MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

黒い砂漠

PS4のPSNオンラインID変更機能、明日ついに実装。PS4、Web、PS Appから変更可能で、対応ソフトなどの一覧も公開

SIEは、PlayStation Network(PSN)のオンラインIDを変更できる機能を、2019年4月11日から実装することを明らかにした。

ネクソン、本日正式サービス開始の『メイプルストーリーM』がiOSの無料ゲームAppランキングで1位を獲得!

ネクソン<3659>は、4月10日12時より正式サービスを開始した新作『メイプルストーリーM』について、4月10日16時現在、iOSの無料ゲームAppランキング1位を、Google Playでも人気ゲームApp急上昇1位を獲得していることを発表した。[関連記事]・ネクソン、『メイプルストーリーM』を配信開始 世界登録者数1億ID越えの人気オンラインRPGが遂にスマートフォンに登場!本作は、PC版『メイプルストーリー』の楽しさや魅力はそのままに、新たなストーリー追加なども加わり、いつでもどこでもメイプルワールドが楽しめるようになった新作アプリとなっている。 ■関連サイト App StoreGoogle Play公式サイト公式Twitter© NEXON Korea Corp. ALL Rights Reserved.

政治活動も行う本物の弁護士の『EVE Online』有名プレイヤー、機密情報の不正利用で永久BANに―本人は否定

4周年を迎えた「ガンダムジオラマフロント」の戦場にドズル・ザビが登場!? 今後の展望を開発スタッフにインタビュー

 バンダイナムコオンラインの「ガンダムジオラマフロント」が3月26日に4周年を迎えた。今も精力的なアップデートが続き,「武者仁宇頑駄無」などが登場する「SDガンダム」とのコラボレーションや,「モビルスーツ選抜総選挙」といったマニアックな施策が行われて盛り上がりを見せる中,開発スタッフに今後の展望を聞いた。

『Apex Legends』にて、ミスで実装された途中退出に対するペナルティが一旦削除。検討中の機能だが実装時期は未定

『Apex Legends』は4月4日にアップデート1.1を配信したが、この更新にはパッチノートに記載されていない「ゲームを繰り返し途中退出するプレイヤーに対するペナルティ」が含まれていた。

米連邦取引委員会、「ルートボックス」に関するパブリックコメントを募集開始

CESA、『日本ゲーム大賞2019年間作品部門』の一般投票の受付開始!

​コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、一般からの投票で年間No.1のゲームタイトルを決定する『日本ゲーム大賞2019年間作品部門』の投票受付を4月8日より開始した。対象になる作品は、2018年4月1日から2019年3月31日までの間に、日本国内でリリースされたタイトルとなる。投票方法は、PC・スマートフォンまたははがきでも投票できる。投票の締切は7月19日となる。「日本ゲーム大賞 年間作品部門」は、その年を代表するにふさわしい優れたコンピュータエンターテインメントソフトウェア作品を選考・表彰する賞。一般投票のあと、日本ゲーム大賞選考委員会による審査を経て、『大賞』と『優秀賞』(該当数)のほか、海外市場において高い評価を得た『グローバル賞』(国内/海外企業から1作品ずつ)、対象期間中に日本国内で最多販売本数を記録した『ベストセールス賞』(1作品)の各賞を決定する。なお、今回、

英政府機関、マイクロソフト/ソニー/任天堂のメンバーシップサービスを調査中―自動更新や払い戻しなどに着目

ガンダムジオラマフロント

ネクソン、2万人以上のゲーム開発者と大学生が集う祭典「Nexon Developers Conference 19」の詳細を発表!

ネクソン<3659>は、連結子会社であるNEXON Korea Corporationの主催により、韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンス「Nexon Developers Conference 19(NDC19)」を、ネクソンコリアのオフィスと近隣の施設で、4月24日~26日の3日間開催する。NDCは、2011 年に本格的に外部公開を開始して以来、近年ではおよそ2万人の来場者と100以上の講演数を誇る、韓国最大規模のゲーム開発者及び大学生向けカンファレンスへと成長した。13年目を迎える今年は、ゲーム開発からプログラミング、ビジュアルアート、サウンドプロダクション、さらには経営管理まで、多岐にわたるテーマで計106講演が予定されている。ネクソングループからは、昨年日本で配信開始した『FAITH』の開発を手掛けた「Nexon Red」、グローバルで配信開始した『MARVEL

「Battlefield V」の新チャプター「炎の試練」に合わせて,アイテム課金システム「バトルフィールドコイン」が導入

 ElectronicArtsは,「BattlefieldV」のチャプター3「炎の試練」を2019年4月4日に配信し,それに合わせてアイテム課金システム「バトルフィールドコイン」の導入を開始した。能力的な優遇のない装飾用カスタマイズアイテムなどを,リアルマネーで購入できる。

ジップライン、ヒア!『Apex Legends』野良の味方チーターを罠にはめる爽快映像

MMORPG「ドラゴンクエストX オンライン」 RMT販売者の200アカウント、約83億727万ゴールドを凍結

 スクウェア・エニックスは4月8日、3月に実施したWii U/Windows/プレイステーション 4/ニンテンドー3DS/ Nintendo Switch用MMORPG「ドラゴンクエストX オンライン」における不正行為者への対応を公開した。なお、「不正行為」とは現実世界の金品などによるゲームデータの売買を指す「リアルマネートレード(RMT)」や、他のプレーヤーを騙してアイテムやゴールドなどを奪い取る「詐欺」などを指す。

『Fallout 76』実装予定の「修理キット」に不満噴出―「Pay to Win」に繋がる懸念も

Access Accepted第608回:Googleの「Stadia」で欧米ゲーム業界はどのように変化するのか

 Googleが発表したクラウドゲーミングサービス「Stadia」は今後,欧米ゲーム業界の台風の目となるだろう。所持するハードウェアと関係なくゲームが楽しめ,アップデートの手間やチートの問題さえ過去の話になりそうだ。市場がどのように変化していくのか,今回の発表から考察してみたい。

テンセントのPCゲームストア「We Game X」が中国外でも早期アクセスとしてサービス開始

欧州委員会が、Steamにおいてユーザーに購入制限を課す「地域ブロック」が欧州にて独占禁止法違反であるとの見解示す

欧州連合の執行機関である欧州委員会は4月5日、プラットフォームSteamにおいて地域間における購入制限施策が、独占禁止法違反にあたるという見解を示した。

人気ストリーマーのMrHappyさんに聞く、海外で『FFXIV』が支持される理由。日本と海外のレイド文化の違いとは?

『ファイナルファンタジーXIV』の人気ストリーマー(配信者)、MrHappy(ミスターハッピー)さんにインタビュー。

FinalFantasy14

eスポーツリーグの存在意義や課題,そしてビジネスとしての可能性が語られたパネルディスカッション「日本におけるe-Sportsリーグの未来」をレポート

 2019年3月20日に開催された「SPORTSTech&BizConference2019」にて,ライアットゲームズの藤本恭史氏,Jリーグマーケティングの窪田慎二氏,カプコンの荒木重則氏による特別講演「日本におけるe-Sportsリーグの未来」が行われた。国内でリーグ運営をしている人達はどのような未来を見ているのだろうか。

Genvidが手がける次世代ゲーム実況システムは,実況中のゲーム内に視聴者が干渉できる?

 元スクエニの和田洋一氏らが設立したGenvidTechnologiesという企業が,GDC2019の展示会場に大きなブースを展開していた。同社は,既存のゲーム実況配信に新しい仕組みを加えるシステムを開発,展開中で,視聴者が配信中のゲーム内に声援を送ったり,プレイを助ける,あるいは邪魔するアイテムを送ったりできるのだという。

NCジャパン、スマホ向けMMORPG「Lineage M」の公式サイトが昔懐かしいデザインに。2001年当時のPC版「リネージュ」公式サイトを模した形で限定復刻

スクウェア・エニックスが、「FFXIV」に続く基幹プロジェクトのスタッフを募集世界を見据えた次世代のAAAタイトルはアクションゲーム?

 4月1日からゲーム事業組織を再構築したスクウェア・エニックスだが、新たに発足した第三開発事業本部で「ファイナルファンタジーXIV」に続く新たな基幹プロジェクトを発足するための求人が始まっている。

平成ゲームメモリアル第3回「インターネットにつながり始めた時代―PCゲームの潮流」

MCFセミナー「ゲーム分野の潮流、ゲームサービス業の拡大へ」が4月17日に開催! eスポーツとVtuberの現状、ゲーム市場の変化がテーマに!

モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)は、MCFセミナー「ゲーム分野の潮流、ゲームサービス業の拡大へ」を4月17日にmediba本社(東京都港区)で開催する。MCF会員は無料、一般は1万円で受講できる。MCF未入会という会社はこれを機会に加入してはいかがだろうか。今回は、ゲーム分野の潮流として、世界的な隆盛を見せつつあるeスポーツの現状とともに、5G時代に到来するライブエンタテイメントとして脚光を浴びるVRの紹介が中心となる。また国内外のゲーム市場環境の変化とビジネスチャンスについてデータをもとに解説する。このほか、マイネット社長の上原仁氏と、KLab新社長となった森田 英克氏が参加し、最新のビジネストレンドについてパネルディスカッションを行う。セミナーの概要は以下のとおり。 【開催概要】日 時:2019年4月17日 13:00~17:00会 場:株式会社 mediba&nb

スマホの利用時間長くても勉強時間は短くならない LINEと神奈川県が青少年のネット利用実態を調査

スマホの利用時間が長くとも、勉強時間や睡眠時間が短くなることはなかったとのデータも。

ゲームオン、18年12月期の最終利益は15.8%増の4億4000万円

ゲームオンは、3月29日付の官報に第18期(2018年12月期)の決算公告を掲載し、最終利益が前の期比15.8%増の4億4000万円だった。同社は、『ロードス島戦記オンライン』や『TERA』『黒い砂漠』『BLESS』『ArcheAge』『Alliance of Valiant Arms』『RED STONE』『眠らない大陸クロノス』などPC向けオンラインゲームの運営を行っているほか、スマートフォンゲームでは『フィンガーナイツクロス』などの運営を行っている。 

NCジャパン、18年12月期の最終損益は7億3800万円の赤字

エヌ・シー・ジャパンは、この日(3月29日)付の「官報」に、2018年12月期の決算公告を掲載し、最終損益は7億3800万円の赤字だった。前の期は4億3000万円の黒字だった。同社は、『リネージュ』や『リネージュ2』『タワーオブアイオン』などPCオンラインゲームの運営会社として知られている。モバイルゲームへの取り組みも強化しており、『Lineageヘイスト』と『クロノ ブリゲード』(4月16日に終了予定)の運営を行っているほか、期待作『Lineage M』のリリースを控えている。 

任天堂への不正アクセスにより、悪意あるハッカーに有罪判決。過去にはマイクロソフトにも不正侵入

任天堂に対するネットワーク不正アクセスなど複数の罪で起訴されたZammis Clark氏に、執行猶予18か月の判決が下された。過去には任天堂だけでなく、マイクロソフトのサーバーにも不正侵入している。

平成30年間のゲームにまつわる出来事をまとめた書籍『ゲームと平成』が3月30日に発売、ゲーム産業におきた劇的な変化を振り返る

平成30年間のゲーム業界を振り返る書籍『ゲームと平成』が、2019年3月30日に発売される。

日本一の高校チームを「クラロワ」「フォートナイト」「LoL」で決める。国内最大級の高校対抗eスポーツ大会が今夏より開催へ

 テレビ東京は本日,高校対抗eスポーツ大会「Coca-ColaSTAGE:0eSPORTSHigh-SchoolChampionship2019」を,今夏より開催すると発表した。タイトルは「クラッシュ・ロワイヤル」「フォートナイト」,そして「リーグ・オブ・レジェンド」。大会の様子は,特別番組として放映するそうだ。

4月17日にサービスが開始する「World of Warplanes」発表会レポート。開発チームに今後の展望を聞いた

 Wargaming.netのPC用オンライン空戦ゲーム「WorldofWarplanes」の国内向けサービス開始に伴う発表会が2019年3月27日にウォーゲーミングジャパンオフィスにて行われた。本作を開発するウクライナ・キエフスタジオから開発者が来日し,サービスの概要や,開発ロードマップなどを説明したので,紹介しよう。

HTML5化してスマートフォンでも遊べるようになった「Livly Island」。リヴリー総合研究所のスタッフが語る,その背景とは

 2019年7月にはサービス開始から16周年を迎える,GMOGPのPC向けブラウザゲーム「LivlyIslandCOR」。本日(3月28日),タイトルを「LivlyIsland」に改め,スマートフォンでのプレイに対応するHTML5版がリリースされた。HTML5版開発の経緯や今後の展開について,運営・開発元のリヴリー総合研究所に聞いた。

「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2」に,筐体4台を貸し切ってプレイできる新機能「グループプレイ」が追加

 バンダイナムコアミューズメントは本日(2019年3月28日),アーケードゲーム「機動戦士ガンダムエクストリームバーサス2」のアップデートを実施し,「グループプレイ」を追加した。これは,ゲーム筐体4台セットを貸し切ってプレイできる新機能で,ゲーム設定をプレイヤーが自由に切り替えることも可能だ。

モバイルゲームを長く遊んでもらうために重要さを増す“運営”に特化! 業界の最先端を走るファンプレックスを訪問【ファミキャリ!会社訪問(71)】

ファミ通ドットコム内にある、ゲーム業界専門の求人サイト“ファミキャリ!”。その“ファミキャリ!”が、ゲーム業界の最前線で活躍している各ゲームメーカーの経営陣やクリエイターの方々からお話をうかがうこのコーナー。今回は、ファンプレックスを訪問した。

ネットワークを活用したゲーム開発のパートナーでありたい―「Game Platform for Azure」が紡ぐエンターテイメントの未来

「ゲームで味方に迷惑をかけていないか不安」 協力プレイを恐れる「マルチプレイ恐怖症」に共感の声

ゲームだって人と人が関わるものですからね……。

エレクトロニック・アーツの日本オフィスが閉鎖、日本市場に対しては引き続きサポートを継続することを明言

エレクトロニック・アーツが日本オフィスを閉鎖することを発表した。

PC版に続いてスマホ版も登場した「黒い砂漠」。2作品の特徴から,それぞれがどんなプレイヤー向けなのかを考えてみた

 MMORPG「黒い砂漠」をベースにした,スマホ向け「黒い砂漠MOBILE」のサービスが2月26日に始まった。この2作品は共にMMORPGなのだが,どちらを遊ぼうかと悩んでいる人もいるだろう。そこで両者の違いを確認しつつ,それぞれがどんなプレイヤー向けなのかを考え,紹介したいと思う。

ONNE、「スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ」の正式版公開…VTuberなども追加

Electronic Arts、約350人のレイオフを実施へ。日本およびロシアの体制も縮小

Electronic Arts(EA)が、全従業員の4%にあたる約350人のレイオフを敢行するようだ。低調な2019会計年度の業績を受け、パブリッシングやマーケティングなどの方針を変更するという。その対象には、日本も含まれるとのこと。

黒い砂漠

「FAITH」初のオフラインイベント「FANFEST」をレポート。ペットや新レイドボスなどのアップデート情報も公開

 ネクソンは2019年3月23日,サービス中のスマホ向けMMORPG「FAITH-フェイス」のオフラインイベント「FANFEST」を,都内で開催した。本稿では,会場でFAITHの開発/運営チームが発表した最新アップデート情報を中心にレポートしていこう。

【イベント】『メイプルストーリーM』など大型タイトルが発表された「NEXON Mobile Media Day」をレポート 国内モバイル市場の分析も

ネクソン<3659>は、3月20日、自社の日本国内におけるモバイルゲーム市場に関する説明会「NEXON Mobile Media Day」を都内某所で開催した。本説明会には、ネクソンモバイルゲーム事情本部・本部長のキム・キハン氏が登壇。これまでの日本国内のモバイルゲーム市場を振り返るほか、今後の事情方針や新規タイトルを発表した。▲ネクソンモバイルゲーム事情本部・本部長のキム・キハン氏。 ■大型タイトルが成功した秘訣を振り返るまず、キム氏は2018年の国内モバイルゲーム市場を解説。2018年のセールスランキングを見ていくと、TOP10のタイトルは成長に停滞が見えるものの、11~200位タイトルでは売上が上昇。ランキングに名を連ねるゲームジャンルもさまざまで、マストとされているRPGもさらに細分化されていることが分かった。このような傾向が見えた2018年度のモバイルゲーム

モノビットエンジン,Unityで利用可能なゲーム/VR向けマルチプレイ通信クラウドサービスを本日リリース

矢野経済研究所が2018年のスマホゲーム市場に関する調査を実施。国内規模は前年度比8.9%増の1兆290億円に

Loot Box自体は問題ではなく、どのように使うかが問題だと法律専門家は語る

『荒野行動』と『PUBG』の著作権侵害をめぐる、法廷闘争が和解に向かう

『荒野行動』と『PUBG』の著作権侵害をめぐる、法廷闘争が和解に向かっている。原告PUBG Corpと被告NetEaseによる当事者合意書が米国裁判所に提出されており、両社が定めた条件が期限内に満たされた場合、申し立ての却下を求めるという。

『PUBG MOBILE』を巡ってついに死者が発生。急拡大するインドゲーム市場でいま起きていること

インドでは『PUBG MOBILE』が圧倒的な人気を博している。そんなインドで大人気の『PUBG MOBILE』で、いま悲劇が相次いでいる。同ゲームを遊んだ若者が死亡するという事例が出てきているのだ。

「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の映画化が決定。「FFXIV」にハマった父と息子の親子関係を描く感動ドラマ

 ニッポンプランニングセンターは,「劇場版ファイナルファンタジーXIV光のお父さん」を2019年6月21日より全国で公開すると発表した。本作は,「FFXIV」をプレイする親子の実話をベースにした,プレイヤーブログの内容を映画化したものだ。主演は息子役の坂口健太郎さんと父親役の吉田鋼太郎さんが務める。

CESA、「2019CESA一般生活者調査報告書」発刊「CESAゲーム白書」の基礎データとなる「一般消費者のゲーム利用・ライフスタイル」の調査結果

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(以下、CESA)は、一般消費者を対象とした2018年のゲーム利用などに関する調査結果をまとめた報告書「2019CESA一般生活者調査報告書~日本ゲームユーザー&非ユーザー調査~」を発刊し、3月25日より全国の政府刊行物取扱書店などで販売を開始した。A4判・本文232ページで、価格は6,480円(税込)。

FinalFantasy14
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>