MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

7 コメント

コンプガチャ規制についての考察:規制に論拠はあるか コンプガチャ規制は政策として誤っている

 市場規模3000億超・利益率40%超と言われるソーシャルゲーム業界を揺るがしたコンプガチャ騒動について、慶應大学経済学部 田中辰雄准教授にご寄稿いただいた。

5 コメント

賭博疑惑も浮上 親も子も離れる!? 『ドラクエ』システムに非難轟々

国民的ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストX(10)』が発売されて1カ月が過ぎた。この最新作の一番の特徴は、何といってもドラクエ初のオンラインゲーム化。利用するには月1000円の課金が必要で、古くからのドラクエファンからは「とうとう拝金主義に落ちたか?」と、批判が上がっていた。  「数多くあるオンラインゲームの中では、極めて良心的な設定だとはいえます。しかし、ドラクエは小中学生など若年層のファンも多い。毎月1000円という金額は子供たちにとって、お小遣いで賄うには少々厳しいでしょうね」(ゲーム雑誌ライター)

「韓国ゲーマーに認められてこそ世界最高」(1)

韓国ゲーマーが海外有名ゲーム企業を国内に呼び込んでいる。 ゲーマーが韓国でサービスされていない海外ゲームを楽しみ、無視できない顧客になっているのだ。 海外企業は韓国ゲーマーに認められてこそ「世界最高」になれるという考えで韓国に進出している。 海外から‘オンラインゲーム宗主国’の韓国へ学びに来るが、国内企業は「シャットダウン制」などの各種規制で産業ができず、世界的な流れに逆行している。

4 コメント

【海外ゲーマーの声】北海道教委の「ノーゲームデー」―海外からは非難の声も

先日、北海道教育委員会が発表した取り組みである「ノーゲームデー」。「どさんこアウトメディアプロジェクト」の一環で、「家族の団らん」を大切に「体験活動」や「読書活動」に親しみ、学校や家庭、地域における望ましいネット利用に向けたルールとして促進しているプロジェクトですが、一部の海外ゲーマーからも注目が集まっています。

問題絶えないオンラインゲーム 甘い対策、射幸心あおる

 スマートフォンなどを使って遊ぶ「オンラインゲーム」をめぐり、未成年者が高額請求を受けて問題になるケースがいまなお、増え続けている。ゲームに登場する希少アイテムを手に入れるために有料のくじを引く課金システムが「射幸心をあおる」と批判されたため、業界は自主規制に乗り出したものの、効果は限定的だ。ユーザー側からは「対策が不十分」という声が上がる。(西尾美穂子)

JOGA「ランダム型アイテム提供方式における表示および運営ガイドライン」を発表

2012年8月15日,日本オンラインゲーム協会(JOGA)は,オンラインゲームは,ランダム型アイテム提供方式(いわゆるガチャ)の運用ガイドラインを発表した。施行は9月1日からの予定だ。  先日発表されたガイドラインが,主に企画面で多様な課金方式での違法性の確認するものだったのに対し,今回のものはガチャアイテムの具体的な確率や期待値に対する運用上の基準を盛り込んだものとなっている。

「コンプリートガチャ」規制対象に - 消費者庁が今日正式に公表

インターネットを通じて携帯電話などで遊ぶ「ソーシャルゲーム」のうち、くじ引きで珍しいアイテムをそろえる「コンプリートガチャ」と呼ばれる手法について、消費者庁は、「景品表示法が禁止している手法に該当する」と判断し、規制の対象になることを18日に公表することにしています。

ベクター、中間決算の営業利益58.2%減。オンラインゲーム事業が費用増

 ベクター(2656、ジャスダック)は25日、2012年3月期第2四半期の業績(非連結)を発表。売上高は1%弱の減収に留まったが、オンラインゲーム事業関連の支払ロイヤルティや減価償却費などが響き、営業利益は58%減と大きく落ち込んだ。

11歳がカード決済百万円…ゲームで、親に無断

携帯電話やパソコンでインターネットのゲームを利用した小中学生が、多額の料金を請求されるケースが増えている。

3 コメント

ウェブマネーの人気投票イベント『WebMoney Award 2013』の結果が公開中

「WebMoney Award」はウェブマネー社主催で年1回行われるPCオンラインゲーム人気投票イベントです。 毎回ファン投票によって人気のオンラインゲームを選出して投票ユーザーの応援のコメントとともに紹介しています。 その中で最も投票数の多いタイトルを「WebMoney Award」GRAND PRIXタイトルとして表彰しています。 2部門に分かれており前回の「WebMoneyAward2012」以降にOPENしたオンラインゲーム(Rookie of The Year)と、それ以前からサービスを行っているオンラインゲームとのそれぞれの部門で「GRAND PRIX」及び「BESTGAMES」を選定致します。

現実から逃避…昼夜逆転、ネット依存深刻化/神奈川

 オンラインゲームやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用が広まる中、インターネットに長時間没頭する「ネット依存」が問題になっている。パソコンの前から離れられず、日常生活の昼夜が逆転、やがて学校や会社に行けなくなり-。国立病院機構久里浜医療センター(横須賀市野比)の専門医は「本人の心身に影響を及ぼすだけでなく、社会的損失も大きい」と警鐘を鳴らす。

株式:ネクソン<3659.T>の公開価格は1300円、仮条件の中央値=関係筋

[東京 5日 ロイター] オンラインゲーム会社のネクソン(3659.T: 株価, ニュース, レポート)は5日、新規株式公開(IPO)の公開価格を1300円に決めた。仮条件の1株あたり1200─1400円の中央値。関係筋が明らかにした。同社の公開価格は5日午後、正式に発表される見通し。

韓国:韓国ネオウィズ、ゲームオンをTOBで完全子会社化へ・・・総額20億円

韓国ネオウィズ・ゲームズと親会社のネオウィズ・コーポレーションは、同社が筆頭株主になっている日本のオンラインゲーム運営大手ゲームオンに対して株式公開買付を実施し、完全子会社化を目指すと発表しました。買付金額は総額約20億円となり、成立した場合、東証マザーズから上場廃止になる見通しです。

2 コメント

ゲームアイテム取引所開設へ=独で世界初

【フランクフルト時事】フランクフルト証券取引所を運営するドイツ取引所は1日、オンラインゲームの中で使用される架空の武器や道具などさまざまな「アイテム」を売買するための取引所を開設するため、合弁会社を立ち上げたと発表した。公正中立を掲げる取引所として、ゲームアイテムを専門に取り扱うのは世界初としている。

中国のゲームプレーヤーが憤慨!「日本のオンラインゲームで『中国人お断り』された」―中国ネット

環球網は10日、オンラインゲームの中で「中国人お断り」を標榜する日本人プレーヤーがいると憤慨する中国人の声を報じた。

[E3 2014]Wargaming.netという「ブランド」を管理するグローバルブランドディレクターにインタビュー。“あの人”の新作の情報も思わず飛び出す

 「WorldofTanks」で知られるWargaming.netはE32014でも大きなブースを設営したり,会場に戦車を持ち込んだりなど,相変わらずの存在感。そんなWargamingでグローバルブランドディレクターを務めるAlKing氏にいろいろな話を聞いた。ブランドを管理するとはどういう業務なのか。最後には驚くような情報も出てきたので,ぜひチェックしてほしい。

くらしナビ・子育て・親子:子どものネット依存、対策は? ※会員向け記事

インターネット社会の進展とともに社会問題となったネット依存症。10代を中心とする子どもの患者は不登校や引きこもりで社会との接点を失うことが多く、事態は大人の患者より深刻だ。どうすればネット依存を予防することができるのか。

韓国:規制に苦しみ中国に押され…「ゲーム韓国」はゲームオーバー?(1)

韓国のコンテンツ輸出の80%を占めるゲーム産業が枯死する危機に追いやられている。朴槿恵(パク・クネ)大統領が就任直後に創造経済をリードする「5大グローバルキラーコンテンツ」のひとつとしてゲームを挙げたが、国会ではゲーム産業を規制する法案が相次いで出されている。あるゲーム会社役員は、「韓国とは反対にテンセントをはじめとする中国企業は数百種類ずつゲームを発売している。このままでは2~3年以内にオンラインだけでなくモバイルゲーム市場も中国企業にすべて明け渡すことになるだろう」と話した。

セクシーすぎるMMORPG「Scarlet Blade」を生み出した韓国LIVEPLEXにインタビュー

 ネクソンはMMORPG「ScarletBlade」のオープンβテストを,2013年10月24日から開始する。プレイアブルキャラクターはセクシーな女性のみという異色のタイトルだけに,ビジュアル面で期待している人も多いだろう。今回,本作を開発する韓国LIVEPLEXと,ネクソンの日本運営スタッフにインタビューする機会を得たので,その模様をお届けしたい。

なぜグリーは任天堂を倒せなかったのか?

編集部注:本記事はゲストライターによる寄稿。筆者は、都内の大手IT企業にディレクターとして勤務しており、日本のネット企業に詳しい。 200人の希望退職を募ったことから、年初最安値を更新したグリー。 しかし、なぜここまで”落ちた”のだろうか。多くのメディアで言われる通り、スマートフォンの波に乗れなかったことが理由だろうが、それは結果論でしかない。 シンプルに言えば「面白いゲームを作れなかったこと」が一番の原因だろう。 なぜグリーは面白いゲームをつくれなかったのだろうか?「人材」という切り口から考えてみたい。

中国:中国軍がネットゲーム開発 尖閣「防衛」の内容も

中国軍が民間企業と共同で開発したオンラインの軍事ゲーム「光栄なる使命」が完成した。中国共産党機関紙、人民日報(電子版)が19日伝えた。

海外:Wii Uの売上が急落, いよいよゲームは専用機離れか

今日NPD Groupが出した報告書によると、2月にアメリカで売れたWii Uはわずかに64000台だ。それは、昨年末の発売時の立ち上がりに比べると激減と言える、Ars Technicaはそう報じている。

F.A.T.E.システムで世界は動く――「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」クローズドβテスト・フェーズ1開始直前,吉田直樹氏インタビュー

 スクウェア・エニックスが開発中のMMORPG「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」のクローズドβテスト・フェーズ1が,2013年2月25日に開始される。これを前に,本作のプロデューサー兼ディレクターを務める吉田直樹氏が世界各国でメディアツアーを実施した。今回,このメディアツアーでのプレゼン内容を踏まえて,吉田氏にいろいろインタビューしてみた。

秩序欲求と飢餓の手法:16の基本的な欲求とマズローの欲求5段階説(2)・・・「世界を面白くするGamification」第69回

本ポストは前回の続きとなります。インナーリワードにはどのようなものがあるだろうかということを探求していくのがこのシリーズの目的です。インナー性の強い欲求として 独立:人に頼らず自力でやりたいという欲求 好奇心:知識を得たいという欲求 秩序:ものごとをき...

NTTドコモ「dマーケット」の新サービス「dゲーム」が11月下旬に開始。大手ゲームパブリッシャとの協業で基本プレイ無料のゲームを提供

 NTTドコモは本日,同社が運営中のポータルサイト「dマーケット」で,新たなサービスとなる「dゲーム」を2012年11月下旬から,同じく新サービス「dショッピング」を12月中旬から,それぞれ提供することを明らかにした。ここでは,4Gamer読者も気になるであろう,ゲーム関連サービス「dゲーム」にフォーカスしてお伝えしよう。

グリー・キーパーソンに訊く(01)吉田大成氏/ソーシャルゲームは拡大する【TGS 2012】

東京ゲームショウ 2012の会期中に行った、グリーのキーパーソンへのインタビューをお届けする。第1弾はグリーのゲーム部門を指揮する吉田大成氏。

ガリアレボリューション、「WEBデザインができて ココロアのレベル60以上の方」が条件の求人募集を実施

 ガリアレボリューション株式会社(代表取締役:森田 英嗣以下ガリアレボリューション)は、ポータルサイトGAMEHEARTで運営中の「ココロア」にて、WEBサイトのデザインができ且つMMORPG ココロアのレベル60以上の方の求人募集を開始したことを発表致します。詳しくは以下をご参照下さい。

アエリア、各タイトルの「オンラインゲーム運営チーム」を全て廃止し、新たに増強した「お客様支援チーム」を設置

 当社は、現在運営サービスを提供しておりますオンラインゲームコミュニティサイト『AeriaGames』(公式サイトURL:http://www.aeriagames.jp/)におきまして、平成24年6 月1 日(金)をもちまして、運営中の「GrandFantasia-精霊物語-」(以下:「グランドファンタジア」)、「MysticStone-Runes of Magic-」(以下:「ミスティックストーン」)、「黄金のアレグリア カードウォーズ」(以下:「黄金のアレグリア」)を担当していた各タイトルの「オンラインゲーム運営チーム」を全て廃止し、新たに増強した『お客様支援チーム』を設...

ソーシャルゲームのコンプガチャ問題について、消費者庁、6社連絡協議会など関係諸団体に聞く

新聞などで昨日より報道されている、消費者庁がソーシャルゲームのいわゆる“コンプガチャ”について中止要請を出す方向で検討を進めているという問題について、消費者庁表示対策課、ソーシャルゲームプラットフォーム協議会、日本オンラインゲーム協会に話を聞いた。

「事業者名を出して規制の話をしている段階でない」コンプガチャ問題で消費者庁

 消費者庁による「コンプリートガチャ(コンプガチャ)」規制検討が5月5日に報道されて以降、ソーシャルゲームを取り巻く環境がまた大きく動いている。

課金上限「自主規制」に踏み切る“ソーシャルゲーム”業界のウラ事情

ソーシャルゲーム大手のGREEとディー・エヌ・エー(DeNA)が23日、未成年ユーザーに対する課金額の上限を導入すると発表した。GREEは4月26日から、15歳未満のゲーム内通貨の購入可能額を月額5000円以下、16~19歳は1万円までに制限。モバゲーを運営するDeNAは6月をめどに、18歳未満は月額1万円まで、15歳以下は月額5000円までとする。購入可能額の制限はドワンゴやミクシィなど他社も順次開始する予定となっている。

エンターブレイン・浜村弘一による講演“ゲーム産業の現状と展望 2012年春季”が開催

2012年4月13日、都内のエンターブレイン社屋イベントスペースにて、同社代表取締役社長・浜村弘一による講演“ゲーム産業の現状と展望 2012年春季”が行われた。ここでは、その内容をダイジェスト版でお届けする。

DeNAもグリーと田中良和社長を提訴

ディー・エヌ・エーは、グリーと同社の田中良和社長に対して、損害賠償および謝罪文の掲載等を求める訴訟を提起したと発表しました。

違法コピーをソーシャルで雪辱 グリーや国内ゲームソフト各社が中国開拓

ソーシャルゲームサイトを運営するグリーが30日、中国でのスマートフォン(高機能携帯電話)向けサービスを開始する。スクウェア・エニックスホールディングス(HD)傘下のタイトーやコーエー・テクモHDなどの国内ゲームソフト各社もグリーと提携し、ゲームを提供する。ソフトメーカーは過去の中国進出では、違法コピー問題などで苦杯をなめてきたが、日本国内を席巻したソーシャルゲームで再び大市場の開拓に挑む。

海外:ネトゲ夫にキレた鬼嫁「夫売ります。3~5時間置きに食料と水を与えてください」

オンラインゲームはハマるとやめられない。ついついズルズルやってしまいがちだ。そんなネトゲに夢中の夫にキレた嫁が「夫売ります。世話は簡単、3~5時間置きに食料と水を与えてやってください」とネット上で夫を売りに出すという騒ぎが起きていたことがわかった。

「グリー」,「DeNA」に対し訴訟を提起。損害賠償10億5000万円を請求

グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中良和、以下「グリー」)は、KDDI株式会社(以下「KDDI」)様と共同で、本日、東京地方裁判所において、株式会社ディー・エヌ・エー(以下「DeNA」)に対し訴訟を提起いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

日本への“再挑戦”。「EVE Online」開発者インタビュー ネクソンとの提携で進む日本向けサービスへの状況を聞く

2012年4月1日というスケジュールが言明されたことで課金システム移行の時期は明らかとなったが、では具体的にどのような体制で日本向けサービスの準備が進められているのか。また、「EVE Online」が今後どのように進化してくのか。来年夏にプレイステーション 3でリリース予定でMMOGと連動する世界初のオンラインFPS「Dust 514」との関連なども含め、中枢のスタッフに話を聞くことができた。

「FFXIV」ではプレイヤーのために運営継続と新生の双方を達成。目指すサービスに向けて吉田プロデューサーが語る今後の展開

 2011年10月14日に発表された,MMORPG「FINALFANTASYXIV」における,“新生FFXIV”の存在。現在サービス中のものを,どのように改修していくのかに注目していただけに,それは衝撃的な発表だった。いまになって新生FFXIVを発表した真意とは? また,なぜこのタイミングで有料サービスを開始するのか,その意図をスクウェア・エニックスの吉田直樹氏に聞いてみた。

1 コメント

“Nintendo Switch オンラインサービス”の料金プランを発表! 開始時期は2018年に変更

任天堂は公式サイトにて、Nintendo Switchのオンラインサービスの料金プランを発表した。また、2017年秋の開始を予定していたサービス開始時期を、2018年に変更することも合わせて発表。なお、正式サービス開始まではオンラインプレイなどは無料で提供されるとのこと。

韓国:14年間続いた韓国最大の『StarCraft II』プロリーグが終了へ―競技人口の減少や八百長問題が要因に

海外ニュースサイトPolygonが伝える所によると、14年間続いた韓国最大の『StarCraft II』のプロリーグがシーズン14をもって終了となることを、韓国eスポーツ協会が発表した模様です。

海外:「ゲームと関係あるのか」米ピザ店に謎の電話1時間に200本

 米ニュージャージー州のピザ店に業務と無関係な電話が殺到、担当スタッフ配置などの対応を迫られている。店名が人気オンラインゲームに登場するピザ店に似ているため「ゲームと関係あるのか」との問い合わせが相次いでいるという。

「nProtect」サービススタート!

韓国のインカインターネットが開発したウイルスを防御する保安製品「nProtect」の日本唯一の代理店として株式会社スホ(所在地:東京都新宿区、代表:田 昌錫)がサービスの提供を開始!

ソフトバンクグループが「パズル&ドラゴンズ」のガンホー株を売却した理由

2016年6月3日、ソフトバンクグループはスマートフォン向けゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」などで知られるゲームベンダーのガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホー)の株式を売却し、ガンホー側がそれを公開買い付けで取得することを明らかにした。なぜ、ソフトバンクグループはガンホー株を手放すに至ったのだろうか。また、ソフトバンクグループの手を離れたガンホーは、今後何を目指すのだろうか。

仮想通貨業者に規制=改正法が成立

仮想通貨の交換業者への規制を盛り込んだ改正資金決済法が、25日午前の参院本会議で可決、成立した。業者に金融庁への登録を義務付け、立ち入り検査や行政処分の対象とする。

ゲーマーの4~10%が依存症!? ゲームが脳に与える“好影響”と“悪影響”

ビデオゲーム好きにはやや微妙な話にはなるが、現代の精神医学の診断によると、「オンラインゲーム依存症」は現実に存在する症例である。また、オンラインではないビデオゲームの依存症も実際にあると考えられているようだ。

Game*Sparkリサーチ『ソシャゲのガチャに課金したことがありますか?』回答受付中!

毎週恒例の読者参加型アンケートコーナー、Game*Sparkリサーチ。今週は『ソシャゲのガチャに課金したことがありますか?』というテーマで皆様からのコメントを募集いたします。

【アプリ調査】Cygames、待望の新作アプリ『SHADOWVERSE』の先行体験会を取材 同社が放つスマホ向け本格対戦型TCGの全貌が明らかに

Cygamesは、11月29日(日)、2016年初頭にリリース予定の本格対戦型TCG『SHADOWVERSE(シャドウバース)』の先行体験会を、e-sports SQUARE AKIHABARAにて開催した。

スマホゲーム市場がいよいよ頭打ち、海外市場には本当に「活路」があるのか - ガンホー・コロプラも失速

スマホゲーム業界は「めざましい成長産業」とみなされてきたが、ここにきて各社の業績に陰りがみられ、投資家の間でも一時の熱気はすっかり影をひそめた。その背景には売上の頭打ちに加え、開発費や広告宣伝費、販促費の高騰で思うように利益があがらなくなっている事情がある。それにフタをしたいかのように各社は揃って「海外進出」を口にするが、海外のゲーム市場では中国のテンセントや米EA(エレクトロニック・アーツ)、英キングなど強敵が待ち構えている。はたして日本勢に勝算はあるのか。

オンラインゲームの運営会社の対応について

オンラインゲームのとある運営会社について、所属しているチームに一方的に不利な不具合が2か月前から発生しているにも関わらず、修正、対処して頂けません 規約どおりにGM報告から不具合報告を行っても修正どころか返答すら返ってきません。

KDDI,オンラインゲームの開発を行うソフトギアに出資

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下KDDI) は、グローバル・ブレイン株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 百合本 安彦) が運営するコーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」を通じて、株式会社ソフトギア (以下、ソフトギア) へ出資を行いました。

Shadowverse
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>