MMOニュース - 台北ゲームショウ2019、B2Bビジネスゾーン規模拡大  25ヵ国300社が参加、全世界の受賞ゲームがインディーゲームエリアに集結 についてのコメント 0 件

台北ゲームショウ2019、B2Bビジネスゾーン規模拡大  25ヵ国300社が参加、全世界の受賞ゲームがインディーゲームエリアに集結 [ Social Game Info ]

2019台北ゲームショウ「B2Bビジネスゾーン」が1月24日より開幕する。すでに中国、日本、韓国、シンガポール、フィリピン、イギリス、アメリカ、ドイツ、インド、ロシアなど約35国からの3000名を超えるバイヤーが登録を行っているとのこと。「グローバルビジネス関係者登録」は2019年1月16日までとなる。 300以上のチームがB2Bビジネスゾーンへ、デベロッパーやパブリッシャーは半数以上今年は世界貿易センター(TWTC)Hall3に設けられるB2Bビジネスゾーンには、全世界からデベロッパー、パブリッシャー、課金プラットフォーム、デジタルメディアなど25ヵ国300社以上が出展する。中国のWhisperGames、Giant Interactive Group Inc.、日本のCLOUD CREATIVE STUDIOS、G-angle、SUCCESS Corporation、韓国のH

COSMIC BREAK

 

このニュースに対するコメントはありません。

コテハン登録 »
※コテハンの利用にはログインが必要です。
※コテハン登録は、コテハンを入力した上で認証メールを送信してください。
※認証用メールアドレスに送信された認証URLをクリックすることで登録が完了します。
※認証メールが受信できない場合は、こちらよりお問い合わせください。