MMOニュース > 海外ゲーム 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

0 コメント

韓国:ラグナロクオンラインの派生アプリ「DOT MMORPG RAGNAROK 2009Ver.」が韓国で発表。ドット絵をフィーチャーし,2009年に焦点を当てたスマホ向けMMO

 NEOCYONは本日,新作スマホ向けアプリ「DOTMMORPGRAGNAROK2009Ver.」を韓国で発表した。本作は「ラグナロクオンライン」から派生して作られたアプリで,ドット絵がフィーチャーされているほか“2009年”に焦点が当てられている。ラグナロクオンラインの経験者にとっては,当時の思い出などが想起させられそうだ。

海外:第二次世界大戦MMOシューター『Enlisted』Xbox One版が発表!新プレイ映像も【E3 2018】

海外:『みんゴル』の韓国語版『모골 -모두의 GOLF-』と繁体字圏版『MINGOL -全民高爾夫-』を配信開始…ローカライズ、運営などはドリコムが担当

フォワードワークスとドリコム<3793>は、本日(6月15日)、『みんゴル』の韓国語版『모골 -모두의 GOLF-』と、繁体字圏版『MINGOL -全民高爾夫-』を6月12日より韓国、台湾、香港、マカオにて配信開始したことを発表した。韓国語版および繁体字圏版のローカライズは、各国や地域におけるスマートフォン向けゲームのローカライズや運営実績をもつドリコムが行っている。ドリコムは、日本語版の開発・運営協力を行っており、本タイトルの魅力をユーザーニーズを捉えた上で伝えるため、各国や地域における配信、運営、マーケティングも一貫してドリコムが行う。▼韓国語版公式サイトhttps://www.mingol.kr/ ▼繁体字圏版公式サイトhttps://www.mingol.tw/

中国:コロプラ、『ドラゴンプロジェクト』の中国語簡体字版を中国本土で配信開始…運用は中国YOOZOO GAMESが担当

コロプラ<3668>は、『ドラゴンプロジェクト』の中国語簡体字版を中国本土(台湾・香港・マカオを除く)で6月7日より配信開始した。本作は、巨大なモンスターを仲間とともに力を合わせて倒し、クエストをクリアしていくアクションRPG。中国語簡体字版の運用については、YOOZOO GAMESが担当する。YOOZOO GAMESは、上海に本社を置くモバイルゲームのパブリッシャーで、上海、南京、台北、シンガポールなどの八都市にオフィスを持ち、ヨーロッパ、米国、中東、アジア、南米の150カ国以上で数多くのモバイルゲームを展開している。配信OSにつきましては、今回iOS版をリリースし、今後Android版を追って配信する予定としている。(C) 2016-2018 COLOPL, Inc.

[E3 2018]1000人規模のバトルロイヤルが楽しめる「Mavericks: Proving Grounds」で,βテスターの受付がスタート

 AutomatonGamesは,開発中のバトルロイヤルゲーム「Mavericks:ProvingGrounds」に参加できる人数を1000人に引き上げたことを発表し,合わせてβテスターの受付け開始した。クラウドベースのサーバー技術を利用した本作では,かつてない規模での“最後の一人”を目指す死闘が繰り広げられる。

[E3 2018]「クルー 2」のオープンβテストは6月21日から25日まで。最新トレイラーが公開に

現地時間2018年6月11日,UbisoftEntertainmentはE32018にあわせて開催した同社のプレスカンファレンスで,オープンワールドドライブゲーム「クルー2」の最新トレイラーを公開し,オープβテストを6月21日から25日まで実施すると発表した。

[E3 2018]Elder Scrolls Onlineの新DLC「Wolfhunter」と「Murkmire」が2018年にリリース

 北米時間2018年6月10日,BethesdaSoftworksは,独自イベント「BethesdaE32018Showcase」で,MMORPG「ElderScrollsOnline」の新作DLCとして,「WolfHunter」と「Murkmire」の2タイトルを2018年内にリリースすると発表した。

【Bethesda E3 2018 Showcase】WIN用オンラインFPS「Quake Champions」期間限定無料プレイを開放6月10日から17日の間に始めれば、その後も無料でプレイ可能

 Bethesdaは、アメリカ、ロサンゼルスで開催した「Bethesda E3 2018 Showcase」で、Windows用オンラインFPS「Quake Champions」を、6月10日から17日まで無料で開放する。この期間にダウンロードしてプレイを開始すると、無料期間が終了した後も、無料でプレイし続けることができる。

海外:『Fallout 76』オンラインRPGとして11月14日発売へ。前作比4倍のマップにて、仲間と一緒に居住地づくりや核兵器による爆撃を堪能

Bethesda Softworksは、『Fallout 76』の発売日が2018年11月14日となることを発表し、同作の詳細情報を公開した。『Fallout 76』はこれまでのシリーズとはうって変わり、オンラインRPGになるという。 The post 『Fallout 76』オンラインRPGとして11月14日発売へ。前作比4倍のマップにて、仲間と一緒に居住地づくりや核兵器による爆撃を堪能 appeared first on AUTOMATON.

[E3 2018]Xbox One版「黒い砂漠」,2018年秋にβテストが実施へ

 MicrosoftがE32018に先駆けて本日開催したXboxE32018Briefingにて,XboxOne向け「黒い砂漠」(BLACKDESERT)のβテストが,2018年秋に実施となることが発表された。E32017でXboxOneへの正式対応が発表されていた黒い砂漠。いよいよ本格的に動き出したようだ。

海外:『ザ クルー 2』海外公式サイトでオープンベータテスト告知―詳細はE3で発表予定

韓国:ネクソン、新作MMORPG『KAISER』の正式配信を開始 『リネージュ II』開発室長を務めたチェ・キビョン氏を擁した開発会社が3年をかけて遂に完成

ネクソン<3659>は、6月7日、新作モバイル向けMMORPG『KAISER』の正式配信を開始した。なお、本作は6月4日よりプレオープンしており、既にセールスランキングも好調な出足となっていることは前日に公開された記事の通り(関連記事)。<以下、プレスリリースより>【ゲーム内の自由経済システムを尊重した、充実のMMORPG】『KAISER』は、PC向けのMMORPGになれ親しんだ方にもご満足いただくことを目標に、自由経済システムをベースとした有料アイテムの個人間取引、リアルタイムのフィールド戦闘、ギルドコミュニティの形成といったコンテンツを充実させています。このメインコンテンツがプレイヤー同士の協力・競争を可能にし、本作のスローガンの1つでもある「富と名誉、権力の追求」を体感していただけます。なお韓国では、18歳以上向けと、個人間取引を制限した12歳以上向けの2つのバージョンを

韓国:ネクソン、新作MMORPG『카이저(KAISER)』をリリース オリジナル作品ながらセールスランキング9位と好調な出足

ネクソン<3659>は、新作モバイル向けMMORPG『카이저(KAISER)』をリリースした。『뮤오리진2(ミューオリジン2)』と同じ6月4日に配信開始となったタイトルだが、6月6日17時現在、App Store無料ランキングでは3位、セールスランキングでも9位(ゲームカテゴリー)につけるなど好調な出足となっている。 本作は、ネクソンの決算説明会資料で第2四半期中にリリースするとの予告が出ていたMMORPGとなる。同日リリースの『뮤오리진2(ミューオリジン2)』に比べると遅れを取っているものの、こちらはIPタイトルではなく、オリジナルタイトルとなっている。フル3DのオープンフィールドでPCのようなハイクオリティのグラフィックが用意されているという。ペットシステムや、王座を巡って他のプレイヤーと争うPvPコンテンツも楽しめる。  

海外:Disney、新作リアルタイム対戦シューター『Star Wars: Rivals』の事前登録をGoogle Play上で受付中! 配信国を限定してサービス提供中

Disneyは、新作リアルタイム対戦シューター『Star Wars: Rivals』の事前登録をGoogle Play上で受け付けている。海外ではすでにソフトローンチを行っており、カナダやオーストラリア、フィリピン、ブラジル、メキシコなど、配信国を限定した形でのサービス提供を行っているようだ。本作は、「Star Wars」を題材にしたリアルタイム対戦シューターで、スター・ウォーズ・ユニバースの様々な時代からお馴染みのヒーローたちが参戦する。プレイヤーは、ヒーローを集めて究極のチームを編成し、ヒーローを交代しながら他のプレイヤーに挑戦していく。「アリーナリーグ」を進め、ダース・ベイダーやボバ・フェット、ルーク・スカイウォーカーらおなじみのヒーローたちを揃えていく。ヒーローは、それぞれバトルスタイルに特徴があり、うまく組み合わせることが重要なポイントになるという。また、ハン・ソロとボバ・フェッ

韓国ウェブゼン、モバイル向け新作MMORPG『뮤오리진2(ミューオリジン2)』をリリース…セールスランキングで4位に登場!

ウェブゼンは、6月4日、モバイル向け新作MMORPG『뮤오리진2(ミューオリジン2)』をApp StoreとGoogle Playでリリースした。事前登録は165万人に達したそうだ。本作は、モバイル向けMMORG『ミューオリジン』の続編にあたる。前作の世界観をそのまま継承しながら、グラフィックや、ゲームシステム、コンテンツなども前作から大幅に改良されたという。 なお、ランキングを見ると、App Store無料ランキングでは首位を獲得し、セールスでも4位と早くもTOP5入りを果たした(ゲームカテゴリー)。 出所:AppAnnie Google PlayApp Store

海外:ポケモン風MMO『Temtem』KickStarterキャンペーン達成!以降はストレッチゴールへ移行

中国:Aiming、中国のX.D.社と『CARAVAN STORIES』の中国本土ならびに韓国における独占ライセンス契約を締結 正式サービス開始は18年冬以降の予定

Aiming<3911>は、本日(6月5日)、『CARAVAN STORIES』の中国本土ならびに韓国における独占ライセンス契約を中国・上海のX.D. Networ(以下「X.D.社」)と締結したことを発表した。X.D.社は、中国本土において数多くのブラウザ/モバイルゲームを企画・開発・運営している企業で、近年では『ラグナロクオンライン』のスマートフォン版『仙境传说 RO(Ragnarok M)』の中国本土のパブリッシングを担当しているほか、8500万人を超えるユーザーを抱えるAndroid向けアプリストア「TapTap(https://www.taptap.com/)」を所有・管理している。なお、『CARAVAN STORIES』の中国本土ならびに韓国での正式有料サービス開始時期は、2018年冬以降の予定としている。<X.D.社の概要>会社名:X.D. Network Inc

海外:非対称型対戦シューター『Evolve Stage 2』サービス終了が発表、旧『Evolve』一部モードは今後もプレイ可能

黒い砂漠