MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

4399インターネットは、新作スマートフォン向けMMORPG『魔剣伝説』の正式サービスを4月20日より開始した。本作は、初心者でも片手で気軽に遊べる縦画面MMORPG。放置で簡単にレベルアップできる機能を搭載しているほか、通勤時などに縦画面で片手で楽しむことができる。【世界観】神々が衰え力を失い、古の邪神が世界を闇に包んだ。突如魔物が現れ、人類は滅びの危機を迎えつつあった。しかし幾多の困難の越え、勇者は滅びの魔剣を手に入れた! 再び邪神竜が世に君臨し、世界は滅ぼうとしている。神に選ばれし勇者よ、ここで伝説となれ!【本格的なMMORPG、剣と魔法の世界を自由に】次から次へとボスを倒してレベルアップ、一人でも自由に遊べる。剣士か魔術師キャラでダンジョンを踏み潰そう! 華麗なるスキルを使い、邪神もやっつけよう!【簡単操作!縦画面で片手でも気軽に、放置でもオフラインでも楽にレベルアップ】簡単操作、

【PR】「荒野行動」は「OpenChat」導入で何が変わった? LINEとNetEase Gamesそれぞれのキーマンに聞く

 LINEとNetEaseGamesは,2019年12月にLINEのチャネリングモデル導入に関する包括契約を締結した。2020年1月には「荒野行動」に「OpenChat」を活用した機能が追加となったが,それによってどのような変化が見られたのだろうか。

『VALORANT』にて「脆弱性」発見報告で、最大約1080万円の報奨金を提供するチート対策プログラム開始

Riot Gamesは4月18日、PC向けタクティカルシューター『VALORANT(ヴァロラント)』に導入している新アンチチートシステム「Vanguard」について、その脆弱性を発見した人物に、最大10万ドル(約1080万円)の報奨金を支払うプログラムを開始したと発表した。

『Warzone』『CoD:MW』チーターと思しきキルカムが多数報告―クロスプレイ無効化を求める声も

壮大宇宙船MMOシム『Elite Dangerous』開発インタビュー―元祖オープンワールドの系譜を今に!過去と未来……そして日本語について【特集】

“ニコニコネット超会議2020”ネット総来場者数は1638万1426人を記録。2021年4月に“ニコニコ超会議2021”の開催が決定!

ドワンゴは、2020年4月19日までの8日間開催した“ニコニコネット超会議2020”について、ネット総来場者数1638万1426人を動員したと発表した。また、“ニコニコ超会議2021”の開催を決定した。

2020年4月20日、バンダイナムコオンラインは『ブループロトコル』において、クローズドβテスト用ゲームクライアントの事前ダウンロードを開始した。

WebzenがPC用ブラウザゲーム「MU IGNITION 2」にモバイル機器で楽しめるマルチプラットフォームサービス「WEBZEN REMOTE」を適用

 Webzenは,韓国でサービス中の新作PC用ブラウザゲーム「MUIGNITION2」にモバイル向けマルチプラットフォームサービス「WEBZENREMOTE」を適用すると発表した。PCのゲーム画面をWEBZENREMOTEを介してモバイル機器へ送信することで,いつでもどこでもMUIGNITION2が楽しめるようになる。

新型コロナウィルス対策で高まるVR/ARへの期待

※本記事は、AR/VR/VTuber領域のビジネスを加速させることに特化したコンサルティング・開発サービス「M […]

『Dead by Daylight』モバイル版にて「BOT」登場。本家で実装される可能性もあり

現在一部地域で配信中であるモバイル版『Dead by Daylight』にて、他のプレイヤーの代わりにゲームの進行を共に行なうBOTが実装されている。そのBOTが全プラットフォーム向けに実装される可能性があるとようだ。

Access Accepted第644回:ダン・ハウザー氏が引退したRockstar Games。その歴史を振り返る

 RockstarGamesのゲームデザイナーとして数々のヒット作を生み出してきた,ダン・ハウザー氏が2020年3月に引退した。今週は「グランド・セフト・オート」シリーズや「レッド・デッド・リデンプション」シリーズで知られるRockstarGamesの過去を簡単に振り返ってみよう。

中国では『スーパーマリオ』の「POWブロック」も自主規制される。中国のゲームコンテンツ、検閲事情まとめ

昨年12月10日、中国でようやく正規版Nintendo Switchが発売。『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』も同時発売された。このゲームソフトの内容は、国際版とほとんど同じだったが、少しながらゲーム内アイテムの仕様が違ったようだ。

PearlAbyss、MMORPG『黒い砂漠』将来的には全世界で共通のサーバーを目指す。統括プロデューサーに訊くサービス移管後のこれから

PC用オンラインRPG『黒い砂漠』は、2020年4月24日からPearl Abyss JPに運営移管が実施される。開発会社の日本法人が運営することで、今後はどうなっていくのか。キーマンに話を伺った。

​4399インターネットは、4月20日リリース予定の新作スマートフォン向けMMORPG『魔剣伝説』の事前登録者数が20万人を突破したことを発表した。また、イメージキャラクターに伊藤英明さん、声優に梶裕貴さんと久保ユリカさんを起用することも明らかにした。■イメージキャラクターに伊藤英明さん、声優に梶裕貴さんと久保ユリカさんが参戦!人気俳優の伊藤英明さんは硬派な男性として濃厚な昭和感を持ち、本作が求める熱く盛り上がるバトル感とは非常に近いということで、イメージキャラクターに起用した。また、本作のキャラクター職業の剣士役と魔術師役を数々の人気アニメに出演した声優の梶裕貴さんと久保ユリカさんが務めている。■『魔剣伝説』 公式サイト公式TwitterApp StoreGoogel Play© 4399 NET LIMITED

ネクソン<3659>は、『メイプルストーリーM』で1周年を記念した「メイプルストーリー1周年ALL IN + ONE」アップデートの実施を発表した。今回のアップデートではこれまでにリクエストの多かったアイテムがログインするだけでもらえる「1周年記念!ログインイベント」、自動戦闘の時間が一定以上に達するとLv120レジェンダリー装備が獲得できる「レジェンダリー装備獲得イベント」、毎日1周年記念の10連ガチャが無料で、最大180回をひける「選択!デイリー無料ガチャ」、最大20連ガチャが無料で引ける「引いといたよガチャ」など期間限定イベントが盛りだくさんとなっている。また、日本だけの新コンテンツ「ネオトウキョウ」、新職「アークメイジ(火・毒)」、ギルド改変やハイパーステータス追加、レベル上限解放などゲーム内容もさらに充実した。さらに、Lv120になるまで3レベルずつアップしていく「メ

韓国:PC向けの新作バトルロイヤルゲーム「シャドウアリーナ」,最終βテストが本日スタート

 韓国のPearlAbyssは本日(2020年4月17日),PC向けの新作バトルロイヤルゲーム「シャドウアリーナ」の最終βテストを開始したと発表した。テスト期間は4月20日までで,今回のテストでは,ビギナーに配慮した「AIモード」と「ノーマルマッチ」が新たに追加されたとのこと。

ルシP電撃退任! 「アーキエイジ」新旧プロデューサーメールインタビュー熊木新P「これからもずっと楽しんでもらえるゲームサービスができるよう頑張ります!」

 ゲームオンは、PC用MMORPG「ArcheAge(アーキエイジ)」においてアップデート「ArcheAge6.5 庭園」を実装する。

EYOUGAMEは、和風退魔MMORPG『幻妖物語-十六夜の輪廻』において、アニメ「はたらく細胞」のコラボイベントを4月17日より期間限定で開催することを発表した。イベント期間中は、毎週コラボ限定アイテムがリリースされ、子供衣装、巫女スキンなどの限定衣装や、戦力が大幅にアップする宝具などが獲得できる。本コラボイベントでしか手に入らないアイテムが盛り沢山となっている。イベントの詳細や参加方法は特設サイトで確認できる。▼イベントページhttps://genyo.eyougame.com/activity/cells_at_work▼開催期間2020年4月17日(金)00:00~5月14日(木)23:59■『幻妖物語-十六夜の輪廻』 公式サイト公式TwitterApp StoreGoogle Play(C) EYOUGAME株式会社

テクノブラッドは、4月16日、スマートフォン向けオンラインマルチプレイ鬼ごっこゲーム『対戦!こおり鬼』にて、ゲームモードを追加するアップデートを実施する。 ■4月アイテム追加4月16日に、背中に装備します強化羽「花の羽」が新たに追加される。「花の羽」は強化をする事で装備が豪華になるアイテム。若葉の状態から大輪の花が咲くフォルムへと変化するアイテムを楽しもう。 また、今月のリミテッド武器の更新がある。今月のリミテッド武器「時間番人」は時間を司る能力を持った武器になる。キラキラとまばゆい輝きを放つそのアイテムをゲットして自慢しよう。 そして最後に、ゲーム内で使用している吹き出しの追加パックを発売。バリエーション豊かな数々の吹き出しに、さらに種類が追加された。ゲットして、ゲーム内で賑やかなコミュニケーションを行おう。 ■ゲーム内「ランキング戦」プレシーズン

 HappyTukは本日(2020年4月16日),オンラインアクションRPG「CLOSERS」に大型アップデートを行い,新地域「コトブキ」を実装した。新たに4つの作戦地域が登場したほか,高難度ダンジョン「決戦プログラム:ジャクリーヌ」や,新システムとなる「L.ギアフュージョン」といった多数のコンテンツが登場している。

ArcheAge

 Zlongameは本日(2020年4月16日),2020年内に配信予定のスマホ向けゲームアプリ「パーフェクトワールドM」において,事前登録者数が50万人を突破したことを発表した。また,4月1日から4月3日にかけて行われたクローズドβテストの参加者を対象にしたアンケートレポートも公開されている。

「モバイルゲーマーの40%以上がゲームに勝つ目的でボットを購入」。Adjustが米ゲーマーを対象に行ったBOTに関する調査結果を公開

 モバイルアプリ市場動向の調査,分析を行うAdjustは本日,アメリカのゲーマーを対象に行ったモバイルゲーム用BOTに関する調査結果を公開した。この調査により,モバイルゲーマーの41%が“ゲームに勝つため”にBOTを購入しており,その出費額は月平均65ドルであることなどが分かったという。

『Fallout 76』入植者NPCたちは、「核ミサイル」を投下されても気にしない。盗みにも無関心なマイペースライフ

Bethesda Softworksが販売中の『Fallout 76』にて、大型アップデート「Wastelanders」が配信開始された。同アップデートにおいてはNPCが導入されたが、そのNPCの反応を荒々しく確かめるプレイヤーもいるようだ。

海外:セガ,MORPG「PSO2」の北米地域での正式サービスを開始。地域独自のイベントを追加するなどのカルチャライズも行う

 国内ではPCとPSVita,PS4,そしてSwitchでサービスが行われている「ファンタシースターオンライン2」。セガは,そんなPSO2の北米地域での正式サービスを,現地時間の2020年4月14日に開始した。英語ローカライズだけでなく,地域独自のイベントを追加するなどのカルチャライズも行っているという。

「ポケモンGO」、自宅からでもレイドバトルに参加できる「リモートレイドパス」や相棒からのギフトなど、アップデート内容を公開

 ナイアンティックとポケモンは、Android/iOS用位置情報ゲーム「ポケモンGO(Pokemon GO)」において実施されるアップデート内容を公開した。

「PSVR2」の発表は2021年以降? 英VRゲームスタジオCEOがコメント

「PlayStation VR 2は、PlayStation 5と同時期に発表されるとは思わない」――VRゲー […]

ネクソン<3659>は、スマートフォン向け新作MMORPG『TRAHA(トラハ)』の正式サービスを、4月23日より開始することを決定した。▼『TRAHA』について▼本作はスマートフォン向け MMORPG 初のフィールドグラフィック表現技術や、バトルアクション技術を駆使し、これまでの常識を超えた没入感を体感することができる。トレーラームービー▼正式サービスを開始日が、4月23日に決定!▼『TRAHA』の正式サービスの開始が4月23日に決定した。App Store、Google Playの両Storeにおいて、同日に配信を開始する予定。詳細なサービス開始タイミングに関しては、『TRAHA』公式Twitterにてアナウンスされる。公式Twitter:https://twitter.com/Traha_mmo_jp▼事前登録25万人突破!引き続き受付中!▼『TRAHA』ではサービス開始

『FF14』ゲーム内で数百名による大規模な葬列ができる。新型コロナウイルスで亡くなったフレンドを悼む

『ファイナルファンタジーXIV』の北米データセンターにおいて、Covid-19で亡くなったフレンドの追悼に集まってほしいという呼び掛けがRedditで行われ、大規模な葬列が行われた。

 エヌシージャパンは,PC用MMORPG「ブレイドアンドソウル」の最新アップデート「夜の風の平野復活」を,本日実装した。今回のアップデートでは,休止してから久しい12人用伝説級ダンジョン「夜の風の平野」が,新強化システム「ポーラ国の石版」を伴って復活。関連イベントやキャンペーンにも注目だ。

オンラインRPG開発のローズオンラインジャパンが破産 負債総額は約4億3000万円…東京商工リサーチ報道

東京商工リサーチは、無料オンラインRPG『ローズオンライン』の開発をするローズオンラインジャパンが4月2日付で横浜地裁より破産開始の決定を受けたと報じた。負債総額は約4億3000万円。同社は、オンラインゲームのアプリ開発としてスタートし、その後、無料オンラインRPG(ロールプレインゲーム)『ローズオンライン』の開発・運営に移行。さらに、他社のゲームアプリ開発なども行っていた。しかし、当初2年を予定していた『ローズオンライン』の開発に4年を費やし、他社用に開発したゲームも人気が出ず、2019年3月期の売上高は約1億200万円にとどまっていたという。さらに、約4700万円の赤字を計上し、債務超過額は約1億1900万円に拡大した。こうしたなか、社員への給料の未払いが発生するなどして、2019年秋には社員の解雇も行っていたとのこと。なお、『ローズオンライン』の運営については、「ローズオンラインマネ

ローズオンライン

『フォートナイト』に対する不満が爆発、「#RIPFortnite」タグがTwitterを席巻する。一方、愛情伝える「#ThankYouEpicGames」タグも

Twitterにおける『フォートナイト』界隈がいま、揺れている。「#RIPFortnite(『フォートナイト』よ安らかに眠れ」)」という不穏なハッシュタグ。その出自は実に根深いようだ。

『CoD: Warzone』BAN数が7万以上になったと開発元が明かす―セキュリティアップデートの詳細も近日公開

ESRBがレーティング表記に「ランダムアイテムを含む課金要素」のラベルを追加

フリーアナウンサー・松澤千晶氏の『FF14』に無自覚なネタバレをする人々と、それに憤る人々。千差万別のネタバレ観について考える

フリーアナウンサー・松澤千晶氏は『ファイナルファンタジーXIV』のプレイを開始して以降、日々の冒険の記録をTwitterにしたためている。しかし、彼女に対して先の展開を匂わせるようなリプライを飛ばす人々にと憤るプレイヤーもいるようだ。

シフォンが「M2-神甲天翔伝-」ゲーム内で「オンライン会社説明会」を開催

サイバーステップ、第3四半期の営業利益は6億円と黒字転換に成功 「オンラインクレーンゲーム・トレバ」が国内外で好調

サイバーステップ<3810>は、第3四半期(2019年6月~2020年2月)の連結決算を発表し、売上高97億0800万円(前年同期比16.3%増)、営業利益6億円(前年同期400万円の赤字)、経常利益5億5300万円(同8000万円の赤字)、最終利益4億9200万円(同4億0700万円の赤字)と増収・黒字転換を達成した。 同社では、「オンラインクレーンゲーム・トレバ」が国内・海外ともに好調に推移した、としている。より快適にプレイできるサービス体制の構築やシステム面でのアップデートなど事業基盤のさらなる強化に努めつつ、クリスマスや正月及び旧正月等に合わせた魅力的なアップデートやキャンペーンの実施に取り組んだとのこと。コスト面においても、引き続き配送・運営等に係る費用の削減や業務の見直しを進めるという。 ■2020年5月通期の見通し2020年5月通期は、売上高1

『荒野行動』の金券バグが一転“神運営”とはどういうこと? 多くのプレイヤーを巻き込んだ騒動の真相を解明

『荒野行動』で、特定のコードをチャットウィンドウに入力すると金券が獲得できる現象が発生。すぐさまSNSで拡散される事態になったが、果たしてこの騒動の真相は……?

 ネクソンは2020年4月14日,オンラインアクションRPG「アラド戦記」に,新地域「レミディア・バシリカ」を追加するアップデートを実施した。それに合わせて、成長を支援するアイテムや、85レベルエピック防具が手に入るイベント「プチバリエルのアラド流浪記」もスタートしている。

ライアットゲームズ、『チームファイト タクティクス』初の国際大会が開催決定! 賞金20万ドルをかけた戦い!

ライアットゲームズ、4月14日、『チームファイト タクティクス』初の国際大会『チームファイト タクティクス:ギャラクシー チャンピオンシップ』の開催を発表した。この大会には全世界から16名のプレイヤーが集い、賞金20万ドルをかけて戦いを繰り広げる。詳細な日時は未定だが、『チームファイト タクティクス:ギャラクシー チャンピオンシップ』は年内の開催を予定している。出場者は8つの地域予選(日本、北アメリカ、中国、ヨーロッパ、ブラジル、韓国、ラテンアメリカ、トルコ)から選出する。 ※日本の代表選考フローは後日、公開する。   「チームファイト タクティクス」は、各プレイヤーが「リーグ・オブ・レジェンド」のキャラクター (チャンピオン)たちとアイテムを組み合わせて様々なチームを構成し、他の7人の対戦相手を倒し ていく8人対戦

Google、「不適切なレビュー」の削除対応を案内 トラフィック増加に伴い一部アプリで急増

Googleは、Google Playの自社アプリなどがアプリとは関係ない内容の「不適切なレビュー」が投稿された場合、「Play Console」からレビューを報告し削除依頼することができるとの案内を行った。不適切なレビューを評価して削除する機能を拡張し、リクエストをより迅速に処理できるようになっているという。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅待機や在宅ワークなど、自宅で過ごす人が増えたことで、トラフィックが増加、一部のアプリでユーザーによる不適切な1つ星レビューの数が急増していることに対応したとのこと。 Google Play からの アップデート : 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 影響下での開発者向けリソース

ゲーム条例パブコメ、同一IPアドレスからの送信が多数? 原本公開で“工作疑惑”広がる → 香川県議会に見解を聞いた

賛成意見の多くが「192.168.7.21」から送られていたことで物議を醸していました。

海外:Bethesda、「Fallout 76」 アップデート「Wastelanders」が本日配信。本編とバトルコンテンツがセットになった「Deluxe Edition」の発売も

 BethesdaSoftworks及びゼニマックス・アジアは本日,オンラインRPG「Fallout76」の無料大型アップデート「Wastelanders」の国内配信を,本日夕方から夜に実施予定のサーバーメンテナンス後に開始する。これにより,アパラチア・ウェイストランドに,NPC達が入植してくるほか,彼らからミッションを請け負うことなどが可能になる。

Google、コロナウイルスの影響でアプリ審査が7日以上かかるケースがあると改めてアナウンス 重要度が高いアプリは優先審査も

Googleは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて、社員の勤務時間の調整を行っており、一時的にアプリ審査時間が延び、7日以上かかる場合があるとのアナウンスをGoogleの開発者向けブログで改めて行った。あわせて重要度が高い情報を正確かつ迅速にユーザーに届けるため、重要度が高いと見られるアプリを優先的に審査する対応も行うとのこと。アプリによって審査に要する日数にもばらつきが出る可能性があるため、最新の情報は、Google Play Console で確認してほしいとした。同時に、ユーザーに正確な新型コロナウイルス感染症(COVID-19) に関する情報を迅速に提供できるよう、関連アプリの審査を優先することも明らかにした。Googleでは、新型コロナウイルス感染症に関連するアプリのストア掲載は政府機関や公的医療機関によって公開、委託、または承認されたアプリのみに限定して

アラド戦記
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>