MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

Epic Gamesストアでは、開発者に委ねる形でのユーザーレビュー機能を設置予定。Steamで見られた「レビュー爆撃」を懸念

Epic Gamesの設立者Tim Sweeney氏は12月26日、販売プラットフォーム「Epic Gamesストア」に導入予定のユーザーレビュー機能について、開発者によるオプトイン方式とするとTwitter上で発言。その理由として、「Review Bombing(レビュー爆撃)」の存在を挙げている。

 X.D. Globalは、本日(12月28日)18時より、Netease Gameが開発したアニメ風対戦スマホMOBA『非人類学園 Extraordinary Ones』のクローズドβテストを開始した。12月30日まで毎日18~23時に行うとのこと。本作は、全世界1000万人以上がプレイしたアニメ風対戦スマホMOBAゲームとなる。伝説と神話中の神魔たちが非人類学園の超能力者に変身し、妄想全開の乱闘を繰り広げる。Androidのユーザーはアプリをダウンロードしてプレイできる。なお、今回のテストでは、安定な状況や不具合が発生する恐れはあるが、正式リリース後のゲームの品質とは同じではないので注意してほしい。 ダウンロードリンク■関連サイト 公式サイト公式Twitter 

 ネクソンは本日,オンラインゲーム「メイプルストーリー」において,大型アップデート“BlackMage”で追加された“苦痛の迷宮”がオープンすることを発表した。第3弾となる同迷宮は,ユーザーのプレイの影響を受けるワールドゲージの進行に伴って開放されるもので,内部には強力なボスが潜んでいる。

ゲーム好きの少年が考えた世界観が「ロードス島戦記」へ。日本のファンタジーシーンに大きな影響を与えた水野 良氏にインタビュー

 日本のゲームシーンにテーブルトークRPGの楽しさを広め,国産のファンタジー小説として広く親しまれた「ロードス島戦記」。2018年にはシリーズ30周年を迎え,2019年に待望の新シリーズが予定されている。その著者である水野良氏に,ゲームとの出会いからなろう系ファンタジーまで,いろいろな話を聞いた。

【PR】チェンクロのオフ会はこうやるのだ。年末年始の“チェン活”を実演してみた

 セガゲームスの「チェインクロニクル3」では現在,「みんなで拡げるチェンクラーの“絆”」キャンペーンと題して,有志が開催するオフ会の支援を行っている。今回はこのチェン活をどうやって活用すればいいのか,二の足を踏んでいるファンのために,応募や実施に関する諸々を紹介してこう。

あなたのSteamインベントリに資産が眠っていませんか? いつの間にか溜まっていたトレーディングカードを売ってみた話

 Steamでゲームをプレイしている人のインベントリには,いつの間にかトレーディングカードが溜まっているはずだが,実はこれ,マーケットで販売して小銭を稼げるのだ。ということで,編集者が手持ちのトレカを売っていくら稼げるか試してみた。

『World War Z』開発スタジオ、『Days Gone』向けマルチプレイ要素の開発支援を提案していた

Steamで最もよく売れたのはどのゲームなのか。Valveが「年間ベスト 2018」のリストを公開

 ゲーム配信システム「Steam」を運営するValveは北米時間の2018年12月27日,「年間ベスト2018」を発表した。これは,販売実績を元に年間ベストのタイトルを公開したもので,2万5000本以上を数えるゲームラインナップのうち,今年,「よく売れたのはこれだ!」ということがすぐに分かる。

エイタロウソフトが自己破産を申請 東京商工リサーチ報道 

12月27日付の東京商工リサーチは、エイタロウソフトが本日(12月28日)に自己破産を申請する方針と報じている。負債額は調査中とのこと。報道によると、『ブレイブオンライン』や『ザ・リング・オブ・ドラゴン』『ラグナロクオンライン』スマートフォン版の開発、運営などを手掛け、2015年12月期には売上高で4億6900万円をあげたという。しかし、その後はヒット作に恵まれず、2016年12月期の売上高は3億8500万円まで落ち込み、約1億円の債務超過に陥った。その後、2017年7月、アエリア<3758>の傘下に入っていたが、アエリアは11月14日に提出した四半期報告書において、11月14日付けで連結子会社エイタロウソフトの全株式を譲渡し、それに伴い、9月30日をみなし売却日として連結の範囲から除外していた。すでにアエリアからの出向を含む4名の役員が11月までに辞任したとのこと。なお、モブ

 DeNAは本日(2018年12月27日),スマホ向けMOBA「伝説対決-ArenaofValor-」で,新ヒーロー「ジル」の実装を発表した。ジルのクラスはメイジ/アサシンで,風にちなんださまざまな能力を持ち合わせている。また,9人のヒーローに日本語ボイスが追加されたほか,特定レベルに達することで報酬がもらえるキャンペーンも開催中だ。

【特別企画】Nintendo Switch版「ディアブロ III」ではマルチプレイの楽しみ方が変わる!22年前に生まれた不朽の名作「Diablo」から変わらぬ良さと、新たに生まれた面白さとは?

 今からおよそ22年前の1996年末、まだインターネット接続に28.8kbpsや33.6kbpsのアナログモデムを使い、深夜23時を過ぎてからテレホーダイでダイヤルアップ接続をしていた頃。時代を大きく変える伝説のゲームが登場した。

海外:農作業やペット育成が楽しめるRPG,「Re: Legend」のαテストが2019年2月9日にスタート

 マレーシアに拠点を置くMagnusGamesが開発中のRPG,「Re:Legend」のクローズドαテストが2019年2月9日に開始される。対象はクラウドファンディングのバッカーで,対応機種はPC。ファンタジー世界を舞台に,農業や釣りなどを楽しみながら村作りをしていく,ほんわかとした雰囲気の作品だ。

ガチャに代わる試み 怪獣を「競売」で手に入れるアプリ「ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ」配信開始

入札額に天井があるので、怪獣の値段が際限なく上がることはありません。

盛況に終わった「Ar:pieL学園祭」をレポート。今後のアップデートや未実装コンテンツについての情報も

 WeMadeOnlineとNHNハンゲームは2018年12月23日,「Ar:pieL」のオフラインイベント「Ar:pieL学園祭」を,秋葉原で開催した。イベントでは,最新アップデート情報がアナウンスされたほか,12月27日に実装される新キャラクター「リーシャ」の先行体験もできたので,その模様をお届けしよう。

『LoL』国内プロリーグ“LJL2019”は賞金総額2700万円! 運営によしもと&プレイブレーン参加、参戦チーム増で「世界レベルのesports文化」を目指す

2018年12月26日、ライアットゲームズ、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、プレイブレーンは、『リーグ・オブ・レジェンド』国内プロリーグ“LJL2019”を共同で運営すると発表した。

Steam、海賊MMO『ATLAS』の返金リクエストに特例措置―2時間以上プレイしたユーザーに返金を認める

『FFXIV』、『DQX』の実写ドラマ『光のお父さん』、『ゆうべはお楽しみでしたね』に関わるマイディーさんに聞く オンラインゲームの実写ドラマ化とは

2019年1月『ドラゴンクエストX』をもとにしたマンガ『ゆうべはお楽しみでしたね』がドラマ化されます。そのドラマに、『ファイナルファンタジーXIV』の実写ドラマ『光のお父さん』の原作者マイディーさんが関わっていると聞き、“オンラインゲームの実写ドラマ化”について話を伺いました。

MMORPG「FFXIV」、パッチ4.5「英雄への鎮魂歌」吉田直樹氏インタビュー青魔道士や「楽欲の僧院 オーボンヌ」、「禁断の地 エウレカ:ヒュダトス編」など注目コンテンツの遊びどころを聞いた

 スクウェア・エニックスは、プレイステーション 4/Windows/Mac用MMORPG「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター(以下、FFXIV)」の最新アップデートパッチ4.5「英雄への鎮魂歌」を2019年1月8日と3月下旬の2回に分けてリリースする。

韓国:ネクソン、『アラド戦記』の新作を開発中と発表! Unreal Engine4を基盤とした新作3DアクションRPGに

ネクソン<3659>は、本日(12月26日)、連結子会社NEOPLE傘下の開発チームAction Studioが人気PCオンラインアクションRPG『アラド戦記』のIPを題材とする新作PCオンラインゲームを開発中であると発表した。本作は、Unreal Engine4を基盤とした3DアクションRPGで、2018年12月25日に韓国ソウルで開催した「アラド戦記フェスティバル」で発表したとのこと。■ネオプル代表取締役社長ノ・ジョンファン氏のコメント『アラド戦記』は、10年以上愛され続けており、この度「アラド戦記フェスティバル」にてファンのみなさまへ本作を題材とした新作3DアクションRPGの開発をお知らせすることができとても嬉しく思います。

FinalFantasy14

「アイアン・スローン(Iron Throne)」“日本ユーザー向けの施策”の狙いとは。日本人声優の起用や,和風英雄を実装

 Netmarbleのスマホアプリ「アイアン・スローン」のグローバルリリースから約6か月が経過した現在の状況について,開発を担った4PLAT代表のカンジェホ氏に話を聞けたので,本稿でその内容をお届けしよう。

X.D. Globalは、本日(12月25日)、アニメ風対戦スマホMOBA『非人類学園 Extraordinary Ones』の正式リリースを2019年1月3日に決定したことを発表した。現在、事前登録キャンペーン中の本作は既に事前登録者数24万人を達成している。なお、各ステップの登録数に到達すると、リリース後に人気キャラ「精衛」や玉子の人気スキン「赤ずきん」などのアイテムが配布される予定だ。 ■『非人類学園 Extraordinary Ones』 公式サイト公式Twitter©1997-2018 NetEase, Inc.All Rights Reserved.© 2018 X.D. Global Limited All Rights Reserved.

『Fallout 76』外部ツール使用を理由にユーザーがBANされる報告相次ぐ。「反省文」を書けば許してもらえるという噂も

『Fallout 76』にて、外部ツールの使用を理由にアカウントをBANされるという報告が相次いでいる。しかしながら、『Fallout 76』のこうした外部ツールのBANは、「反省文」を書けば許してもらえるとの噂も立っている。

ケイブ<3760>は、本日(12月25日)、ファイティングマンガMMO『デビルブック』のリリース日を2019年1月8日に決定したことを発表した。また、リリースに先立ち、本日より事前登録の受付と「デビルブック魔の14日間連続日替わりプレゼント」を開始した。本作は、NGELGAMES(以下、エンジェルゲームス)と STARTER(以下、スターター)が開発したタイトルで、日本先行で、ケイブがパブリッシング配信する。<キャラクター紹介>ジーノ拳でフルボッコ 暴走高校生ヴィッキー応援からの返り討ち 鬼畜チアリーダーペンペン国宝級ピュアなドジっ娘司書ユリ融通きかない 由緒正しい串刺し女子ローゼン近づくだけで全身凍結 気高きドSっ娘 ■「デビルブック魔の14日間連続日替わりプレゼント」開催!「デビルブック魔の14日間連続日替わりプレゼント」を本日より14日間毎日、日替わりで開催する

海外:海賊MMO『ATLAS』の船出は厳しくSteamユーザーレビューはほぼ不評に―元々『ARK』のDLCだった説も

PC版『PUBG』12月の同時接続プレイヤー数が大きく上昇―2018年1月以来初

海外:MMORPG『ATLAS』Steam早期アクセスが開始、『ARK: Survival Evolved』開発元が描く海賊ファンタジー

ゲームのキー販売業者G2Aは、「長期間ログインしていないユーザーアカウント」から毎月お金を引いていく。この仕様が物議を醸す

PCゲームやソフトウェアのキーの販売業者G2A展開している支払いサービスG2A PAYにて、長期間ログインしていないユーザーのウォレットからお金を引いていく仕様が存在したことが発覚し、物議を醸している。

「FFXIV」、「第48回FFXIVプロデューサーレターLIVE」レポート本格オンライン麻雀「ドマ式麻雀」実装発表に騒然、青魔道士のラーニングも実機で詳しく解説

 スクウェア・エニックスは12月21日、プレイステーション 4/Windows/Mac用MMORPG「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター(以下、FFXIV)」の最新情報を発表する「第48回FFXIVプロデューサーレターLIVE(以下、PLL)」を放送し、大型アップデート「パッチ4.5 英雄への鎮魂歌(レクイエム)」のトレーラーを始めとした情報を、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏とコミュニティチームの室内俊夫氏が紹介した。

【e-Sportsの裏側】ゲームはスポーツではない。プレイしてこそ楽しみを感じることができる…たぬかな氏インタビュー

FinalFantasy14

App Annieが「2019年のモバイル市場予測」を発表。アプリストア内消費支出は1220億ドル超となる見込み

「龍が如く ONLINE」、「キャラクター開発会議」を生中継決定RT数に応じてゲーム内アイテムを配布するクリスマスプレゼント企画も実施

 セガゲームスは、Android/iOS/Windows用ドラマティック抗争RPG「龍が如く ONLINE」の公式生中継番組「キャラクター開発会議」を、12月24日21時30分よりニコニコ生放送、YouTube LIVE、Periscopeにて配信する。

祝福は最高のコンテンツだ! 『Tree of Savior』のゲーム内結婚式&ネクソンのおもてなしに密着

PC用オンラインRPG『Tree of Savior』で出会った男女が恋に落ち、結婚した。「祝福しましょうよ!」と運営会社のネクソンを焚きつけたら大ごとになりました。

 PearlAbyssは本日(2018年12月21日),新作スマホ向けアプリ「黒い砂漠MOBILE」のティザーサイトを公開した。本作は,日本でもサービス中のPC向けオンラインRPG「黒い砂漠」をもとに作られたアプリで,韓国では2月に配信がスタートしている。このたび満を持して日本語版が発表された形だ。

中国政府のゲーム認証プロセスが再開。共産党宣伝部の責任者が発言

 カプコンはPC(Steam)版ハンティングアクション「モンスターハンター:ワールド(MHW)」において、「ファイナルファンタジーXIV(FFXIV)」とのコラボレーションを含むタイトルアップデート第5弾を12月21日に実装した。

セガゲームスが求めるものとは? 『龍が如く』、『ソニック』シリーズや『PSO2』のプロデューサーおよびディレクター陣が登壇した中途採用説明会の様子をリポート

2018年12月1日、セガゲームスの中途採用説明会がマイナビクリエイターの主催で開催された。豪華クリエイター陣も登場し、貴重なエピソードを披露したトークセッションの模様をリポートする。

なぜEpic Gamesは「88対12」を主張し、Discordはストアの利益配分を「90対10」に変えるのか? SteamをめぐるPCゲームストアの“数字”の戦いの背景

新興PCゲーム販売ストアが続々と提案する、開発側とストア側の利益配分の比率。今なぜそれが業界のホットトピックになっているのか? その背景を解説する。

Tree of Savior

 HappyTukは,PC向けオンラインアクションRPG「トキメキファンタジーラテール」のアップデートを本日実施した。今回のアップデートの大きなトピックは,新職業である「ダークチェイサー」と,新マップ「ルーメン連合本部(村)」の実装。合わせて始まった,各種企画の情報もチェックしておこう。

ローズオンラインジャパンは、本日(12月20日)、スマートフォン用MMORPG『ローズオンライン 夢見る女神と星の旅路』の配信を開始した。■まずはキャラクターを作成!ローズオンラインで一番初めにやることは、ずばりキャラクターの作成! 自分の分身となるキャラクターを作り、7つの惑星を渡る自由な冒険に出発しよう。◎キャラクター作りでのおすすめポイント!キャラクターにはボイスを設定することができる。戦闘中の掛け声、エモーション時のセリフなど多くのボイスを収録している。TypeがA~Dまで設定されており、各Typeを選択する毎にサンプルボイスが確認できる。お気に入りのボイスを設定しよう!▼女性キャラクターボイス担当・仮面女子 月野もあ さん・スリジエ 才川つむぎ さん・スリジエ 赤嶺沙奈 さん・転校少女* 岡田 夢以 さん▼男性キャラクターボイス担当・仮面女子 雪乃しほり さん・美月凛音 さん・大

チートに関する読者からの19の疑問。シェア拡大中のチート対策ツール「CrackProof」開発会社が答える

セキュリティソリューション会社DNPハイパーテックとのタイアップ企画第二弾として、弊誌は先月10月に読者からチートに関する疑問を募った。そして、その質問に答えてもらうべく、DNPハイパーテック社へとおもむき、読者から寄せられた熱心な質問群に、できる限り答えていただいた。

 HappyTukは本日,オンラインアクションRPG「CLOSERS」に,新規ダンジョン“魔鏡ニトクリス”と“幻想の感染者達”を追加した。魔鏡ニトクリスを討伐すると,装備製作材料のほか,超越石製作材料や超越可能な“投影者レシーバー”をドロップすることがある。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 次へ >>