MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

Access Accepted第725回:Electronic Artsが自社の買収/合併を積極的に持ち掛け? その背景にあるもの

 昨今,ゲーム企業の買収劇が相次いでいるが,ここにきてElectronicArtsのM&Aに関する話題が世間をにぎわせている。メジャーパブリッシャを果たして傘下に収めるような企業はあるのか? そしてElectronicArts側のモチベーションは何なのだろうか? 今回は,このあたりを探ってみよう。

Electronic Artsのデータ盗んだハッカー、脅迫を無視され海外メディアに伝言をお願いする。拒否されデータを一部公開、身代金を再要求

Electronic Artsのデータを盗んだハッカー集団が、同データを公開する動きに踏み切ったようだ。ハッカー集団は6月にEAのデータを不正に取得し、身代金を要求してきたという。 Electronic Artsのデータ盗んだハッカー、脅迫を無視され海外メディアに伝言をお願いする。拒否されデータを一部公開、身代金を再要求

 Electronic Arts(EA)は、バトルロイヤルゲーム「Apex Legends」において、Nintendo Switch版の配信をニンテンドーeショップにて3月10日より開始する。価格は4,300円(税込)。また、シーズン8「メイヘム」が2月3日に開幕する。

エレクトロニック・アーツ日本法人、19年3月期は2億円の最終赤字…日本は縮小、モバイルゲーム開発スタジオは閉鎖

エレクトロニック・アーツ株式会社の2019年3月期の最終損益は2億0200万円の赤字だった。本日(7月24日)付の官報に掲載された第21期決算公告で判明した。同社は、世界最大規模のゲームソフト会社であるエレクトロニック・アーツの日本法人だが、日本法人については3月26日に縮小する旨のアナウンスが出ている。モバイルゲームの開発スタジオ「EAジャパン モバイル ジャパン スタジオ」は閉鎖されたようだ(サイトにも接続できなくなっている)。 

『Anthem』の反省を活かし、EAは今後のオンラインタイトルにてアジア式ソフトローンチの採用を検討

『Anthem』の反省を活かし、EAは今後リリースする作品にて、モバイルゲームやアジア圏のオンラインゲームで採用されているようなソフトローンチを行っていくと説明。『Anthem』の今後については、長期運営を続けると念を押している。

『Apex Legends』シーズン1開幕後では初となる、アップデート1.1のパッチノートが公開された。最後のゲームで一緒にプレイしたチームを招待できる機能などが追加された。

エレクトロニック・アーツの日本オフィスが閉鎖、日本市場に対しては引き続きサポートを継続することを明言

エレクトロニック・アーツが日本オフィスを閉鎖することを発表した。

Electronic Arts、約350人のレイオフを実施へ。日本およびロシアの体制も縮小

Electronic Arts(EA)が、全従業員の4%にあたる約350人のレイオフを敢行するようだ。低調な2019会計年度の業績を受け、パブリッシングやマーケティングなどの方針を変更するという。その対象には、日本も含まれるとのこと。

『Apex Legends』ローンチ1ヶ月で合計5000万プレイヤーを達成。記念動画にはバカプレイ映像や公式モザンビークジョークも

エレクトロニック・アーツのバトルロイヤル型FPS『Apex Legends』の合計プレイヤー数が5000万プレイヤーを突破。

Access Accepted第603回:「Apex Legends」の成功は欧米ゲーム業界の流れを変えるか

 北米時間の2019年2月14日,突然のようにローンチされたFree-to-Playのバトルロイヤルゲーム「ApexLegends」が好調だ。売り切り型のゲームからFree-to-Playのソーシャル型ゲームに消費者の嗜好がシフトする中,「ApexLegends」の成功によって欧米ゲーム業界のトレンドはどう変化するのだろうか。

『Apex Legends』Twitchにおける1日の視聴時間合計が840万時間に―『フォートナイト』を超える記録

『Apex Legends』にて、すでに1万6000以上のチーターをBANしたとの発表。ユーザーの信頼を得るための運営続けるとコメント

Respawn Entertainmentのコミュニティマネージャーは2月16日、『Apex Legends』におけるアップデート報告をredditにて投稿した。その中で、チーターやクラッシュに関する問題に言及している。

米エレクトロニック・アーツ、10-12月期の最終利益は2億6200万ドル(288億円)と黒字転換 ダウンロード販売が伸長

エレクトロニック・アーツは、2月5日、第3四半期(2018年10~12月期)の決算を発表し、売上高が前年同期比11.1%増の12億8900万ドル(1417億円)だった。パッケージ製品が横ばいの3億8000万ドル(418億円)だった一方、デジタル収益が16.4%増の9億0800万ドル(998億円)と伸びた。最終利益については、前年同期の1億8600万ドル(204億円)の赤字から2億6200万ドル(288億円)の黒字に転換した。デジタル収益の内訳をみると、ゲーム本編の配信が73%増の2億4700万ドル(271億円)と大きく伸び、全体をけん引した。このほか、ライブサービス(追加ダウンロードやサブスクリプションなど)が1%増の4億8000万ドル(527億円)、モバイルが12%増の1億8100万ドル(199億円)だった。プラットフォーム別の売上高を見ると、主力のコンソールが9%増の8億8500万ドル

『Battlefield V』のオープンベータテストが9月6日から開始される。対応プラットフォームはPC/PS4/XBO。また『Battlefield V』予約購入者およびEA Access/Origin Access/Origin Access Premier加入者は9月4日より先行アクセスが可能となる。 The post 『Battlefield V』オープンベータが9月6日から実施。コンクエスト、グランド・オペレーション、タイド・オブ・ウォーがプレイ可能 appeared first on AUTOMATON.

『BF1』プレイヤー数が1,900万突破―『FIFA 17』は2,100万人

EA DICEが開発を手掛けた人気シリーズ最新作『バトルフィールド1(Battlefield 1)』。本作のプレイヤー数が2017年3月末までに1,900万人を突破したと報告されています。

EA「我々の業界は,何をすれば成功できるのかを理解し始めている」

過去のリスクを今負うことはない,とPatrick Soderlund氏は語るが,それにはゲーマーたちが何を欲しているかをより明確に理解することが必要となる。

Electronic Artsの”Origin”幹部、PCゲーマーとの関係改善を望む。「我々はPCゲーマーの信頼を取り戻す旅にでている」

Electronic Artsの「Origin」シニア・マーケティング・ディレクターPeter O’Reilly氏は、海外メディアMCVの取材を通じ、PCゲーマーとの関係改善を望んでいることを明らかにした。多数のゲームフランチャイズと強大な開発力・パブリッシング力を持つ大企業EAだが、現在まで必ずしもゲームファンといい関係を築けてきたわけではない。信頼回復へ向け、同社は様々な施策に乗り出している。

Electronic Artsがe-Sports部門を新設。「FIFA」や「バトルフィールド」シリーズの国際トーナメントやファンイベントの開催を計画

Electronic Artsは,e-Sportsを担当する新たな部署,「EA Competitive Gaming Division」の設立をアナウンスした。ゼネラルマネージャーは,同社のCOO(Chief Operating Officer=最高執行責任者)を務めるピーター・ムーア(Peter Moore)氏が兼任し,e-Sportsの強化を図っていくという。

Originなどで使用される「EAアカウント」のパス付き情報がインターネット上に掲載か、頭文字「A」から「F」に該当するアカウント

セキュリティ関連の情報を伝えるCSOは太平洋時間の10月15日、Electronic ArtsのゲームタイトルやOriginなどで使用されている「EAアカウント」の情報が、インターネット上に掲載された可能性があると指摘した。テキストデータの共有サイトPastebinへと、頭文字「A」から「F」のアカウント600件弱がパスワード付きでアップロードされた疑いがあるという。EAがすでに情報の一致したアカウントの“保護”を進めている。

エレクトロニック・アーツのピーター・ムーア氏に聞く 「“プレイヤー第一”はとてもうまくいっている」【gamescom 2015】

おなじみエレクトロニック・アーツのピーター・ムーア氏に、エレクトロニック・アーツの戦略に対する手応えを聞いた。

“EAの再起動”エレクトロニック・アーツ開発トップに聞く、大パブリッシャーの方針転換と、この先の展望【E3 2015】

昨年のE3前のプレスカンファレンスから大胆な方針転換を見せているエレクトロニック・アーツ。開発を統括するエグゼクティブバイスプレジデントのPatrick Söderlund氏に話を聞いた。

米Electronic Artsは、Free to Play(F2P)スタイルで運営されているオンラインゲームのサービスを終了することを明らかにした。対象のタイトルは「Battlefield Heroes」、「Battlefield Play4Free」、「Need for Speed World」、「FIFA World」の4タイトル。

海外:謎のDDoS攻撃で「スウェーデン中が機能しなくなった」夜--ネット時代の脆弱さ浮き彫りに

ゲームサイトへの謎のDDoS攻撃により、スウェーデンの固定ブロードバンド回線に大規模な障害が発生した。

エレクトロニック・アーツ、7-9月期は黒字転換

 米ゲームソフト大手エレクトロニック・アーツ(EA)が28日発表した7-9月期(第2四半期)決算は、純損益が黒字に転換した。最新の据え置き型ゲーム機向けのビデオゲームの販売が引き続き好調だった。

エレクトロニック・アーツのピーター・ムーア氏に聞く 大切なのはソフトに“息吹”を吹き込むこと【gamescom 2014】

ケルンメッセにてヨーロッパ最大のゲームイベントgamescom 2014が開催。会場にて、エレクトロニック・アーツのCOO、ピーター・ムーア氏に取材をする機会を得た。

【China Joy 2014】エレクトロニック・アーツは『FIFA ONLINE 3』や『Plants vs. Zombies』をフィーチャー

PCゲームが圧倒的に強い中国市場においても、巨人・エレクトロニック・アーツは存在感を放っています。

エレクトロニック・アーツ、4-6月期は増収増益

 米ゲームソフト大手エレクトロニック・アーツ(EA)が22日発表した4-6月期(第1四半期)決算は28%増収・51%増益だった。最新の据え置き型ゲーム機向けのビデオゲームの販売が好調だった。

[E3 2014]EA幹部ピーター・ムーア氏単独インタビュー。プレスカンファレンスの総括から業界のトレンド,そして“あのスポーツ”の行方までを聞いてきた

 「Battlefield:Hardline」を始め人気IPタイトルのリリースを控えるElectronicArts。E32014では,同社のPeterMoore(ピーター・ムーア)COOに単独インタビューする機会が得られた。未来への期待が膨らむカンファレンスとは裏腹に,どこかさびしい気もしたEAブース。今回Moore氏は,その理由を明快に説明してくれている。

【OGCレポート】『FIFA』シリーズ1500万本の秘訣は徹底したグローバル・マーケティング

ブロードバンドコンテンツの総合カンファレンス“OGC 2014”の中から、エレクトロニック・アーツ バイスプレジデント ジェネラルマネージャ牧田和也氏の講演“グローバルライブサービス時代へ”の模様をお届けする。

海外:EAサーバーにハッキング攻撃、Apple ID窃盗に悪用---英企業が報告

インターネットセキュリティサービスを手がける英Netcraftは現地時間2014年3月19日、米Electronic Arts(EA)のサーバーがハッキングされ、米Appleのユーザーを狙ったフィッシングサイトのホスティングに使用されていることを確認したと発表した。

海外:ゲーム大手のEA、通年利益見通しを上方修正-7-9月期は赤字縮小

ビデオゲーム大手の米エレクトロニック・アーツ(EA)は29日、新型家庭用ゲーム機の発売を前に消費者の期待が高まっていることから、今年度(13年4月―14年3月)の利益見通しを引き上げた。

Electronic Artsの新たなCEOは,EA SPORTS部門副社長のアンドリュー・ウィルソン氏に決定

 多数の人気タイトルを抱えるアメリカの大手パブリッシャ,ElectronicArtsは,これまで5か月あまり空席になっていたCEOに,EASPORTS部門副社長のアンドリュー・ウィルソン氏が就任すると発表した。次世代コンシューマ機の登場など,激動の時代を迎えている欧米ゲーム業界だけに,ウィルソン氏の舵取りに注目が集まっている。

『FIFA14』や『バトルフィールド4』など、注目タイトルの最新情報が公開されたEAカンファレンス【gamescom 2013】

 ドイツ・ケルンにて、2013年8月21日~25日(現地時間)の期間、ヨーロッパ最大のゲーム見本市gamescom 2013が開催される。本イベントに先駆ける形で、前日の2013年8月20日に、エレクトロニック・アーツの“EAカンファレンス”が実施された。

OriginにてEAデジタルタイトルの全額払い戻しが時限性で可能に、20ヶ国にて9月より実施

本日Electronic Artsは公式サイトにて、同社のゲーミングプラットフォームOriginにて購入したEAのデジタルタイトルを全額払い戻しすることが出来る“Origin Great Game Guarantee“を正式発表しました。

EA:「Gamescom 2013」カンファレンスのライブストリーミングを実施

米国・Electronic Artsは、ドイツ・ケルンで開催されるゲームイベント「Gamescom 2013」にあわせてプレスカンファレンスを開催予定。このカンファレンスのライブストリーミングが実施される。

海外:EA、第1四半期の業績を発表・・・デジタル分野が引き続き伸長

エレクトロニック・アーツが発表した2013年度第1四半期(4月1日〜6月30日)の業績は、売上高4億9500万ドル、純損失1億2100万ドルと赤字ながら予想を上回る結果となりました。 Q1は引き続きデジタル分野が伸長。前年同期比17%の増加、金額にして3億7800万ドルで売上全体の76%...

海外:EAが語る次世代のシューター市場と『Battlefield』フランチャイズの立ち位置

世界全体で1800万本を超える売り上げを記録するなど、『Battlefield 3』はEAにとって大成功を収めている。 競争の激しいシューター市場において、他のシューターと『Battlefield』を差別化するものは一体何なのか。EA Labelsの社長Frank Gibeau氏がIGNのインタビューの応えている。

Electronic Artsが2013年第4四半期の業績報告を公開。「FIFA 13」はシリーズ市場最高の1450万本,「SimCity」は160万本のセールスを記録

 北米の大手パブリッシャElectronic Artsは,現地時間2013年5月7日,2013会計年度第4四半期(2013年1月1日~3月31日)の業績報告を行った。通年の総売上高は約37億9300万ドル,純利益は約2億6400万ドルとなっており,発表当日のNASDAQでは,株価が17%上昇するなど,CEOの交代や900人もの人員削減を経て,同社もようやく一息ついたという印象だ。

海外:[海外ゲームニュース]EAとディズニーがスター・ウォーズのゲーム化について契約合意

エレクトロニック・アーツとディズニーが、スター・ウォーズのゲーム化について契約合意した。複数年の契約で、エレクトロニック・アーツはコアゲーマー向けのタイトルを独占的に開発・発売できる。

米Electronic Artsの開発子会社PlayFishは、Facebookを通じてグローバル展開しているソーシャルゲーム「SimCity Social」のサービスを6月14日を持って終了することを明らかにした。同作は2012年7月にサービスを開始しており、1年足らずでのサービス終了となる。

海外:EA、再び「アメリカ最悪企業」に選ばれる・・・ピーター・ムーアCOOは自省の弁も

米国の消費者関連ウェブサイト"Consumerist"が実施している「Worst Company in America 2013」の投票において、エレクトロニック・アーツがバンク・オブ・アメリカを破り、2年連続で「アメリカ最悪企業」の称号を獲得しました。

  1. 1
  2. 2
  3. 次へ >>