MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

バンナム、ゲーム業界のデータ分析に強みを持つコンサルティング企業の澪標アナリティクスと資本業務提携

バンダイナムコエンターテインメントは、6月30日、ゲーム業界のデータ分析に強みを持つコンサルティング企業の澪標アナリティクスと資本業務提携を実施したことを発表した。

MMORPG「CARAVAN STORIES」の原点は異文化が入り交じる“台湾”。離職率の低いAiming台湾スタジオで制作陣に話を聞いてきた

現在,新作MMORPG「CARAVAN STORIES」(PC / iOS / Android)を鋭意開発中であるAimingは,2012年にグラフィックス制作を主な目的とした制作スタジオ「Aiming Inc. Taiwan Branch」(以下,ATW)を台湾に設立している。

ネクソンがiDCCを100%子会社化し,社名をネクソンタイに変更

オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:Owen Mahoney/オーウェン・マホニー、東証:3659、以下 ネクソン)は、i Digital Connect Co., Ltd.(以下 iDCC)を 100%子会社とし、社名を NEXON (Thailand) Co., Ltd.(所在地:タイ バンコク市、CEO:Isra Taulananda、以下 ネクソンタイ)へ変更することをお知らせ致します。ネクソンは2016年後半に、タイの主要オンラインゲーム配信会社であるiDCCの株式を49%取得致しました。その後、残りの51%の株式を取得し、タイ政府の認可を受領致しました。一連の取引により、ネクソンはタイに本格進出し、東南アジアでの事業拡大を目指してまいります。

GMOゲームポット、MMORPG「トキメキファンタジー ラテール」 “韓国コンテンツ振興院日本ビジネスセンター”開園記念の生放送を6月29日に実施

オンラインゲームの開発・運営を行うGMOゲームポット株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:服部直人 以下GMOゲームポット)は、Windows用2D横スクロールアクションMMORPG『トキメキファンタジー ラテール』において、6月29日10:00より、生放送を配信することをお知らせいたします。

App Annieによる「消費者のアプリに関する利用状況のレポート」が公開。日本のコアゲーマーは1日あたり3時間以上をゲームに費やす

スマホアプリに関する市場データの分析業務を行うApp Annieは,本日(2017年6月28日),「消費者のアプリ利用状況レポート Part2」を同社のWebサイトで公開した。全14ページのpdfファイルで,誰でも無料でダウンロード可能だ。

【特集】『PUBG』の起源と、目指す先―BlueholeのChanghan Kim氏インタビュー

早期アクセスタイトルでありながら、400万本以上を販売するなどPCゲーマーの間でブームを巻き起こしている、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』。開発と運営を手がけるのは、韓国のオンラインゲーム開発スタジオBlueholeです。

海外:『PUBG』過去3ヶ月にチーター25,000人BANを報告

Blueholeは、人気バトルロワイアルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』6月度アップデートのパッチノートで、過去3ヶ月に渡って同作のチーター25,000人をBANしたと報告しています。

ゲームオン、MMORPG「ロードス島戦記オンライン」日本運営プロデューサー“岡P”の「公約~第2回~」を公開

株式会社ゲームオン[本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:李 相燁(イ サンヨプ)]が運営する、ネオクラシックMMORPG『ロードス島戦記オンライン』において、『ロードス島戦記オンライン』日本運営新プロデューサーの岡崎 賢治プロデューサー(以下、「岡P」)は5つの「公約」の「第2回」を発表いたしました。

【Tankfest 2017】「戦争を知る高齢者と若い層との架け橋になる」Wargaming.netスペシャルプロジェクトディレクターTracy Spaight氏インタビュー

Wargaming.netは、ミリタリー関連の様々なイベントをスポンサードするだけでなく、コラボレーションしてユニークなコンテンツを生み出すメーカーとしても知られる。これはプロモーションの一環としてマーケティングチームが統括しているわけではなく、それ専門の部署が存在し、今回その責任者を務めるTracy Spaight氏にインタビューすることができた。

ロードス島戦記オンライン

何度でも言おう、「オンライン体験会」追加実施決定であると! 「ガンダムバーサスまつり」レポート

「ガンダム」をテーマにしたチームバトルアクションゲームとして、15年以上ファンに愛され続けてきた「機動戦士ガンダム VS.」シリーズ。 その最新作であるPlayStation®4用ソフトウェア『GUNDAM VERSUS』の発売と、シリーズ15周年を記念したリアルイベント「ガンダムバーサスまつりin秋葉原」が、東京・千代田区のベルサール秋葉原にて6月25日(日)に開催された。

ウェブマネー、17年3月期の決算公告を「官報」で公開…売上高61億円、営業利益12億円に

ウェブマネーは、6月26日付の「官報」に第30期(2017「年3月期)決算公告を掲載し、売上高61億円、営業利益12億円、経常利益18億円、最終利益13億円だった。

『GTA V』Rockstar GamesがModへのスタンスを明言、シングル向け非商用Modには基本不干渉に

Rockstar Gamesの人気オープンワールドクライムアクション『Grand Theft Auto V』。同作にて起こっている、Modツールの配布停止を巡る騒動ですが、Rockstar Gamesは新たにサポートページにて同社タイトルのシングルプレイヤーModについて、そのスタンスを発表しています。

ニンテンドースイッチとXbox Oneが交わる時。クロスプラットフォームプレイに関する議論は加速化、PS4への期待の声続く

先日開催されたE3 2017では、さまざまな新作ゲームが披露され、また期待作の続報が発表されるなど例年どおりの盛り上がりを見せた。そのなかでも、業界やゲーマーにとってもっとも興味深いトピックの一つは「クロスプラットフォームプレイ(以下、クロスプレイ)」ではなかっただろうか。

HUE、MMORPG『グラナド・エスパダ』11周年記念オフラインイベントを7月22日に開催、参加者募集をスタート

2017年6月23日、ハンビットユビキタスエンターテインメントはPC用MMORPG『グラナド・エスパダ』において、サービス開始11周年を記念したオフラインイベントの開催を発表し、参加者募集を開始した。

MMORPG『ドラクエX』、YouTubeでも動画配信可能に ガイドライン見直し

「ガイドラインの策定当時に比べゲームの動画配信がより一般的になった」と変更理由を説明している。

GRANADO ESPADA Renaissance

海外:MMOサバイバルゲーム『Rust』に“電話番号認証型”サーバーが登場、マナーとセキュリティの向上を目指す

MMOサバイバルゲーム『Rust』におけるサーバーやコミュニティを運営するRustafiedは、新サーバー「Rust Prime」を今月22日より北米と欧州向けに稼働させたと発表した。

MMORPG「FF14」にDDoS攻撃、ネットワーク障害が発生 不特定な第三者によって「DDoS攻撃」が行われている。

スクウェア・エニックスは6月21日、「ファイナルファンタジーXIV」のゲームサーバに攻撃が行われていると明らかにした。

アソビモ、スマホ向けMMORPG『アルケミアストーリー』初となるユーザーカンファレンスを実施決定 来場者には先着でオリジナルノベルティをプレゼント

アソビモは、『アルケミアストーリー』において、7月2日に初のユーザーカンファレンスを実施することを発表した。

【E3 2017】恐竜サバイバルMMO『Durango』試遊&インタビュー!―「お寿司は高級料理です」

6月13日より行われた、世界最大級のゲーム見本市「E3 2017」に、ネクソンが贈るスマホ向けMMORPG『Durango』が出展。本作は、現代世界から恐竜はびこる異世界「Durango」に突然ワープした主人公たちが、様々なテクノロジーやスキルを駆使して生き抜いていくという斬新な設定が注目されているタイトルです。

スクエニHD、300万3530株・総額92億円の自社株買いが完了…公開買付は終了

スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、6月22日、発行済株式総数の2.45%に相当する300万3530株・総額92億4100万円の自社株買いを行い、5月24日に発表した自社株買いの公開買付けを終了したことを明らかにした。

2001年から続くコミュニティーサイト「ぱどタウン」サービス終了へ 「昔やってた」「黒歴史がたっぷり」

2001年にオープンした老舗コミュニティーサイト「ぱどタウン」が、7月21日にサービス終了することが発表されました。

Yahoo!ゲームのPC用アプリケーション“Yahoo!ゲームプレイヤー”が提供開始 スマホ向けゲームをPCで遊べるように!

enish開発による“Yahoo!ゲーム”のPC用アプリケーション“Yahoo!ゲームプレイヤー”が、本日2017年6月22日(木)より提供開始された。

「CoD学生大会」運営を担当する「学生FPS部」とSIEに聞く! 「より多くの方に『オフラインで試合することの楽しみ』を味わっていただきたい」

マルチプレイモードを用意しているゲームタイトルでは、しばしばプレーヤー自身が主体となって行なう「大会」が実施される。運営体制やローカルルールはそれぞれだが、共通しているのは、同じタイトルを楽しむプレーヤー同士の交流の場としても機能している点だ。

Aiming、社長と最高執行責任者の7月月額報酬を10%減額…『剣と魔法のログレス いにしえの女神』不正アクセスの責任明確化のため

Aiming<3911>は、この日(6月21日)、代表取締役社長の椎葉忠志氏と、最高執行責任者(COO)の萩原和之氏の月額報酬(7月分)を10%減額すると発表した。

マーベラスとAiming、Aiming従業員による「ログレス」不正アクセスについて発表 今後の対応は両社HP上で告知

マーベラスとAimingは6月21日、Aimingの従業員が詐欺等の容疑で逮捕された事が大阪府警より発表された件につきコメントした。

セガ、MORPG『ファンタシースターオンライン2』ネットカフェ年間1位ありがとうキャンペーンスタート

セガゲームスは、サービス中のオンラインRPG『ファンタシースターオンライン2』について、2017年6月21日~7月5日まで“ネットカフェ年間1位ありがとうキャンペーン”を実施する。

マカフィーのエヴァンジェリスト・ギャリー氏が語る ゲームからセキュリティ犯罪に手を染める10代、彼らを雇用したらどうか

6月20日、マカフィー本社からチーフコンシューマセキュリティ エヴァンジェリストのギャリー・デイビス氏が来日し、サイバーセキュリティーの動向について解説。記者の質問にも答えた。会見でギャリー氏は「脅威の状況」「IoTの普及」「ゲーミフィケーション」という大きく3つの視点を示した。

PSO2

【人事】ベクター、専務取締役の齊藤雅志氏が代表取締役副社長に就任…代表は梶並社長との2人体制に

ベクター<2656>は、本日(6月20日)付で、専務取締役国際ゲーム部長の齊藤雅志氏が代表取締役副社長に就任したと発表した。梶並伸博社長との2人代表制となる。

【株式】ネクソンの時価総額が1兆円突破 ソニー、任天堂に次ぐ規模に

ネクソン<3659>株式の時価総額が1兆円を突破した。この日(6月20日)の東京証券取引所の終値ベースで、株価が2011年12月の上場以来最高値となる2300円に達した。時価総額としては、東証に上場している全企業の中で134位となる。

ニンテンドースイッチ本体更新「3.0.0」配信─フレンドのオンラインを通知、他社製のコントローラーに対応など

任天堂は、ニンテンドースイッチにおける本体機能の更新となるシステムバージョン「3.0.0」の配信を、2017年6月20日より開始しました。

カプコン、バンダイナムコエンターテインメントとオンラインマッチングに関する特許クロスライセンス契約を締結

カプコンは6月19日、バンダイナムコエンターテインメントと「ストリートファイター」シリーズなどのオンラインマッチングに関するクロスライセンス契約を締結したことを発表した。

【特集】Nexon Americaの新CEOが語る展望―「KPIはゲームの売上ではない」

E3 2017では、欧米市場向けに、Cliffy Bが手がける新作対戦FPS『LawBreakers』などを大きく出展している、Nexon America。開催初日となる6月13日、同社CEOを務めるJungsoo Lee氏から直接お話を伺うことが出来ました。同氏はNexon AmericaのCEOに今年1月に就任したばかり。というわけで、Lee氏本人のこれまでのゲーモグラフィ―から、Nexon Americaの展望、さらにはアメリカ人ゲーマーの特性まで幅広く伺いました。

『GTA V』Mod存続目指す署名運動始まる―Steamレビューも「不評」に

Rockstar Gamesより発売されている人気シリーズ最新作『Grand Theft Auto V』。本作でModを使用可能にするツール「OpenIV」の配信停止を受け、「Change.org」にて同ツール存続を目指すオンライン署名がスタートしています。

チートツールが公開停止へ。Take-Twoが要請続ける、不正に得た収益はチャリティへ

Take-Two Interactiveの要請により、『Grand Theft Auto V』などで使用するModツール「OpenIV」の公開が停止されてから数日。新たにTake-Twoが、複数のチートツールへと公開停止要請をしていたことが明らかとなった。『GTA Online』向けのチートツール「Force Hax」もその1つで、開発チームはTake-Twoと協議した結果、不正に得た収益はチャリティに投じる予定だと伝えている。

ビジュアルメモリーズ 第1回 ネトゲ黎明期を拓いた夢の投影機」

人類が増えすぎたデータ容量を光ディスクに書き込むようになって、すでに5年くらいが過ぎていた。コンソール・ウォーを勝ち残った巨大な企業は第6世代の御三家となり、開発者はそこで3Dグラフィックを磨き、インターネット通信を実装し、そして5.1chサウンドにも対応させていった。西暦1998年11月27日、ソニーのPlayStationに劣勢を強いられていたセガは次世代機ドリームキャストに社運を賭け、ハードウェア業界に最後の戦いを挑んだ。しかし、2年あまりの戦いで家庭用ゲーム機事業からの撤退を表明。ファンはその儚い運命に涙した。戦争はマイクロソフトの参入で膠着状態に入り、20年近くが過ぎた。

スクエニグループのスマイルラボ、2017年3月期の最終損失は1億6300万円

スクウェア・エニックスグループのスマイルラボは、「第10期(2017年3月期)決算公告」を6月16日付けの官報に掲載し、最終損益1億6300万円の赤字だった。前の期(2016年3月期)は1億2300万円の赤字だった。

新ジョブや新フィールドのグラフィックス秘話!『FFXIV』開発者インタビュー第2弾【完全版】(1/3)

週刊ファミ通2017年6月29日号(2017年6月15日発売)に掲載された『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)開発者インタビューの第2弾。今回は、『紅蓮のリベレーター』でグラフィックスのリードを担当された、鈴木健夫氏と市田真也氏にお話しをうかがった

史上初となる一般公開が行われたE3 2017が閉幕。来場者数は68400人と発表【E3 2017】

2017年6月13日~15日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催された世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2017”が閉幕した。史上初となる一般公開が行われたE3 2017。E3を主催するESA(Entertainment Software Association)は、E3 2017の来場者数が68400人(一般来場者含む)を記録したと発表した。

スマホ向けMOBA「Vainglory」参加型e-Sportsイベント、日本5都市で開催決定! 第1回は京都にて開催。同時にチケットの販売も開始

Super Evil MegacorpはAndroid/iOS用MOBA「Vainglory(ベイングローリー)」において、参加型のe-Sportsイベント「Vainglory ロードショー」を新たに日本の5都市で開催すると発表した。

Blizzard、MMORPG『World of Warcraft』PvPデザイナーが“別のプロジェクト”に移動―「新たな機会」が指すものは

Blizzard Entertainmentの人気MMORPG『World of Warcraft』。同作にてPvPを担当していたリードデザイナーであるBrian Holinka氏が、同作の作業を離れ“別のプロジェクト”に移動したと発表しています。

【インタビュー】スマホゲームをPCで遊べるプラットフォーム「AndApp」×アプリ版第1弾タイトル『幻獣契約クリプトラクト』の開発者対談が実現

ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>が、2016年11月にアプリ版の提供を開始した、“スマホアプリをPCで遊べるプラットフォーム”「AndApp」と、その第1弾タイトルとしてリリースされたバンク・オブ・イノベーションの『幻獣契約クリプトラクト』。今回は、そもそもの開発経緯から、スマホゲームをPCでもデータ連動してプレイ可能にすることでどのようなメリットが得られるのか、実際に届いたユーザーからの評判など、両社対談という形式でお話を伺ってきた。

【現地コラム】一般入場者を招き、E3の光景は変わったのか?【E3 2017】

E3 2017現地からお送りするコラム。週刊ファミ通編集長の林克彦が、E3が一般入場者に門戸を開いたことについて語ります。

若者の6割がインターネット空間を「自分の居場所と感じている」政府調査 学校・職場を超える 最下位は「職場」の4割弱。

政府が、2017年版の「子供・若者白書」を発表しました。このなかで公開された資料「特集 若者にとっての人とのつながり」によると、若者の6割以上がインターネット空間を「自分の居場所」と感じているそうです。若者の現実離れが深刻ですね……。

MMORPG「FFXIV: 紅蓮のリベレーター」サービス開始直前! 吉田直樹氏インタビュー ストーリー、オメガ、クロちゃん、PS4 Pro対応、Switch版の可能性まで気になる話を聞いてきた

アーリーアクセスを目前に控えた「ファイナルファンタジーXIV」2本目の拡張ディスク「紅蓮のリベレーター」。既報のように、E3スクウェア・エニックスブースでは、一足先にプレイアブル出展され、最後のプロモーションに余念がなかった。

ウォーゲーミングのモバイルゲーム部門「Wargaming Mobile」が発表。サードパーティパブリッシャ向けのサポートプログラムも提供予定

Wargamingが本日(2017年6月15日)発表した,モバイルゲームの開発とパブリッシングを中心とする新設部門「Wargaming Mobile」は,Wargaming本社のあるキプロスでの設立が予定されている。

中国:ぼくらの知らない「中国のネットカフェ」という混沌──仮想世界で「自分探し」に没頭する若者たち

中国では多くの若者がインターネットカフェでオンラインゲームに興じているという。カップ麺を食べる人、タバコを吸う人、恋人と口づけを交わす人…さまざまな若者が集まるインターネットカフェは活気に溢れ、混沌とした空気が流れているが、どこか閉鎖的で異様にも思える。

メルマガでユーザーのメアド流出、システム不具合で - ネクソン

オンラインゲーム「Tree of Savior」のメールマガジンにおいて、システム不具合によりメールの誤送信が発生し、ユーザーのメールアドレスが流出したことがわかった。

MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」のWebムービー「FFXIV MEMORIES」が公開。「仲間と夢中になる,忘れられない瞬間」を描く

スクウェア・エニックスは本日(2017年6月12日),「ファイナルファンタジーXIV」の最新拡張パッケージ「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」(PC / Mac / PS4)の発売を記念したWebムービー「FFXIV MEMORIES」を公開した。

VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS(サークル オブ セイバーズ)』2人協力プレイをE3で展示【E3 2017】

Five forは、東京ゲームショウ2016などでも話題を集めていたVRアクションゲーム『CIRCLE of SAVIORS(サークル オブ セイバーズ)』について、アメリカ・ロサンゼルスで開催される世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2017”で2人同時協力プレイ版を展示すると発表した。

MMORPG 『テイルズウィーバー』ダンまち外伝コラボや装備に関する新システムが発表! なぜか大玉転がしで盛り上がったサマーフェスティバル2017リポート

2017年6月10日、PC用MMORPG『テイルズウィーバー』のオフラインイベント“テイルズ-サマーフェスティバル2017-”が開催された。さまざまな催し、プレイヤー同士の交流、そしてライブに最新情報公開と、非常に濃密だったイベントの模様をリポートする。

TalesWeaver
  1. 1
  2. 2
  3. 次へ >>