MMOニュース > 海外ゲーム 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

韓国:ネクソン、アクションMORPG「マビノギ英雄伝」13番目のキャラクターとなる「GRIMDEN」を韓国サーバーに実装

 日本ではサービス終了が発表された「マビノギ英雄伝」だが,韓国サーバーにはこのたび,13番目のキャラクターとなる,「GRIMDEN」が実装された。スピーディな攻撃と回避,そして攪乱の技に秀でており,超高速で移動して敵の背後から連続技を叩き込む,孤独な暗殺者だ。

海外:人気ARPG『Torchlight』シリーズ最新作『Torchlight Frontiers』がPC/PS4/Xbox One向けに発表。マルチプレイ対応作品に

パブリッシャーのPerfect Worldは8月9日、『Torchlight Frontiers』を、PCおよびPlayStation 4/Xbox One向けに発表した。発売時期は未発表。『Torchlight Frontiers』は、人気アクションRPGシリーズの最新作で、マルチプレイに対応するという。 The post 人気ARPG『Torchlight』シリーズ最新作『Torchlight Frontiers』がPC/PS4/Xbox One向けに発表。マルチプレイ対応作品に appeared first on AUTOMATON.

[CJ2018]「ラグナロクオンライン」の新作スマホ向けMMORPGをTencentが新たに開発。PVを見る限りPC版の再現度はかなり高め

 中国Tencentが,「ラグナロクオンライン」のスマホ向けMMORPGを新たに開発していることが明らかになった。本稿ではそのPVを紹介するが,PC版のテイストをかなり忠実に再現しており,詳細が気になるところだ。

[CJ2018]MOBAライクなスマホ向け対戦ゲーム「Infinite Fight」は5分間で白熱バトルが楽しめる。現在は日本展開のパブリッシャを探し中

 中国・上海で開催されたゲームショウ「ChinaJoy2018」のBtoB(商談向け)ブースに,スマホ向けタイトル「InfiniteFight」が出展されていた。本作は,5分間の白熱したバトルが楽しめるMOBAライクな対戦ゲーム。日本語音声も用意されており,現在は日本展開のパブリッシャを探しているようだ。

[CJ2018]スマホ版「パーフェクトワールド-完美世界-」がプレイアブル出展。PC版経験者は必見,ゲーム序盤のプレイムービーを掲載

 中国・上海で開催されたゲームショウ「ChinaJoy2018」にて,スマホ版「パーフェクトワールド-完美世界-」が出展されていた。PC版の各システムが極力引き継がれたうえで,スマホ世代のライトゲーマーにも楽しめるように作られているようだ。今回はゲーム序盤の直撮りプレイムービーを紹介しよう。

[CJ2018]大作感のあるゲーム画面。スマホ向け新作MMORPG「終焉誓約」,最新の公式PVやSSが到着

 中国最大のゲームショウ「ChinaJoy2018」にプレイアブル出展されていたスマートフォン向け新作アプリ「終焉誓約」。同作の開発元であるNetDragonWebsoftから最新の公式プロモーションムービーやスクリーンショットをもらえたので掲載しよう。

Perfect World

[CJ2018]格ゲーと思ったらフル3Dのスマホ向け新作MMORPGだった「終焉誓約」プレイレポート。バトルシーンの直撮りムービーも掲載

 中国最大のゲームショウ「ChinaJoy2018」のNetDragonWebsoftのブースにて,スマホ向け新作アプリ「終焉誓約」がプレイアブル出展されている。本作は,アニメ風のグラフィックスを採用した,見下ろし型のフル3DMMORPG。シンボルエンカウントによって敵とのターン制バトルに突入するが,その見た目や演出は格闘ゲームを彷彿とさせるのが特徴だ。

[CJ2018]集団戦というか戦争の予感である。マルチプレイチーム対戦が楽しめる新作スマホゲーム「战争怒吼」インプレッション

 中国・上海で開催されている中国最大のゲームショウ「ChinaJoy2018」。同会場のNetEaseGamesブースにて,スマホ向け新作アプリ「战争怒吼」がプレイアブル出展されていた。自ユニットのレベルアップ時に兵士を雇えるという要素が特徴的な,「MOBAっぽいがMOBAとはちょっと違う」ゲーム展開が魅力的な作品だ。

[CJ2018]アニメ風のグラフィックスでとっつきやすそうなMOBA,「非人学园」インプレッション

 中国最大のゲームショウ「ChinaJoy2018」会場のN3ホールにあるNetEaseGamesのブースで,スマホ向けアプリ「非人学园」がプレイアブル出展されている。特殊能力を持つ生徒や教師達が学園内で戦いを繰り広げるという設定のMOBAで,アニメ風グラフィックスが多くの日本人に刺さりそうだ。

海外:「Rend」のアーリーアクセス版がリリース。ファンタジー世界を背景に,3つの勢力が争うオンライン専用の対戦アクション

 FrostkeepStudiosの新作オンラインアクション「Rend」のアーリーアクセス版をリリースし,トレイラーを公開された。3つの勢力に分かれたプレイヤー達が,神として昇天するために争うという設定で,PvPとPvEが混在したシステムが特徴的。1勢力が勝利を収めると,ゲームがリセットされるというシステムだ。

韓国:ネクソン、スマホ向けオンラインサッカーゲーム『FIFA ONLINE 4 M by EA SPORTS』をリリース! App Storeセールスランキングで首位獲得!

ネクソン<3659>は、7月26日、オンラインサッカーゲーム『EA SPORTS FIFA Online 4』のモバイル版『FIFA ONLINE 4 M by EA SPORTS』をリリースした。韓国App Storeの売上ランキングで首位を獲得し、Google Playでも8位まで順位を上げている。本作は、エレクトロニックアーツ(EA)が手掛ける、国際サッカー連盟(FIFA)公認のサッカーゲーム「FIFA」の流れをくんだ正統派オンラインサッカーゲームのモバイル版で、両タイトルはデータ連動しているという。PC版については5月よりサービス提供が行われており、モバイル版は様々なテストが行われていた。 出所:AppAnnie

韓国:飛行や空中戦を楽しめるスマホ向けMMORPG「ICARUS M」,7月26日に韓国で正式サービスを開始

 WeMadeICARUSが開発し,WeMadeServiceが配信するスマホ向けMMORPG「ICARUSM」の正式サービスが,2018年7月26日に韓国でスタートする。本作は,PC向けMMORPG「ICARUSONLINE」を元に,UnrealEngine4を採用して制作されたタイトル。飛行や空中戦など,ゲームの雰囲気がよく分かるスクリーンショットが届いているので,一挙掲載しよう。

海外:マインクラフト風のサンドボックス型MMOゲーム「Boundless」が2018年9月11日に正式ローンチ

 イギリスのWonderstruckが開発中のMMOゲーム「Boundless」の最新トレイラーが公開され,PCとPS4で2018年9月11日にローンチされることが発表された。ブロックで作られたような世界で資源を採掘し,建物を建築するというマインクラフト風のゲームで,ポータルドアを使って別のプレイヤーの世界へ行き来できるのが特徴だ。

海外:Netmarble、新作MMORPG『石器時代M』を繁体字圏でリリース 『ストーンエイジ』IPを活用 香港売上ランキングで首位、台湾も3位に

Netmarble Gamesは、新作オンラインRPG『石器時代M』繁体字版を台湾・香港・マカオのApp StoreとGoogle Playでリリースした。配信開始日は7月17日で、香港App StoreとGoogle Playの売上ランキングで1位、台湾でも3位に入るなど好調な出足を見せている。本作は、かつて人気を誇ったPC向け人気MMORPG『ストーンエイジ』のモバイルゲーム版にあたる。これまでも何度かモバイルゲームとして配信されており、今年2月に「4th NTP」で同タイトルを開発中であるとのアナウンスが出ていた。エンカウントのターン制バトルや世界観など基本的なことは維持しつつも、最新の技術を駆使したモバイル用MMORPGに仕上げているようだ。【関連記事】・ネットマーブル、発表会「4th NTP」開催 『リネージュ2 レボリューション』は年間売上1000億円突破! 18年の新作は『ハ

海外:『モンスターハンター』ライクな基本プレイ無料のハンティングアクション『Dauntless』、累計プレイヤー数200万突破。8月には新ベヒーモスや武器が登場

『モンスターハンター』シリーズから影響を受けた基本プレイ無料のハンティングアクションゲーム『Dauntless』の累計プレイヤー数が200万を突破した。5月にオープン・ベータテストが開始されてから人口を順調に伸ばしつつあるようだ。また『Dauntless』では8月に大型アップデートが配信される。 The post 『モンスターハンター』ライクな基本プレイ無料のハンティングアクション『Dauntless』、累計プレイヤー数200万突破。8月には新ベヒーモスや武器が登場 appeared first on AUTOMATON.

韓国:「DOT MMORPG RAGNAROK 2009Ver.」が韓国国内でサービスを開始。ゲームの雰囲気が伝わってくるスクリーンショットを一挙掲載

 GRAVITYの子会社・NEOCYONは,スマホ向け新作アプリ「DOTMMORPGRAGNAROK2009Ver.」のサービスを韓国国内で開始した。本作は,同社が韓国などでリリースした「ラグナロク:ヴァルキリーの反乱」の最新版にあたるタイトル。可愛らしい2DドットグラフィックスやBGMが,スマホの環境に合わせて再構成されたとのことだ。

海外:MMOファンタジーサバイバル『Rend』7月31日からSteamにて早期アクセス販売開始。最大60人+モンスターのPvP/PvEゲーム

MMOファンタジー・サバイバル『Rend』のSteam早期アクセス販売が7月31日に開始される。かつて『WoW』『LoL』等の開発に携わった業界ベテラン達が手がける作品だ。3つの勢力に分かれて拠点を防衛し、外界でのさまざまな活動を通して勢力ポイントを目的値まで貯めるという勝利条件が設定されているのが特徴だ。 The post MMOファンタジーサバイバル『Rend』7月31日からSteamにて早期アクセス販売開始。最大60人+モンスターのPvP/PvEゲーム appeared first on AUTOMATON.

海外:NexonのPCオンラインゲーム「Titanfall Online」が開発中止に

 NexonとElectronicArtsの提携により,アジア市場向けに2015年から開発が進められていたオンライン専用シューター「TitanfallOnline」の開発が中止になったことを韓国のメディアが伝えている。この3年でゲーム市場が大きく変化し,Nexon内部で行われていたプレイテストの結果も良好ではなかったことが理由のようだ。

海外:Aiming、繁体字版『CARAVAN STORIES』を台湾・香港・マカオで配信開始! 国内版では「★5装備福袋」などがもらえる記念キャンペーンを実施

Aiming<3911>は、7月10日、『CARAVAN STORIES』の繁体字版を台湾・香港・マカオにて配信開始したと発表した。本作は6種族と多様なビーストが共存するイアルを舞台に描かれるファンタジーRPG。各地で出会うヒーローやビーストとの共闘、RPGでは異色のタワーディフェンス型対人コンテンツ「デュエル」や20人vs20人のチーム対戦型コンテンツ「勢力戦」を圧倒的なグラフィックとスケールで描く、スマートフォンの限界に挑んだRPGとなっている。また、国内版では繁体字版配信を記念したログインボーナスキャンペーンを開催する。<以下、プレスリリースより> ■繁体字版配信を記念して、豪華ログインボーナスなど様々なイベントが開催中!2018年7月10日(火)より繁体字版「CARAVAN STORIES」の配信を開始しました。繁体字版の配信を記念して豪華報酬が手に入るログイ

韓国:ラグナロクオンラインの派生アプリ「DOT MMORPG RAGNAROK 2009Ver.」が韓国で発表。ドット絵をフィーチャーし,2009年に焦点を当てたスマホ向けMMO

 NEOCYONは本日,新作スマホ向けアプリ「DOTMMORPGRAGNAROK2009Ver.」を韓国で発表した。本作は「ラグナロクオンライン」から派生して作られたアプリで,ドット絵がフィーチャーされているほか“2009年”に焦点が当てられている。ラグナロクオンラインの経験者にとっては,当時の思い出などが想起させられそうだ。

海外:『みんゴル』の韓国語版『모골 -모두의 GOLF-』と繁体字圏版『MINGOL -全民高爾夫-』を配信開始…ローカライズ、運営などはドリコムが担当

フォワードワークスとドリコム<3793>は、本日(6月15日)、『みんゴル』の韓国語版『모골 -모두의 GOLF-』と、繁体字圏版『MINGOL -全民高爾夫-』を6月12日より韓国、台湾、香港、マカオにて配信開始したことを発表した。韓国語版および繁体字圏版のローカライズは、各国や地域におけるスマートフォン向けゲームのローカライズや運営実績をもつドリコムが行っている。ドリコムは、日本語版の開発・運営協力を行っており、本タイトルの魅力をユーザーニーズを捉えた上で伝えるため、各国や地域における配信、運営、マーケティングも一貫してドリコムが行う。▼韓国語版公式サイトhttps://www.mingol.kr/ ▼繁体字圏版公式サイトhttps://www.mingol.tw/

中国:コロプラ、『ドラゴンプロジェクト』の中国語簡体字版を中国本土で配信開始…運用は中国YOOZOO GAMESが担当

コロプラ<3668>は、『ドラゴンプロジェクト』の中国語簡体字版を中国本土(台湾・香港・マカオを除く)で6月7日より配信開始した。本作は、巨大なモンスターを仲間とともに力を合わせて倒し、クエストをクリアしていくアクションRPG。中国語簡体字版の運用については、YOOZOO GAMESが担当する。YOOZOO GAMESは、上海に本社を置くモバイルゲームのパブリッシャーで、上海、南京、台北、シンガポールなどの八都市にオフィスを持ち、ヨーロッパ、米国、中東、アジア、南米の150カ国以上で数多くのモバイルゲームを展開している。配信OSにつきましては、今回iOS版をリリースし、今後Android版を追って配信する予定としている。(C) 2016-2018 COLOPL, Inc.

[E3 2018]1000人規模のバトルロイヤルが楽しめる「Mavericks: Proving Grounds」で,βテスターの受付がスタート

 AutomatonGamesは,開発中のバトルロイヤルゲーム「Mavericks:ProvingGrounds」に参加できる人数を1000人に引き上げたことを発表し,合わせてβテスターの受付け開始した。クラウドベースのサーバー技術を利用した本作では,かつてない規模での“最後の一人”を目指す死闘が繰り広げられる。

[E3 2018]「クルー 2」のオープンβテストは6月21日から25日まで。最新トレイラーが公開に

現地時間2018年6月11日,UbisoftEntertainmentはE32018にあわせて開催した同社のプレスカンファレンスで,オープンワールドドライブゲーム「クルー2」の最新トレイラーを公開し,オープβテストを6月21日から25日まで実施すると発表した。

[E3 2018]Elder Scrolls Onlineの新DLC「Wolfhunter」と「Murkmire」が2018年にリリース

 北米時間2018年6月10日,BethesdaSoftworksは,独自イベント「BethesdaE32018Showcase」で,MMORPG「ElderScrollsOnline」の新作DLCとして,「WolfHunter」と「Murkmire」の2タイトルを2018年内にリリースすると発表した。

【Bethesda E3 2018 Showcase】WIN用オンラインFPS「Quake Champions」期間限定無料プレイを開放6月10日から17日の間に始めれば、その後も無料でプレイ可能

 Bethesdaは、アメリカ、ロサンゼルスで開催した「Bethesda E3 2018 Showcase」で、Windows用オンラインFPS「Quake Champions」を、6月10日から17日まで無料で開放する。この期間にダウンロードしてプレイを開始すると、無料期間が終了した後も、無料でプレイし続けることができる。

海外:『Fallout 76』オンラインRPGとして11月14日発売へ。前作比4倍のマップにて、仲間と一緒に居住地づくりや核兵器による爆撃を堪能

Bethesda Softworksは、『Fallout 76』の発売日が2018年11月14日となることを発表し、同作の詳細情報を公開した。『Fallout 76』はこれまでのシリーズとはうって変わり、オンラインRPGになるという。 The post 『Fallout 76』オンラインRPGとして11月14日発売へ。前作比4倍のマップにて、仲間と一緒に居住地づくりや核兵器による爆撃を堪能 appeared first on AUTOMATON.

[E3 2018]Xbox One版「黒い砂漠」,2018年秋にβテストが実施へ

 MicrosoftがE32018に先駆けて本日開催したXboxE32018Briefingにて,XboxOne向け「黒い砂漠」(BLACKDESERT)のβテストが,2018年秋に実施となることが発表された。E32017でXboxOneへの正式対応が発表されていた黒い砂漠。いよいよ本格的に動き出したようだ。

黒い砂漠

海外:『ザ クルー 2』海外公式サイトでオープンベータテスト告知―詳細はE3で発表予定

韓国:ネクソン、新作MMORPG『KAISER』の正式配信を開始 『リネージュ II』開発室長を務めたチェ・キビョン氏を擁した開発会社が3年をかけて遂に完成

ネクソン<3659>は、6月7日、新作モバイル向けMMORPG『KAISER』の正式配信を開始した。なお、本作は6月4日よりプレオープンしており、既にセールスランキングも好調な出足となっていることは前日に公開された記事の通り(関連記事)。<以下、プレスリリースより>【ゲーム内の自由経済システムを尊重した、充実のMMORPG】『KAISER』は、PC向けのMMORPGになれ親しんだ方にもご満足いただくことを目標に、自由経済システムをベースとした有料アイテムの個人間取引、リアルタイムのフィールド戦闘、ギルドコミュニティの形成といったコンテンツを充実させています。このメインコンテンツがプレイヤー同士の協力・競争を可能にし、本作のスローガンの1つでもある「富と名誉、権力の追求」を体感していただけます。なお韓国では、18歳以上向けと、個人間取引を制限した12歳以上向けの2つのバージョンを

韓国:ネクソン、新作MMORPG『카이저(KAISER)』をリリース オリジナル作品ながらセールスランキング9位と好調な出足

ネクソン<3659>は、新作モバイル向けMMORPG『카이저(KAISER)』をリリースした。『뮤오리진2(ミューオリジン2)』と同じ6月4日に配信開始となったタイトルだが、6月6日17時現在、App Store無料ランキングでは3位、セールスランキングでも9位(ゲームカテゴリー)につけるなど好調な出足となっている。 本作は、ネクソンの決算説明会資料で第2四半期中にリリースするとの予告が出ていたMMORPGとなる。同日リリースの『뮤오리진2(ミューオリジン2)』に比べると遅れを取っているものの、こちらはIPタイトルではなく、オリジナルタイトルとなっている。フル3DのオープンフィールドでPCのようなハイクオリティのグラフィックが用意されているという。ペットシステムや、王座を巡って他のプレイヤーと争うPvPコンテンツも楽しめる。  

海外:Disney、新作リアルタイム対戦シューター『Star Wars: Rivals』の事前登録をGoogle Play上で受付中! 配信国を限定してサービス提供中

Disneyは、新作リアルタイム対戦シューター『Star Wars: Rivals』の事前登録をGoogle Play上で受け付けている。海外ではすでにソフトローンチを行っており、カナダやオーストラリア、フィリピン、ブラジル、メキシコなど、配信国を限定した形でのサービス提供を行っているようだ。本作は、「Star Wars」を題材にしたリアルタイム対戦シューターで、スター・ウォーズ・ユニバースの様々な時代からお馴染みのヒーローたちが参戦する。プレイヤーは、ヒーローを集めて究極のチームを編成し、ヒーローを交代しながら他のプレイヤーに挑戦していく。「アリーナリーグ」を進め、ダース・ベイダーやボバ・フェット、ルーク・スカイウォーカーらおなじみのヒーローたちを揃えていく。ヒーローは、それぞれバトルスタイルに特徴があり、うまく組み合わせることが重要なポイントになるという。また、ハン・ソロとボバ・フェッ

韓国ウェブゼン、モバイル向け新作MMORPG『뮤오리진2(ミューオリジン2)』をリリース…セールスランキングで4位に登場!

ウェブゼンは、6月4日、モバイル向け新作MMORPG『뮤오리진2(ミューオリジン2)』をApp StoreとGoogle Playでリリースした。事前登録は165万人に達したそうだ。本作は、モバイル向けMMORG『ミューオリジン』の続編にあたる。前作の世界観をそのまま継承しながら、グラフィックや、ゲームシステム、コンテンツなども前作から大幅に改良されたという。 なお、ランキングを見ると、App Store無料ランキングでは首位を獲得し、セールスでも4位と早くもTOP5入りを果たした(ゲームカテゴリー)。 出所:AppAnnie Google PlayApp Store

海外:ポケモン風MMO『Temtem』KickStarterキャンペーン達成!以降はストレッチゴールへ移行

中国:Aiming、中国のX.D.社と『CARAVAN STORIES』の中国本土ならびに韓国における独占ライセンス契約を締結 正式サービス開始は18年冬以降の予定

Aiming<3911>は、本日(6月5日)、『CARAVAN STORIES』の中国本土ならびに韓国における独占ライセンス契約を中国・上海のX.D. Networ(以下「X.D.社」)と締結したことを発表した。X.D.社は、中国本土において数多くのブラウザ/モバイルゲームを企画・開発・運営している企業で、近年では『ラグナロクオンライン』のスマートフォン版『仙境传说 RO(Ragnarok M)』の中国本土のパブリッシングを担当しているほか、8500万人を超えるユーザーを抱えるAndroid向けアプリストア「TapTap(https://www.taptap.com/)」を所有・管理している。なお、『CARAVAN STORIES』の中国本土ならびに韓国での正式有料サービス開始時期は、2018年冬以降の予定としている。<X.D.社の概要>会社名:X.D. Network Inc

海外:The Farm 51の新作オンラインFPS「World War 3」のアーリーアクセス版が2018年内にSteamでリリース。バトルロイヤルモードを実装へ

 ポーランドのTheFarm51が,新作オンラインFPS「WorldWar3」のアーリーアクセス版を2018年内にSteamでリリースするとアナウンスした。現実のロケーションや各国の戦闘部隊をフィーチャーしたチーム対戦重視のゲームになりそうで,バトルロイヤルモードも用意されるようだ。

韓国:ネクソン、人気PCオンラインサッカーゲーム『EA SPORTS FIFA Online 4』を韓国で正式配信開始! 日本での配信は未定

ネクソン<3659>グループは、本日(5月24日)、韓国にて、世界的人気を誇る PC オンラインサッカーゲーム『EA SPORTS FIFA Online 4』(以下『FIFA Online 4』)の正式配信を開始した。『FIFA Online 4』は、韓国での事前登録者数が500万人を超えており、ワールドカップロシア大会の開催を控えた今、高い期待が寄せられている。【『FIFA Online 4』とは】エレクトロニックアーツ(以下 EA)が手掛ける、国際サッカー連盟(FIFA)公認のサッカーゲーム「FIFA」の流れをくんだ正統派 PC オンラインサッカーゲームの最新作。EA の韓国スタジオSpearhead により開発され、最新のグラフィックスを採用するとともに、個別選手の能力やボールさばき、さらに AI や守備システムが強化され、より戦術的なプレイが楽しめる。世界の名だたる名

海外:スマホ用「みんゴル」が韓国、台湾、香港、マカオにて、今春より配信決定!

 フォワードワークスは、ドリコムとの協業により、Android/iOS用ゴルフゲーム「みんゴル」の韓国語版を韓国で、繁体字圏版を台湾、香港、マカオで、2018年春よりそれぞれ配信する。基本料金は無料で、ビジネスモデルはアイテム課金制。

海外:スマホ向け「ファイナルファンタジーXI(仮)」のスクリーンショット5点が公開に。Nexon Koreaで開発スタッフを募集中

 NexonKoreaの公式サイトで,スマホ向け「ファイナルファンタジーXI(仮)」に関する開発スタッフの人材募集が行われている。同ページでは本作のSS5点も公開されており,高品質なグラフィックスで生まれ変わったヒューム/エルヴァーン/ミスラ/タルタル/ガルカなど,FFXIおなじみの要素が確認できる。

中国:Aiming、繁体字版『CARAVAN STORIES』の事前登録を開始! 台湾・香港・マカオで展開予定

Aiming<3911>は、本日(5月10日)、繁体字版『CARAVAN STORIES』の事前登録を開始した。台湾・香港・マカオが対象地域で、リリース時期は未定とのこと。本作は、6種族と多様なビーストが共存するイアルを舞台に描かれるファンタジーRPG。各地で出会うヒーローやビーストとの共闘、RPGでは異色のタワーディフェンス型対人コンテンツ「デュエル」、圧倒的なグラフィックとスケールで描く、スマートフォンの限界に挑んだRPGとなっている。日本国内では、2017年11月の配信開始以来、全国規模でテレビCMを展開するなどにより、順調にユーザー数を伸ばしてきているという。また、4月19日にはPC版の配信も開始した。 © Aiming Inc.

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>