MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

モブキャストゲームスは、ブラウザ版『モバサカ』(マイネットゲームス共同運営)のサービスを2019年6月27日12時をもって終了した。 ブラウザ版『モバサカ』は、2012年7月よりサービスを開始しており、サービス開始から約7年でのサービス終了となる。なお、ネイティブアプリ版『モバサカ CHAMPIONS MANAGER』と、『モバサカ ULTIMATE FOOTBALL CLUB』の2サービスついては、引き続き運営を行っていくとしている。 

モブキャスト、4QはQonQでは2%の増収に…9月配信の『モバサカ CHAMPIONS MANAGER』国内版の寄与などで 営業益は7四半期連続の赤字に

モブキャスト<3664>は、2月9日、2017年12月期の連結決算を発表した。その数字を四半期推移(QonQ)で見てみると、第4四半期期間(10~12月)の売上高は前四半期2.5%増の9億83000円と増収になったものの、各利益項目はいずれも赤字計上となっている。なお、営業利益は7四半期連続の赤字、四半期純利益は12四半期連続の赤字計上となる。増収の要因は『モバサカ CHAMPIONS MANAGER』国内版が9月7日からの配信開始のため、前四半期は1ヶ月分の寄与であったものが、この四半期はフル寄与したことなどが想定される。 The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. FI

モブキャスト、4月1日付での純粋持株会社体制移行に向けた分割準備会社モブキャストゲームスを2月中旬に設立

モブキャスト<3664>は、1月17日、持株会社体制移行に向けた準備として、分割準備会社モブキャストゲームスを2月中旬に設立することを発表した。同社は、2017年12月20日付で発表した「純粋持株会社体制への移行に関するお知らせ」の通り、2018年4月1日付で純粋持株会社体制へ移行するための準備を進めている。同社は体制移行後、純粋持株会社としてグループ全体の経営を統括し、各事業間のシナジー効果を高めてグループ全体の企業価値の向上を目指していく方針だ。<設立する分割準備会社の概要>【関連記事】​モブキャスト、2018年4月1日を目途に純粋持株会社体制に…ゲーム事業はゲーム子会社に承継へ、グループの経営機能と事業執行機能を明確化  

海外:mobcast、スマホ向け「モバサカ」のグローバル版「Football Revolution 2018」,Android向けCBTが実施

株式会社モブキャスト(本社:東京都港区、代表取締役:藪考樹)は、スマートフォン向けアプリ『モバサカ CHAMPIONS MANAGER』(以下、モバサカ C)のグローバル版『FootballRevolution 2018 - CMM』において、本日 2017 年 10 月 18 日(水)より、現地にて Android 端末を対象とした、クローズドβテストを順次開始することをお知らせいたします。

株式会社モブキャスト(本社:東京都港区、代表取締役:藪考樹)は、スマートフォン向けア プリ『モバサカ CHAMPIONS MANAGER』の日本版において、クローズドβテストを本日 5 月 23 日(火)より開始したことをお知らせいたします。

モブキャスト、第1四半期は2億4900万円の営業赤字 ブラウザゲームが売上縮小 「キングダム 乱」や「モバプロ2」「モバサカ」を開発中

モブキャスト<3664>は、5月11日、第1四半期(1~3月)の単独決算を発表し、売上高6億7600万円、営業損益2億4900万円の赤字、経常損益2億5800万円の赤字、最終損益2億3700万円の赤字だった。今回から子会社mobcast Koreaの清算完了に伴い、単体の決算発表に移行したとのこと。

モブキャストが急落…東証の値下がり率1位に 待望の新作プロジェクトの情報解禁も材料出尽くしに

モブキャスト<3664>が急落し、東証全体の値下がり率1位で推移している。

モブキャスト、第2四半期は5100万円の営業赤字…新シーズン開始に合わせて「モバプロ」の広告宣伝強化で

モブキャスト<3664>は、8月5日、第2四半期累計(2016年1~6月期)の連結を発表し、売上高16億3900万円(前年同期比7.3%減)、営業損益5100万円の赤字(前年同期1億5800万円の赤字)、経常損益8600万円の赤字(同1億5200万円の赤字)、最終損益1億9900万円の赤字(同1億2700万円の赤字)だった。

【モブキャスト決算説明会】昨年は3打数1安打…『【18】』月商1億円規模、ブラウザPF事業の減少止まる 悪材料出し尽くし2016年は必勝の年へ

モブキャスト<3664>は、2月10日、2015年12月期の連結決算を発表し、都内で決算説明会を開催した。売上高39億1300万円(前々期比2.5%増)、営業損益4億4500万円の赤字(前々期3億1800万円の黒字)、経常損益4億7100万円の赤字(同3億1600万円の黒字)、当期純損益16億5800万円の赤字(同1億5400万円の黒字)と各利益項目で赤字転落した。

【発表会】モブキャスト、e-sportsプロチーム「Team mobcast」を発足 現役高校生を含むプロゲーマーが『ハースストーン』で世界一を目指す

モブキャスト<3664>は、1月28日、現役高校生を含むプロゲーマー3名とプロ契約を締結し、e-sportsのプロチーム「Team mobcast」を発足することを発表した。

モブキャスト、年内をめどに韓国事業から撤退…連結子会社mobcast Koreaは解散もしくは清算、売却へ 特損6.7億円を計上

モブキャスト<3664>は、11月12日、連結子会社mobcast Korea inc.を解散及び清算又は売却し、子会社による韓国事業から撤退することを決定した。また、これにより、2015年12月期の第3四半期期間(7~9月)において、特別損失(事業撤退損)を計上することも発表した。

中国:モブキャスト、スマホ向けサッカーゲームアプリ『Football Master』の共同開発契約を中国Gala Sports Technologyと締結 9月より世界配信へ

モブキャスト<3664>は、8月4日、スマートフォン向けアプリ『Football Master -Chain Eleven-』(以下、『Football Master』)について、Gala Sports Technology(本社:中華人民共和国香港特別行政区)と共同開発の契約締結を行ったことを発表した。

モブキャスト、2015年1月1日付で組織変更・人事異動を実施

モブキャスト<3664>は、この日(12月17日)、組織変更を人事異動を決定した。2015年1月1日付で、mobcast 事業本部とネイティブゲーム事業本部を統合し、ゲーム事業本部とするほか、人事部を廃止し、人事本部を設立するとのこと。また、新規事業室の廃止が決定したという。

モブキャスト決算説明会 QoQで売上横ばい、宣伝費投下のため減益。『モバノブ』は売上予想を下回る。『モバサカ』開発チームの新作を準備中

モブキャスト<3664>は11月7日、2014年12月期第3四半期累計(1-9月期)の連結業績を発表し、都内で決算説明会を開催した。売上高は29億4300万円(前年同期比24.7%減)と減収にとどまったものの、営業利益は2億2000万円(前年同期1億4400万円の赤字)、経常利益2億2100万円(同1億1000万円の赤字)、四半期純利益1億3400万円(同1億3500万円)と各利益項目は黒字転換を果たした。説明会で藪考樹社長は、第3四半期(3Q、7-9月期)の営業利益が前四半期(2Q、4-6月期)比で大幅減益でありながらも、アプリストア対策のタイミングで一時的に広告宣伝費を投下したことを説明。先日発表した通期業績予想の売上高の下方修正に関しては、『モバノブ』の売上不振が原因であることを吐露した。そのほか新作ネイティブゲームの発表も相次いだ。(以下、かぎ括弧内は藪社長の発言)&n[...]

モブキャスト、第3四半期は減収ながら黒字転換を達成 積極的広告活動で四半期対比では大幅減益

モブキャスト<3664>は、11月7日、2014年12月期第3四半期累計(1~9月)の連結業績を発表、売上高は29億4300万円(前年同期比24.7%減)と減収にとどまったものの、営業利益は2億2000万円(前年同期1億4400万円の赤字)、経常利益2億2100万円(同1億1000万円の赤字)、四半期純利益1億3400万円(同1億3500万円)と各利益項目は黒字転換を果たした。

モブキャスト、第2四半期の営業益は3.5倍の2億円に改善…減収だが広告宣伝費などコストを抑制

モブキャスト<3664>は8月8日、2014年12月期第2四半期(1~6月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比22%減の20億円、営業利益は3.5倍の2.1億円、経常利益は4倍の2.1億円、純利益は1.5億円(前年同期は200万円)と減収ながら増益を達成した。売上高は減少傾向にあるが、広告宣伝費なとコスト抑制が利益改善につながった。  1~6月には、運営するモバイルゲームプラットフォーム「mobcast」において、コーエーテクモゲームスとの共同開発タイトルである「モバノブ~信長の野望~」の配信を開始。外部ディベロッパー製ゲームコンテンツとして、インターグローの「釣りっぱ」、メディアドゥの「BADBOYS」、クローバーラボの「みんなでまおう」などの提供を始めた。韓国で展開しているモバイルプラットフォームにおいて、アクロディアの「サッカー韓国代表2014ヒ[...

mobcast Global Cup世界大会エントリー開始!ソーシャル上初のサッカーゲーム世界大会がまもなく

株式会社モブキャストは、「mobcast」で配信中のモバイルオンラインサッカーゲーム「モバサカ」(http://sc.gmpa.jp/index.html)上で実施されるmobcast Global Cup(MGC)世界大会へのエントリーが、本日15時より開始することをお知らせいたします。

モブキャスト、第1四半期の営業益は49.8%増の1.65億円に…QonQでは黒字転換。広告宣伝費などの効率化で達成。

モブキャスト<3664>は、本日(5月8日)、第1四半期(1-3月期)の連結決算を発表し、売上高11億0700万円(前年同期比15.0%減)、営業利益1億6500万円(同49.8%増)、経常利益1億4900万円(同35.6%増)、四半期純利益1300万円(同70.5%減)だった。 2013年10-12月期との比較では、売上高13.0%減となったものの、営業利益、経常利益、四半期純利益がいずれも黒字転換に成功した。10-12月期は、営業損益3億0100万円の赤字、経常損益2億9400万円の赤字、四半期純損益5億2200万円の赤字だった。

韓国:モブキャスト,韓国で展開中のゲームプラットフォームをオープン化

モバイルゲームプラットフォーム「mobcast」(http://mobcast.jp/)の運営を行う株式会社モブキャスト(本社:東京都港区、代表取締役:藪考樹)は、2013 年 1 月より開始しました韓国でのゲームプラットフォーム事業をさらに発展させ、日本同様にモバイルゲームプラットフォームのオープン化を韓国でも開始することをお知らせいたします。

モブキャスト、リアルタイムQ&Aコミュニティ「Quu」がサービス開始3日でDAU1万人突破…早期に全ゲームに実装しDAU20万人を目指す

モブキャスト<3664>は、3月25日にサービスを開始したスマートフォン向けリアルタイムQ&Aコミュニケーションサービス「Quu(キュー)」が、計画を大きく上回るスピードで利用者が増加し、サービス開始から3日間でデイリーアクティブユーザー数1万人を突破したことを発表した。

モブキャスト、4月1日付で組織変更と人事異動を実施…社長直轄のネイティブゲーム事業本部を新設、本部長は執行役員の福元健之氏

モブキャスト<3664>は3月26日、4月1日付で組織変更と人事異動を実施すると発表した。ネイティブゲーム開発のスピードとクオリティを向上させるため、ゲーム事業本部下にあったネイティブゲームスタジオを独⽴させ、社⻑直轄のネイティブゲーム事業本部を新設する。

モブキャストが創立10周年。11年目に向けてプラットフォームを刷新、会員数1000万人を目指す。

モブキャスト<3664>は、本日(3月26日)、創立10周年を迎えたことを明らかにした。2004年3月に設立された同社だが、当初はゲーム開発・配信事業だけでなく、モバイル端末向けの映像製作・配信事業も行っていた。

モブキャスト、「mobcastグローバルカップ日韓戦」の 有料エントリーが前回大会の4倍に…

モブキャスト<3664>は、4月に行われる「第2回mobcastグローバルカップ日韓戦」のロイヤルユーザー(GOLD消費者)の参加エントリーが1万2千人に達し、前回2013年11月に行われた日韓戦から約4倍に急増したことを発表した。

モブキャスト、mobcastプラットフォームのユーザーが500万人突破

モブキャストは3月18日、mobcastプラットフォームのユーザーが500万人を突破したと発表した

mobcastがサービス刷新「負けず嫌い30代男性」をターゲットに

モブキャストは、同社が提供するモバイルゲームプラットフォーム“mobcast”のサービスを大幅にリニューアルすることを発表。

モブキャスト、2013年12月期は4.45億円の営業赤字に…タイトルリリースの遅れや広告宣伝費が重しに

モブキャスト<3664>は、2月7日、2013年12月期の連結業績を発表し、売上高51億7900万円(前期比5.0%増)、営業損益4億4500万円の赤字(前期11億2700万円の黒字)、経常損益4億0400万円の赤字(同11億1700万円の黒字)、当期純損益6億5700万円の赤字(同6億4800万円の黒字)だった。

モブキャスト、13年12月期の業績予想を上方修正、営業損失6.4億円→4.1億円に…既存ゲームの収益改善と経費削減で

モブキャスト<3664>は、2013年12月期の連結業績予想を上方修正し、営業赤字幅が従来予想よりも2億3000万円縮小する見通しと発表した。

モブキャスト、韓国最大の国際ゲーム展覧会「G-STAR2013」に出展決定!

モバイルスポーツメディア「mobcast」(http://mobcast.jp/)の運営を行う株式会社モブキャスト(本社:東京都港区、代表取締役:藪考樹)は、2013年11月14日(木)~17日(日)に韓国・釜山で開催される韓国最大の国際ゲーム展覧会「G-STAR 2013」に初めて出展する事をお知らせいたします。

モブキャスト、業績予想を下方修正、赤字転落見込みに・・・タイトルの遅れ響く

モブキャストは通期の業績予想を下方修正し、赤字に転落する見通しを明らかにしました。 修正後の平成25年12月期の業績予想は売上高50億円(修正前80億円)、営業損失6億8000万円(営業利益1750万円)、経常損失6億4000万円(経常利益17億円)、純損失7億5000万円(純利益10億円)...

モバサカが日韓初のソーシャルゲーム対戦を開催!

スマートフォン用の本格サッカーゲーム「モバサカ」は、11月中旬から開催する日韓初のソーシャルゲームでの対戦を記念して、「サッカー好きの夢叶えます」キャンペーンを開始した。

韓国:モブキャスト、韓国でスマホ ゲーム年50本 ※会員向け記事

スマートフォン(スマホ)向けゲーム を手掛けるモブキャストは、今後1年で 韓国市場に新作ゲーム50本を投入す る。現在はサッカーゲーム1本を配信す るだけだが、自社の配信基盤を使って、 他社製も含めゲームタイトル数を増や す。

ソーシャルゲームのプロモーションにおけるネット×リアルの有効性

モブキャストではプロ野球カードゲーム「モバプロ」(会員数250万人/2011年3月開始)をはじめ、サッカーゲーム「モバサカ」(同70万人/2012年7月開始)など、モバイル端末で楽しめるスポーツ系エンタメプラットフォームを十数種類展開しています

海外:モブキャスト、25カ国にサッカーゲーム配信 ※会員向け記事

 携帯電話向けゲームのモブキャストはオランダ企業と提携し、欧州24カ国とブラジルに自社のサッカーゲームを配信する。現在は日本と韓国で配信中。

モバイル向けスポーツ専門プラットフォーム「mobcast」、350万ユーザーを突破

株式会社モブキャストが、同社が運営するスポーツコンテンツに特化したモバイルエンターテインメントプラットフォーム「mobcast」の日本国内ユーザーが350万人を突破したと発表した。 「mobcast」はスポーツに特化したニュースやソーシャルゲームなどのコンテンツを提供す...

株式:モブキャスト株価は直近安値から5割高と強さ光る、プロ野球、サッカーゲームとも好調

■会員数320万人突破   ソーシャルゲームのモブキャスト <3664> (東マ)の17日株価は64円高の1680円と前週末の104円高に続いて買われている。去る7日の直近安値1120円から50%高と快調な戻りである。今期好業績見通しで、高値圏回帰の展開が期待されるだろう。

韓国:モブキャスト,サッカーゲーム「モバサカ」のテレビCMを韓国で放映

モバイルスポーツメディア「mobcast」(http://mobcast.jp/)の運営を行う株式会社モブキャスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:藪 考樹)は、2013年3月末より韓国で配信しているサッカーゲーム「モバサカ」韓国版のTVCMを、6月11日の「韓国対ウズベキスタン」戦より放映を開始いたしました。

稲船敬二氏と水口哲也氏がスマホゲームの現状と将来について語った。「mobcastオープンカンファレンス」内の対談企画「ソーシャルゲームの未来」レポート

 モブキャストは2013年5月21日,ソーシャルプラットフォームに軸足を置くキーパーソンを招いてセッションやパネルディスカッションを展開する「第1回mobcastオープンカンファレンス」を都内で開催した。本稿ではイベントの企画の一つ,稲船敬二氏,水口哲也氏による対談企画「ソーシャルゲームの未来」の模様をお伝えしよう。

モブキャスト、パートナー向けのクラウドサービス「mobcastクラウド」の提供のためビットアイルと協業

株式会社モブキャストが、同社独自のプラットフォーム「mobcast」上でソーシャルゲームやスポーツ情報などのコンテンツを提供する開発パートナー向けにクラウドサービス「mobcastクラウド」を提供するため、株式会社ビットアイルと協業を行うと発表した。 ビットアイルは...

モブキャスト,ネイティブゲームアプリ3本の開発がスタート。第1弾は8月予定

株式会社モブキャストは、世界的ゲームクリエイターである水口哲也氏がプロデュースするネイティブゲームアプリ3本の開発に着手したことを、ここにお知らせいたします。ユーザーアンケートによりmobcastゲームスに追加してほしいと要望があったものに応える形で実現いたします。第1弾タイトルの配信開始は8月上旬を予定しております。3タイトル全て、国内のみならず全世界での配信を予定しています。

第1回「mobcastオープンカンファレンス」がUstreamにて視聴可能に

モバイルスポーツメディア「mobcast」(http://mobcast.jp/)の運営を行う株式会社モブキャスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:藪 考樹)は、2013年5月21日(火)に開催予定の第1回「mobcastオープンカンファレンス」の各プログラムをUstream内の「mobcastチャンネル」(http://www.ustream.tv/channel/mobcastチャンネル)にて放映することを発表いたします。

モブキャスト、最新技術を用いたソーシャルゲーム開発エンジン「MAGE」の永年利用権を取得

モバイルスポーツメディア「mobcast」(http://mobcast.jp/)の運営を行う株式会社モブキャスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:藪 考樹)は、開発力強化のため最新技術を用いたソーシャルゲーム開発エンジン「MAGE」の永年利用権を取得したことを発表いたします。

「mobcastオープンカンファレンス」を開催 稲船敬二氏と水口哲也氏の対談などを実施

モブキャストは、5月21日に第1回「mobcastオープンカンファレンス」を都内「Mercedes-Benz Connection」にて開催すると発表した。受付開始時間は16時。

モブキャスト、スポーツ特化型のゲームプラットフォーム「mobcast」をオープン化

モブキャストは、スポーツに特化したモバイル向けゲームプラットフォーム「mobcast」を正式にオープン化したと発表した。これまで限定的に募集していたオープン化への参加を一般開放し、開発者向けにも情報提供を開始する。

株式:【狙い場・買い場】モブキャストはスポーツゲーム好調、3月で会員数300万人突破

ソーシャルゲームのモブキャスト<3664>(東マ)は18日、56円高の2175円まで上げて続伸している。株価は2月中旬以降のボックス展開だが、足元では調整一巡感を強めている。レンジ上放れのタイミングが接近しているようだ。

モブキャスト、水口哲也氏によるサービス改善を目的とした講座を開催。5月14日から

スポーツに特化したモバイルエンターテインメントプラットフォーム「mobcast」(http://mobcast.jp/)の運営を行う株式会社モブキャスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:藪 考樹)は、ゲームクリエイター水口哲也氏を招聘し、発想力・問題解決能力を向上させるためのゲーミフィケーション・ワークショップを、定期的に開催することを発表いたします。

mobcast、会員数300万人突破!メディア機能強化のため、大規模リニューアルも!

モバイルプラットフォーム「mobcast」(http://mobcast.jp/)の運営を行う株式会社モブキャスト(本社:東京都港区、代表:藪 考樹)は、「mobcast」の累計会員数が300万人を突破したこと、及びスポーツメディアとしての機能強化のため、プラットフォームの大規模リニューアルを行い、2013年3月27日にリニューアルオープンをしたことを発表いたします。

  1. 1
  2. 2
  3. 次へ >>