MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

 ガリアレボリューション株式会社(代表取締役:森田 英嗣以下ガリアレボリューション)は、ポータルサイト「GAME HEART」にて、PC用オンラインゲームMMORPG「Hオンライン」のダンジョンやフィールドおよびRvRのMAP情報を公開いたします。詳しくは以下をご参照下さい。

任天堂、10月1日0時から9時までネットワークメンテナンスを実施 ― Wii Uと3DS全タイトルのインターネット通信プレイが利用不可に

任天堂は、10月1日0時00分頃から9時00分頃まで、臨時のネットワークメンテナンスを実施します。

韓国:新作MMORPG「BLESS」の開発映像8本を4Gamerに掲載。エフェクト,雲の変化といったさまざまな描画・表現がスゴい

 NeowizGamesの子会社NeowizBLESSStudioが開発している新作MMORPG「BLESS」の新たなムービー8本を掲載した。これらは,2013年9月25〜27日に韓国ソウルで開かれた「KoreaGamesConference2013」の会場で同作の開発映像として披露されたものだ。BLESSのさまざまな描画・表現を確認してみよう。

 USERJOY JAPAN株式会社は、ブラッディアクションMMORPG『X・A・O・C ~ザオック~』におきまして、2013年9月30日(月)にクローズドβテスターのUJJ応募枠の募集を終了いたしました。

堀井雄二氏がゲームデザイナーとなったきっかけや,「ドラゴンクエスト」のゲーム作りを語る。「黒川塾(十弐)」聴講レポート

 2013年9月27日,トークイベント「エンタテインメントの未来を考える会黒川塾(十弐)」が,東京都内で開催された。12回目の開催となる今回のテーマは,「堀井雄二に訊く〜人生はロールプレイング〜」。ゲームデザイナーの堀井雄二氏をゲストに迎え,ゲーム作りに携わるようになったきっかけや,ゲーム開発に向かうモチベーションなどが語られた。

エヌ・ティ・ティ・ドコモとスクウェア・エニックスは、スマートフォン/タブレットに関する連携強化を発表し、クラウドゲームとして遊べる「ドラゴンクエストX」、「ドラゴンクエスト」とコラボレーションしたスマートフォンを開発中であると明かした。

 ハンビットユビキタスエンターテインメントは,2013年9月28日,オンラインRPG「グラナド・エスパダ」のアップデート先行体験会を,東京都内で開催した。このイベントでは,今後の同タイトルの開発方針が公開され,その第1弾として10月2日に実装される新たなハードモードミッション2種類がお披露目となった。

 X-LEGENDENTERTAINMENTJAPANは本日(2013年9月30日),今秋よりサービス開始予定の新作MMORPG「幻想神域-InnocentWorld-」のカウントダウンサイトをオープンした。ゲーム内の雰囲気が分かる背景ムービーを見ることができるので,本作に興味を持っている人はサイトを訪れてみよう。

韓国:9月4週目韓国オンラインゲームランキング

[韓国]2013年9月4週目のランキング。暑い夏が過ぎ去り秋を迎え、ランキングもカジュアルゲーム・スポーツゲームなど気軽に楽しめるゲームが人気を集める秋市場の様相を見せている。

日本発ソーシャルゲームの命運は?

9月26日に開催されたシンポジウム「新しいビジネスモデルとしてのソーシャルゲーム」に参加してきたので、感想をまとめておきたい。

海外:ソニーPS4への関心、Xbox Oneを上回る 米国消費者を対象とした調査

[サンフランシスコ 29日 ロイター] - ロイターとIpsosが実施した調査によると、ホリデーシーズンを前に、ソニー<6758.T>の新型家庭用ゲーム機「プレイステーション4」(PS4)に関心がある消費者の方が、米マイクロソフト の「Xbox One(エックスボックスワン)」よりも多いことが分かった。PS4は米欧で11月、日本で来年2月に発売する予定で、Xbox Oneは米国・欧州など13カ国では11月22日から発売する。

【週刊ジーパラが批評90】『艦これ』は新たなスタンダートを生む?

ネットワーク上のオンラインゲームなのに他プレイヤーと関わらなくていい。『艦これ』の人気は、ソーシャルゲーム上の付き合いにすら疲れたゲーマーの到達点か!? というような話はしていませんがまぁそんな話題です。

Access Accepted第396回:現実と見間違える「フォトリアリズム」は実現するのか

 欧米の一般メディアで,なぜか実際の画像と間違えてゲーム画面が使われてしまうというケースが増えている。単純なうっかりミスなのだろうが,ゲームをよく知らないメディアにとって,最近のゲームグラフィックスは本物と見間違えるレベルに達しているということだ。果たして,ゲームグラフィックスはどこまで進歩するのだろうか。

幻想神域