MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

WFS、2018年6月期は35万4000円の最終赤字…官報で判明 New!

WFS(旧Wright Flyer Studios)は、10月23日の「官報」に第5期(2018年6月期)決算公告を掲載し、最終損益が35万4000円の赤字だった。前の期(2017年6月期)は36万円の赤字だった。同社は、『消滅都市』や『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』『アナザーエデン』『ソードアート・オンライン メモリー・デフラグ』『武器よさらば』『ららマジ』などの企画・開発、運営を行っている。 

とあるインディーゲーム開発元が「不評レビュー」に怒り、ユーザーのSteamキーを取り消し騒動に。怒りゆえの過ちは許容できるか? New!

ユーザーが自由にゲーム批評できるSteamレビュー欄に不評レビューが投じられたことをきっかけに、騒動が勃発した。不評レビューにショックを受けた開発者が、そのユーザーのSteamキーを無効化してしまったのだ。 The post とあるインディーゲーム開発元が「不評レビュー」に怒り、ユーザーのSteamキーを取り消し騒動に。怒りゆえの過ちは許容できるか? appeared first on AUTOMATON.

『CoD BO4』サーバー送信レートの低下が物議を醸す。ベータテスト時の三分の一になった数字について 、Treyarchが説明

『Call of Duty: Black Ops 4』のネットワーク周りのある変化について、Redditにて注目が集まっている。きっかけは、Redditユーザーが、『Call of Duty: Black Ops 4』のプレイ中にSend rateに注目し、実際に計測した結果を公開したことにある。 The post 『CoD BO4』サーバー送信レートの低下が物議を醸す。ベータテスト時の三分の一になった数字について 、Treyarchが説明 appeared first on AUTOMATON.

ビッグなキタキタおやじが『メイプルストーリー』に襲来!? 『グルグル』コラボや12月12日の決戦開幕が告げられた“Maple Party 2018”リポート

2018年10月20日、『メイプルストーリー』のファンが集うオフラインイベント“Maple Party 2018”が開催された。秋冬の最新アップデートをはじめ、さまざまな催しが行なわれた会場の模様をお伝えしよう。

App Store売上ランキングの1週間を振り返る…GAMEVIL COM2US Japanの新作MMORPG『ヴェンデッタ』がTOP20と好調な出足

10月15日~15日のApp Storeの売上ランキングの動きを振り返ろう。注目は、やはり10月18日にリリースされたGAMEVIL COM2US Japanの新作『ヴェンデッタ(VENDETTA)』がリリース翌日に上位に飛び込んできたことだろう。美麗なグラフィックが特徴の3DアクションMMORPGとなっており、キャラクターメイクやプレイの自由度の高さも魅力だ。事前の注目度の高かった。【関連記事】・GAMEVIL COM2US Japan、スマホ向け3D MMORPG『ヴェンデッタ』の正式配信を開始! 事前登録30万人達成までの全報酬を全員にプレゼントまたコロプラの新作アクションゲーム『バクレツモンスター』はリリース当日の10月17日、アクセスが殺到しサーバー障害が起こるなど、やや立ち遅れた感があったが、金曜日にはTOP50に入った。今週末から石田明さんと箭内夢菜さんを起用したテレビCMの

LINE、「LINE QUICK GAME」のユーザー数が300万人を突破 10代~20代前半のユーザーが中心…口コミを介してユーザー数が増加

LINE<3938>は、「LINE」上でゲームが楽しめるゲームサービス「LINE QUICK GAME」のユーザー数が300万人を突破したと発表した。「LINE QUICK GAME」は、専用アプリケーションのインストールが不要で「LINE」のトーク画面上でプレイすることができるHTML5ゲームサービスとなる。ユーザーは「LINE」アプリさえあればプレイすることができるので、簡単手軽にゲームを楽しむことができる。LINE友だちと連携することもでき、通常のパズルゲームやシューティングゲームなどのジャンルだけでなく、チャットや「LINE」の各機能を活用したゲームなども提供を予定している。 「LINE QUICK GAME」は、「LINE QUICK GAME」LINE公式アカウントを登録さえしていれば「LINE」のトーク画面上で簡単にプレイできること、そして「LINE」で

ゲームを生み出すには過酷な労働が必要なのか?『RDR2』開発者の週100時間労働告白が「働き方」議論を加熱させる

『レッド・デッド・リデンプション2』の開発を率いるRockstar GamesのDan Houser氏が、同作を作り上げるために週に100時間労働したことがあると告白したことが波紋を呼んだ。そして労働に関する話題は、海外を大きく揺るがす議論のテーマとなっている。 The post ゲームを生み出すには過酷な労働が必要なのか?『RDR2』開発者の週100時間労働告白が「働き方」議論を加熱させる appeared first on AUTOMATON.

Blizzard,オフラインイベント「JAPAN BLIZZCON PUBLIC VIEWING PARTY」を11月3日に開催

ベクター、第2四半期は18%減収・赤字幅拡大 前期リリースタイトルの収益伸び悩み

ベクター<2656>は、本日(10月19日)、第2四半期累計(4月~9月)の決算を発表し、営業収益4億6400万円(前年同期比17.8%減)、営業損益1億3200万円の赤字(前年同期9200万円の赤字)、経常利益1億3100万円の赤字(同8200万円の赤字)、最終損益1億3300万円の赤字(同8300万円の赤字)と減収・赤字幅拡大となった。 主力のオンラインゲーム事業の営業収益は、前期にサービスを開始したゲームの営業収益が伸び悩み、前年同期と比べて減収となった。利益面では、前年同期に発生した退職金などがなかったことで営業費用が減少したものの、減収分を補いきれなかったようだ。ソフトウェア販売も前四半期に実施した施策が振るわなかった。各事業別の数字は以下のとおり。 2019年3月通期の予想は非開示。第3四半期累計(4~12月)については、営業収益8億円(前年同期

中国Steamユーザーが3,000万人突破か―海外アナリストが報告

eスポーツ運営の人材を育成する「eスポーツマネジメントコース」が2020年に開設。JAPANサッカーカレッジとeスポーツジャパンが業務提携を発表

 JAPANサッカーカレッジとeスポーツジャパンは,2018年10月18日に東京都内において業務提携の発表会を行った。両社は2020年度から「eスポーツマネジメントコース」を新設し,大会運営やマネジメントに携わる人材を育成していくという。本稿では発表会の様子をお伝えしていこう。

モバイルファクトリー、終了したゲームのアイテムをユーザーが保有できるDApps「HL-Report」を発表…『レキシトコネクト』のキャラデータから開始

モバイルファクトリー<3912>の100%⼦会社のビットファクトリーは、本日(10月18日)、終了するゲームアプリのデータをブロックチェーン上に移⾏することで、サービス終了後でもトークンとしてユーザーが財産権をもち、データを閲覧できる DApps「HL-Report」をリリースしたことを明らかにした。「HL-Report」は、モバイルファクトリーが運営し、2018年9⽉19⽇に終了した位置情報ゲーム『レキシトコネクト』のトークン化されたキャラクターなどのデータが閲覧できるDApps。『レキシトコネクト』でユーザー⾃⾝が育ててきたキャラクターなどのゲームデータをブロックチェーン上で閲覧できる。これまでユーザーがゲーム内で育てたキャラの財産権は運営会社にあるため、サービスが終わると削除されたが、ブロックチェーン技術を利⽤し、運営会社からの貸与ではなく、トークンとしてユーザーが所有で

Google Play全期間でのゲーム世界消費支出ランキングは「パズドラ」が第1位。App AnnieがGoogle Playの10年を振り返るレポートを公開

 2008年10月23日の,AndroidMarketとしての開設から,今年(2018年)で10周年を迎えるGooglePlay。アプリ市場データと分析ツールを提供するAppAnnieは本日,データからGooglePlayの歴史を振り返るというレポートを公開した。過去10年の,アプリのランキングとトレンドを俯瞰できる内容だ。

経済産業省、オンラインプラットフォームと事業者の間の取引関係に関する事業者向けアンケート調査を実施中

​経済産業省は、10月9日より、オンライン・プラットフォームと事業者との間の望ましい取引環境整備の在り方について検討するため、「オンライン・プラットフォームと事業者の間の取引関係に関する事業者向けアンケート調査」を行っている。オンラインプラットフォームを利用している事業者が対象となる。当然、スマートフォンゲームの開発会社も対象になる。ウェブサイトから回答することができ、10月22日まで受け付ける予定だ。この調査は、事業者のビジネスにとっての「オンライン・プラットフォーム」)の重要性や、オンライン・プラットフォーム事業者と事業者との間の契約・実務慣行について、広く調査を行い、実態を把握することが目的とのこと。ここでいう「オンライン・プラットフォーム」は、オンライン・ショッピングモール、アプリ・音楽・映像・書籍のコンテンツストア、オンライン旅行・レストラン予約サービスなどを広く含んでいるとのこ

PS4で、受け取るだけで本体がクラッシュさせられてしまう凶悪なメッセージが蔓延中。解決されるまで対処推奨

PlayStation 4にて、特定のメッセージを受け取った際に本体がクラッシュし、アカウントが使用不可能になるという不具合が見つかった。特殊文字が含まれたPSNメッセージを”受け取る”だけでPlayStation 4本体が機能不全に陥ってしてしまう。 The post PS4で、受け取るだけで本体がクラッシュさせられてしまう凶悪なメッセージが蔓延中。解決されるまで対処推奨 appeared first on AUTOMATON.

大規模なオンラインマルチプレイを導入できる「SpatialOS」Unity向けのGDKが配信開始。200人対戦FPSをテンプレートに用意

イギリスに拠点を置くテクノロジー企業Improbableは10月10日、同社が提供するクラウドベースのゲーム開発プラットフォーム「SpatialOS」のUnity向けGame Development Kitを公開したと発表した。正式に対応した形だ。 The post 大規模なオンラインマルチプレイを導入できる「SpatialOS」Unity向けのGDKが配信開始。200人対戦FPSをテンプレートに用意 appeared first on AUTOMATON.

Blizzardが『Diablo III』のクロスプレイ実現に取り組んでいることが判明―海外メディア報道

ウインライト、ガラケーとスマホ、Switchなど仕様が全く異なるPFで同一環境のPlayが可能なオンラインゲームを実現

ウインライトは、自社のマルチプラットフォーム技術開発によって、フィーチャーフォン(ガラケー)とスマートフォン(android、iPhone等)とNintendo Switchなど仕様が全く異なるプラットフォームで同一環境のPlayが可能なオンラインゲーム(エレメンタルナイツオンラインR)を9月27日に実現したと発表した。<プレスリリースより> 【ウインライトクロスプラットフォーム技術】特徴:1、ゲーム内のデータやデバイスごとの通信プラットフォームに依存せずに保持することが可能2、他プラットフォームへの展開が、ゼロスタートではなく、改善や新機能の蓄積が大きい3、サーバー側の処理割合を増やすことで、クライアントの仕様に左右されづらい4、通信環境の変化に強い技術・体制:1、データベースの一元化企画の違うハードウェアプラットフォームでも自社認証システム(ウインライトconnectシステム

現実とゲームの“音”がブレンドする新感覚「ポケモンGO」が登場六本木ヒルズイベントで「ポケモンGO」、「Ingress」の未来を体験

 六本木ヒルズは10月12日より、体験型イベント「INNOVATION TOKYO 2018 - AR Playground with Niantic -」を開催している。期間は10月21日まで。

スクウェア・エニックス、オンラインTCG「戦国IXA」8周年記念のオフラインイベント「同盟の陣」をレポート。新規情報とイベントの模様を紹介しよう

テレビ局のアナウンサーがesportsキャスターへ転向。“ゲーム愛”が強すぎたことがその理由!?

朝日放送を退社したアナウンサー・平岩康佑氏が、esports実況業務に特化した会社ODYSSEY(オデッセイ)を設立し、esportsキャスターへ転身したことは大きな話題となった。その平岩氏に、esportsキャスターに転向した理由や経緯、そしてゲームに対する思いなど、さまざまな事柄について聞いた。

戦国IXA

ハンビットユビキタスエンターテインメント、資本金と資本準備金の減少公告を発表 2017年12月期の決算は3億700万円の最終赤字

オンラインゲーム運営会社のハンビットユビキタスエンターテインメントは、この日 (10月10日)付の「官報」で資本金の額を4億2500万円、資本準備金の額を4億7500万円減少することを明らかにした。また、あわせて、第14期(2017年12月期)の決算公告も公開しており、3億700万円の最終赤字だった。同社は、スマホ向けシューティングRPG『Squadflow』などの運営を行っている。 

『Elite Dangerous』のプレイヤーが、同作に登場する地球外生命体を題材としたポエムが原因でTwitterアカウントを凍結される

『Elite Dangerous』のプレイヤーTim Wellens氏のTwitterアカウントが、同作に登場する地球外生命体Thargoidsを題材としたポエムを投稿したことで凍結された。Twitterの投稿チェックにて文脈を汲み取ってもらえなかったことが原因と思われる。 The post 『Elite Dangerous』のプレイヤーが、同作に登場する地球外生命体を題材としたポエムが原因でTwitterアカウントを凍結される appeared first on AUTOMATON.

マルチプレイ開発に特化したスタジオが『サイバーパンク2077』に長期的な協力―具体的な協力内容は不明

コーエーテクモHD、2Q業績予想を上方修正…営業益は従来予想29億円から45億円に大幅な上ブレ IP許諾タイトルによるロイヤリティ収入が伸長

コーエーテクモホールディングス<3635>は、10月9日、2019年3月期の第2四半期累計(4~9月)の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想170億円から173億円(増減率1.8%増)、営業利益は同29億円から45億円(同55.2%増)、経常利益は同54億円から83億円(同53.7%増)、最終利益は同39億円から60億円(同53.8%増)といずれも上方修正された。 任天堂<7974>の「ゼルダの伝説」シリーズと「無双」シリーズとのコラボレーションタイトル『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX』(Nintendo Switch用)が5月に欧米で発売され計画を上回ったことに加え、同社がIPを許諾したタイトルでは、中国大陸をはじめアジアで累計登録者数650万人を超える『三国志2017』が、5月に韓国で『新三國志 Mobile』として、8月には日本で『新

オンライン専用ゲームとなった「Fallout 76」では何が新しいのか? 最新フィーチャーを紹介するエントリーが公開に

 BethesdaSoftworksは,日本では11月15日の正式発売を予定しているシリーズ最新作「Fallout76」の公式サイトにおいて,本作に追加されている最新フィーチャーを紹介するエントリーをアップデートした。本稿では,基本的なゲームプレイがフォーカスされた内容を翻訳してお届けしていく。

Microsoft、クラウドベースのゲームプラットフォーム「Project xCloud」正式発表Xbox Oneの3,000以上のタイトルが、あらゆるスマートデバイスでプレイ可能に

 Microsoftは米国時間の10月8日、クラウドベースのゲームプラットフォーム「Project xCloud」を正式発表した。「Project xCloud」は2019年にもテストを開始する見込みで、詳細については追って発表するとしている。正式リリース時期、ビジネスモデルは未定。

『アラド戦記』2連覇王者が誕生! タッグで戦う新コンテンツなども発表された“天下一決定戦2018 決勝大会”リポート

2018年10月6日、『アラド戦記』のPvP、ならびにタイムアタックの最強プレイヤーの座を競い合う“アラド戦記 天下一決定戦2018”のオフライン決勝大会が開催された。

アラド戦記

「League of Legends」世界大会で日本チームが初の1回戦突破 歴史的勝利に「うおおおおお」「やったあああ」とファンから歓声

長い「LoL」の歴史の中でも、日本チームが世界大会で1回戦を突破したのは今回が初。

セガ公式を装うフィッシングサイトにご用心 「PSO2」関連で検索した人を誘導する手口

現在は検索で出なくなっていますが、一時は検索サイトの最上位に出ていたとの報告も。

PSO2

gumi、國光会長ら同社役員3名を割当先とした第三者割当増資を実施…新作モバイルゲームの開発資金として約5億円を調達

gumi<3903>は、10月4日、代表取締役会長の國光宏尚氏や代表取締役社長の川本寛之氏ら3名を割当先とした79万株の第三者割当増資を実施し、約5億円の資金を調達することを発表した。資金調達の理由は、現在開発中の複数の新作モバイルオンラインゲームの開発資金として充当するため。同社は、現在、十数本の新作タイトル(開発初期のプロトタイプ含む)を開発している。これらのタイトルは、ゲームクオリティ向上などのために開発期間が延長となることが多いにあり、現在開発中のタイトルの開発延長に伴う追加開発費は約5億円になると見込んでいるという。今回の調達資金は、2018年10月から2020年9月までの間に支出が完了する予定で、すべてモバイルオンラインゲーム事業における新規タイトルの開発資金として充当される。また、割当先は前述の通り、代表取締役会長の國光氏と、代表取締役社長の川本氏、取締役の本吉誠

Blizzard社長を27年務めたMike Morhaime氏が退任へ―今後は戦略アドバイザーに

CTW,HTML5ゲームサービス「G123.jp」の提供を開始。専用アプリをインストールすることなく,スマホやPCのブラウザ上でゲームを楽しめる

 CTWは本日(2018年10月4日),HTML5ゲームサービス「G123.jp」のオープンを発表した。G123.jpとは,専用アプリをインストールすることなく,スマホやタブレット端末,PCのWebブラウザ上でゲームを楽しめるサービスのこと。現時点で9作品が配信されており,10月には新作3本を追加する予定だという。

マスメディアはeスポーツとどう向き合い,どう伝えているのか。TGSフォーラムのパネルディスカッションをレポート

 東京ゲームショウ2018のTGSフォーラムで,「eスポーツを盛り上げる伝え方とは?〜テレビ局,配信会社によるeスポーツの魅せ方〜」と題されたパネルディスカッションが開催された。メディアの視点から,eスポーツにはどういう可能性があり,どんな課題があるのか? ディスカッションの模様をお届けしたい。

X-LEGEND、MMORPG「幻想神域」の5周年を記念して,初のオフラインパーティーが10月27日に秋葉原で開催。本日より参加者の応募受付もスタート

 X-LEGENDENTERTAINMENTJAPANは本日(2018年10月3日),MMORPG「幻想神域-CrosstoFate-」の5周年を記念した初のオフラインパーティーを,10月27日に秋葉原で開催すると発表した。すでに,パーティーへの参加応募受付も始まっているので,気になるファンは内容を確認して参加を検討してみよう。

ゲーム開発者達が“労働環境の改善”を訴える #AsAGamesWorker タグが、海外Twitterで反響を呼ぶ。一連の解雇騒動を受けて声をあげる

ここ1年で、さまざまなゲーム会社がレイオフをおこなった。直近ではTelltale Gamesが200人以上の解雇をおこなっている。こうした解雇を含め、労働環境の悪化に危機を抱いたゲーム開発者たちが #AsAGamesWorker と呼ばれるタグで声をあげ始め、反響を読んでいる。 The post ゲーム開発者達が“労働環境の改善”を訴える #AsAGamesWorker タグが、海外Twitterで反響を呼ぶ。一連の解雇騒動を受けて声をあげる appeared first on AUTOMATON.

『PUBG』では、少なくともこれまでに1300万人以上のユーザーがBANされたと報告。未だ続くチーターとの戦い

『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』にて、これまで1300万人以上のユーザーがBANされたようだ。発端となったのは、redditユーザーsjk045氏の投稿。BANされたユーザーの1300万人というのは、『PUBG』すべてのプラットフォームを含んでの数字と思われる。 The post 『PUBG』では、少なくともこれまでに1300万人以上のユーザーがBANされたと報告。未だ続くチーターとの戦い appeared first on AUTOMATON.

​【MMD研究所調査】「音楽とゲーム機に関する調査」をレコチョクと共同で実施…小学生は「ゲーム機」、中学生~30代は「スマホ」で音楽を聴くのが最多に

MMDLaboが運営するMMD研究所は、レコチョクと共同で「音楽とゲーム機に関する調査」を15歳~59歳の男女2,000人を対象に実施した。また、そのうち小学生の子を持つ親107人、中学生の子を持つ親107人に対しては、自身の状況と別に子どもの状況に関しても調査した。※2,000人の調査結果とは別に、親が回答した小学生107人・中学生107人のデータも合わせて集計。調査結果の概要は以下の通りとなる(以下、プレスリリースより)。■ゲーム機の所有率、小学生~10代後半で6割以上小中学生は携帯電話よりゲーム機の所有率が上回る結果に15歳~59歳の男女2,000人と小中学生214人(小学生107人、中学生107人に関しては小中学生の子を持つ親に自身の状況と別に子どもの状況について回答してもらった。 以下小学生、中学生)を対象に、所有しているデバイスについて聞いたところ、スマートフォン、フィーチャー

幻想神域

Riot Games公式のeスポーツ施設「LoL PARK」がすごい。サモナー大興奮のオープンブースアリーナを紹介

 2018年10月1日に開幕した,「リーグ・オブ・レジェンド」の世界大会「2018LeagueofLegendsWorldsChampionship」。この最初の会場が韓国・ソウルにあるeスポーツ施設「LoLPARK」だ。その名のとおり,RiotGames公式のLoL用施設なのだが,これがプレイヤーなら心惹かれる場所だったので紹介してみたい。

海外:「スワッティング」に事前対策の流れ―米シアトルがいたずら可能性リストの申請受付を開始

PS4のクロスプレイ本格解禁まで何故これほど時間がかかったのか。そして各タイトルの今後の導入予定は

米国ソニー・インタラクティブエンタテインメントは9月29日、ワールドワイド・スタジオのチェアマンShawn Layden氏を招いて収録したBlogcastを公式ブログに投稿した。この中でLayden氏は、先日発表したクロスプラットフォームプレイに関する方針転換について説明している。 The post PS4のクロスプレイ本格解禁まで何故これほど時間がかかったのか。そして各タイトルの今後の導入予定は appeared first on AUTOMATON.

マーベラス、オンライン事業で40名の希望退職者を募集 昨今の業績不振を受け 経営責任の明確化のため役員報酬減額

マーベラス<7844>は、この日(9月28日)、オンラインゲームやスマートフォンゲームを提供するオンライン事業の人員削減を行うことを明らかにした。オンライン事業に従事する200名を対象に、グループ従業員の6.5%に相当する40名程度の希望退職者を募集する。募集期間は10月29日から11月9日で、12月31日で退職となる。同社では、昨今の業績不振を踏まえ、収益性の改善が急務であるとの認識のもと、事業の集中と選択を推進し、機構改革やタイトル編成方針の見直しと合わせて、人員体制の適正化による事業の合理化を図るため、と説明している。今回の早期退職優遇制度の実施に伴い発生する特別退職金等の費用については、2019年3月期業績において、特別損失として計上する予定。詳細な金額や2019年3月期業績に与える影響については、応募者数と特別退職金が確定次第、速やかに開示する、としている。なお、今回

ソニーのクロスプレイでの方向転換に対する業界の反応

【adjust調査】ユーザーのアンインストール・再インストール活動を分析…ライフスタイル、 ソーシャル、 ゲームは再インストール率が高い

adjustは、 モバイルアプリにおけるユーザー行動をアプリの入手方法、プラットフォーム、カテゴリー別に分析し、 アンインストールと再インストールに関する調査結果を新たに発表した。この新しいレポートでは、 モバイルアプリのユーザーには、 最後にアプリを開いてから平均して6日間未満にアンインストールする傾向があることが明らかになったという。<プレスリリースより> ユーザーへの働きかけには最後のセッションからアンインストールまでの6日間が重要ユーザーが最後にアプリを開いてからアンインストールするまでの期間が、 プラットフォームや入手経路に関わらず平均して6日間未満であること が分かりました。 (上図参照)しかしながらこの数値はアプリのカテゴリーによって異なり、 3時間の場合や15日後であることもあります。 例えば エンターテイメントやライフスタイル系といったアプリは、 平均的に半日か

海外と日本のeスポーツ事情と,オリンピック競技種目化するための課題などについて意見が交わされた「黒川塾 六十三(63)」聴講レポート

 2018年9月19日,トークイベント「エンタテインメントの未来を考える会黒川塾六十三(63)」が,東京都内で開催された。「海外eスポーツ事情とeスポーツの未来に向けて」をテーマに,eスポーツがオリンピック競技種目化するための課題などについて意見が交わされたイベントの模様をお伝えしよう。

「龍が如く ONLINE」の開発進捗は95%。横山昌義氏,堀井章生氏へのインタビューで語られる本作のこだわり

 東京ゲームショウ2018の会期中に「龍が如くONLINE」シリーズチーフプロデューサー横山昌義氏とディレクターの堀井章生氏にインタビューする機会を得た。今回のインタビューでは,より本作への理解を深めるために詳細なプレイサイクルや,キャバクラをはじめとする街遊びの要素について詳しく聞いてきた。本稿ではその内容をお伝えしよう。

Wright Flyer Studios、『アナザーエデン』でガチャに組み込まれていた再抽選プログラムの全期間の影響を公開

Wright Flyer Studiosは、本日(9月27日)、『アナザーエデン 時空を超える猫』の「夢見」の10連(ガチャ)に実装されていた2つのプログラムの実際のゲームへの影響について調査結果を公開した。前回の調査結果は直近1ヶ月だったが、今回は全期間(2017年4月12日~2018年9月18日)が対象になっている。2つのプログラムとは、夢見の10連で「同じ仲間(同一ID)が4体以上含まれる場合に再抽選されるプログラム」と、「★5クラスの仲間が4体以上含まれる場合に再抽選されるプログラム」で、特に問題視されたのは後者だった。同社では、ゲーム内で表記している確率と、実際に取得された仲間の実績値を比較を行い、以下のようにプログラムの影響は非常に少なかったとの結果を明らかにした。・★5:表記3.26%のところ、実績3.26%(差分なし)・★4:表記17.97%のところ、実績17.96%(-0

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>