MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

経済産業省、eスポーツベッティングを視野に入れたeスポーツ検討会を開催へ参加委員や開催日程は東京ゲームショウで発表

 経済産業省は8月30日、eスポーツの健全かつ多面的な発展に向け、日本eスポーツ連合(JeSU)を受託先とした「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」を開催することを明らかにした。検討会の開催日程や参加委員は、9月12日、東京ゲームショウ「e-Sports X RED(eスポーツ クロス レッド)」ステージで実施するJeSU会長岡村秀樹による「2019年度日本eスポーツ連合(JeSU)活動報告&発表会」を皮切りに、順次発表予定。

海外:SFMMOアリーナシューター『PlanetSide Arena』現地9月19日に早期アクセス開始が決定―シネマティックトレイラー公開

 マーベラスは、オンラインRPG「剣と魔法のログレス」PC版を8月30日にサービス終了した。

ゲーム開発者のハラスメント告発が続出。『スカイリム』『ナイト・イン・ザ・ウッズ』関係者の性的暴行疑惑など、ゲーム業界版MeTooムーブメントに

ゲーム開発者のハラスメント告発が海外で相次いでいる。『スカイリム』コンポーザーや『ナイト・イン・ザ・ウッズ』開発者の性的暴行疑惑が浮上する、ゲーム業界版のMeTooムーブメントに。『ナイト・イン・ザ・ウッズ』開発チームは、疑惑が浮上したAlec Holowka氏との関係を断ったと報告している。

Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して

NCジャパン、スマホ向けMMORPG「リネージュM」初の公式ファンミーティングが東京と大阪で開催決定! 初回攻城戦が9月8日20時開始

 エヌシージャパンは、Android/iOS用MMORPG「リネージュM」の公式生放送「話せる島通信#5~攻城戦記念放送~」にて、初の公式ファンミーティング「守護騎士の集い」を9月15日に東京で、9月21日に大阪で開催することを発表した。合わせて、9月8日20時から初回攻城戦を開始することを明らかにした。

DMM GAMESは、『MT:エピック・オーダーズ』にて、8月28日に大型アップデートを実施致し、転職システムや新PvPコンテンツなどを追加した。1.転職システムドラグノ城の<転職マスター>リッキに話すと転職することが可能。 転職システムは現職の戦力を保ちながら、 同系クラスに変更できる。●転職可能なクラス※転職は同系職種間のみとなるウォーリアー⇔ガーディアンシャーマン⇔プリーストメイジ⇔ウォーロックローグ⇔レンジャー2.新PvPコンテンツ<古代遺跡>イベントPvPに古代遺跡を追加した。​<古代遺跡ルール>フィールド上に二つの旗があるので、 旗を取り中央の陣地を占領すると自軍に資源がたまる。 先に100%溜めたチームの勝利となる。 3.イベント【炎の祭典】イベント期間:8/29 4:00~9/5

「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

 セガは2019年8月29日,同社が展開するスマホ向けアプリ「龍が如くONLINE」のリアルイベント「龍が如くONLINEファンミーティング」を都内で実施した。本稿においては「龍が如くスタジオ」ゼネラルプロデューサーの佐藤大輔氏らによる制作秘話や,今後のアップデート情報が語られたイベントの様子をお届けしていく。

オンラインRPG『黒い砂漠』が“PS4タイトルランキング”1位に! 1位獲得を記念して“PS4 Pro・黒い砂漠エディション”がもらえるRTキャンペーン実施中

プレイステーション4用ソフト『黒い砂漠』が、プレイステーション Store内の“PS4タイトルランキング”で1位を獲得した。

東京ゲームショウ2019で実施するJeSU主催プログラムの詳細が一部公開。国際オリンピック委員会による講演会の実施が決定

 一般社団法人日本eスポーツ連合は本日(2019年8月29日),9月12日に開幕する東京ゲームショウ2019で実施する主催プログラムの一部詳細を公開した。東京ゲームショウでは初となる,国際オリンピック委員会による講演会の実施が発表されている。

韓国:韓国の人気小説「月光彫刻師」のIPを活用したスマホ向けMMORPGが2019年内にリリース予定。事前登録も受け付け中

 KakaoGamesは,韓国で2019年内にリリースを予定しているスマホけMMORPG「月光彫刻師(TheLegendaryMoonlightSculptor)」にて,事前登録の受け付けを8月28日に開始した。本作は,韓国で人気のファンタジー小説「月光彫刻師」のIPを活用したタイトル。原作に登場するVRゲームの世界が,オープンワールドMMORPGとして表現されているという。

 カプコンは8月29日、新規プロジェクト「PROJECT RESISTANCE」を始動することを発表し、公式サイトを公開した。9月10日0時には、ティザー映像が公開される予定。

お気に入りの「指導者」を勝利に導け。新作「ガンダムネットワーク大戦」のプロデューサー丸山和也氏にインタビュー

 アニメ「機動戦士ガンダム」が今年で40周年を迎える。これを記念して登場するのが,PCブラウザゲーム「ガンダムネットワーク大戦」だ。レビル将軍やギレン総帥といったカリスマを「指導者」と仰ぎ,プレイヤーが所属する「同盟」が競い合うという本作。その気になる中身について,詳細をプロデューサーの丸山和也氏に聞いた。

ゲーマーはどんな「オフ会」に参加している?ゲームエイジ総研がオフ会に関する調査結果を公開

 バンダイナムコオンラインは本日(2019年8月29日),PC用ブラウザゲーム「ガンダムネットワーク大戦」を発表し,合わせて事前登録受付を開始した。プレイヤーはお気に入りの“指導者”と共に,リアルタイムに戦況が変化していく広大な戦略マップでワールド制覇を目指すことになる。

 X-LEGENDENTERTAINMENTJAPANは2019年8月28日,MMORPG「幻想神域-AnotherFate-」のアップデートを実施した。新武器「ドラゴドール」の実装に伴う新種族「リリ族」の追加や,最大40人で生き残りをかけて戦う「サバイバルアリーナ」の実装などが行われている。

 DevolverDigitalは本日,NintendoSwitch用ソフト「HeaveHo(ヒーブホー)」の配信を開始した。本作は,フランス・パリを拠点とする開発チームLeCartelStudioが手がけたタイトルで,みんなで手をつないでゴールを目指す,最大4人が参加できる協力型アクションゲームだ。

LINE、ゲーム業界マーケター向けセミナー「ゲーム業界向け LINE活用セミナー」を9月25日に開催…サムザップとデジタルガレージが登壇

LINE<3938>は、9月25日に、都内・コンフォート新宿にて、ゲーム業界のマーケティング責任者・担当者の方々を対象にした「ゲーム業界向け LINE活用セミナー」を開催することを発表した。日本におけるオンラインゲームアプリ市場は年々拡大を続け、2018年には1兆1660億円まで伸長している(※1)。マーケットは成長を続ける一方で、老舗のゲーム会社や中国を始めとする海外企業の参入により、オンラインゲームアプリの競争は熾烈を極めている。そのような市況の中、ゲーム会社はどのようなマーケティングを展開していけばよいのか。※1:「ファミ通ゲーム白書2019」調べ本セミナーでは、ゲーム業界のマーケティングに特化して、新規ユーザーの獲得からリテンション、ブランディングに効くLINE活用の紹介を行う。また、6周年を迎える長寿ゲームである『戦国炎舞 -KIZNA-』を提供するサムザップを招き、

東京ゲームショウ2019が過去最大規模で開催されることが明らかに。現時点での出展社数は655社、出展タイトルは1368作

“東京ゲームショウ2019”8月28日現在の出展社数655各社ブース概要、出展予定タイトルの中間集計が発表された。

黒い砂漠

韓国:PC用MMORPG「PERIA CHRONICLES」開発がキャンセル

 バンダイナムコオンラインは本日,PC向けオンラインゲーム「機動戦士ガンダムオンライン」にて,ガンダムF91やビギナ・ギナなど「機動戦士ガンダムF91」の機体を追加する大型アップデート「BrandnewFORMULA」を実装した。これに合わせて,「アップデート記念セット」の販売がスタートしている。

 禹諾国際は本日,サウザンドゲームズが開発中のPC/Switch用ソフト「SYNAPTICDRIVE」をパブリッシングすると発表した。本作は,ゲームクリエイターの見城こうじ氏らが手がけるオンライン対戦シューティングバトルゲーム。「東京ゲームショウ2019」にプレイアブル出展される。

 ブライブは本日,ブラウザ向け新作MMORPG「MagicofARK」の正式サービスを開始した。本作は,闇の魔道士により世界を治めていた10人の女神が封印され,闇に閉ざされてしまった世界を救い出す魔法ファンタジーMMORPG。「連続ログインボーナス」などリリース記念キャンペーンが実施中だ。

 ウォーゲーミングジャパンは、PC向けハックアンドスラッシュ型アクションPRG「Pagan Online」の配信を、SteamストアおよびWargaming.netストアにて8月27日より開始した。価格は1,999円(税込)。

BBGameは、本日(8月28日)より、台湾、香港で人気のMMORPG『太陽の都』の事前登録を開始することを発表した。また、事前登録人数が一定に達するごとに、ゲーム内アイテムや合計でガチャ10連分のダイヤ、最高レアリティまで育成可能な頼れるペットをプレゼントする事前登録キャンペーンを実施するほか、Amazonギフトカードが手に入るキャンペーンを複数実施する。本作は、暖かいグラフィックとは裏腹な重めのストーリー、そしてペットと相棒機能を特徴とするMMORPG。可愛い絵柄やアバターとは裏腹に、どこか暗い雰囲気の漂う世界を様々なペット(魔物)や相棒と自由に探索しよう。◆ペット機能召喚したペット(魔物)を最大で3体同時に使役し、共闘することができる。ペットは、可愛いものから怪物系まで幅広いジャンルを取り揃えている。全てのペットは最大レアリティまで進化可能なので、好みのペットを育成しよう!◆相棒機能

 X-LEGENDENTERTAINMENTJAPANは,MMORPG「星界神話-ASTRALTALE-」において,夏の大型アップデート第3弾を実施した。新たな職業スキルの追加やアバター強化システムの実装を行ったほか,期間限定イベントやログインキャンペーンを開始している。

海外:PvPvEモンスターハントシューター『Hunt: Showdown』PC版が正式リリース―緊張感あふれる意欲作

海外:遊牧サバイバルMMO『Last Oasis』の早期アクセス開始日が変更―巨獣に襲われる新映像も公開

「機動戦士ガンダムオンライン」新規会員登録

クラウドゲームの現状:その実際の市場の広がりと可能性,そして危険性を踏まえて語られた講演をレポート

CyACが「ゲーマー国勢調査2019」を実施。eスポーツやゲーム動画配信に関するアンケート結果を発表

 CyACは本日,ゲーマーに対してアンケートを行った「ゲーマー国勢調査2019」の結果を発表した。今回は,eスポーツやゲーム動画配信に関する内容で,「eスポーツへの興味」や「よく視聴するゲーム動画配信サービス」に対する回答などがまとめられている。

韓国:韓国NCSOFT、『リネージュ2M』のティザーサイト公開 9月5日に情報解禁か

韓国NCSOFTは、スマートフォン向けMMORPG『リネージュ2M』のティザーサイトを公開した。サイトでは2019年9月5日 Cooming Soonという表記があり、新たな情報が公開となる見込みだ。 同タイトルは、NCSOFTが開発するLineage 2のストーリーとコンテンツを最新の技術を携帯上に組み合わせたという。またフル3Dグラフィックスで開発中のモバイルMMORPGで、モバイル最大規模のシームレスオープンワールドを実装するとしている。■関連サイト ティザーサイト

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは本日,MMORPG「ラグナロクオンライン」の最新アップデート「EPISODE:ILUSIÓN〜禁忌の楽園〜」を実装した。このアップデートでは,「EPISODE:TERRAGLORIA〜ルーンミッドガッツ王国の胎動〜」で「テラグローリア」を取り戻した,その後のストーリーを楽しめる。

eスポーツの数字の話 Round03:eスポーツの数字を見つけるためのWEBサイト

 eスポーツ業界でアナリスト・プロデューサーとして活動している但木一真氏が,eスポーツにまつわる“数字”のお話をする連載「eスポーツの数字の話」。Round03は,eスポーツの数字を見つけるための便利なWEBサイトを紹介します。

RAGNAROKONLINE

GameCaffは、スマホ向け本格放置MMORPG『ホウチHERO』について、11月30日23:59をもってServiceを終了すると発表した。Google Playにて配信開始したと発表した。サービス開始から2年2ヶ月で終了する。本作は昔ながらのMMORPGのPCゲームの楽しさを再現した“本格放置MMORPG”。戦闘はオートで行われ、放置することで自動で報酬を獲得、レベルアップしていく。2017年9月28日よりサービス提供を行なっていたが、長期にわたってユーザーが満足できるサービスの継続が困難であるという結論に至った、としている。■関連サイト公式Twitter

[gamescom]変化を続ける「World of Warships」は,どこに向かっているのか。Executive Producerにその針路を聞いた

 空母の大幅なリデザインに続き,2020年に潜水艦の実装がアナウンスされた「WorldofWarships」。それ以外にも多彩な要素の追加がアナウンスされているが,これらの変化の先で,WoWsはどこに向かおうとしているのか。現状でも予測できる様々な課題に対し,どのような対策を講じているのか。ExecutiveProducerであるArturPlociennik氏に聞いた。

[gamescom]9周年を迎える「World of Tanks」の現状とこれから。またユーザーコミュニティ支援制度について聞いた

 長い歴史を持つオンライン戦車アクション「WorldofTanks」だが,間欠的にプレイするカジュアルなプレイヤーは「今,どうなっているんだろう?」という疑問を持つかもしれない。そこで,本作の現状と今後,そしてユーザーコミュニティの支援制度について,Wargaming.netのMaxChuvalov氏に聞いた。

[gamescom]Wargaming.netが1C Companyと共同開発する新作オンラインTPS「Caliber」について,開発責任者に話を聞いた

 gamescom2019のWargaming.netブースに出展されていた「Caliber」は,実在する世界の特殊部隊隊員となって戦うオンラインTPSだ。4人のプレイヤーがチームを組んで戦う本作は,これまでのWargaming作品とどこが異なり,また同ジャンルの他作品とどう違うのかについて,開発責任者に話を聞いた。

「ドラゴンクエストX」、「冒険者のおでかけ超便利ツール」に物議 レーティング引き上げと「おでかけすごろく」の機能一部停止の理由にコミュニティが騒然

 スクウェア・エニックスのMMORPG「ドラゴンクエストX」のスマートフォン用サポートツール「冒険者のおでかけ超便利ツール(以下、超便利ツール)」を巡ってちょっとした騒ぎが起きている。

[gamescom]復活を遂げた「COMANCHE」は,オンライン専用のチーム対戦型アクションに

 THQNordicがgamescom2019で発表した「COMANCHE」のライブデモが披露された。軍事機密であった戦闘ヘリ,RAH-66「コマンチ」のブループリントが流出し,世界中で同機による小競り合いが発生している世界を舞台にした,チーム対戦型のオンラインアクションゲームとなっている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 次へ >>