MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

ゲームが“落ち”ても9割の人はすぐにリトライする? FROSKが「アプリクラッシュ調査レポート2018年上半期」を公開 New!

 スマホアプリのクラッシュ解析ツールの提供や情報収集を行っているFROSKが,アプリの利用状況やクラッシュに関するアンケート調査「アプリクラッシュ調査レポート2018年上半期」を実施し,その結果を公開した。それによれば,遊んでいるゲームが“落ち”ても,多くの人が直後に再使用するようだ。

ベクター、1Qは売上高14%減、6200万円の営業赤字を計上…期初計画比で売上未達、赤字幅拡大に ブラウザとスマホで合計4タイトルを終了 New!

ベクター<2656>は、7月20日、2019年3月期の第1四半期(4~6月)の決算(非連結)を発表、営業収益2億4300万円(前年同期比14.3%減)、営業損益6200万円の赤字(前年同期3800万円の赤字)、経常損益6200万円の赤字(同3600万円の赤字)、最終損益6400万円の赤字(同3700万円の赤字)となった。なお、期初に発表した計画対比で売上高未達、赤字幅拡大となっている。 オンラインゲーム事業の営業収益は、前期にサービスを開始したゲームタイトルが伸び悩み、減収となった。一方、ソフトウェア販売事業は、法人向け市場が底堅く推移したが、前年同期に実施した販売施策ほど振るわず、減収の結果となった。オンラインゲーム事業の販売金額は、前年同期比15.1%減の1億5100万円となった。第1四半期期間は、同社運営のゲームポータル「VectorGame」でのブラウザゲーム

ネクソン、MMORPG「テイルズウィーバー」 6月から3か月連続でアップデートを実施。新キャラ「リーチェ」や「Episode 3」完結編について開発チームに聞いた New!

 ネクソンがサービスを提供しているPC用オンラインRPG「テイルズウィーバー」では,2018年6月より3か月連続でアップデートが行われている。7月25日に実装される新キャラクター「リーチェ」や,8月29日登場の新ダンジョン,そしてその先の展開について,開発チームに聞いた。

「ファンタシースターオンライン2」6周年記念インタビュー。酒井智史氏&濱﨑大輝氏に聞く,PSO2の“これまで”と“7年目の展開”

 2018年7月4日,セガゲームスがサービス中の「ファンタシースターオンライン2」は6周年を迎えた。7年目に突入するPSO2はどんな状況なのか。そして,今後の展開は? PSO2チームを率いる酒井智史氏と濱﨑大輝氏に話を聞いてきた。

PSO2

不正行為の抑止が狙い? PUBG MOBILE公式Twitterが不正アカウントを公開、総数926個

PC版でもチートが流行しています。

「ArcheAge」5周年を記念したオフラインイベント「5th Anniversary PARTY」が8月25日に秋葉原で開催へ。参加申し込みが受付中

 2018年7月23日でサービス開始から5周年を迎える「ArcheAge」。ゲームオンは7月18日,その5周年を記念したオフラインイベント「5thAnniversaryPARTY」を,東京・秋葉原で8月25日に開催すると発表し,参加申し込みの受付を開始した。プレイヤーへの感謝の気持ちを込めたイベントだ。

リアルで集まってオンラインのマルチプレイを一緒に楽しめる!大阪なんばで「MHW」のマルチプレイスポットがオープン

 カプコンは、プレイステーション 4用ハンティングアクション「モンスターハンター:ワールド(以下、MHW)」において、マルチプレイスポットをなんばCITYガレリアコートにて7月28日より8月5日まで展開する。

『PUBG』開発元から『荒野行動』を訴えられたNetEaseが、訴訟の棄却を求める。「バトルロイヤル独占を目指す恥知らずな試み」と吐き捨て

『PUBG』開発元PUBG Corporationから『荒野行動』および『Rules of Survival』について、著作権侵害・トレードドレス侵害・不正競争防止法違反だと訴えられていたNetEaseが訴えの棄却を求めている。バトルロイヤルジャンルを独占しているとし、強く反発した。 The post 『PUBG』開発元から『荒野行動』を訴えられたNetEaseが、訴訟の棄却を求める。「バトルロイヤル独占を目指す恥知らずな試み」と吐き捨て appeared first on AUTOMATON.

接続プレイヤー数ほぼ1人の新作バトロワ『The Culling 2』、わずか9日で販売終了。前作を基本プレイ無料化し、愛されていた“リリース初期”の体験を復活させると約束

新作バトルロイヤルゲーム『The Culling 2』が発売からわずか9日で販売終了となる。同作の接続プレイヤー数は1人前後で、遊ぶことすら困難な状態であった。かわりに前作『The Culling』の開発が再開され、基本プレイ無料タイトルとして更新されていく。 The post 接続プレイヤー数ほぼ1人の新作バトロワ『The Culling 2』、わずか9日で販売終了。前作を基本プレイ無料化し、愛されていた“リリース初期”の体験を復活させると約束 appeared first on AUTOMATON.

EAが初代『Crysis』のマルチプレイヤーサポート終了を発表―「シングルプレイヤーキャンペーンを続けていただければ幸い」

『レインボーシックス シージ』誹謗中傷・人種差別を行うユーザーに対し宣戦布告。突如BANされたユーザーたちから相次ぐ不平

Ubisoftは13日、タクティカルFPS『Tom Clancy’s Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のコミュニティにおける不正行為監視の一環として、テキストチャットにて、誹謗中傷の言葉を使用したプレイヤーをBANするシステムを実装したことを、SNSなどを通し公表した。 The post 『レインボーシックス シージ』誹謗中傷・人種差別を行うユーザーに対し宣戦布告。突如BANされたユーザーたちから相次ぐ不平 appeared first on AUTOMATON.

中国ゲーム市場の歴史をまとめた調査レポート『中国ゲーム産業史』が本日(7月19日)発売、発売記念講演も開催

Gzブレインは、中国ゲーム市場の歴史をまとめた調査レポート『中国ゲーム産業史』を、本日(2018年7月19日)より発刊することを発表した。また、本作の発売記念講演を開催することも決定した。

ArcheAge

忘れた頃に突然やってきた「World of Warplanes」日本版ファーストインプレッションなぜ今になって日本でテストを始めるのか? その理由と新たな魅力を紹介する

 ウォーゲーミングジャパンは7月18日18時より、オンライン空戦バトル「World of Warplanes」の日本版テストを開始した。テスト開始に先立ち、メディア/ストリーマー向けの先行体験イベントが開催され、一足先に体験することができたので、メディア説明会の内容も含めてご紹介したい。

『リーグ・オブ・レジェンド』学生たちの熱気に脱帽! 大切なことに気付かされた全日本学生LoL選手権リポート

2018年7月15日、『リーグ・オブ・レジェンド』の全日本学生LoL選手権“JCC 2018 Unlimited FINAL”が開催された。学生の熱量に圧倒された会場の模様をお伝えする。ゲームおっさんの主観が多めです。

アソビモ、スマホ向けMMORPG『トーラムオンライン』のインドネシアのアンバサダーに元AKB、JKT48の仲川遥香さんが就任 就任記念としてキャンペーンを実施

アソビモは、本日(7月17日)、スマートフォン向け正統派MMORPG『トーラムオンライン(Toram Online)』のインドネシアのアンバサダーに仲川遥香さんが就任することを発表した。今回のアンバサダー就任は、『トーラムオンライン』のマスコットかつ、Twitter広報を務めるポトゥムからの「トーラムの親善大使になってポム」というゆるいオファーがきっかけ。東南アジアで人気上昇しつつある『トーラムオンライン』を仲川さんがプレイしていることをTwitterで知り、オファーしたところまさかの二つ返事で“OK”となり、今回の就任に至ったという。近年、2017年ツイッターの影響力女性部門世界7位ランクインや、日本インドネシア国交樹立60周年親善大使に任命など、“インドネシアでもっとも有名な日本人”として街中でも声をかけられるほどの人気を集めている仲川さ

『Paladins』から派生したバトルロイヤルゲーム『Realm Royale』がバトルパス導入。『フォートナイト』『PUBG』『ロケットリーグ』と採用例続く

『Paladins』から派生した基本プレイ無料のバトルロイヤルゲーム『Realm Royale』にてバトルパスが導入された。『フォートナイト』『PUBG』『ロケットリーグ』など近年採用例が増えつつあるマネタイズモデルだ。『Realm Royale』のバトルパスでは、ジュラ紀や先史時代テーマのスキンを入手できる。 The post 『Paladins』から派生したバトルロイヤルゲーム『Realm Royale』がバトルパス導入。『フォートナイト』『PUBG』『ロケットリーグ』と採用例続く appeared first on AUTOMATON.

サイバーステップ、18年5月期は売上高2.3倍、営業益67%増に 「トレバ」筐体の増台で収益拡大 一部タイトルで減損損失4300万円を計上

サイバーステップ<3810>は、7月17日、2018年5月期の連結決算を発表、売上高71億7400万円(前々期比2.3倍)、営業利益6億2200万円(同67.3%増)、経常利益5億6300万円(同54.4%増)、最終利益4億4800万円(同57.5%増)となった。 「オンラインクレーンゲームトレバ」の筐体の増台を進め、着実に運営しながら事業拡大を図ったことで、売上高は海外・国内ともに増加した。一方、国際競争力のあるオンラインゲーム・ソーシャルゲームの開発に取り組んでいるものの、当初予定していた収益を見込めなくなった一部タイトルについて、回収可能性を考慮し、減損損失4300万円を計上した。なお、2019年5月期通期の連結業績予想については、売上高80億円(前期比11.5%増)、営業利益7億円(同12.4%増)、経常利益6億5000万円(同15.3%増)、最終利益5億50

Apple、App Store審査ガイドラインを改訂 バックグラウンドでのマイニング禁止など仮想通貨へのスタンスをより明確に 

Appleは、この日(7月17日)、App Store審査ガイドライン(日本語版)の改定を行い新たな項目を追加した。今回の改訂のポイントは仮想通貨に関しての内容を主としており、今回の文言の追加で仮想通貨に対してのスタンスをより明確にしている。なお海外のガイドラインでは6月11日に改訂となっているが、今回の更新も日本もそれに沿った形となる。実際の改定ポイントに関してだが、ハードウェアの互換性の「2.4.2」において、改訂前は 2.4.2 電力を効率的に使用できるようにアプリケーションを設計してください。アプリケーションが急速にバッテリーを消費すること、過度な熱を発生させること、デバイスのリソースに不必要な負荷をかけることがないようにしてください。としていたが、改訂後には 2.4.2 電力を効率的に使用できるようにアプリケーションを設計してください。アプリケーションが急速に

【追記】Google Playストアで障害が発生…有償アイテム購入時にゲーム内に反映されない障害を一部タイトルで確認

本日(7月17日)9時30分ごろより、Google Playストアで有償アイテム購入時にゲーム内に反映されない障害が一部で発生しているもようだ。現時点では、『Fate/Grand Order』や『モンスターストライク』『共闘ことばRPG コトダマン』などのタイトルが公式Twitter上で、障害の発生を明らかにしており、さらに多くのタイトルに影響の出ている可能性が高そうだ。※13時現在でGoogle Playストアでの障害発生が確認された主なタイトルを追記する。今後もさらに影響を受けているタイトルが増える可能性がありそうだ。『アナザーエデン 時空を超える猫』『あんさんぶるスターズ』『ヴァルキリーアナトミア』『きららファンタジア』『欅のキセキ』『サウザンドメモリーズ』『グランドサマナーズ』『グリムノーツ』『クロノマギア』『剣と魔法のログレス いにしえの女神』『新テニスの王子様 RisingB

「グラナド・エスパダ」12周年記念オフラインイベントをレポート。2018年7月20日に本実装となる「8年後の2つの未来」の情報が公開に

 ハンビットユビキタスエンターテインメントは2018年7月15日,PC向けMMORPG「グラナド・エスパダ」のサービス12周年を記念するオフラインイベントを東京都内で開催した。12周年記念アップデートに関する情報を中心に,会場の模様をお伝えしよう。

『白猫プロジェクト』がNintendo Switchに!『Shironeko New Project(仮題)』が2020年リリース予定

本日(2018年7月14日)に、サービスインからちょうど4周年を迎えたコロプラのスマートフォン向けアクションRPG『白猫プロジェクト』が、『Shironeko New Project(仮題)』として、Nintendo Switch向けに展開予定であることが判明。

MMORPG「グラナド・エスパダ」の物語は,いよいよ佳境へ。12周年アップデートのキーパーソンが語る,「8年後の2つの未来」の意味するところとは

 HUEがサービス中のMMORPG「グラナド・エスパダ」は,2018年7月21日にサービス12周年を迎える。それを記念する「8年後の2つの未来」と題したアップデートでは,メインストーリーが佳境を迎え,さらに遊び方が変わる新ミッションも追加されるという。HUEの加瀬圭翼氏と,12周年臨時プロデューサーの中尾圭吾氏にその内容を聞いた。

【PR】MMORPG黎明期のロマンと興奮が詰まった「RED STONE」。「総額1000万円超キャンペーン」をキッカケに本作の魅力を改めて探ってみた

 2018年2月に正式サービス開始から13周年を迎えたMMORPG「REDSTONE」で,「総額1000万円超キャンペーン」が実施中だ。今回,MMORPG初期にあったロマンや興奮,さらに懐かしさを感じたいと思っていた筆者が,キャンペーンを知ったことをキッカケにして新米プレイヤーとして挑戦。改めてREDSTONEの魅力を探ってみることにした。

「2018年夏休みネクソン1日社員体験」が8月21日に開催。参加者募集が本日開始

「ブラウザ三国志」9周年記念インタビュー。史実を題材とした新ワールドが加わるアップデート,2つの新兵科が登場するOBTについて話を聞いた

 マーベラスは,ブラウザゲーム「ブラウザ三国志」9周年記念のアップデートを,2018年7月18日に行う予定だ。さらに8月には,新兵科及び天候機能の第2次OBTを実施する。プロデューサーの五味一郎氏,ディレクターの杉村剛介氏と松田勇樹氏に,アップデートや第2次OBTの内容,同OBTで追加される2つの新兵科について話を聞いた。

SteamSpyよりも正確なプレイヤーデータを算出する方法がかつて存在した。実績解除数がカギとなり、7月1日時点での1万3000タイトル分のデータが公開される

ValveのSteam APIから得られる実績解除率のデータを用いて、かつてのSteamSpyよりも正確性の高いプレイヤーデータを算出できていたことが発覚した。現在はSteam APIの仕様が変更されデータを割り出せなくなったものの、仕様変更前の7月1日時点のデータは公開されている。 The post SteamSpyよりも正確なプレイヤーデータを算出する方法がかつて存在した。実績解除数がカギとなり、7月1日時点での1万3000タイトル分のデータが公開される appeared first on AUTOMATON.

ゲーム業界5社による「レッドオーシャン時代を生き抜くためのソーシャルゲーム戦略会議」が7月25日に開催

ケイブ、元ガルチ社長の茶谷氏を招聘し「C(CAVE)スポーツプロジェクト」始動! 対戦要素を意識したゲームPFを開発へ

ケイブ<3760>は、本日(7月12日)開示した2018年5月期の決算説明資料で、esport展開に向けて「C(CAVE)スポーツプロジェクト」を始動することを明らかにした。このプロジェクトのために、ガルチ元社長の茶谷修氏を迎える。主力の『ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい~』についてはシューティング要素を重視する「原点回帰」を図り、ゲームのスコアを競う大会とするなどeSportsを意識した展開を行うとともに、新たに対戦要素を意識したゲームプラットフォームの開発に取り組むとのこと。「対戦要素を意識したゲームプラットフォーム」とはどういうものなのか、続報が待たれる。  

『PUBG』Crest Gaming Xanadu/windfallは両極端なチームだった。PJS βリーグ、esportsと仕事の両立の難しさなど、2チームにインタビュー

ファミ通AppVSでは、“PJS βリーグ Phase2”最終戦を終えたCrest GamingのPUBG部門2チームにインタビューを敢行。両チームの特色はかなり両極端で、‟理詰め”と‟プレイセンス”だった。『PUBG』について、選手陣それそれが考えるプロesports選手のあり方など、さまざまな話題が飛び出した。

『PUBG』中国にてチートツール開発者141人が逮捕される。200人以上の警察が動員し、毎日数十万円の利益を得ていた業者を一斉検挙

PUBG Corp.は7月6日、中国公式サイトにて『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のチートツール開発者141名を逮捕したと発表した。これまでにも同ゲームのチートにまつわる関係者が逮捕されてきたが、今回は過去最大規模となる。 The post 『PUBG』中国にてチートツール開発者141人が逮捕される。200人以上の警察が動員し、毎日数十万円の利益を得ていた業者を一斉検挙 appeared first on AUTOMATON.

『JOGA オンラインゲーム市場調査レポート 2018』が発売、2017年国内オンラインゲーム市場規模は前年比6%増の1兆3603億円に拡大

一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)は、国内のオンラインゲーム市場を調査し、その結果をリポートとしてまとめた『JOGA オンラインゲーム市場調査レポート 2018』を2018年7月10日に発売した。

『FFXIV』初のPvP公式大会のオンライン予選が開始! ふたりのキーマンに独占取材「参加だけでなく、身近な代表を応援してほしい」

『ファイナルファンタジーXIV』の初となるPvP(対人戦)公式大会が開催。どのようにしてこの大会が生まれたのかを、ふたりのキーマンに直撃した。

ゲームオン、MMORPG「ArcheAge」 バーチャルクリエイター応援企画を開催。新規サーバーでプレイしてくれるVTuberを募集中

埼玉消費者被害をなくす会、「モバゲー」の利用規約の差止訴訟 消費者法で無効とする内容が含まれるため

埼玉消費者被害をなくす会は、7月9日、ディー・エヌ・エー(以下、 DeNA)に対してさいたま地方裁判所民事部への提起を発表した。同会は、DeNAが運営するポータルサイト「モバゲー」のサービス利用契約に対して、消費者契約法第8条第1項で無効とする内容が含まれている条項があるとして、該当する規約の使用差止を求めている。 ■差止の対象となった条項及びその理由 第4条 携帯電話3 携帯電話及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はモバゲー会員が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。↓ 文言上、パスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者使用という事態が生じるに至った責任の所在が限定されておらず、すなわち被告に故意過失がある場合も含め、文言上、「被告が一切責任を負わない」条項であり消費者契約法8条1項1号もしくは3号に抵触

App Annie、App Store10年間のデータを一挙公開 国内DLトップは『LINE:ディズニー ツムツム』、消費支出トップは『モンスト』に

App Annieは、2008年7月にローンチしたiOS App Storeが10周年を迎えたことを受け、その歴史を振り返った資料を公開した。ゲームに関しても多くの内容を含んでおり必見の内容となっている。 日本のゲーム市場に注目をすると、ゲーム消費支出ランキングでは、首位はmixi<2121>の『モンスターストライク』、2位にガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の『パズル&ドラゴンズ』、FGO PROJECTの『Fate/Grand Order』が3位となっている。またダウンロードランキングでトップに立ったのはLINEの『ディズニー ツムツム』となる。2位にはmixiの『モンスターストライク』、3位にガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の『パズル&ドラゴンズ』という結果になった。 なお同資料には、その他

BlizzardのゲームサーバがまたもやDDoS攻撃被害に―『オーバーウォッチ』などに影響も現在は解決済み

15周年を迎えた「信長の野望 Online」。サービス開始当初から本作を見てきた開発・運営チームメンバーに“信On”の15年を振り返ってもらった

 MMORPG「信長の野望Online」が,2018年6月12日にサービス開始15周年を迎えた。この15年は,コンピュータの基盤技術からプレイヤーのトレンドまで,あらゆるものが激変し続けた激動の時代だった。「ご長寿MMORPG」の1本に数えられるであろう本作は,この時代をどのようにくぐり抜けてきたのか。開発・運営のキーマンに話を聞いた。

『PUBG』公式ゲームアイテムにもなった人気ストリーマーShroudが1ヶ月のBANへ―原因は野良ユーザーの“チート”

FinalFantasy14

JOGA,「オンラインゲーム市場調査レポート 2018」を本日発売

『レインボーシックス シージ』600もの不正なアカウントへのBANを予告。悪質プレイヤーに対して警鐘鳴らす

Ubisoftは7月6日、『レインボーシックス シージ』のチート対策についての新たな取り組みを発表した。『レインボーシックス シージ』で活動する約600のアカウントに対し容赦ない措置をとる予定があることを公表し、悪質なプレイヤーに対し監視強化すると警鐘を鳴らした。 The post 『レインボーシックス シージ』600もの不正なアカウントへのBANを予告。悪質プレイヤーに対して警鐘鳴らす appeared first on AUTOMATON.

“全国高校eスポーツ選手権”の開催が決定、“eスポーツ部 発足支援プログラム”の先着申し込み100校に3年間PCを無償でレンタル

毎日新聞社およびサードウェーブは、全国の高校生を対象に“全国高校eスポーツ選手権”を開催する。また、サードウェーブは、本大会の開催に併せて“eスポーツ部 発足支援プログラム”も発表した。

Access Accepted第582回:PlayStation 4版「Fortnite」で起きたクロスプレイの話題をまとめた

 PlayStation4ユーザーはNintendoSwitchの「Fortnite」アカウントにアクセスできない,という話が欧米ゲーム業界で話題になっている。さまざま機種のユーザーとクロスプレイを楽しみたいというゲーマーにとっては残念な話だ。今週は,そんな話題をまとめた。

Google・DeepMindの新たなAIがFPS『Quake III Arena』にて人間以上のチームワークを発揮。シンギュラリティへの序章となるか

とあるAIに関する成果発表がソーシャルメディアを中心に注目を浴びている。2018年7月3日(現地時間)、米Google傘下のDeepMind TechnologiesがFPS『Quake III Arena』を使用した人工知能の強化学習開発の成果を発表したのだ。 The post Google・DeepMindの新たなAIがFPS『Quake III Arena』にて人間以上のチームワークを発揮。シンギュラリティへの序章となるか appeared first on AUTOMATON.

アソビモ、8日に『アヴァベルオンライン』ゲーム大会「AVABEL SUPER FIGHT!!」を開催! AppBankの「@BLAST」で勝利チームの予測投票を実施

アソビモは、『アヴァベルオンライン』にて、500万円相当のASOBI COINを賞品としたゲーム大会「AVABEL SUPER FIGHT!!」を7月8日に開催すると発表した。同時に、AppBank提供の仮想通貨配付コンテンツプラットフォーム「@BLAST」にて同大会の勝利チームの予測投票を実施することを発表した。<以下、プレスリリースより>アソビモ株式会社が提供するスマートフォン向け MMORPG「アヴァベルオンライン」のゲーム大会「AVABEL SUPER FIGHT!!」を開催いたします。本大会では、ユーザー代表の「たかりゅーくん」「ぺしぺし」「TaRu」率いる 3 つのチームに所属し、敵チームのリーダーや陣地のコアを攻撃して得られるポイントを競い合います。リーダー3名の意気込みは詳細ページ(https://avabel.jp/information/detail/?informat

「黒い砂漠」のリアル屋台で夏を満喫! 屋台でもらった特製パフェには,次期アップデート「ドリガン」の秘密が隠されていた

 ゲームオンがサービス中のMMORPG「黒い砂漠」で,夏イベント「テルミアンウォーターパーク」が開催中だ。そんな折り,ゲームオンから「ウォーターパークを体験してみませんか」との連絡が。いやな予感がしつつ向かったゲームオンの一室には,屋台やプールが設営された祭り会場が待っていた。

『ArcheAge』MMORPG初期の混沌を楽しめる新サーバーが登場。導入意図を運営Pに訊く【アイテムプレゼント】

ゲームオンが運営する『ArcheAge』は、2018年7月23日にサービス5周年を迎える。今後の施策についてインタビューしたら、わくわくする話が聞けた。

ArcheAge

マイクロソフトが「AIによる機械学習を用いたチート検出技術」の特許をアメリカで出願。行動パターンを監視しあぶり出し狙う

マルチプレイゲームの増加に比例して、チート行為。各ゲームメーカーがチートに対しさまざまな対策をおこなっているが、マイクロソフトがAIによる機械学習を利用したチート検出技術の特許をアメリカで出願している。 The post マイクロソフトが「AIによる機械学習を用いたチート検出技術」の特許をアメリカで出願。行動パターンを監視しあぶり出し狙う appeared first on AUTOMATON.

アソビモがディー・エル・イーとの業務提携を発表

  1. 1
  2. 2
  3. 次へ >>