MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

Valve、Steam Chinaを2021年初頭に展開 Perfect Worldと協同で

Valveは、2021年初頭にPerfect Worldと協同で中国でSteam Chinaを展開することを発表した。発表はSteamの「Steam-2020年を振り返って」によって明らかになったものだ。同記事内では2020年のSTEAMのデータとともに公開しており、Steam Chinaの開始によってどれだけ変化するか非常に楽しみなところだ。なお2020年のSteamのデータとして、月間アクティブユーザー(1億2040万人)、1日のアクティブユーザー(6260万人)、ピーク時の同時ユーザー(2480万人)、新規購入者(月間260万人)、プレイ時間(313億時間)、ゲーム購入増加率(2019年と比べて21.4%増)が過去最高を更新したようだ。新型コロナウイルスのロックダウン前からすでに大幅な成長があったものの、人々の外出自粛が始まるとビデオゲームのプレイ時間は急増し、ゲームを購入してプレイ

オンラインRPG『ロストアーク』に“しんどそうな世界”をもたらした音響インタビュー。世界観に深みをもたせた声と音

ゲームオンが運営するオンラインRPG『ロストアーク』は、世界観やシナリオも評価されている。『ロストアーク』の重厚感を支える“しんどい”音響の秘密に迫る。

イライラすると負け続ける理由はこれ?怒るよりも楽しい気持ちでプレイする方が対戦で勝ちやすい可能性、研究で示唆

『エルダー・スクロールズ・オンライン』「オブリビオンの門」発表イベントの日程変更―バイデン氏の大統領就任式での危険を鑑みて

「ゲーム課金しすぎて生活に困ったことがある」10.6%。20代のゲームに対する金銭感覚とは?

Steam月間アクティブユーザーは約1億2000万人に。ValveがSteamの「振り返って」記事シリーズ2020年版を公開

 Valveは本日,Steamの1年を各種データなどで振り返る「Steam−2020年を振り返って」を公開した。COVID-19拡大防止のための外出自粛の影響も大きかった2020年,Steamは,月間アクティブユーザー,月間の新規購入者,プレイ時間など多くの項目で過去最高を更新したという。

20年12月の台湾モバイルゲーム売上ランキング、グラヴィティとバイトダンス『ラグナロクX』が2ヶ月連続の首位 AppAnnie調査

App Annieは、2020年12月の台湾モバイルゲームの売上ランキングをまとめ、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>のグループ会社であるGravityとByteDanceの『ラグナロクX: NextGeneration』が前月に続いて首位を獲得したことがわかった。本作は、『ラグナロクオンライン』のIPを活用した新世代の3D MMORPGで、10月15日に繁体字圏でリリースされた。 出所:AppAnnie

『FF14』バレンタインデーで今年は生ハムを贈れない。食品類の贈りものを控えるよう、公式がお願い

クウェア・エニックスが運営する『ファイナルファンタジーXIV』は1月13日、「バレンタインデーの贈りものについて」と題されたお知らせを告知した。食品類は控えてほしいとのことだ。

【年始インタビュー】コロナ禍で進んだeスポーツオンライン化の実情をCyberZ・RAGEプロデュサーの大友氏に訊く…今後はオフラインとの両立も視野に

2020年におけるゲーム業界の総決算として、前年から2021年に至るまでの市場動向を各社ごとに伺うインタビューを実施。 今回のインタビューは、CyberZでeスポーツ大会「RAGE」プロデューサーを務める大友真吾氏。新型コロナウイルス感染拡大の影響で大規模なオフラインイベントの実施が難しい昨今、「RAGE」を中心にeスポーツ事業に取り組むCyberZにはどのような影響があったのか。また、こういった特殊な状況だからこそ得られた知見についても話を聞いてきた。――:まずは大友さんの自己紹介からお願いいたします。 2007年にサイバーエージェントに入社し、2009年にCyberZの立ち上げに参画しました。以降はメディア事業や新規事業にチャレンジし、2015年のタイミングで今のeスポーツ事業を始めています。そこからは、eスポーツ部門の責任者として、「RAGE」という大会ブランドの

Twitterが2020年に話題となったゲームに関するデータを公開。世界中でもっともツイートされたゲームは「あつまれ どうぶつの森」に

 TwitterJapanは本日,2020年にTwitterで話題となったゲームに関するデータをブログで発表した。2020年のゲームに関するツイート数は年間20億を超え,ゲームについてツイートした利用者数も過去最高になっている。また,世界中でもっともツイートされたゲームは,1位が「あつまれどうぶつの森」となった。

カプコンへの不正アクセス。新たに1万6406人の個人情報流出が確認される。流出の可能性がある個人情報は最大約39万人に

FinalFantasy14

ついに市場規模が6兆円に。さらなる躍進を遂げた2020年の中国ゲーム市場は,アメリカと日本が重要な2国に

 「未成年保護法」や「ゲーム適齢提示」,AppStoreからのタイトル大量削除など,2020年の中国ゲーム産業は波乱に富んだものだったが,産業白書のような数値情報が発表されたので,ダイジェストを報告しよう。

『PUBG』PC版向けアップデート10.2詳細公開―プレイヤーのマナーを明確化する「評判システム」が新登場

中国・上海で6000人を収容できるという大規模なeスポーツ専用競技場の建設工事が始まる。竣工は2023年の予定

【年始特集】アカツキ戸塚氏「強力な海外勢には正面衝突も逃げもせずユニークな競争力で挑む」 独自の世界観とキャラクターをいかに磨くかがカギ

2020年は、スマホゲーム業界にとって、「分水嶺」ともいえる1年だったといえるかもしれない。新型コロナウイルスの感染拡大でリモートワークを採用する会社が増え、ゲーム開発や運営、そして働き方を大きく変える一方、『原神』が象徴的だが、ゲームチャンジャーともいえる作品が登場し、業界に大きなインパクトを与えた。新型コロナによる巣ごもり消費は、スマホゲームの会社にとって一定の追い風となったが、高い競争力を持つに至った海外企業とどう戦っていくべきなのか、大きな課題も残した。2021年の新年特集では、前半では、スマホゲーム会社のトップに2020年の振り返りと2021年への展望について聞いた。今回の記事では、株式会社アカツキ<3932>の戸塚 佑貴氏にインタビューを行った。株式会社アカツキ取締役 Head of Games戸塚 佑貴(とつか・ゆうき)上智大学卒業後、新卒入社したディー・エヌ・エ

【年始企画】従来の当たり前を疑う機会になった一年に…森田社長に訊くコロナ禍におけるKLabの取り組みとは

2020年は、スマホゲーム業界にとって、「分水嶺」ともいえる1年だったかもしれない。新型コロナウイルスの感染拡大でリモートワークを採用する会社が増え、ゲーム開発や運営、そして働き方を大きく変える一方、『原神』のように、ゲームチェンジャーともいえる新作が登場し、業界に大きなインパクトをもたらした。新型コロナによる巣ごもり消費は、スマホゲームの会社にとって一定の追い風となったが、高い競争力を持つに至った海外企業とどう戦っていくべきなのか、大きな課題も残した。 2021年新年特集の前半では、スマホゲーム会社のトップに2020年の振り返りとともに、2021年への展望についてインタビューを行った。今回の記事では、『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム〜』のオンライン世界大会の開催や過去最高の海外売上を記録するなど、グローバルで積極的な展開をみせた株式会社KLabの森田英克氏に、2020年

韓国:韓国版「LOST ARK」,ベルン南部実装後に新規/復帰プレイヤーと同時接続者数が大幅に増加

 SmilegateRPGは2021年1月5日,同社が韓国で展開しているPC用MMORPG「LOSTARK」に向けた「ベルン南部」実装アップデート後に,新規プレイヤーと復帰プレイヤー,そして同時接続者数が大幅に増加したと発表した。アップデートロードマップの発表で,プレイヤーの期待も大きく高まっているようだ。

マイクラ位置情報ゲーム『Minecraft Earth』6月30日にサービス終了へ。今の世界情勢では十分なプレイ体験を提供できない

Mojangは1月6日、モバイル向け位置情報・ARゲーム『Minecraft Earth』について、2021年6月30日をもってサービス終了すると発表した。今の世界情勢では十分なプレイ体験を提供できないとして。

Appleが中国App Storeから約4万のゲームを削除。大手以外が淘汰されていく、中国ゲーム暗黒の時代到来

Appleが中国のApp Storeから3万9000本のゲームアプリを削除した。その背後には何があったのか。中国のゲーム市場の行く末。

「EVE Online」,2020年大晦日に大型戦争「M2-XFEの殺戮」が勃発。被害総額は23兆ISK,251隻のタイタンが撃沈

 CCPGamesは本日,SFMMORPG「EVEOnline」にて2020年12月31日に大型戦争「M2-XFEの殺戮」が勃発し,EVEOnlineの歴史の中で最も破壊的な戦争になったことを明らかにした。M2-XFEの殺戮では,2014年1月に起きた「B-R5RBの大虐殺」と比較して,3倍以上のタイタンが撃沈されたとのことだ。

「月50万使う太客には“獲りやすく”アシスト」「裏側を見たら絶対プレイしない」 元従業員が語るオンラインクレーンゲームの闇と法の未整備

オンクレはなぜ24時間営業できたり、高額景品を投入できたりするのでしょうか。

「クリックで攻撃っと」ポチッ→アプリ購入画面へ イラっと来る“悪質な広告あるある”漫画に共感の声

こんな広告ナシにしてほしい……。

オンライン対戦対応のパーティーゲーム7選。みんなで集まれなくて寂しいから……オンラインで殴り合おうぜ!

コロナ禍の影響で、最近は友だちと集まりにくい……。そんなときに活躍してくれるのが、オンラインで対戦ができるパーティーゲーム! 自宅にいながら友だちとワイワイ遊べる、ニンテンドースイッチやPS4などのパーティーゲームを、7本ご紹介いたします。

【VR/AR/MR業界編】キーパーソン32名が語る、2020年と2021年

激動の一年となった2020年ももう大晦日。そろそろ2021年がやってきます。本記事はMogura VR New […]

カプコンとコーエーテクモ、ネクソン、2020年は時価総額倍増 ゲーム大手やグローバル企業に高評価 業績回復のカヤックやAiming、マイネットにも脚光

2020年の東京株式市場が昨日(12月30日)の大納会で終わった。新型コロナウイルス感染症が拡大し、外食産業や観光業を中心に打撃を与える一方で、ゲーム関連企業には一定の追い風が吹いたと言われているが、株価にはどういった影響があったのだろうか。結論からいうと、コンシューマゲームを中心に事業展開を行っている家庭用ゲームソフト大手がマーケットにおいて高い評価を集めたほか、グローバルなゲーム市場の拡大に対応できた企業、そして、スマートフォンゲームでも顕著な業績改善を示した企業が買われる結果となった。まず、2020年の年初と大納会時点での時価総額を計算してみた。1位に輝いたのは、カプコン<9697>で127%の上昇率となった。時価総額では3998億円から9075億円に上がった。倍以上のバリュエーションが付くようになった。『バイオハザード RE:3』や『モンスターハンターワールド:アイスボ

「紅の砂漠」開発陣にメールインタビュー。ゲームプレイトレイラー公開で期待が高まる本作のシステムやコンテンツについて聞いた

 12月11日に開催されたTheGameAwards2020で,PearlAbyssが開発中の新作「紅の砂漠」のゲームプレイトレイラーが公開されたが,同時にゲームジャンルが“オープンワールドアクションアドベンチャー”へと変更されたことも発表されている。なぜジャンルが変わったのか。そしてストーリーやシステムはどうなるのか。気になる点をメールインタビューで尋ねてみた。

今でも遊べるPC用MMORPGってどれくらいあるの? 「Ultima Online」から2020年サービスの「ETERNAL」まで,数々のタイトルを紹介しよう

 2000年にスタートした4Gamerにとって,今年は20周年という大きな区切りの年だった。4Gamerと言えば,MMORPGを黎明期から追い続けたゲームメディアである。そこで今回は今でも遊べるPC用MMORPGを紹介してみたい。PC専用のMMORPGなんてもう……と思うかもしれないが,実はけっこうなタイトルが現役でプレイ可能だったりするのだ。

ゲーム業界の著名人147人は異例づくしの1年をどう振り返り,新たな時代に何を見るのか。恒例の年末コメント集企画

 2020年も残りあとわずかとなり,4Gamerの更新も本日(2020年12月29日)が年内最後。恒例となっているゲーム業界著名人の年末コメント集企画をお届けしよう。国内外から参加いただいた147人が,異例づくしの1年をどう振り返り,新たな時代に向けて何を見ているのか,確認してほしい。

アソビモ、スマホ向けMMORPG「ETERNAL」 サーバー・職業別の上位者を掲載した“戦闘力ランキング”が公開

【LINE調査】インターネット利用者のうち「スマホのみ」での利用は全体の50%に 「スマホとPC」の併用は44%

LINE<3938>は、2020年下期のインターネット利用環境に関する定点調査を実施し、その調査結果を発表した。この定点調査は、同社がインターネットのコミュニケーションインフラの一翼を担う会社の責務として、よりよいサービス提供のための調査研究の一環として行われたものとなる。(以下、プレスリリースより)■日常的なインターネットの利用環境は、引き続き「スマホのみ」での利用が5割で最多・「スマホ」でのインターネット利用者は全体の94%。対して「PC」での利用者は46%・「スマホとPC」の併用者は44%。「PCのみ」での利用者は2%・構成比としての最多は「スマホのみ」での利用者で50%・スマホ・PCでのインターネット利用なしは、全体の4% ■女性では約6割、男性では約4割が「スマホのみ」利用・女性のほうが、男性より「スマホのみ」での利用者の占める割合が高く、58%が「スマホの

中国のゲーム企業Yoozoo GamesのCEOが39歳で死去―毒殺の可能性も浮上

ゲームクリエイター110人が語る2021年の抱負。キーパーソンたちの言葉から、2021年のゲーム業界がわかる?【年末特別企画】

ゲームクリエイター110人が掲げた2021年のキーワードや抱負、注目していることを一挙掲載。

「テラクラシック(TERA CLASSIC)」インタビュー2021年1月21日15時配信開始!「9,000時間以上遊べる」モバイル向けオンラインRPGがいよいよ日本上陸!

 韓国KRAFTONのPC用MMORPG「TERA」を基にしたAndroid/iOS用MMORPG「テラクラシック(TERA CLASSIC。以下、テラクラ)」。

AmazonのAWS(アマゾン ウェブ サービス)が,任天堂の「Nintendo Switch Online」に採用

『マインクラフト』“ほとんどすべてのMob”を集めるプレイヤー現る。スパイダージョッキーに泣かされ、スケルトンホースに笑う

『マインクラフト』で、とある蒐集家が偉業を成し遂げたようだ。『マインクラフト』における“ほとんどすべてのMob”を1か所に集めたというのだ。そのうえ、それら収集品を所蔵する巨大な博物館まで建造したのだという。

コーエーテクモHD、英国子会社でユーザー情報の一部が流出した可能性があることが判明 社内に専門の対策チームを設置して対応へ

コーエーテクモホールディングス<3635>は、英国子会社のKOEI TECMO EUROPE LIMITEDが運営する欧州ユーザー向けのホームページを介して取得したユーザー情報の一部が、インターネット上に流出している可能性があることを明らかにした。なお、現時点では、開発に関する情報および経営に関する重大な情報の流出は確認されていないという。本件について、同社は社内に専門の対策チームを設置し、正確な情報の収集と対応の検討を進めている。また、同時に判明した情報を元に、現地警察当局ならびに神奈川県警察に相談を開始する方針だ。今後、詳細が判明し次第、あらためてホームページにて発表するとしている。

Opinion:中国新時代のレーティングを現地視点で探る

今年日本で最も売れたタイトルは『あつ森』―海外メディアが様々なゲーム業界統計情報をまとめたインフォグラフィックを公開

歴史的な宇宙戦争続く『EVE Online』で各勢力リーダーによる「クリスマス休戦」が提案―宇宙に一時の平和は訪れるのか?

『FF14』で「24アカウント」運用をするプレイヤーにインタビュー。24アカウント運用をしていたら職場の環境がよくなった

『FF14』で「24アカウント」運用をするプレイヤー・ウィン氏にインタビュー。ゲームを遊び人生が変わったという同氏のライフスタイルとは。

「ETERNAL」,裏話マンガとネットゲームの歴史を振り返る座談会記事が公開

今ゲーム業界は危機にさらされている…その現状と対策とは?アカマイ「Gaming Leadership Virtual Summit Japan」レポ

FinalFantasy14

ブラジル代表ネイマール選手、『CS:GO』で無双する。ハンドガンで著名人たちを瞬殺、ゲーム内“ハットトリック”達成

ブラジル代表選手で、フランスのパリ・サンジェルマンに所属するネイマール選手が、スーパープレイを見せたようだ。ネイマール選手が活躍を示したのは、『Counter-Strike: Global Offensive』における試合での出来事。

日本再展開記念、壮大宇宙MMO『EVE Online』開発インタビュー!「永遠に運営し、最初にこのゲームを作った開発者の生涯をはるかに超えていきたい」

「EVE Online」の開発運営会社CCP Games 上海スタジオが“Great Place to Work認定”を獲得

『Fallout』コミュニティで大規模チャリティー配信を開催中、すでに600万円以上の寄付。終末世界を動かしたのは、5月に起きた“あの事件”

日本時間12月14日から21日にかけて、「Fallout For Hope」と銘打ったチャリティー企画が配信されている。開催のきっかけとなったのは、今年5月に『Fallout 76』を震撼させた“あの事件”だったようだ。

NHNテコラス、「Amazon GameLift」の再販権を世界で初めて取得…大規模対戦ゲーム『エイムズ』でも導入実績

NHNテコラスは、12月18日、アマゾン ウェブ サービス(以下AWS)でゲームに最適化した「Amazon GameLift」の再販権利をAWSパートナーネットワーク(APN)のパートナーとして世界で初めて取得したことを発表した。Amazon GameLiftは、 マルチプレイヤーゲーム用のクラウドサーバーをデプロイ、運用、スケーリングする、フルマネージドのゲームサーバーホスティングソリューション。増加するマルチプレイヤーゲームの需要に対して課題となることが多い、マッチメイキングシステムの構築や、スケーリング、レイテンシー対策、 DDoS等の外部攻撃への対策などの工数が大幅に軽減できる。今回、再販権を取得したAmazon GameLiftについて、 本年11月17日にリリースされたスマートフォン向け大規模対戦ゲーム『A.I.M.$ -All you need Is Money-』での採用を

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>