MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

『新生FFXIV』この新兵の顔つきを見よ “ファイナルファンタジー14チャンネル”第0.5回リポート

 2014年9月27日、新規プレイヤーの女性タレントたちがゲームを楽しむ姿を通じて『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』の魅力を視聴者に伝えていくという番組がニコニコ生放送で放映された。放映現場で間近に見た出演者たちの様子を、番組の内容と併せてお届けしよう。

DMMゲームズのオンラインRPG「スカイ・ロア」運営スタッフインタビュー

DMMゲームズは今春から今秋にかけて、10作近くの新作タイトルを怒涛の勢いでリリースしている。その中の一作「スカイ・ロア」は、9月18日より正式サービスを開始している、クライアント型のオンラインRPGだ。運営スタッフにゲームの見どころなどを聞いてきたので紹介しよう。

海外:イギリスのゲーマーは半数以上が女性、転換点を迎えたか?米紙報道より

イギリスの女性ゲーマー比率が男性ゲーマーを上回ったと米経済誌フォーブスが報じています。

海外:封印された『Destiny』の「地球穴」を再現したブラウザゲー「Interactive Cave Shooting Simulator」

人類最後の地を救うガーディアンたちが延々と穴に向かって弾丸を撃ち込むシュールな光景が見られた『Destiny』の稼ぎ場「地球穴」。女王の怒りなどとともにこれらの穴はすでにアップデートにて封印されましたが、まだ穴を掘り足りないユーザーへ向けたブラウザゲーム「Interactive Cave Shooting Simulator」が海外に登場しました。

海外:King、6wavesとのソーシャルゲーム訴訟合戦で和解 6wavesは当該タイトルを削除へ

ソーシャルゲームディベロッパー&パブリッシャーのKingが、米サンフランシスコと香港に拠点を置くソーシャルゲームディベロッパー兼パブリッシャーの6wavesとの間で争っていた著作権侵害に関する訴訟について和解が成立したと発表した。 この訴訟は、Kingのソーシャルパ...

『Destiny』と『CoD: Ghosts』のサーバーが一時接続しにくい状況に、再び「Lizard Squad」が犯行声明

先日より主要なゲームタイトルのサーバーがDDoS攻撃などを受けオフライン状態になる状況が続いており、開発者への個人攻撃などとあわせてゲーム業界の大きな問題として注目を浴びていますが、ふたたび『Destiny』と『Call of Duty: Ghosts』のサーバーを標的とした「Lizard Squad」による犯行声明が出されました。

セガ、PC向けMOBA「カオス ヒーローズ オンライン」 賞金総額250万円の公式大会「SUPER BATTLE TOURNAMENT」レポート

 2014年9月27日,セガはサービス中のPC向けMOBA「カオスヒーローズオンライン」の公式大会「SUPERBATTLETOURNAMENT」の決勝戦および3位決定戦を実施した。大型アップデート「ACT3時空の亀裂」の実装により,大幅に環境が変わった直後の大会では,どのような戦いが繰り広げられたのだろうか。

コーエーテクモ、第2四半期の営業益予想を22億円から27億円に上方修正 利益率の高い製品の売上比率上昇や営業外収益の拡大で 統合以来最高の売上・利益に

コーエーテクモホールディングス<3635>は、本日(9月29日)、第2四半期累計(2014年4~9月期)の連結業績予想を上方修正し、営業利益22億円から27億円に、経常利益を35億円から54億円に、四半期純利益を24億円から35億円にそれぞれ引き上げた。修正率は、営業利益が22.7%増、経常利益54.3%増、四半期純利益が45.8%増となる。売上高については、160億円と従来予想から変更なし。売上高、営業利益、経常利益、四半期純利益とも、経営統合以来、上半期としては最高となる見通しとなった。 同社では、上方修正の理由について、利益率が高い売上の構成比率の上昇やコスト低減に加え、金融市場における円安、株高などを背景に営業外損益が大幅に向上するため、と説明している。また売上高については、「真・三國無双7 Empires」の発売時期を9月から11月に延期したものの、「ゼルダ[...]

NHN PlayArt、ソーシャルゲーム開発・運営子会社「深紅」を吸収合併

NHN PlayArtは、この日(9月29日付)の『官報』で「合併公告」を掲載し、子会社の「株式会社深紅」を10月31日付で吸収合併することを明らかにした。NHN PlayArtは、深紅の権利義務を全て継承し、深紅は解散する。すでに両社の株主総会での承認決議は終了したとのこと。

【週刊ジーパラが批評133】急激に増加しつつある“スマホで遊べる本格的ゲーム”!?

最近のニュースを見ながらさまざまな話題をお届けしたりしなかったりする週刊ジーパラが批評のお時間がやってまいりました。  東京ゲームショウ2014関連の情報ラッシュもひと段落といった感じのコンシュー...

海外:ソーシャルゲームで勝てば実際にお金が稼げるe-sportsプラットフォーム「Skillz」

突然だが、あなたは”e-sports”をご存知だろうか? 正式にはエレクトロニック・スポーツのことであり、競技としてのコンピュータゲームを指す。日本でも徐々に耳にすることが増えてきた。

Mozillaのゲームに対する本気度を担当者が語る。WebGLが拓くゲームプラットフォームとしてのWebブラウザの姿

 CEDEC2014では米MozillaFoundationからブラウザのゲームプラットフォーム化を推進している担当者が来日し「GamesonthemodernWeb」(モダンWebにおけるゲーム事情)と題するセッションを行った。4Gamerでは彼らへのインタビューを行い,同社が目指すブラウザゲームの姿について探ってみた。

海外:「PlayStation Home」アジアに続き欧米でもサービス終了へ

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PS3のオンラインプレイグラウンド「PlayStation Home」の欧州及び北米におけるサービスを2015年3月31日に終了することを発表しました。

岩手県、Googleの陣取りゲーム『Ingress』を地域活性化のPRツールとして利用

岩手県は、「岩手県庁Ingress活用研究会」を発足させ、第1回の研究会を開催することを発表しました。 『Ingress』は、Googleが開発・提供を行うスマートフォン向けゲームアプリです。スマートフォンなどの位置情報交信機能を利用し、現実の世界における名所旧跡などの「ポ...

海外:Activision Blizzardなどへの特許侵害主張は無効、「抽象的なアイデアには特許性が無い」

Activision Blizzardは、同社に対してMcRo社が起こしていた特許侵害訴訟に関して、特許を無効とする判決が下ったことを発表しました。 訴訟は、McRo社が所有する「3Dキャラクターの口唇と表情を自動でアニメーション化する」という2つの特許に関連して行われたもの。McRo...

スクウェア・エニックス、MMORPG「新生FFXIV」 初の公式アレンジアルバムを発売決定

スクウェア・エニックスは、MMORPG「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」初の公式アレンジアルバム「From Astral to Umbral ~FINAL FANTASY XIV: BAND & PIANO Arrangement Album~」を12月17日に発売する。価格は4,000円(税別)。Blu-ray Disc1枚に全12曲収録で、高音質MP3ファイルもアレンジ曲12曲+オリジナル音源12曲の合計24曲分が収録されている。

企業広報の「隠れ家でちょっと一息」: 海外で培った視野の広さ生かしたい イー・ガーディアン 大島一恵さん (1/2)

学生時代からのモデル活動、イギリス留学と、これまでにさまざまな人生経験を積んできたイー・ガーディアンの大島さん。そこで身に付けたスキルなどを広報の仕事にも生かしていきたいと語る。

ガーラ、ソーシャルゲームアプリの開発・運営を行う子会社Gala Connectを設立

ガーラ<4777>は、9月25日、韓国ソウル市に新設子会社「Gala Connect Inc. (ガーラ コネクト)」を10月に設立すると発表した。代表理事会長にはガーラCEOの菊川暁氏、代表理事CEOにはガーラ取締役のホウ・ヒョン氏が就任する。今回設立した子会社は、スマートフォン、タブレット PC向けソーシャルゲームアプリの開発と運営を行う。新設子会社は、連結子会社 Gala Lab Corp. 韓国)と連携し、蓄積しているアプリ開発技術のノウハウを生かし、効率的な企業経営を行っていく、としている。また子会社の設立は、設立代表者のモチベーション維持につながり、ビジネスの成功に向けて尽力してもらうためでもあるという。ガーラでは、スマートフォンアプリ事業を主要事業に成長させるため、グループのグローバルなネットワークを活用し、アプリ開発及びライセンス取得並びにアプリ提供に努めており[...]

DeToNator、3タイトルにおける新チームの設立を発表 「CS:GO」、「League of Legends」、「Dota2」で。新メンバーは今後募集

オンラインゲームのプロゲーミングチーム「DeToNator」は、新たなチームとして「Counter-Strike: Global Offensive」、「League of Legends」、「Dota2」の3タイトルの部門を立ち上げることを発表した。

【ファミキャリ!会社探訪(17)】設立10年目を迎え、ネイティブゲームへと大きく舵を切ったグリーを訪問!

ファミ通ドットコム内にある、ゲーム業界専門の求人サイト“ファミキャリ!”。その“ファミキャリ!”が、ゲーム業界の最前線で活躍している、各ゲームメーカーの経営陣やクリエイターの方々からお話をうかがうこのコーナーの第17回は、グリー。

フジテレビとセガネットワークス、クラウドファンディング事業に参入 ゲーム特化型サービスを10月下旬より提供開始予定

フジテレビジョンとセガネットワークスは、グーパが運営するゲーム特化型クラウドファンディングサービス「クラウドライブ」(Crowdrive)を通してクラウドファンディング事業に参入すると発表した。

ヤフーがゲームパブリッシング事業の立ち上げに伴いスタートアップメンバーを急募!

国内No.1ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を主力事業に持つヤフー<4689>。連結売上高は3,862億円、総資産は8,427億円にのぼるIT業界の巨人である。現在同社は、スマートデバイス向けゲームパブリッシング事業の立ち上げに伴い、スタートアップメンバーを急募している。

異彩放つインディーゲーム 仮想現実や多人数参加

世界最大級のゲーム見本市「東京ゲームショウ(TGS)2014」が21日に閉幕した。大手ソフトメーカーの大作に注目が集まるなか、異彩を放っていたのが小規模なゲーム会社や自主製作作品が集まった「インディーゲームコーナー」だった。「ホール2」「ホール3」にまたがって設けられた展示スペースには実に20近い国・地域から68社が集結した。大手顔負けの本格アクションから素朴なゲームまで。ひょっとすると大化けするかもしれないゲームたちが、来場客を魅了していた。

海外:『League of Legends』悪質なプレイヤーを制限する新システムを発表、NA/EUサーバーを対象に導入へ

今までも多くの有害なチャットメッセージや不正業者などが報告され、様々な対策を講じながらプレイ環境を築き上げてきた『League of Legends』。同作公式フォーラムより、悪意のあるユーザーのプレイを一部制限する“Ranked Restrictions”が実装予定であることが伝えられています。

中国:ゲームユーザー3億人超! 爆発的な成長遂げる中国ゲーム市場

中国では、スマホユーザーの増加とともに、ゲーム人口も急増している。日本企業はこの商機を取り込むことができるか─。

中国:Microsoft China、中国版Xbox Oneを9月29日に発売決定ローンチタイトルは「Forza 5」や「Neverwinter Online」など10タイトルからスタート

Microsoftの中国法人Microsoft Chinaは、中国で発売を延期していたXbox Oneについて、改めて9月29日に発売することを発表した。価格はKinectなしの通常モデルが3,699元(約65,000円)で、Kinect同梱モデルが4,299元(約76,000円)。

『HOUNDS』最強クラン決定戦にM.S.S Projectが乱入!? “BATTLE of HOUNDS -ROAD TO TGS2014-”リポート【TGS 2014】

2014年9月21日、“東京ゲームショウ 2014”のDMMゲームズブースにおいて、PC用オンラインTPS『HOUNDS』の大会“BATTLE of HOUNDS -ROAD TO TGS2014-”が開催された。最後はM.S.S.Projectが乱入!?

【TGS2014】『League of Legends』の「LJ LEAGUE」レポ― 盛り上がりは予想以上

東京ゲームショウ2014のLogicoolブースで、Riot Game開発のMOBA『League of Legends』(以下、LoL)の国内リーグである、ロジクール共催のLJ LEAGUE Grand Championship 2014が開催されました。常にブース外まで観客が溢れていた本大会のイベントレポートをお届けします。

【タイトー特集】ON!AIR事業部 事業部長 川島健太郎氏インタビューゲームの中心価値は“おもしろさ”。タイトーが目指すソーシャルとアーケードの融合とは?

タイトー特集第2弾では、9月17日に掲載した「LINEパズルボブル」プロデューサー西脇剛志氏に続いて、ON!AIR事業部 事業部長の川島健太郎氏のインタビューをお届けしたい。

Kickstarterが利用規約を改定、クリエイターの責任を明確に

今やクラウドファウンディングの代名詞的存在になっている「Kickstarter」。ゲームや映画、本や料理などあらゆる分野で利用されている本サービスにて利用規約の改定が行われます。

世界のトッププロゲーミングチーム「Fnatic」と考える日本のe-Sportsの未来日本のe-Sportsを盛り上げるために、事業者、選手はどうすれば良いのか

東京ゲームショウ2014の「EIZO / MSI / SteelSeries」共同出展ブースでは各社の様々なデバイスとゲームが展示されており、プロゲーミングチーム「DeToNator」や「Galactic」のメンバーもブースを訪れ交流することができた。

『Destiny』平均プレイ時間など統計データが公開、対人戦の総デス数は10億を突破

Bungieより、大きな期待の声を受けながらリリースされた新作シューター『Destiny』のプレイ時間統計データが公開されました。

先月DDoSアタックを宣言した「Lizard Squad」先週末に『Destiny』や『CoD: Ghosts』を標的に?

今年8月末、PlayStatio NetworkやXbox LIVEおよび主要ゲームタイトルのサーバーへとDDoSアタックを仕掛けたと宣言し、大きな注目を集めた「Lizard Squad」。彼らが新たに先週末に『Destiny』や『Call of Duty: Ghosts』といったタイトルへと同様の攻撃を行ったと宣言していたことが明らかとなりました。

Access Accepted第435回:Xboxと香水。独占的マーケティングについて考える

 欧米のゲーム業界では最近,一つのプラットフォームホルダーがサードパーティーの新作タイトルに対して独占的な権利を獲得するというマーケティング手法がよく使われるようになってきたが,それにまつわるちょっとした事件も起きた。今回は,そんなマーケティング手法に関する欧米の動きについて紹介したい。

【週刊ジーパラが批評132】2016年、あの国民的ビッグタイトルはクラウドゲームになるのかも……!?

最近のニュースを見ながらさまざまな話題をお届けしたりしなかったりする週刊ジーパラが批評のお時間がやってまいりました。  ……というわけで毎年恒例のゲーム業界一大イベントである「東京ゲームショウ 20...

ソーシャル沈下、スマホ・PCゲームの勢いを感じた今年のゲームショウ

今月(9月)18日から21日まで幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ(TGS)2014」。過去最多の出展者数を記録し、4日間で25万人超を集めた業界最大の展示会だ。ゲーム専用機対応の美麗なグラフィックのゲームも健在だが、勢いを増してきたのはスマートフォン(スマホ)ゲーム、そしてインディーズによるPCゲームだった。

[TGS 2014]新MAPと新CO-OPモードが発表された「Alliance of Valiant Arms」のサプライズステージをレポート。「AGC2014」は日本代表クランが優勝

 東京ゲームショウ2014の最終日となる2014年9月21日,ゲームオンが運営しているオンラインFPS「AllianceofValiantArms」の国際親善試合「AGC2014」が開催された。本稿では,その試合前にサプライズ発表された最新アップデート情報をお届けしよう。

AVA

東京ゲームショウ 2014の来場者数は歴代2位の25万1832人に 2015年は9月17日~20日に開催【TGS 2014】

2014年9月18日~21日まで開催された東京ゲームショウ 2014の総来場者数が、歴代2位の25万1832人だったことが発表された。

[TGS 2014]聞けば聞くほどガチな会社だったWargaming Japanインタビュー,「World of Warships」ほか来年にかけての最新情報を聞いてきた

 東京ゲームショウ2014では試遊整理券が一瞬でなくなった「WorldofWarships」,またモバイル向けながらほぼPC版と同等のプレイ体験を構築した「WorldofTanksBlitz」,そして噂だけがちらほら見え隠れする「WorldofTanksGenerals」など,今年のWargaming作品の動向と,来年初頭あたりまでの動きをWargamingJapanスタッフに聞いてみた。

“共闘遊児”たちの熱い夏が終わった――白熱の展開をみせた“共闘甲子園 全国大会”をリポート!【TGS 2014】

2014年9月18日~21日、千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ 2014。9月21日、プレイステーションブースで、プレイステーション Vitaでの共闘ゲーム日本一を決める“共闘甲子園 全国大会”の決勝大会が行われた。各地の代表チームがくり広げた熱戦の模様をお届けする。

浅倉杏美さん&内田真礼さん起用のワケは? 『ワールド エンド エクリプス』ステージプログラムリポート【TGS 2014】

2014年9月18日~21日、千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ 2014。9月21日、セガブースで今冬サービスイン予定の『ワールド エンド エクリプス』のステージプログラムが行われ、本作プロデューサーの本山真二氏、出演声優の浅倉杏美さん、内田真礼さんが登場した。

[TGS 2014]台湾PlayCooが「DIVINA mobile」を開発中。モバイル版「ルーセントハート」の進捗についても聞いてみた

 「ルーセントハート」や「Sky・Lore(スカイ・ロア)」などのPCオンラインゲームの開発元として知られる台湾PlayCooが,2013年に引き続いてTGS2014の会場にブースを構えていた。今回の新作は「DIVINAmobile」だ。同社はGamaniaグループではあるが,最近では外部パブリッシャへの売り込みにも力を入れている。そこで日本におけるスマートフォンゲーム展開の進捗や,新作タイトルについて話を聞いてみた。

中国産の激しくド派手なアクションゲーム、「GOUST BLADE」、「Requiem」日本のタイトルを中国でサービスするノウハウを持つ空中網JP

様々な国が自社の最新タイトルをアピールしていた東京ゲームショウ2014。中国メーカーの活動も盛んだった。自社のブースを出すだけでなく、SCEJAのインディーズブースに出展しているメーカーもあった。本稿ではその中から気になったメーカー・タイトルをピックアップしていきたい。

西遊記アクション、北欧の神々が戦うRTSなど台湾XPECの多彩なラインナップ日本ではMMORPG「MazeMyth」が好調、幅広いジャンルのタイトルを提供

台湾XPECは毎年東京ゲームショウで試遊台を出展し、ユーザーに自社タイトルをアピールしている。コスプレのコンパニオンも用意し、人気を集めているブースの1つだ。

World of Warships

4280億179万5062ギルあったら何に使う? 『新生FFXIV』エオルゼア領勢調査まとめ【TGS 2014】

 千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2014。その一般公開日初日となる9月20日、スクウェア・エニックスブースのメインステージにて『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』のイベント、“出張プロデューサーレターLIVE in 幕張”が開催された。今回のテーマは“エオルゼア領勢調査”。データから本作の“いま”を切り取る試みだ。

イベントもグッズも盛りだくさん!のアソビモブース【東京ゲームショウ 2014】

スマートフォンで人気オンラインRPGを複数展開するアソビモのブース。ステージイベントを絶え間なく開催!すでにユーザーの人も、まだ登録していない人もぜひとも見に行ってみよう。

PS4「Destiny」、BungieのリードデザイナーTsai氏にインタビュー「ゲームを面白くできるチャンスが、この先ずっとあり続ける」

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアが9月11日に発売したプレイステーション 4/3用アクションシューティング「Destiny」。東京ゲームショウ2014の開催に合わせて、本作を開発するBungieより、リードデザイナーのJames Tsai氏が来日した。

アバターで通える通信制高校……だと!? 「明聖サイバー学習国」がいろいろバーチャルすぎて面白い

 学校法人花沢学園 明聖高等学校が、日本初のアバターで通える通信制高校「明聖サイバー学習国」を2015年4月に開校します。バーチャル空間に建てられたキャンパスに、生徒たちがアバターで通う……なんという近未来感!

Google発、世界規模の陣取り合戦:“Ingress紳士”に夜の国立競技場前で出会った話 世界最高レベルのエージェントに聞くその極意 (1/3)

夜の国立競技場前。Ingressをプレイしていた筆者は見知らぬ男性に声をかけられた。その名はirmareさん。なんと世界最高レベルのIngress紳士だったのだ。

ゲーム実況がみんなを幸せにする!? トークセッション“ゲーム実況の未来”リポート【TGS 2014】

2014年9月18日から9月21日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2014。会期2日目の2014年9月19日、ニコニコブースにて行われたトークセッション“ゲーム実況の未来”をリポートしよう。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 次へ >>