MMOニュース > 海外ゲーム 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

海外:「世界が7日でリセットされる」サバイバルMMO『Population Zero』Steamで5月6日から早期アクセスへ。 勃興と消滅を繰り返し惑星の謎を解く

ロシアのデベロッパーEnplex Gamesは2月21日、『Population Zero』の早期アクセス配信をSteamにて現地時間5月6日から開始することを発表した。本作は168時間ごとにリセットが行われる惑星ケプラーを舞台に、惑星の謎を解き明かすオープンワールドSci-Fi MMORPGだ。

海外:『Temtem』発売1か月で売上50万本突破。“ポケモン風”MMORPGの破竹の勢い止まらず

インディースタジオCremaは2月22日、『Temtem』の売上が50万本を突破したと発表した。同作は1月22日にSteamにて早期アクセス販売が開始されたばかり。破竹の勢いは衰えず、大きなマイルストーンに到達している。

海外:7日間を生き残り続ける惑星サバイバルMMO『Population Zero』のSteam早期アクセス開始日決定!

韓国:スマホ向けMMORPG「BLESS Mobile」の事前登録受け付けが韓国でスタート。3月にはクローズドβテストの開催も予定

 JOYCITYは2020年2月20日,スマホ向け新作MMORPG「BLESSMobile」のメディアショーケースを韓国で開催し,同国における事前登録の受け付けを開始したことを発表した。本作は,PC向けMMORPG「BLESS」のIPを元に開発が進められるタイトル。また,3月にはクローズドβテストの開催も予定されている。

海外:これぞ中世の戦場だ!中世剣戟マルチ対戦『Chivalry 2』クローズドアルファを3月上旬より開始―現在参加登録受付中

韓国:スマホ向け「TERA HERO」,韓国での正式サービスが3月5日にスタート。PvPやレイドの模様を収録したプレイムービーも公開に

 KRAFTONは2020年2月17日,スマホ向け新作アプリ「TERAHERO」のメディアショーケースを開催し,韓国での正式サービスを3月5日に開始すると発表した。本作は,PC向けMMORPG「TERA」のIPを活用したタイトルで,3人のキャラクターによる「パーティプレイ」が特徴のRPG。プレイムービーも一挙掲載しよう。

海外:大人数で“たけし城”風の障害物レースに挑むハチャメチャMMOアクション「Fall Guys: Ultimate Knockout」の開発者ビデオダイアリーが公開

 DevolverDigitalとMediatonicは,大人数でプレイする障害物レーシング「FallGuys:UltimateKnockout」を2020年内にリリースすると発表し,ゲームの概要を解説する開発者ビデオダイアリーを公開した。最後の1人になるまで障害物レースのステージを突き進む「風雲!たけし城」風のハチャメチャアクションだ。

韓国:スマホ向けMMORPG「TERA HERO」に登場するキャラクターのビジュアルが公開に。詳細は2月17日のメディア向けイベントで発表

 KRAFTONは,スマホ向け新作MMORPG「TERAHERO」のメディアショーケースを2020年2月17日に韓国で開催することを発表した。イベントに先駆けて,作品のロゴやキャラクターのビジュアルが公開されたので掲載しよう。本作は,PC向けにサービス中の「TERA」のIPを活用し,開発が進められているタイトルだ。

海外:Steamに「Fallout 76」がやってくる! 無料アップデート「Wastelanders」の配信も予定

 Bethesdaは、プレイステーション 4/Xbox One/PC用オープンワールドRPG「Fallout 76」において、Steamでの販売を米国時間4月7日より開始すると発表した。

海外:英国BBC、スマホ対応のオンラインマルチゲーム『Nightfall』を配信開始 課金と広告を排除、絵文字で話す安心設計

イギリスの国営放送局BBCは、2月4日(現地時間)、ブラウザ・スマートフォン向けゲーム『Nightfall』の配信開始を発表した。開発はイギリス・ロンドンを拠点するGoodboy Digitalが担当している。同タイトルは夢の中を舞台にしており、他のユーザーと協力して悪夢を撃退していく。BBCが若者向けとしているだけあって無料でプレイできるのはもちろん、ガチャ、アイテム課金、広告といった要素を排除している。またコミュニケーションという点においても、あらかじめ用意した絵文字のみを用いる設計で、安全にプレイできる環境を整えたという。配信はプラットフォームはイギリス経由の公式サイトでプレイできることや、App Store、Google Play、Amazonなどでも配信予定とのこと。 ■関連サイト 公式サイト