2018年9月20日から9月23日まで開催される東京ゲームショウ2018のメインビジュアルを発表した。メインビジュアルを手がけた形部一平氏よると,今年は「今熱いeスポーツ」をテーマに描いたという。

12時間の練習を週6日…『オーバーウォッチ』中国プロチームが過酷なスケジュール明かす

MMORPG「The Tower of AION」で,「ユーザー1st」プロジェクトが始動。“プレイヤーが主役”の新キャンペーンが公開に

 エヌ・シー・ジャパンは本日(5月23日),同社がサービス中のMMORPG「TheTowerofAION」で,新キャンペーン「JOINUSTOWEROFAION」を開始すると発表した。運営とプレイヤーとのあいだに新しい形を作っていく“「ユーザー1st」プロジェクト”の一環として,まずは2つのキャンペーンが行われる予定だ。

ベクター、ソフトバンクと「App Pass」のサービス運用で業務提携 2019年1月より受託開始予定

ベクター<2656>は、本日5月23日、ソフトバンクが運営するアプリ取り放題サービス「App Pass」事業のサービス運用に関する業務提携を行うことを明らかにした。これに伴い、海外の事業法人(非開示)より、5億3000万円でソフトウェアを取得する。サービス運用は2019年1月1日より開始する予定だ。「App Pass」は、ソフトバンクの運営するスマートフォン向けのサービスで、月額370円で、有料アイテムの購入に使える500円分のチケットがつくほか、コンテンツプロバイダーによって提供された有料アプリが全て利用できるサービスとなっている。業務提携により、ベクターは以下の業務を担当するという。 ・ソフトバンクが行っている本サービスを継続提供するために必要となるサーバー、通信システム、アプリケーション(下まとめて「本システム」という)を運用開始日までに構築し、稼働させる。・本

高額課金者のデータ活用をテーマにしたマーケティングセミナーが6月8日開催

2019年、茨城国体でeスポーツ大会の開催が決定! 種目は『ウイニングイレブン』などを予定

eスポーツ in IBARAKI実行委員会(仮称)と一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)は、2019年秋に“都道府県対抗eスポーツ大会”を開催することを発表した。

NDCを続ける理由と、ゲーム開発にかける想い―ネクソンCEO・オーウェン氏インタビュー

テンセント、無料ハクスラ『Path of Exile』開発元の株式80%を取得―Pay to Win化は否定

セクハラは?荒らしは?人口は?『VRChat』のイマを知るべく潜入調査してみた【特集】

「在留カード渡さないと帰さない」 日本eスポーツ史上に残る“最悪”の汚点、「League of Legends」国内リーグで何が起こったか

「League of Legends」の国内リーグを騒がせ、海外にも飛び火している“Dara選手引退”騒動について、Dara選手本人や関係者に取材しました。

MMORPG「テイルズウィーバー」のオフラインイベント「音楽祭2018」をレポート。新キャラ「リーチェ」や,「魔方陣グルグル」コラボの情報が公開

 ネクソンは2018年5月19日,MMORPG「テイルズウィーバー」のオフラインイベント「テイルズウィーバー音楽祭2018」を開催した。ここで発表された,新ストーリーやダンジョン,新キャラクター「リーチェ」や「魔方陣グルグル」コラボといったアップデート情報をお伝えしよう。

MMORPG『黒い砂漠』グローバルテストサーバーを準備中! 温泉で行動力が回復!? “3rd Anniversary Party”リポート

2018年5月20日に開催された、『黒い砂漠』のサービス開始3周年記念イベント“3rd Anniversary Party”の模様をリポート。

TalesWeaver

総務省のWebサイトにて,「eスポーツ産業に関する調査研究」報告書が公開

 「eスポーツ産業に関する調査研究」と題された報告書(pdf)が,総務省のWebサイトにて公開された。2018年3月報告時までの国内外のeスポーツの現状,および未来への提言をまとめた80ページ以上におよぶもので,貴重な資料となっている。興味のある人は,ぜひチェックしてみよう。

韓国:GRAVITY、第1四半期の営業利益は46%増の48億ウォンと大幅増益…モバイルMMO『Ragnarok M』が韓国と台湾で好調

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>子会社の韓国GRAVITYは、4月27日、第1四半期(1~3月)の決算を発表し、売上高が前年同期比184%増の663億1100万ウォン(約67億円)、営業利益が同46.1%増の48億2000万ウォン(同5億円)、最終利益が63.5%増の35億4900万ウォン(同3億円)と大幅な増収増益を達成した。同社では、モバイルMMORPG『Ragnarok M』の韓国と台湾における収益が寄与したため、としている。モバイルゲームの収益は、513億9600万ウォン(52億円)と全体の77%に達している。『Ragnarok Online』の定額課金や、『Ragnarok Online II』のライセンスフィー、『Ragnarok Online』のライセンス収入も伸びた。

海外:『RAGE 2』オンラインサービス要素に「ルートボックス導入」は無し―海外報道

“絶アルテマ”は“絶タイタン”を内包? 『FFXIV』パッチ4.3吉田氏インタビュー

『ファイナルファンタジーXIV』の次期大型アップデートとなるパッチ4.3の見どころを、吉田直樹プロデューサー兼ディレクターに直撃。同氏が明かした、“絶アルテマウェポン破壊作戦”の激烈なまでの難しさとは!?

ゲームオン、MMORPG「ロードス島戦記オンライン」公式オフ会の詳細が発表。水野 良氏もゲスト出演

ロードス島戦記オンライン

アソビモ近藤克紀社長、ICO「ASOBI COIN」のプロジェクト背景や内容について講演 なぜゲーム会社がブロックチェーンを利用するのか?

アソビモは、5月14日・15日の両日、アメリカ・サンフランシスコで開催されたB2Bモバイルゲームカンファレンス「POCKET GAMER CONNECTS」で、先日発表して話題となったICO「ASOBI COIN」のプロジェクト背景や内容について、同社の近藤克紀社長が講演を行ったと発表した。【関連記事】アソビモ、ICOトークン「ASOBI COIN」対応第一弾アプリとして『アヴァベルオンライン』『トーラムオンライン』など5タイトルを発表!<プレスリリースより>「POCKET GAMER CONNECTS」は、B2Bモバイルゲームカンファレンスとしてヨーロッパ最大級のイベントです。今回はアメリカ・サンフランシスコで開催され、2018年9月はヘルシンキ、2019年1月はロンドンでの開催が予定されています。講演では、アソビモ株式会社 代表取締役 近藤克紀よりICO「ASOBI COIN」のきっか

『PUBG』国内大会運営チームにインタビュー。“PJS”βリーグでは「選手にフォーカスしたコンテンツなど多数の企画を用意」

PC用バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のDMMGAMES公式大会“PUBG JAPAN SERIES”βリーグ。2018年5月18日の開幕前に、大会運営チームにインタビューを行った。

オンラインゲームに生まれ変わった「Dark Quest」シリーズ最新作「Dark Quest Champions」プレイレポート。ARPG要素でチャンピオンを集め,5vs5の戦いに挑め

 ゲームロフトは,同社による「DarkQuest」シリーズの最新作「DarkQuestChampions」の配信を,2018年5月3日に開始した。MOBAとMMOの要素を含んだARPGである本作は,いかにして成長やコミュニケーションを楽しむRPGと,競技性の高いMOBAの同居を成立させているのだろうか。本稿では,そんな本作のプレイレポートをお届けしていく。

DMM GAMESがオープン化。デベロッパ登録を行った組織は同プラットフォーム向けのゲーム開発が可能に

 DMMGAMESは本日(2018年5月14日),同社が運営するゲームプラットフォーム「DMMGAMES」のオープン化を発表した。公式サイトでは,デベロッパ募集が開始されている。デベロッパ登録を行った組織には,DMMGAMES用の開発ドキュメントや検証環境が提供される。

バンダイナムコエンターテインメント、ゲームアプリなどの運営機能を分社化…「株式会社バンダイナムコネットワークサービス」を10月1日付で設立

バンダイナムコエンターテインメントは、この日(5月14日)、ゲームアプリなどのネットワークサービスの運営機能を分社し、2018年10月1日付で100%子会社「株式会社バンダイナムコネットワークサービス」を設立すると発表した。池田貴征氏が社長に就任する。新会社は、バンダイナムコエンターテインメントのゲームアプリなどネットワークコンテンツ事業の運営業務の受託及び機能業務提供を中心とし、順次グループへの横展開を行っていく予定。専門性の高いノウハウを有した人材を集結させ、新たに育成も行うことで、ノウハウの蓄積と、グループの事業会社からの多様なネットワークサービスのニーズに応えられる体制を整えていく、としている。そして、将来的にはあらゆる事業領域にも対応できる多機能会社へ成長し、グループの事業成長、拡大を実現することを目指すという。設立の経緯について、ネットワークサービスのより良い、安定的なサービス

大学の研究機関が“ゲームレビュー”を分析した報告書を公開。ゲーマーはどのような言葉でゲームを語る傾向にあるのか?

クイーンズ大学の研究者であるDayi Lin氏、Cor-Paul Bezemer氏、Ying Zou氏、Ahmed Hassan氏が、さまざまな側面からSteamレビューを分析した報告書を公開した。レビューとプレイ時間の関係や、ゲームレビュー特有の特徴などの傾向を分析した、興味深い内容となっている。 The post 大学の研究機関が“ゲームレビュー”を分析した報告書を公開。ゲーマーはどのような言葉でゲームを語る傾向にあるのか? appeared first on AUTOMATON.

  1. 1
  2. 2
  3. 次へ >>