MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

10月3日、Blizzard社における『Hearthstone』の招待制イベントがe-Sports Squareで実施。開発者や声優によるセッションも

2015年10月3日(土)、東京秋葉原に位置するe-Sports Squareにて、Blizzard Entertainmentのトレーディングカードゲーム『Hearthstone』の完全招待制イベントが開催されることが明らかにされた。BlizzardのPR担当よりAUTOMATONに招待状が送られており、イベントの存在をサイト上で伝えることに関しても許可をもらっている。招待状が送られているのは現時点でプレスや関係者のみで、一般ユーザーは参加できない。同イベントではデベロッパーセッションも実施される予定で、日本ユーザーにとっては”貴重な時間”となりそうだ。

『モンスト』など、スマホゲームのマルチメンバー募集が容易に!Lobi、「マルチプレイ募集」機能をリリース

東京ゲームショウ2015にてカヤックは、同社が運営するスマートフォンゲームコミュニティサービス「Lobi(ロビー)」で、詳細な条件を指定してメンバー募集が行える「マルチプレイ募集」機能のリリースを2015年10月に予定していると発表しました。

TRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」、基本ルールを無料配信 ファンの期待にホビージャパンが応えた形で公開中

ホビージャパンはテーブルトークRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」公式ページにて、最新基本ルール「プレイヤー向けベーシック・ルール日本語版」及び「キャラクター・シート」をPDF形式で無料で公開している。

『信長の野望 201X』ゲーム業界初となるYahoo!検索へのリンクを導入 武将検索、お城検索などが可能に

コーエーテクモゲームスは、配信中のフォーメーションバトルRPG『信長の野望 201X』において、各曜日ダンジョンに“上級”、ゲームアプリ内に“Yahoo!検索”を実装した。

【LIVELY調査】アプリ課金の実態に関するアンケートの結果を公表…10人中7人がアプリ課金なし、課金者の課金回数は前年比で増加傾向

スマート&かんたん家計簿「zippi」を開発・運営するLIVELYは、20代以上の男女500名を対象に、アプリ課金の実態に関するアンケート調査を実施し、その結果を公表した。【調査概要】調査対象:全国の20代以上の男女500名(性別/年齢別各50名)調査方法:インターネットリサーチ調査実施日:2015年8月21日(以下、プレスリリースより)【調査結果要約】アプリ課金者に1ヶ月の課金額を質問したところ、5人に1人が月に5,000円以上課金していることがわかりました。昨年に比べて、アプリ課金者の約3割の方で課金回数も増えており、アプリ課金が浸透している様子がわかります。一方、10人中7人がアプリ課金はしておらず、まだアプリ市場には開拓余地があると確認できました。【調査結果詳細】■10人中7人がアプリ課金なし、アプリ市場は開拓余地あり1ヶ月のアプリの課金回数を質問したところ、回答者の21%の方が月[...]

海外:食事中もゲームに熱中!『LoL』強豪プロ選手の素顔に迫るドキュメンタリー映像

『League of Legends』競技シーンの映像を公開するYouTubeチャンネル「LoL Esports」より、同作プロゲーマー達にスポットライトを当てたドキュメンタリームービーが公開されました。

【特集】注目作『ツリー・オブ・セイヴァー』ネクソンが運営する懸念と、ネクソンだからできる運営。キーマンが語る運営方針とは

MMORPGというジャンルの隆盛を支えたと言っても過言ではないキム・ハッキュ氏の最新作として注目を集めている『ツリー・オブ・セイヴァー』。本作は韓国のゲーム会社IMC Gamesが開発する新作MMORPGで、巨大な木に覆われた世界で繰り広げられる物語を美麗で童話的なグラフィックで再現し、個性あふれる職業と壮大な世界観で構成されています。

サービス開始から1か月経った「英雄RPG」と,4周年を迎えた「英雄クロニクル」の開発陣にインタビュー。両作の今後のアップデート予定を聞いた

 サクセスがサービス中のブラウザゲーム「英雄クロニクル」が,本日(2015年9月29日)サービス4周年を迎えた。また,同じ開発チームが手掛ける新作「英雄RPG聖域の冒険者」も,サービスのスタートから約1か月が経過している。今回4Gamerでは,開発陣に英雄RPGと英雄クロニクルのインタビューを行い,両作の今後の展開について聞いてみた。

TreeOfSavior

海外:『MtG』のWizardsとMMOTCG『HEX: Shards of Fate』の訴訟で和解成立

『Magic: The Gathering』で知られるWizards of the Coastは、昨年5月に著作権侵害で提訴した、MMOTCG『HEX: Shards of Fate』の開発元Cryptozoic EntertainmentおよびHEX Entertainmentと和解が成立したと発表しました。

ネクソン、スマホ向けオンラインアクションRPG「メイプルストーリーポケット」大澤玲美さんが出演するWebCMを配信開始

オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:OwenMahoney/オーウェン・マホニー、東証:3659、以下ネクソン)は、iOS/Android向けに配信中のオンラインアクションRPG『メイプルストーリーポケット』にて、モデル・タレントの大澤玲美さんが出演するWebCMを本日(9/28)より配信したことをお知らせいたします。また、WebCM配信記念として、「プレゼントキャンペーン」や「メイポケ動画カプセルTwitterキャンペーン」も開催いたします。

スマホゲーム市場がいよいよ頭打ち、海外市場には本当に「活路」があるのか - ガンホー・コロプラも失速

スマホゲーム業界は「めざましい成長産業」とみなされてきたが、ここにきて各社の業績に陰りがみられ、投資家の間でも一時の熱気はすっかり影をひそめた。その背景には売上の頭打ちに加え、開発費や広告宣伝費、販促費の高騰で思うように利益があがらなくなっている事情がある。それにフタをしたいかのように各社は揃って「海外進出」を口にするが、海外のゲーム市場では中国のテンセントや米EA(エレクトロニック・アーツ)、英キングなど強敵が待ち構えている。はたして日本勢に勝算はあるのか。

【特集】カードで世界に挑む東大生―『Hearthstone』日本代表Kno選手インタビュー

9月12~13日、秋葉原で『Hearthstone』世界大会の日本代表を決める戦い「Japan Sub-Regional Tournament Final」が開催されました。国内の強豪をなぎ倒し、日本代表の座を手にしたのは千葉県在住21歳のKno選手です。東京大学の4年生で、マテリアル工学科に所属しています。

イベントの効果は?クランは必要?Lobiブースで『ブレフロ』『ログレス』プロデューサーが激論

開発より運営が重要とされるスマホゲーム。コミュニティマネジメントの試行錯誤が各社で続いています。もっとも成功例が少ないとあって、なかなか実情が見えてこないのが事実。そんな中、チャット&ゲームコミュニティサービス『Lobi -チャット&ゲームコミュニティ-』を運営するカヤック(Lobi)ブースで、「スマホゲームとコミュニティの美味しい関係」と題して、興味深いトークイベントが行われました。

スクウェア・エニックス・ホールディングス、オンラインゲーム「フィギュアヘッズ」,武器や装甲の性能確認/比較が可能なパーツデータベースサイトが公開。運営チームの解説付きプレイムービーも

 スクウェア・エニックスは本日,PC用オンラインゲーム「フィギュアヘッズ」のパーツデータベースサイトおよび,運営チームによる解説付きのプレイムービーを公開した。パーツデータベースサイトでは,武器や装甲の性能/特徴の確認,パーツ同士の比較が可能。第2回クローズドβテストで獲得可能なすべての武器と装甲が収録されている。

サクセス、2015年5月期は2億5900万円の最終損失に

サクセスは、この日(9月25日)付の『官報』に「第37期(2015年5月期)決算公告」を掲載し、最終損益は2億5900万円の赤字だったことが判明した。前の期は、4000万円の黒字だった。

海外:e-Sports番組がプライムタイムに進出―米テレビ局の新たな挑戦

米国のテレビ局が、視聴率競争が激しい金曜日の20時から23時台のいわゆるプライムタイムにe-Sports番組を放送することが明らかになりました。

【インタビュー】「想定外に中国の開発力が進んでいる」…スクウェア・エニックスが直面した“新興市場”におけるモバイルゲーム事業の課題と展望

スマートフォンの急速な普及に伴い、アジアを中心とした新興市場に注目が集まっている。今回、そうした中で「新興市場におけるモバイルゲーム事業の課題と展望」について、株式会社スクウェア・エニックス 成長市場統括部 ゼネラルマネージャーの中元志都也氏にインタビューを行った。(インタビューアー:デロイトトーマツ 美田和成) ■新興市場に進出する際に、痛感したこと――: よろしくお願いいたします。まず、基本的なことを伺いたいのですが、中元様のお仕事について教えていただけますか。はい。昨今モバイルゲームの普及によりアジアを中心とした新興市場に注目が集まっております。弊社もこれらの市場への取り組みを強化するために2013年7月より成長市場統括部を組成しておりまして、私は現在、同部門のゼネラルマネージャーとして、部門全体のマネジメントを行なっております。成長市場統括部はアジア全域及びそれ以外の新興[...]

【TGS2015】「普通に面白いゲーム」ではダメ…徹底したクオリティを追求する『クラクラ』開発会社のSupercell 日本代表に訊く現状と今後

フィンランドのゲーム開発会社・Supercellは、2015年9月17日(木) ~9月20日(日)にかけて開催された「東京ゲームショウ 2015」に初めてブースを出展し、ファンイベント「TOKYO CLASH 2015」を催した。『クラッシュ・オブ・クラン』(以下『クラクラ』)の大規模なファンイベントを開催するのは、今回が世界初となる。「Social Game Info」では、Supercell日本支社の代表を務めるBUDDY MARINI(バディ・マリーニ)氏に話を伺うことができた。同氏に日本版『クラクラ』の現状やマーケティング施策の反響はもちろん、本国が掲げるゲーム開発の思想まで様々な視点からインタビューを実施。 ■「普通に面白いゲーム」ではダメ…目標は「トップゲーム」Supercell 株式会社General Manager, JapanBUDDY [...]

海外:海外キッズの過半数がモバイルゲームをプレイ―コンソールやPCは減少傾向―NPD報告

NPD Groupより、子ども達を対象にしたゲームプレイ環境調査結果が発表されました。対象の過半数がモバイルゲームを遊んでいることが明かされ、PCでゲームを楽しむ子どもが減少したと報告されています。

【TGS2015】コミュニティ運用の失敗例と挽回事例とは…『ログレス』と『ブレフロ』のプロデューサーがスマホゲームの”コミニティ”を語る

カヤック<3904>は、9月17日から9月20日に幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2015」において、スマートフォンゲームコミュニティサービス「Lobi -チャット&ゲームコミュニティ-」(以下「Lobi」)のブースを出展した。ビジネスデイ2日目の9月18日には、「スマホゲームとコミュニティのおいしい関係」のステージイベントを実施。ステージには、「Lobi」事業部長・片岡巧氏と、『ブレイブフロンティア』(以下『ブレフロ』)プロデューサー・高橋英士氏、『剣と魔法のログレス いにしえの女神』(以下『ログレス』)プロデューサー・板倉基之氏、ファミ通App編集長・目黒輔氏の4名が登壇。スマホアプリでのコミニティ作りをテーマに語った。  ■これまでのイベントを振り返るまずは、各タイトル毎に今まで行ったオフラインイベントなどを振り返った。『ブレフロ』では、You[...]

【TGS2015】動画機能の重要性を「Lobi」事業部長の片岡氏と『モンスト』プロデューサーの木村氏が語る そして増加する「マルチプレイ」の波

カヤック<3904>は、9月17日から9月20日に幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2015」において、スマートフォンゲームコミュニティサービス「Lobi -チャット&ゲームコミュニティ-」(以下「Lobi」)のブースを出展した。ビジネスデイ1日目の9月17日には、「モンスト x プレイ動画 ~これまでの軌跡と今後の展望~」と「新機能発表」のステージイベントを実施。前半のイベント「モンスト x プレイ動画 ~これまでの軌跡と今後の展望~」では、株式会社ミクシィ取締役「XFLAG」スタジオ総監督の木村弘毅氏、面白法人カヤック 執行役員 Lobi事業部長の片岡巧氏、そしてモデレーターとしてファミ通App編集部の笠井正彦氏が登壇。はじめに10月から日本テレビほかで新TVシリーズが放送となる「ルパン三世」とのコラボイベントクエストを、木村氏が「Lobi」の録画機能を用いて挑戦し、[...]

東京ゲームショウ2015:変わる業界 問われるショーの存在意義

17〜20日に開かれ、約26万8000人が来場した国内最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2015」。過去最大規模の480社が参加し、華やかなブースが並んだ。スマホゲーム市場の拡大でゲーム業界も変わりつつあるように、ゲームショウの存在意義も変わりつつある。ゲームショウの展望と課題を追った。

中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

中国のゲーム大手KONGZHONG(空中网)の日本法人であるKONGZHONG JP(コンゾン・ジャパン)は東京ゲームショウに出展し、中国展開を検討する日本企業にアピールすると共に、中国発のタイトルの日本でのパブリッシングも開始することを明らかにしました。

「WoWS」旭日旗問題の真意を聞いた。Wargaming.net HQ単独インタビュー

東京ゲームショウ2015会場に、海外オンラインゲーム企業として最大級の巨大ブースを出展したWargaming.net。ご存知「World of Tanks」や「World of Warships」といった、人気のオンラインバトルゲームをグローバルで展開しているゲームメーカーだ。

World of Warships

[TGS 2015]総入場者数は歴代2位の26万8446人。東京ゲームショウ2015が閉幕

 2015年9月9月17日に千葉・幕張メッセで開幕した日本最大級のゲームイベント,東京ゲームショウ2015が本日(9月20日),閉幕した。主催の日本コンピュータエンターテインメント協会と日経BPの発表によれば,総入場者数は26万8446で,これは歴代2位となる数字になる。

30代限定対戦、女性限定……様々な設定での「AVA」の対戦大会 有名プレーヤーも集まった「AVAれまショウ2015!」

 ゲームオンは9月20日、「東京ゲームショウ2015」の「サイバーゲームズアジア」にて、オンラインFPS「Alliance of Valiant Arms(AVA)」のゲーム大会「東京ゲームショウ」で「AVAれまショウ2015!」を開催した。

SANKO、「LoL」の日本リーグ「LJL 2016」開催概要を発表 試合は週3回、毎試合BO3、土曜は常にオフライン対戦などさらに規模を拡大

「League of Legends」の日本リーグ「League of Legend Japan League(LJL)」を運営するSANKOは9月20日、東京ゲームショウのロジクールブースにおいて発表会を開催し、2016年1月以降に実施する「LJL 2016」の開催概要を発表した。

[TGS 2015]「League of Legends」日本サーバーの展開はどうなる? LJL運営代表・鈴木文雄氏へのショートインタビューを掲載

東京ゲームショウ2015の一般公開日初日となる2015年9月19日,ロジクールブースで開催された「League of Legends」(以下,LoL)の大会「Logicool G Cup」にて,Riot Gamesが日本サーバーの正式オープンに向けて,モニタリングテストを実施予定であることが明らかとなったのは,既報のとおり(関連記事)。

『World of Warships』と『World of Tanks』はどこを目指す? CEOビクター氏を含む3人のキーマンにインタビュー【TGS2015】

2大ミリタリーオンラインゲーム『World of Warships』と『World of Tanks』の今後の展開について、開発・運営元のキーマン3人にインタビュー。

【TGS 15】国内メディアが語る「e-Sportsの懸念」とは―トーク番組「Gのから騒ぎ」をレポート!

9月17日から18日にかけて開催された東京ゲームショウ2015ビジネスデイ。Logicoolブースでは、トークバラエティー番組「Gのから騒ぎ」が公開生放送イベントとして実施されていました。ファミ通.comからミス・ユースケ氏、Number webから柳沢章祐氏、そしてGame*Sparkからプロデューサー・森元行が登壇するトークセッションでは、ゲーム/スポーツメディアから向けられる「e-Sports」への鋭い視線が熱く語られました。

AVA

セガの新作オンラインRPG「ワールド エンド エクリプス」ステージ開催PC版とスマホ版は内容同じで行き来可能。追加インタビューで課金要素も聞く!

東京ゲームショウ2015のセガブースにて、10月よりサービス開始予定のWindows/スマートフォン用オンラインRPG「ワールド エンド エクリプス」のステージが開催された。登壇したのは、セガゲームスでプロデューサーを務める本山真二氏と、運営ディレクターを務める八田規穂氏。

「World of Warships」、正式サービス開始記念インタビュー連携機能強化を検討中。「天候変化」、「ドックビジュアル変更」なども計画

TGS 2015の初日にあたる9月17日に、ついに正式サービスを迎えた「World of Warships」。ゲーム内では正式サービスを記念して初勝利ボーナス3倍キャンペーンが9月21日まで実施されているほか、9月25日までの期間限定でプレミアム艦艇の日本Tier 4戦艦「Ishizuchi」(税込1,463円)と日本Tier 2前弩級戦艦「Mikasa」(税込1,360円)のローンチ記念パッケージが発売されている。

東京ゲームショウ2015 一般日がいよいよ開幕! 幕張メッセにはゲームファンが朝から大集結のフォトリポートをお届け【TGS2015】

いよいよ東京ゲームショウ2015の一般日が開幕!

World of Warships

スマホゲーム ヒットの法則とは!?【東京ゲームショウ 2015】

東京ゲームショウ2015 ビジネスデイ2日目を迎えた2015年9月18日、ゲームビジネスに関する講演やパネルディスカッションを行う「TGSフォーラム2015」が開催された。「スマートフォンゲームセッション」では、「2015年 スマホゲームヒット最前線~レッドオーシャン化するスマホゲーム市場で勝ち抜くために~」と題したパネルディスカッションが行われた。

CyberZ、東京ゲームショウ2015でネクソン経営企画室長を招いて韓国・中国・台湾市場の変遷および最新トレンドを紹介

ネクソンは、9月17日に実施された「東京ゲームショウ2015」にて、CyberZ主催の対談セッションに参加、イベントレポートを公開した。

DMM.comとDMMゲームズの今後に注目。ビジネスパートナー向けのDMMゲームズ現状報告をリポート【TGS2015】

2015年9月17日~20日、東京ゲームショウのDMMゲームズブースにて行われた、ビジネスパートナー向けの現状報告と今後の展望の発表ステージ。その内容はユーザーにとっても、じつに楽しみなものだった。

[TGS 2015]Wargaming.netの重鎮達に徳岡正肇氏が聞く,あまりTanksでもWarshipsでもない,いろいろなお話

argaming.netといえば,「World of Tanks」(PC / PS4 / Xbox One / Xbox 360)そして「World of Warships」(PC)である。  事実,東京ゲームショウ2015のWargaming.netブースは,巨大なオイ車(※旧日本軍の試作超重戦車・実物大)が壁をぶちやぶり,あるいはアルペジオコラボMODが入ったWorld of Warshipsの試遊スペースがあったりと,この2作品で染まっている。しかし,Wargaming.netが作っているゲームは,それだけではないのだ。

ベゼスダ・ソフトワークス×DMMのタッグ! 『エルダー・スクロールズ・オンライン』ステージリポート。開発部スタッフが語る圧倒的スケールと大ボリュームの世界【TGS2015】

『エルダー・スクロールズ・オンライン』日本語版のローカライズ状況など、開発部スタッフが語った情報をお伝えしていく。

[TGS 2015]「Star Wars バトルフロント」シニアプロデューサーに聞く,あらゆるプレイヤーが“ヒーロー”になれるシステムとは

 エレクトロニック・アーツが,2015年11月19日に発売を予定している「StarWarsバトルフロント」。東京ゲームショウ2015の初日,開発元であるEADICEのシニアプロデューサーにインタビューする機会を得たので,“ヒーロー”になれるシステムを中心に話を聞いた。

[TGS 2015]「VRアクション」の可能性ここにあり。PlayStation VR対応のスポーツライクなロボットFPS「RIGS」をプレイしてきた

 東京ゲームショウ2015の「ProjectMorpheus」あらため「PlayStationVR」体験コーナーには,10種類のデモが出展されている。その中でも,スポーツライクなロボットモノFPS「RIGS:MachineCombatLeague」は「VRアクション」の可能性を感じさせてくれるものだったので,プレイレポートをお伝えしてみたい。

【TGS2015】中国の大手メーカー“完美世界(パーフェクトワールド)”のアプリがスゴい!

本格アプリが4タイトル試遊可能 2015年9月17日から開催中の東京ゲームショウ2015。スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナーの6ホール側で、ひと際目立っていたのが完美世界(北京)図絡技術のブース。

「Lobi」,新機能「マルチプレイ募集」を10月にリリース予定

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」)が運営するスマートフォンゲームコミュニティサービス「Lobi -チャット&ゲームコミュニティ-」(以下「Lobi」)は、2015年10月より、詳細な条件を指定したメンバー募集が可能になる「マルチプレイ募集」機能のリリースを予定しています。また、本機能は各ゲームアプリとLobiとのプレイヤーステータス連携を可能にし、ゲームプレイヤーの情報を常に最新情報が保てる環境を構築します。

プロeスポーツチーム「DetonatioN」,Twitchとスポンサー契約を締結

プロeスポーツチーム「DetonatioN」はこの度、Amazonの子会社であるTwitch Interactive, Inc.とスポンサー契約を締結したことを発表致します。

マーベラス、スマホ向けオンラインRPG「剣と魔法のログレス いにしえの女神」“吉田部長”の交通広告が都内の各所に登場

株式会社マーベラス(代表取締役会長 兼 社長 CEO:中山 晴喜/所在地:東京都品川区)は、スマートフォン向け本格オンラインRPG『剣と魔法のログレス いにしえの女神』のTV-CM「吉田部長シリーズ」のクリエイティブを用いた交通広告を、2015年9月16日(水)から都内各所で開始いたしました。

「AVA」チートツール販売者への有罪判決について,運営が見解を発表

ゲームオンは本日(2015年9月16日),オンラインFPS「Alliance of Valiant Arms」(以下,AVA)の公式サイトで,不正プログラム(チートツール)の販売で逮捕された被告人に対して,東京地方裁判所で懲役2年,執行猶予4年の有罪判決が言い渡されたことについて,同社の見解を発表した。

ゲームオン、MMORPG「ArcheAge」で10月21日に何かが起こる?新ティザーサイトが公開

 株式会社ゲームオン[本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:李 相燁(イ サンヨプ)] は、超大型MMORPG『ArcheAge(アーキエイジ)』において、2015年10月21日(水)に新たな展開が行われることが決定いたしました。

ArcheAge

『FFXIV』次回のリアルイベント“F.A.T.E.”は広島で10月25日開催!

『ファイナルファンタジーXIV』の開発スタッフが日本全国を行脚し、ファンと直接交流をするイベント、Full Active Time Event、通称F.A.T.E.。次回開催が2015年10月25日(日)に広島で開催されることが決定した。

『League of Legends』でBAN処分を受けたYouTuberが抗議映像を投稿、「挑発チャット」の是非語る

海外でYouTuberとして活動するDunkey氏が、『League of Legends』ゲームプレイを通して受けたBAN措置に対して抗議映像を投稿しました。

スクウェア・エニックス・ホールディングス、MMORPG『FFXIV』東京ゲームショウ2015にて、PlayStation VRで“VRタイタン討伐戦”が試遊可能に!

2015年9月17日~20日に千葉・幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2015の、ソニー・コンピュータエンタテインメント プレイステーションブースにて、『ファイナルファンタジーXIV』タイタン討滅戦が、Project morpheusあらためPlayStation VRで体験できることが明らかになった。

「ゲーム破産」は免責できない? 課金につぎ込む依存が「破産理由」の新定番に

 オンラインゲームやソーシャルゲームなどで、お金を払ってアイテムや通貨を購入する「ゲーム課金」。冷静に遊んでいる間は問題ないが、ハマりすぎてお金をつぎ込み、破産に陥る人が増えているとかねてから問題になっていた。

  1. 1
  2. 2
  3. 次へ >>