MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

『PUBG』の「レオジャンプスーツ」スキンが販売停止中。ある部分が性器に見えることが原因か

PC版『PUBG』にて、アップデート4.3がライブサーバーにて実装された。このパッチでは、ハロウィンをテーマにしたスキンが追加されたが、特定のシチュエーションでは随分卑猥に見えてしまっているようだ。

【ヒャダイン】スマホゲームのサービス終了ってこの世の果てだよね

 今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」では,スマホゲームのサービス終了について考えていきます。サービス終了自体,珍しいものではなくなってしまいましたが,それでも当事者たるプレイヤーにとっては“死”の宣告に等しいものではないか……というお話です。

「オンラインに100%注力している」『RDR2』シングルプレイヤーDLCが開発されていないことが明らかに―海外報道

海外プレイヤーが『レインボーシックス シージ』で「相手のオペレーターを変えてしまう」チーターに遭遇

Repro、ゲームアプリの成功・失敗体験にフォーカスするセミナーを開催 KLab、NHN PlayArt、X-LEGENDが赤裸々に語る

Reproは、FROSK、 NHN JAPANと共催で、「ゲーム事業者必見!KLab、 NHN PlayArt、 X-LEGEND!各社の成功と失敗の歴史とは!」と題したセミナーを10月30日に開催する。本セミナーでは、KLab、 NHN PlayArt、 X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPANの担当者が今までの成功・失敗体験を赤裸々に語る。かつての施策が、 どのような戦略の下に考案され、 どのような結果に終わったのかに迫る。個人セッション後は、 登壇者・参加者同士で情報交換やネットワーキングができる懇親会のお時間も用意される。イベント概要イベント名:ゲーム事業者必見!KLab、 NHN PlayArt、 X-LEGEND!各社の成功と失敗の歴史とは!開催日時:2019年10月30日(水)18:00 - 21:00 (受付開始 17:30)会場:東京都千代田区紀尾井町1&

Oculus QuestをPCと繋ぐ「Oculus Link」、早くも無線化構想が進行中

太平洋時間9月25日から開催されたOculusの年次開発者会議「Oculus Connect6(OC6)」。本 […]

ネットマーブル、スマホ用MMORPG「ブレレボ」、リリース前に最強プレーヤーを決めるイベント「武極祭」のライブ放送を決定

 ネットマーブルは、日本国内でサービス予定のAndroid/iOS用MMORPG「ブレイドアンドソウル レボリューション(ブレレボ)」において、イベント「武極祭」の模様を10月4日21時よりライブ放送する。放送は、「Youtube Live」と「OPENREC」、「Twitter Live」にて行なわれる。

「リネージュM」の歴史は英雄たちの歴史。攻城戦レポートそれは初代城主の座を巡るプライドとプライドの物語

 MMORPGの歴史は、即ち英雄たちの歴史でもある。

フェイスブック、新VRサービス「Horizon」発表 創って遊ぶソーシャル空間

2019年9月25日、フェイスブック傘下のOculusは、同日から開催されている年次開発者会議「Oculus […]

USERJOY JAPANが減資 資本金を0.74億円減らし1億円に 『英雄伝説 暁の軌跡』など運営

USERJOY JAPANが減資を行う。本日(9月26日)付の官報に掲載した「資本金の額の減少公告」で、資本金の額を7400万円減らし1億円にすることが明らかになった。同社は、PCのオンラインゲームを中心としたサービスを展開する台湾の大手デベロッパーUSERJOY Technologyの日本法人にあたる。『英雄伝説 暁の軌跡モバイル』のほか、PCブラウザゲーム『英雄伝説 暁の軌跡』や『ロボットガールズZオンライン』などの運営を行っている。 なお、2019年7月期の決算は、最終損益が4500万円の赤字だった。 

『メイプルストーリー』オフラインイベント“MapleParty2019”が11月9日に開催。アニメ『異世界かるてっと』とのコラボもスタート

ネクソンはPC用オンラインRPG『メイプルストーリー』において、オフラインイベント“MapleParty2019”開催を発表した。また、2019年9月26日より、アニメ『異世界かるてっと』とのコラボもスタート。

ドラゴンとして生活するオンラインサンドボックス『Day of Dragons』Kickstarter進行中、既に約4,400万円を調達

【ファミキャリ!会社探訪(77)】完全新作の国産PCオンラインゲーム『ブループロトコル』を発表したバンダイナムコオンラインを訪問!

ファミ通ドットコム内にある、ゲーム業界専門の求人サイト“ファミキャリ!”。その“ファミキャリ!”が、ゲーム業界の最前線で活躍している、各ゲームメーカーの経営陣やクリエイターの方々からお話をうかがうこのコーナー。今回は、バンダイナムコオンラインを訪問。

CryptoGames、「ブロックチェーンを用いた、賭博罪に該当しない可能性のある財物のガチャでの販売スキーム」が発明として認められビジネスモデル特許を取得

ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」の開発を行うCryptoGamesは、「ブロックチェーンを用いた、賭博罪に該当しない可能性のある財物のガチャでの販売スキーム」が発明として認められ、ビジネスモデル特許を取得したことを9月25日に発表した。■課題背景ブロックチェーンゲームにおける NFT(NonFungibleToken)等、財物及び、経済上の利益があるデジタルデータの販売において、ランダム性を用いた販売を行った場合、ユーザーに得喪が生じる可能性があるため、刑法賭博罪(偶然の勝負に関し,博戯または賭け事によって財物の得喪を決める行為をする罪 <刑法 185>)への該当可能性が高いという問題があった。本特許では、ブロックチェーン技術等を用い、「ユーザーに得喪のうち”喪”が生じないランダム性を用いた販売方法」を実現することで、様々な分野における新しいビジネスモデル

日本にもいたゲーマーおばあちゃん!御年89歳の「ゲーマーグランマ」に訊く―年を取ってもゲームは楽しいですか?

5Gの高速大容量・低遅延・多接続はゲームを変えるのか? 「5Gインパクト」基調講演レポ【TGS 2019】

「バーチャルマーケット3」のあるエリアに鳩羽つぐが現れる? 目撃例も

9月21日から28日の期間中に「VRChat」で開催されている、VR上の展示会イベント「バーチャルマーケット3 […]

「JOGA安心安全ガイドライン窓口」1〜3月および4〜6月のレポートが公開。ゲーム内の告知や有料ガチャの設定に関する投稿が多く寄せられる

元スクエニ社長和田洋一氏が予想する5G時代のゲームと社会「5Gが切り拓くポストテレビゲーム時代」セッションレポ【TGS2019】

注目の最新モバイルMMORPG「リネージュ2M」開発室長ベク・ソンウク氏インタビュー韓国での反響や既存シリーズとの関係は?気になるポイントを聞いてみた

 9月5日、韓国にて新作モバイルゲーム「Lineage2M」の発表会が実施された。発表会においては多くの情報が開示されたが、なかでもモバイルとは思えないほどの美麗なグラフィックスによる世界の表現や、PCとの完全なクロスプレイが実現されている、といったトピックはとくに印象的でもあった。

『フォートナイト』がプレイヤーの腕にあわせてマッチングする仕様に。BOTも追加し、初心者と上級者の共存なるか

Epic Gamesは『フォートナイト』公式ブログにて、マッチメイキングに関するv10.40パッチノートの内容と今後の展開を発表した。v10.40パッチではバトルロイヤルのコアモードではスキルレベルに応じたプレイヤーとマッチングするようになる。

韓国:「ArcheAge」のIPを活用した位置情報ゲーム「ArcheAge Walk(仮)」が発表。2020年内に正式サービスを開始へ

 KakaoGamesの子会社LifeMMOは2019年9月23日,XLGAMESと「ArcheAge」のIPを活用したゲームのライセンス契約締結を発表した。この契約によりLifeMMOは,ArcheAgeのIPに位置情報ベースの技術を組み合わせた新たなスマホ向けタイトル「ArcheAgeWalk(仮)」の開発に着手するとのこと。サービス開始時期は2020年内の予定。

『LoL』とルイ・ヴィトンがパートナーシップを締結。世界大会トロフィーの特注運搬ケースやスキン等を発表予定

フランスのファッションブランドである「ルイ・ヴィトン」は9月21日、Riot Gamesが開発運営する『リーグ・オブ・レジェンド』との提携を発表した。世界にひとつしかないトロフィーの特注トランク等をルイ・ヴィトンが制作する。

GoogleのAndroid向け定額アプリサービスGoogle Play Passが発表。Apple Arcadeと同額で、まずは米国からサービス開始

GoogleがAndroidデバイス向けの定額アプリサービス“Google Play Pass”を発表。まずは米国から提供予定。

ArcheAge

『FF14』国内2回目のオーケストラコンサートが開催。不意打ちのアンコールに涙が止まらない!

2019年9月21日、22日に行われた、FINAL FANTASY XIV ORCHESTRA CONCERT 2019 -交響組曲エオルゼア-の模様をリポート。

シャドバ運営「プレイヤーリスペクト宣言」を公開 誹謗中傷行為の撲滅に取り組み、しかるべき対応

全てのプレイヤーがリスペクトされるeスポーツ環境づくりに努めるとのこと。

FinalFantasy14

にゃんこ大戦争,不正ゲームデータ作成・販売の容疑者について

サービス終了となったゲームのシナリオを保存,管理,公開する「ゲームシナリオアーカイブ」が発表。現在は「レイヤードストーリーズ ゼロ」のシナリオが閲覧可能

【人事】ネクソン、ネクソンコリア社長やグローバルCOOなどを務めた朴智援氏が取締役を辞任

ネクソン<3659>は、9月20日、子会社ネクソンコリア社長やグローバルCOOなどを務めた朴智援氏が本日付で取締役を辞任したことを発表した。辞任の理由は、一身上の都合によるもの。なお、COOも本日付で辞任するとともに、連結子会社でネクソンコリア取締役や、ネクソン・ユーエス・ホールディング・インク取締役、エンバーク・スタジオズ・エービー取締役、ピクセルベリー・スタジオズ取締役も辞任する。

懐かしのMMORPG体験ツアー第2弾。「メイプルストーリー」でカオスなアバター世界を体験する

 日本オンラインゲーム協会が企画する,懐かしのMMORPG体験ツアー第2弾のお時間がやってまいりました。第2弾は,“メイプルメイプルぷ〜るぷる”でお馴染みの「メイプルストーリー」。前回に引き続き,キーボード操作すらままならないMMORPG素人の4Gamerスタッフが体験してみます。

【スマホゲーム会社の雇用動向】エイチーム、19年7月末の社員数は変わらず 新卒社員の事業への配属に伴いセグメント間で大きな変動

エイチーム<3662>の2019年7月末のグループ従業員数は、前四半期末(19年4月)比で変わらずの1115人だった。全体は変わらないものの、セグメント別の内訳に大きな変動が出ている。ゲームを中心とするエンターテインメントが50人増の378人、ライフスタイルサポートが43人増の580人、ECが2人増の56人、共通部門が95人減の101人だった。同社によると、共通部門に計上していた新卒社員92名が研修を経て、6月に各事業に配属された影響とのこと。 

【CEDEC 2019】『禍つヴァールハイト』がプレイヤー最大100体同時表示を可能にした方法とは…グラフィック、メモリ、ローディングなど様々な角度から解説

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、9月4日~6日の期間、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)にて、国内最大のゲーム開発者向けカンファレンス「コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス 2019」(CEDEC 2019)を開催した。本稿では、9月5日に実施された講演「『禍つヴァールハイト』モバイルにおけるプレイヤー最大100体同時表示可能なグラフィックス最適化について」のレポートをお届けしていく。セッションには、KLabGames事業本部エンジニアの田中康夫氏が登壇。『禍つヴァールハイト』開発時の大きな課題であった負荷対策について、FPS、メモリ、ローディングそれぞれにおいて独自に行なった設計・改善箇所と最適化手法について解説が行われた。【登壇者】●田中康夫KLabGames事業本部エンジニア。コンシューマーゲーム会社を経て、2013年にKLabへ入社。

NCジャパン、スマホ向けMMORPG「リネージュM」初の公式ファンミーティングが開催。プロデューサー陣がプレイヤーの要望などに回答し,盛り上がりを見せたイベントをレポート

 エヌシージャパンは2019年9月15日,サービス中のスマホ向けMMORPG「リネージュM」の公式ファンミーティング“守護騎士の集い”を東京都内で開催した。プロデューサー陣がプレイヤーの意見や要望に回答し,大きな盛り上がりを見せたイベントをレポートしよう。

「絆」を作るきっかけを提供していきたい―JTBキーマンインタビュー【TGS 2019】

グーグルがARの“セーブボタン”実現へ 現実空間に保存

グーグルは、ARプラットフォーム「ARCore」をアップデートします。目玉は、複数人が同時にアクセス可能かつ「 […]

『TERA』大型アップデート“空島エクソドール”の詳細が公開! 感謝だらけの“8周年アニバーサリーパーティー”リポート

2019年9月16日、ゲームオンのPC用オンラインMMORPG『TERA :The Exiled Realm of Arborea』の8周年を祝うオフラインイベントが絢爛豪華に開催された。

『マインクラフト』を「一歩も歩かず」クリアするプレイヤー現る。30時間をかけてエンダードラゴン撃破

『マインクラフト』にて、「一歩も歩かず」ゲームをクリアするプレイヤーが現れた。『マインクラフト』のクリアとは、すなわちエンダードラゴンの撃破である。ジ・

[TGS 2019]メインストーリー第2部新主人公・郷田龍司演じる岩崎征実さんが登壇! 「龍が如く ONLINE」のステージレポート

 東京ゲームショウ2019の最終日(2019年9月15日),ステージイベント「『龍が如くONLINE』ステージ」が,セガブースにて開催された。本ステージでは,「龍が如くスタジオ」ゼネラルプロデューサー・佐藤大輔氏や,声優の岩崎征実さん(郷田龍司役)らによって,本作の最新情報が発表されたので,その様子をお伝えしよう。

【CEDEC 2019】『シャドウバース』が目指すのは「ゲームで食べていける世界」…総合エンターテインメント化へ向けたこれまでの取り組みとは

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、9月4日~6日の期間、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)にて、国内最大のゲーム開発者向けカンファレンス「コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス 2019」(CEDEC 2019)を開催した。 本稿では、9月4日に実施された講演「Shadowverseのeスポーツ展開 -ゲームがつなぐコミュニティと地域活性化について-」についてのレポートをお届けしていく。 本セッションには、Cygames・メディアプランナー マネージャーの松本竜也氏が登壇。同社が開発・運営を手掛ける、本格スマホカードバトル『Shadowverse(シャドウバース)』が目指すところや、リリースからこれまでに実施した施策内容やイベント・大会による地域やコミュニティへの波及効果に関する紹介を行った。 ■ES大会

先輩プレーヤーに誘われて「マビノギ」をはじめてみた!!「MMORPG」ほぼ初心者の「マビノギ」体験記

 ゲームと一口に言っても、ジャンルはたくさんある。筆者は比較的ジャンルを気にせず遊ぶタイプではあるが、1つだけあまりやってこなかったジャンルがある。「MMORPG」である。何回かチャレンジしたことはあったが、うまく知り合いが作れなかったり、コンテンツ量に目移りしてしまったりと、いろいろな理由で長続きしかなかった。

TERA

東京ゲームショウ2019の総入場者は26万2076人に【TGS2019】

2019年9月12日~15日まで開催された東京ゲームショウ2019の総入場者が、4日間合計で26万2076人だったことが明らかとなった。

[TGS 2019]X.D. Globalブースに魔物姫育成RPG「カルディアファンタジー」が試遊出展。配信中の「うらら」「侍魂オンライン」に関する展示もあり

 東京ゲームショウ2019のX.D.Globalブースでは,スマホアプリ「カルディアファンタジー魔物姫たちとの冒険物語」の試遊や,配信中の「うらら〜ハンターライフ〜」「侍魂オンライン-朧月伝-」に関する展示などが行われている。カルディアファンタジーのインプレッションを交えつつ,ブースの模様をレポートしよう。

[TGS 2019]「アトリエ オンライン」は大型アップデートでseason.2に突入,新キャラも公開されたステージイベントをレポート

 2019年9月14日,東京ゲームショウ2019のコーエーテクモゲームスブース(3ホール)で,ステージイベント「『アトリエオンライン〜ブレセイルの錬金術士〜』大型アップデート直前ステージ」が開催された。本稿では,ステージ上で発表された「アトリエオンライン」の最新情報についてお伝えしよう。

[TGS 2019]“コミュニティは命”。位置情報ゲームの現在と未来が語られたセッション「位置情報ゲームサミット」聴講レポート

 TGS2019の2日目(2019年9月13日)に,「位置情報ゲームサミット〜新たなゲームジャンルが導く未来」と題されたTGSフォーラムの専門セッションが行われた。位置情報ゲームを手掛けるベンダーたちが同ジャンルの現在と今後を語ったセッションをレポートしよう。

[TGS 2019]ゲーム開発者目線でほかのプレイヤーを翻弄してほしい――「プロジェクト レジスタンス」プロデューサー,川田将央氏インタビュー

 TGS2019にて,カプコンの新作アクション「プロジェクトレジスタンス」がそのベールを脱いだ。同作のプロデューサーである川田将央氏に会場で話を聞く機会が得られたので,インタビューをお届けする。非対称型のオンライン対戦を採用する同作は,いかにして生まれたのか。氏に開発の経緯と狙いを聞いてみた。

オンライン対戦ゲームにおけるAIのプロトタイプがTGS 2019に出展

[TGS 2019]1人だけど1人じゃない感覚。「DEATH STRANDING」のオンラインシステムなどが明かされたステージイベントをレポート

 東京ゲームショウ2019の初日となる2019年9月12日,PlayStationブースで,「DEATHSTRANDING」のステージイベントが行われた。最新のデモ映像を見ながら,小島秀夫監督が解説を行うというもので,本作がどのようなゲームなのか,かなり分かる内容だった。1人だけど1人じゃない感覚とは何だろうか。

  1. 1
  2. 2
  3. 次へ >>