MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

課金上限「自主規制」に踏み切る“ソーシャルゲーム”業界のウラ事情

ソーシャルゲーム大手のGREEとディー・エヌ・エー(DeNA)が23日、未成年ユーザーに対する課金額の上限を導入すると発表した。GREEは4月26日から、15歳未満のゲーム内通貨の購入可能額を月額5000円以下、16~19歳は1万円までに制限。モバゲーを運営するDeNAは6月をめどに、18歳未満は月額1万円まで、15歳以下は月額5000円までとする。購入可能額の制限はドワンゴやミクシィなど他社も順次開始する予定となっている。

ゲームポット、JOGAが発表した『オンラインゲーム安心安全宣言』への賛同を表明。

 株式会社ゲームポット(東京都品川区、代表取締役社長:植田修平、以下ゲームポット)は、本日、一般社団法人日本オンラインゲーム協会(東京都渋谷区、会長:植田修平、以下、JOGA)が発表した「オンラインゲーム安心安全宣言」について、賛同することを表明いたします。

ネクソンCFO:携帯向けゲームを強化、国内開発会社の買収で交渉

4月20日(ブルームバーグ):韓国系オンラインゲーム会社ネクソンは、日本国内の携帯端末用ゲーム開発会社数社とM&A(企業の合併・買収)交渉中だ。同社はパソコン向けゲームの売り上げが9割を占めているが、市場が急成長している携帯向け部門を、買収による開発加速で強化する方針。

ユーザー情報流出のベクター、対策費計上で最終赤字拡大

最大約26万件のユーザー情報流出が発覚したベクターが、セキュリティ対策費用の計上で赤字が拡大する見通しに。

エンターブレイン・浜村弘一による講演“ゲーム産業の現状と展望 2012年春季”が開催

2012年4月13日、都内のエンターブレイン社屋イベントスペースにて、同社代表取締役社長・浜村弘一による講演“ゲーム産業の現状と展望 2012年春季”が行われた。ここでは、その内容をダイジェスト版でお届けする。

不正アクセス受けたネクソンの韓国子会社、個人情報保護法違反で書類送検

オンラインゲーム事業を展開するネクソンは、韓国において現地の個人情報保護法に違反した疑いで、連結子会社であるネクソン・コリア・コーポレーションと同社関係者が、書類送検されたと発表した。

パチンコ業界が「ガチャ」を敵視!!? 高まる「ソーシャルゲーム」規制論

日本の数少ない成長産業として躍進を続けるソーシャルゲーム業界。ゲーム専門誌を刊行するエンターブレインによると、2009年には255億円だった市場は、2010年には1120億円と約4.4倍に拡大している。

韓国:ゲームに熱中した26歳女、赤ちゃんを遺棄

ソウル市内のインターネットカフェで赤ちゃんの遺体が遺棄された事件は、ゲーム中毒の弊害や、韓国社会にまん延する他人への無関心を浮き彫りにするケースだ。