MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

大館市のネット・ゲーム規制条例、一時策定凍結へ 香川県の違憲訴訟受け「経緯見守りたい」

今後は香川県の訴訟の状況も見つつ検討していくとのこと。

韓国:「R2M(R2 Mobile)」の開発が発表に。PC向け向けオンラインゲーム「R2」のIPを活用したスマホ向けMMORPGとしてリリース

 Webzenは2020年5月20日,開発中のスマホ向け新作MMORPGのタイトルが「R2M(R2Mobile)」に決定したことを発表した。韓国では2020年下半期にリリースされる予定だ。本作は,PC向けMMORPG「R2(ReignofRevolution)」のIPを活用したタイトル。

 ネクソンは2020年5月20日,PC用MMORPG「メイプルストーリー」にて,ファミリアの改変を含むアップデートを実施した。アップデートでは,3体目のファミリアが召喚可能になったほか,ファミリアの育成システムが追加されている。また,「チャレンジ!メイプルレインボー」など各種イベントが開催中だ。

 ネクソンは,同社がサービス中のオンラインゲーム「アラド戦記」の大型アップデートSeason8Act1「帰還」を本日(2020年5月20日),実装した。このアップデートでは,最高レベルが95から100に拡張されるほか,新たなダンジョンや装備アイテムが登場。また女鬼剣士真覚醒も実装となる。

アラド戦記

 ブライブは本日,ブラウザゲーム「ワールドエンドファンタジー〜選ばれし勇者〜」の「3か月連続アップデート」part3を実施した。コロシアムに新PvPシステムの「栄光の道」が実装されたほか,赤等級の星運をさらに強化できる「星運昇華」が追加された。

『The Culling』課金モデルの批判を受けて開発元が反省。課金モデル自体ではなく「発表の仕方」や「1日1マッチ」制限が悪かったと自己分析

『The Culling』課金モデルの批判を受けて開発元が反省。課金モデル自体ではなく、「発表の仕方」や「1日1マッチ」制限が悪かったと自己分析している。

クローズドベータ中の『VALORANT』にて新たに不正行為者1,600人へのBANが報告

World End Fantasy

Respawnが『Apex Legends』開発専用スタジオをバンクーバーへ設立していたことが明らかに

COVID-19のパンデミックはモバイルゲーム市場をどう変えるか

 Netmarbleは本日(2020年5月19日),新作スマホアプリ「ストーンエイジワールド」の事前登録受付を,公式サイトおよびAppStore,GooglePlay両ストアにて開始した。登録者への特典情報も公開されている。

フェイスブックは“VRリモートワーク”の拡充に着手した

フェイスブックは、一体型VRヘッドセットOculus Quest対応のコラボレーションアプリを拡充します。新型 […]

海外:協力型2Dアクション『Mythic Dungeons』Steamにて早期アクセス開始。「悪魔城HD」に影響を受けオンラインマルチ対応

Euros Game Studioは5月18日、『Mythic Dungeons』の早期アクセス配信をSteamにて開始した。『Mythic Dungeons』は、協力プレイに対応した2Dアクションゲームだ。

「Minecraft」のMojang,スタジオ名をMojang Studiosに変更

 「Minecraft」を手掛けたMojangは,スタジオ名を「MojangStudios」に変更すると発表し,新たなロゴやトレイラーを公開した。長編映画の企画やライブショーの準備をしたり,新しいゲームのアイデアを練ったりしていることが,合わせてアナウンスされている。

海外:「EVE Online」のスマホ版となる「EVE Echoes」は海外で8月にリリース予定。欧州向けのライブストリーミングで最新動画2本などが紹介に

 スマホ向け新作MMO「EVEEchoes」で,初となるライブストリーミングが現地時間の5月17日に実施された。海外版は2020年8月のリリースが予定されていることが発表されたほか,最新動画2本や新勢力“Yan-Jung”などの情報が,NetEaseGamesの開発スタッフによって紹介されている。

韓国:MMORPG「GRAN SAGA」,ゲーム内で発生する出来事を確認できるトレイラーが公開に。英雄と黒竜の激闘を収録

 NPIXELは2020年5月15日,スマホとPCのマルチプラットフォームで展開するMMORPG「GRANSAGA」のトレイラーを公開した。今回の映像は「In-GameTrailer」と題されており,ゲーム内で発生する出来事を確認できる。その内容は,「GranLordLeon」と呼ばれる英雄が,黒竜らと戦いを繰り広げるというものだ。

【8年前の今頃は?】消費者庁、「コンプガチャは違法」と判断 ソシャゲ業界にコンプガチャショック広がる

数年前の今日はどんな記事があった?

『マインクラフト』9年かけて作られた「特大現代都市」のマップデータが配布中。総勢400人が参加するマイクラ最大規模の街

『マインクラフト』にて、400人規模で制作中の超巨大なマップデータが注目を集めている。「Greenfield」というプロジェクトとして制作されているこの都市は、2011年から約9年の歳月をかけて成長してきたという。

『Apex Legends』ライフライン強化について開発者「実マッチでは元からトップティア。取り組んでいるが難しい問題」

『FF11』がPS2で正式サービスを開始した日。シリーズ初のオンラインタイトルでMMORPGというジャンルの魅力と認知度を広めた作品【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2002年(平成14年)5月16日は、プレイステーション2用ソフト『ファイナルファンタジーXI』が正式サービスを開始した日です。

 PearlAbyssJPは本日,PC向けオンラインRPG「黒い砂漠」の国内同時接続者数が5月10日に過去最高を記録したと発表した。前週からさらに記録を伸ばした形となり,これで2週連続で記録を更新したことになる。また,GLAYコラボムービーは再生回数が1000万回を突破したそうだ。

海外:オンライン4人協力FPS『World War AI』発表、プロトタイプが期間限定で無料配信へ。人類の敵はAI、資源を持ち帰り装備を強化せよ

インディースタジオのBossa Studiosは5月15日、オンライン協力FPS『World War AI』を発表した。『World War AI』は、最大4人での協力プレイに対応するオンラインFPSゲームだ。

『GTAV』がEpic Gamesストアで期間限定無料配布開始。しかし人が殺到しストアがダウン

Epic Gamesは5月15日、『Grand Theft Auto V』をEpic Gamesストアにて期間限定で無料配布開始した。期限は5月21日23時59分まで。

 HappyTukは2020年5月14日,オンラインアクションRPG「CLOSERS」において,第4のタスクフォース「クイーンオブハート」を実装するアップデートを行った。それに合わせて,ゲーム内ではクイーンオブハートの実装を記念したログインイベントや製作イベントがスタートしている。

LINEがPC向けゲームプラットフォーム「LINE POD」を発表。台湾やタイ,インドネシアおよび東南アジアで提供へ

 コミュニケーションアプリ「LINE」を展開しているLINEは本日,PC向けゲームプラットフォーム「LINEPOD」の,台湾,タイ,インドネシアおよび東南アジアでの提供開始が決定したと発表した。ユーザーが1つのプラットフォームで,モバイルゲームとPCゲームの両方をプレイできるというものだ。

「World of Warcraft」の世界観を使ったボードゲーム「Small World of Warcraft」が発表。2020年夏に欧米でリリース予定

 ボードゲームのパブリッシャであるDaysofWonderは同社の人気作「SmallWorld」と,BlizzardEntertainmentの「WorldofWarcraft」の世界観を融合させた新作「SmallWorldofWarcraft」の制作を発表し,トレイラーを公開した。欧米での発売は,2020年夏が予定されている。

スクエニHD、「MMO」売上は48%増の401億円と過去最高を更新 「FFXIV」と「DQX」拡張パッケージ販売と課金会員が大幅増

スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、5月13日に発表した2020年3月期の決算で、「MMO」の売上高が前の期比47.9%増の401億円となったことを明らかにした。過去最高を更新したもうようだ。営業利益についても、具体的な数字は出ていないが、100億円台前半から200億円弱まで大きく伸びたことが示されている。同社では、好調の要因として、「ファイナルファンタジーXIV」と「ドラゴンクエストX」の拡張パッケージの販売が好調だったことに加えて、月額課金の会員数が大幅に増加したことをあげている。【関連記事】・スクエニHD、20年3月期は売上高4%減ながら営業益33%増 家庭用ゲーム機向けの苦戦を『ロマサガRS』や『DQウォーク』の好調などでカバー

 ゲームオンは本日,同社がサービス中のMMORPG「TERA:TheExiledRealmofArborea」のアップデートを実施し,「幻影の塔」と「ケリーヴァンの突撃船(上級)」を期間限定で開放した。また,新兵大歓迎イベントやログインプレゼントキャンペーンが実施されている。

ネクソン、第1四半期の営業益は21%減の415億円…中国『アラド戦記』はPCカフェ停止の影響でアクティブユーザー減少

ネクソン<3659>は、この日(5月13日)、2020年12月期の第1四半期(1~3月)の連結決算を発表し、売上収益827億円(前年同期比11.1%減)、営業利益415億円(同21.0%減)、税引前利益619億円(同0.3%増)、最終利益499億円(同6.5%減)と減収減益となった。売上収益と税引前利益に関しては予想レンジの上限を上回る水準で着地した。オーウェン・マホニー社長のコメント「世界経済が大きなダメージを受ける中、当社の事業は重大な影響なく、韓国では過去最高の四半期売上収益を達成し、堅調な第1四半期となりました。当社がサービスを提供するにあたり、ユーザーと物理的接触が必要となることは極めて少ないため、新型コロナウイルスによる大きな混乱もなく、事業を行うことができています。人々の間でオンラインゲーム及び仮想世界が21世紀最高のエンターテインメントであるという認識が広まり、

どのアプリが“売れている”のかも丸分かり。データ分析を行うフラー(App Ape)が業界動向を振り返る「スマホゲーム四半期報告書」を掲載

 スマホ向けアプリのデータ分析をテーマにした新連載,「スマホゲーム四半期報告書」を4Gamerで開始します。データ分析を専門に行うフラー(AppApe)が,セールスランキングなどを交えつつ市場動向を解説しているので,スマホゲーム界隈を俯瞰するための一助としてご一読ください。

エヌ・シー・ジャパンは、5月13日、『Lineage M(リネージュM)』で3週連続クラスケアアップデート第3弾「君主」「魔術師」の実施、 クラスケアアップデート記念イベントの開催、 及びショップ商品の更新を発表した。■3週連続アップデート「クラスケア」第3弾「君主」「魔術師」新スキルの追加や既存スキルの変更が行われる「クラスケア」が3週にわたり実施する。本日は第3弾のアップデートが行われ、 「君主」と「魔術師」のクラスケアを行った。君主は、 自分自身に特別なオーラが発動し習得しているオーラの数によって効果が向上する新パッシブスキルや、 パーティメンバーを復活させることのできる新スキルなど、 7個の新スキル追加と、 5個の既存スキルの変更を行った。魔術師は、 近距離ダメージと近距離命中を増加させる新スキルや、 重量が50%以上の際のMP回復ペナルティをキャラクターレベルによって最大60%ま

『VALORANT』クローズドベータテストにて8000人以上のチーターBANが報告

PC版『CoD: Warzone』新規プレイヤーは二段階認証が必須に―チート対策の一環

TERA

Netmarble(ネットマーブル)は、5月12日、『ブレイドアンドソウル レボリューション』(略称『ブレレボ』)において、リリース半周年を記念して、新規レイドダンジョンや、新ストーリークエストなどを追加するゲームのアップデートを実施した。また、本日より豪華報酬を獲得できる「半周年記念イベント」を開催する。◆16人のメンバーと協力して挑め!新規レイドダンジョン「暁の破天成都」実装!本アップデートより、 新規レイドダンジョン「暁の破天成都」が登場。「暁の破天成都」は、 第5幕のメインクエストを完了させた後に「江流都南部地区」の ダンジョンの管理人を通じて入場することができる。様々な毒ダメージ攻撃をしてくる「白蛙龍」がボスとして出現し、 プレイヤーは継続的なダメージを受けないよう、 毒を的確に解除することが討伐のカギとなる。本クエストの攻略には、 16人のパーティーメンバーとのタイミングを合わ

シフォンが「M2 -神甲天翔伝-」ゲーム内で第2回「オンライン会社説明会」を5月26日に実施

 KLabと崑崙は本日(2020年5月12日),BLEACH製作委員会より,スマホ向け3DアクションMMORPG「BLEACH境・界-魂之觉醒:死神」の国内での配信許諾を受けたことを発表した。なお,日本での正式タイトルは「BLEACHSoulRising」に決定したとのこと。

ZLONGAMEは、本日(5月12日)10時より、スマートフォン向けMMORPG『パーフェクトワールド M』の正式サービスを開始した。5月7日には事前登録者数が100万人を突破したことも発表した期待作がついに登場した。本作は、日本でも2007年から配信されているPC版『パーフェクトワールド』のあらゆるコンテンツを継承しながらも、モバイル版に合わせて最新の要素も融合させ、よりパワーアップしている。飛行やバトル、レイドなどのグラフィックは格段に進化し、懐かしさの中にも新鮮さを感じることができる。PC版でおなじみの種族、ジョブ、場景、レイドやボスを、発達した技術でより美麗に完全再現。さらに、PC版と比べてゲームの進行スピードがスムーズになり、刺激的な体験がプレイヤーを待ち構えている。既に『完美世界M』というタイトル名で中国本土や繁体字圏(台湾・香港・マカオ)などでリリースされており、日本でのサー

コロプラ、コアエッジからオンラインゲームの企画・運営事業とコンサルテーション事業を買収

コロプラ<3668>は、5月8日、コアエッジが保有するオンラインゲームの企画・運営・コンサルテーション事業を買収することを発表した。具体的な取得日・取得額などは非開示。同社は事業譲受の理由を「オンラインゲーム領域に関するマーケティングの知見を持つコアエッジの優秀な人材を獲得し、当社のゲーム開発力と掛け合わせることで、当社のモバイルサービス事業のさらなる競争力向上に資するものと判断したため」としている。なお、人材紹介事業に関しては、コアエッジが引き続きが行う予定とのこと。 

星界神話

Netmarble(ネットマーブル)は、本日(5月11日)、『リネージュ2 レボリューション(Lineage2 Revolution)』のアップデートを実施し、新ダンジョン「次元の迷路:悪魔の古城」を追加したほか、新イベント「フォンティアックのドキドキクレーン」を開始した。また、5月16日より新戦場コンテンツ「全サーバー攻城戦」を開始することも併せて発表した。◆次元の迷路に新ダンジョン「悪魔の古城」実装!本日実施したアップデートで、新たに「次元の迷路:悪魔の古城」を追加した。その名の通り悪魔特性を持つモンスターが登場するダンジョン「悪魔の古城」では、新しいモンスターのコアやアイテムを獲得することができる。悪魔に対して攻撃増加やダメージ軽減などの有効な特性を持つ「悪魔特性装備」を強化・装着して挑戦しよう。また、「次元の迷路:悪魔の古城」の実装を記念して、悪魔特性防具のLR進化に役立つアイテム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>