MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

ひとりのユーザーがMiiverse完全保存計画に着手「『スプラトゥーン』の絵のような尋常ではない作品を後世に残したい」

ひとりのユーザーが、Miiverseを保存する計画を進めている。Miiverseは任天堂が生み出したSNSだ。MiiverseはWii Uの発売とともに誕生し、Webやニンテンドー3DSからもアクセスできるようになり、スクリーンショットやイラストやメッセージを投稿し、ゲーム体験を共有する場所として幅広いユーザーに親しまれてきた。しかし、先日に同サービスは2017年11月8日15時に終了してしまう旨の告知がなされていた。任天堂は利用者向けに投稿した作品を保存するサービスの提供を予告したが、エンジニアTim Miller氏はこのMiiverse全体の保存計画を進めている。

ガラケー時代からつづくモバイルゲームの先駆者が語る、株式会社Razestの「これまでとこれから」

モバイルゲーム業界に携わっている方、ガラケー時代からゲームを遊ばれている方ならば、株式会社Razest(以下、ラゼスト)という社名を一度は聞いたことがあるだろう。ラゼストは2006年、モバイルゲーマー向けのコミュニケーションサービス『ゲムトモ』を立ち上げ、携帯で遊べる初のカードゲーム『Grave † Cross』をリリースするなど、モバイルゲームにおける歴史を築いてきた老舗的存在である。弊社アクティブゲーミングメディアから地下鉄で一駅という場所にあり、オフィス内の空間が特徴的であるという噂も聞いたので、興味を持ったAUTOMATONはラゼストに訪問し、代表取締役である木村仁氏にお話をうかがった。

日本のスマホゲームは運営に人を使いすぎ。もっと効率化するために,中国の“ゲームエンジン”を使うべきではないのか―――飽和状態の日本のスマホゲームマーケットに,中国のデベロッパが提唱?

2017年の7月27日から30日まで,上海で行われた「ChinaJoy 2017」の話題の中心は,昨年に引き続きスマホとVR。コンシューマも順当に台数を伸ばし,まさに花開こうかというタイミングではあるが,まだまだ(中国内では)マーケットとしては小さく,ChinaJoyで大きな存在感を示すほどではない。

学習エンジン「YOKOZUNA data」がNCSOFTのコンテストで2部門優勝

エンターテインメント業界向けにデジタルコンテンツ関連ビジネスを展開するシリコンスタジオ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田健彦)は、8月22日(火)から25日(金)までニューヨーク(米国)で開催された「IEEE 2017 Conference on Computational Intelligence in Games(以下、CIG)」にて『YOKOZUNA data』がゲームデータマイニングコンテストで行われた2部門でそれぞれ優勝し、2冠を達成したことをお知らせいたします。

【CEDEC 2017】Wright Flyer Studiosの不正アクセスによる影響とその対処法…実際にBANシステムを作ってみて苦労した点とは

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、8月30日~9月1日の期間、パシフィコ横浜にて、国内最大のゲーム開発者向けカンファレンス「コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス 2017」(CEDEC 2017)を開催した。

ネクソングループがG-Star 2017にメインスポンサーとして参加

オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:Owen Mahoney/オーウェン・マホニー、東証:3659、以下 ネクソン)は、連結子会社であるNEXON Korea Corporation(所在地:韓国京畿道城南市、代表取締役社長:朴智援/パク・ジウォン、以下 ネクソンコリア)が、世界有数かつ韓国最大のゲームショウG-STAR 2017に、メインスポンサーとして参加することをお知らせ致します。G-STAR 2017は2017年11月16日(木)~19日(日)までの4日間、韓国釜山広域市のBEXCOにて開催されます。

圧倒的人気の「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」は早期アクセス開始から1000万本以上を販売。最大同時接続数は97万を超える

韓国・Blueholeの2017年9月5日の発表によれば,同社のPC用バトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」(以下,PUBG)は,2017年3月のSteamでのアーリーアクセス開始から1000万本以上が販売され,その最大同時接続数は97万以上を記録しているという。

MMORPG「ドラクエX」が“地上波史上最長”6分のCM 「FNS27時間テレビ」内で一夜限りの放送

スクウェア・エニックスが運営するオンラインゲーム「ドラゴンクエストX」が、地上波最長(※)となる6分間のCMを放送します。9月9日放送の「FNS27時間テレビ にほんのれきし」内で、24時台に流れる予定。

GameBankが解散…ヤフー系のモバイルオンラインゲーム開発・運営会社

GameBankは、この日(9月6日)の『官報』に「解散公告」を掲載し、8月29日付で解散したことを明らかにした。

【CEDEC2017】シニア世代もオンラインでゲームを遊ぶ時代…いつでも手軽に将棋を指せる相手が見つかるのは画期的

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、8月30日~9月1日の期間、パシフィコ横浜にて、国内最大のゲーム開発者向けカンファレンス「コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス 2017」(CEDEC 2017)を開催している。

人類には早すぎるデートスタイル 初対面の男女がVR空間で仲を深める企画、関節がアカン方向に曲がってるけど楽しそう

初対面の男女にVRの世界でデートしてもらうちょっぴり未来な企画が、Facebook上で行われています。……ただし、技術的に早すぎる部分もチラホラ。

『FFXIV』4周年記念・吉田直樹氏インタビュー 次期拡張パッケージの制作開始も宣言!(1/3)

週刊ファミ通2017年8月31日発売号に掲載された、『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)吉田直樹プロデューサー兼ディレクターのインタビューの完全版をお届け。

20年の月日が流れるMMORPG「Ultima Online」の世界。かつてのブリタニア人が,初心に返るつもりで戻ってみたら変化に戸惑った

1997年10月にサービスが始まったMMORPG「Ultima Online(ウルティマオンライン)」。まもなく20周年を迎える本作だが,現在もなおサービス運営が続いているということ自体が驚異的だ。

『PUBG』プロデューサーがAFKファーミングにコメント「絶対に防止する」

海外ゲームイベント「PAX West 2017」にて、 バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』のエグゼクティブプロデューサーであるChang-Han Kim氏が、一部のユーザー間で問題視されているAFKファーミング行為に対してコメントを寄せました。

座談会:『MAG』とはなんだったのか。前編「MAG」という「ゲーム」

かつて『MASSIVE ACTION GAME(以下、MAG)』というゲームがあった(Playstation 3で発売、サービス期間2010年1月28日から2014年1月28日)。筆者は今までの人生でそれなりにビデオゲームを見つめてきたが、固有名詞を一切使用しない「形容詞+複合名詞」という、いさぎよくも雑な名称のゲームはほかに見たことがない。そして、その何か突き抜けて振り切れたように乱暴なセンスは、今でも筆者を魅了する。「Massive」という形容詞には、「がっちりとした」といういう意味もあり、「がっちりとしたアクションゲーム」と訳せないこともないし、なんとはなしにそれでもいい気はするが、ここは「大規模なアクションゲーム」と訳すのが穏当なところだろう。

ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

ディー・エヌ・エー、アカツキ、カヤックは、3社合同で、CEDEC参加者向けのパーティー「ゲームクリエイター泡ー ~CEDECパスでおいしいビールを飲もう~」を開催しました。

【CEDEC 2017】増え続けるチート被害、その傾向と具体的な対策とは

キャラクターの無敵化やレアアイテムの量産など、ゲームデータの改造行為は昔から存在し、それらはグレーゾーンながらも、ある種“裏技”のひとつとして現代にまで残り続けてきました。しかし、オンラインでほかのユーザーと繋がることが当たり前になった現代において、それらの改造行為はゲームの運営者や一般ユーザーに深刻な被害を与える、“チート”へと発展しています。このような問題にゲーム製作者はどのような対策を取らなければならないのでしょうか。

『LoL』11月のプレシーズンよりアカウントレベル・ゲーム内通貨システムを一新。ゲーム史上最大の変更に

『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』を開発運営するRiot Gamesは、11月よりアカウントレベルの上限を撤廃し、ゲーム内通貨「IP」のシステムを一新することを発表した。

[CEDEC 2017]シニア向けゲームの現状と未来が語られたセッション「はじめてスマホに触れるシニア世代のゲーム事情」をレポート

2017年8月30日~9月1日,パシフィコ横浜でゲーム開発者向けカンファレンス CEDEC 2017が開催された。本稿では,8月31日に行われた講演「はじめてスマホに触れるシニア世代のゲーム事情」の模様をレポートしたい。

【CEDEC2017】半年でサービスを終えるゲームアプリが多い中、どうやってダカイできたのか? アプリボットによる「大型アップデートによる、売れないゲームの再生術」とは?

ゲームを中心とするコンピュータエンターテインメント開発に関する話題を取り扱うカンファレンス「CEDEC2017」において、アプリボットは「ダカイせよ!大型アップデートによる、売れないゲームの再生術」と題した講演を行なった。

スマホ向けアクションMORPG「セレンシアサーガ:ドラゴンネスト」が目指す,新時代の3Dアクション。本家ドラネスの元プロデューサーも務めた,河野相基氏へインタビュー

gumiが配信中のスマホ向け3DアクションRPG「セレンシアサーガ:ドラゴンネスト」(iOS / Android。以下:セレサガ)は,PCオンラインゲーム「ドラゴンネスト」(以下:ドラネス)のIPを使用したスマホゲームだ。セレサガではドラネスの魅力はそのままに,ハイクオリティなゲーム内容と,手軽に遊べる操作性が追求されている。

『PUBG』Twitchにおける8月の合計視聴時間が『League of Legends』を抜いて1位に、過去34か月間の首位独占を破る

今年3月にリリースされてから破竹の勢いでプレイヤー数を増加させている『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(以下、PUBG)』。新たにTwitchにて8月の合計視聴時間が『League of Legends』を抜き、また韓国のPC房では『Overwatch』のシェアに迫るなど、各所でもその勢いを増していることが明らかとなった。

最高100万円請求も オンラインゲーム相談増

「子どもが自分のスマートフォンを使用し、無断でオンラインゲームの課金をしてしまった」-。佐賀県や市町の消費生活センターに、こうした相談が増えている。この5年間で寄せられた相談のうち、最高100万円の請求があった。県くらしの安全安心課は「保護者はクレジットカードの管理を適切に行い、スマートフォンを貸すリスクを認識してほしい」としている。

「リネレボ」は“スマホ向けMMORPGの大衆化”の第一歩を踏み出したばかり――今後の展開が注目される日本運営のキーパーソンにインタビュー

Netmarble Gamesは2017年8月23日,スマートフォン向けMMORPG「リネージュ2 レボリューション」(iOS / Android 以下,リネレボ)の正式サービスを開始した。本作は,PC向けMMORPG「リネージュ2」のIPをベースに作られたスマホ向けMMORPGだ。韓国では2016年12月に配信がスタートしており,1日あたりの売上は116億ウォン(約11億3000万円),1か月で2060億ウォン(約200億円)を記録するなど大成功を収め,現地だけでなく世界中のMMORPGファンから注目を集めた。

DMM、「War Thunder」東京ゲームショウ2017のステージイベントに登壇するGaijin EntertainmentのAnton Yudintsev氏への質問を募集開始

DMM.comは,東京ゲームショウ2017の会場で「Gaijin × DMM GAMESスペシャルジョイントステージ」を実施する(特設サイト)。ステージイベントは一般公開日の2017年9月23日15:00~15:40頃に行われ,ニコニコ生放送やFresh!でのライブ配信も予定されている。

DMM.com,「DMM GAMES カンファレンス 2017」で2016年度の業務実績や今後のリリースタイトルやプラットフォーム戦略などを発表

DMM.comは2017年8月31日,東京都内で「DMM GAMES カンファレンス 2017」を開催した。このカンファレンスでは,2016年度のサービス状況やプラットフォーム動向,そして今後の展開が,パートナー各社やメディアに向けて説明され,後半には,DMM GAMESを通じてサービスを提供しているデベロッパによる,パネルディスカッションも催された。本稿では,その発表内容や,デベロッパ3社によるパネルディスカッションの模様をレポートしよう。

Steamではついに同時プレイ数1位に 世界中が熱狂する多人数バトロワゲーム「PUBG」の魅力とは

世の中にあふれる“変なゲーム(珍ゲー)”を紹介する「週末珍ゲー紀行」。第5回は最大100人のプレイヤーが絶海の孤島で最後の1人になるまで殺し合う、PC向けオンライン対戦ゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(通称、PUBG)」を、Steamで現在もっともプレイヤー数が多いゲームに成長した今だからこそあらためてピックアップします。

War Thunder

「ストレスはゼロだった」中国ネトゲ廃人の帝王が語る無責任生活

1人当たりGDPが中国ナンバーワンで、中国有数のイノベーション都市として知られる広東省深セン市。だが、その郊外の龍華新区にはデジタル工場の短期労働者らが暮らすサイバー・スラム街があり、「1日働けば、3日遊べる」を合言葉にギャンブルや性風俗・オンラインゲーム(ネトゲ)などに日銭をぶち込んで暮らす自堕落な若者たちで溢れている。彼らはいつしか中国のネット上で「三和ゴッド」(三和大神)と呼ばれるようになった。

Aiming、MMORPG「CARAVAN STORIES」より2.5次元男性声優ユニット“Claw Knights”がデビュー。2017年9月5日に四騎士が登場するLINE LIVEの放送も決定

Aimingは本日(2017年9月1日),新作MMORPG「CARAVAN STORIES」の男性声優ユニット“Claw Knights”がゲーム配信に先駆けてデビューしたことを発表した。

スクウェア・エニックス、MMORPG『ファイナルファンタジーXIV』サービス開始4周年を記念して14時間生放送を実施、GLAYのTERUも登場

スクウェア・エニックスは、サービス中のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』について、サービス開始4周年を記念して14時間生放送を実施する。

【CEDEC2017】スマホのセキュリティの課題と対策は? アプリへの攻撃を可視化できる「DxShield」を使うことでわかった攻撃の傾向や事例を紹介

オルトプラス<3672>は、9月1日に「CEDEC2017」において「損害総額年間10億円!?あなたのアプリも狙われている〜スマホアプリのセキュリティ裏話〜」のセッションを行い、開発部執行役員CTOの嶋田健作氏、開発部エンジニアの嶋田大輔氏が登壇した。

【CEDEC2017】カヤックが実践する「友情マーケティング」とは? コミュニティ形成を通じてユーザーと一緒にタイトルを継続的に育てていくために

カヤック<3904>は、8月31日「CEDEC2017」で「ユーザーとのエンゲージメントを育むコミュニティ運営「友情マーケティング」の解説」のセッションを行い、ソーシャルゲーム事業部プロデューサー・マーケティングディレクターの杉政英樹氏が登壇した。

【CEDEC2017】セガ・インタラクティブが開発・運用するゲーム大会実況システムが、今後のeSportsに対する取り組みの方向性を示す

セガ・インタラクティブは、8月31日開催の「CEDEC2017」にて、「これからのeSportsへの取り組み~大会実況システムの開発と運用を通して得られた知見~」と題したセッションを実施。今回は、同社の野口洋介氏(第一研究開発本部)、山本宗平氏(第一研究開発本部 チーフプログラマ)による同セッションの模様をレポートする。

Wii U『スプラトゥーン』のフレンド交流サービスが9月末に終了─オンライン対戦は引き続きプレイ可能

[おしらせ]Wii Uソフト「スプラトゥーン」のフレンド交流サービス「イカリング」は、2017年9月末を以て終了致します。

[CEDEC 2017]“ユーザーと運営の友情”とは。セッション「ユーザーとのエンゲージメントを育むコミュニティ運営『友情マーケティング』の解説」をレポート

2017年8月30日から9月1日にかけて,開発者向けカンファレンス・CEDEC 2017がパシフィコ横浜にて開催されている。本稿では,8月31日に行われたセッション「ユーザーとのエンゲージメントを育むコミュニティ運営『友情マーケティング』の解説」の模様をレポートしよう。

​サイバーステップ、定款の一部変更を実施…将来の機動的な資本政策遂行のために発行可能株式総数を840万株から1940万株に増加

サイバーステップ<3810>は、本日(8月31日)、8月29日付で定款の一部変更を実施したことを発表した。

[CEDEC 2017]「ソードアート・オンライン」のようなMMORPGは本当に実現できるのか? 川原 礫氏と原田勝弘氏,二見鷹介氏による基調講演をレポート

2017年8月30日~9月1日,ゲーム開発者向けのカンファレンス「CEDEC 2017」がパシフィコ横浜で開催されている。本稿では,開催初日に行われた基調講演「『ソードアート・オンライン』 仮想から現実へ。 小説とゲーム技術のお話。 ~ソードアート・オンラインが現実になる日まで。~」の模様をお伝えしたい。

IOC代表が“e-Sports”のオリンピック競技化について語る―海外メディアインタビュー

2024年のパリオリンピックにて競技化も囁かれる“e-Sports”。国際オリンピック委員会(IOC)の代表トーマス・バッハ氏が海外メディアのインタビューにて、e-Sportsのオリンピック競技化についてその見解を語っています。

【CEDEC2017】「Shadowverse」ではデッキのトレンド分析をどう行なうのか? データマイニング技術の活用手法紹介

ゲームを中心とするコンピュータエンターテインメント開発に関する話題を取り扱う「CEDEC2017」がパシフィコ横浜で開催されている。開催初日となる8月30日に、Cygamesによる「Shadowverseにおける『デッキのトレンド分析』を題材としたデータマイニング技術の活用手法紹介」が開かれた。

MOFPS『PUBG』アイテム目当てのファーミングが増加中?―海外ユーザーが問題提起

800万セールスを突破し、Steamの同時接続数トップにも躍り出た大人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』。しかし、ある海外YouTuberが、マーケット内で高騰しているクレートやスキン目当てのファーミングの増加による問題を指摘しました。

なぜスマホゲームは「不倫」へと発展するのか 「出会い」の中心地はSNSからネトゲに移行

筆者は、「不倫している女性」のインタビューを4年ほど続けている。毎回、不倫相手とどこで出会い、いつから恋愛関係になったかという話題から話を広げていくのだが、ここ最近の傾向として「スマホのゲームで知り合った」と答える30~40代の女性が目立つようになってきた。

アエリア、エイタロウソフトの完全子会社化が完了…コンテンツの共同開発や効率的なサービス運営を推進

アエリア<3758>は、本日(8月30日)、7月24日付で発表したエイタロウソフトの完全子会社化が完了したことを発表した。

ゲームオン、MMORPG「ロードス島戦記オンライン」のゲーム内で8月31日に座談会イベントが開催

株式会社ゲームオン[本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:李 相燁(イ サンヨプ)]が運営する、ネオクラシックMMORPG『ロードス島戦記オンライン』において、2017年8月31日(木)に初となるGM「座談会」イベントを開催いたします。

ロードス島戦記オンライン

「Miiverse」が11月8日をもってサービス終了へ。『スプラトゥーン』などのゲーム内のイラスト表示もなくなる

任天堂は本日8月29日、「Miiverse」「Wii U Chat」「Nintendo TVii」のサービス終了を発表した。これらのサービスは11月8日(水)15時(日本時間)をもってその歴史に幕が閉じられることになる。

平均年収は539万円、就業年数は平均10.63 年――ゲーム開発者の“生活と仕事に関するアンケート”速報が公開

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、“CEDEC 2017”の開催に合わせて“ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査2017”を実施。その速報を公開した。

また日本に行くぜ! ウォーメタルバンドSABATONメンバーインタビュー 「WoT」コラボは「俺たちとしては自然なこと」。10月には来日コンサートも

戦車や機関銃を持ち込み、閃光や爆発のエフェクトでステージを戦場にしてしまうスウェーデンのヘビーメタルバンドSABATON。そのSABATONが、Wargaming.netのオンラインタンクバトル「World of Tanks」とコラボレーションするのはまさに時間の問題だった。

WoT

gamescom 2017の来場者が史上最高となる35万人を記録 54ヵ国から919の企業が出展【gamescom 2017】

2017年8月22日~26日(現地時間)、ドイツ・ケルンメッセにて開催されたヨーロッパ最大のゲームイベントgamescom 2017の入場者数が、前年の34万5000人を超えて、史上最高となる35万人を記録したことが明らかとなった。

海外:オンラインゲームが米軍の装備開発に使われる

自動車や航空機はもちろん銃や戦車も含めて、工業製品の新型モデルを作るときに必要となるのが試作品を製造しての試験だ。

MMORPG「FFXIV」 吉田P&メインシナリオ石川氏インタビュー 今後の物語は、思わぬ部分が伏線になっているかも?

ドイツで開催されているgamescom 2017には、スクウェア・エニックスブース内に、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」の大きなコーナーが作られている。メインとなるのは、ラクシュミとスサノオに挑戦する蛮神チャレンジ。勝利するとそれぞれの蛮神が描かれたTシャツがもらえるとあって、朝から3時間超えの行列がずっと続いている盛況だ。

ゲーム運営業界は魅力的なのか?プレイヤーの期待を超えるための課題と未来

GameBusiness.jpをご覧のみなさま、はじめまして。株式会社DeNA Games Tokyo(以下DGT)で取締役を務めています山口恭平と申します。この度は「ゲーム運営」について書く機会をいただきありがとうございます。2015年にDGTを立ち上げてから事業を推進してきた身として、ゲーム運営業界の魅力をお伝えできたらと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>