MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

2018年3月7日にオンラインアクションRPG『エルソード』に実装される3rdラインキャラ用の四次職について、日本運営プロデューサーである山下氏に話を伺った。

 グラニは本日(2018年3月6日),スマホ向けRPG「黒騎士と白の魔王」のPC版を,DeNAが運営するプラットフォーム「AndApp」で配信すると発表し,事前登録の受付を開始した。PC版はサービス中のスマホ版とデータ連動がサポートされており,迫力のバトルや,作品の世界観を大画面で楽しめるとのこと。

 ユービーアイソフトは、プレイステーション 4/Xbox One用アクションゲーム「フォーオナー」にて3月6日23時より実施予定のメンテナンス後に各プラットフォーム用の専用サーバーを実装する。

噂:『バトルフィールド V』課金要素は「装飾品のみ」、ルートボックスは見送りの可能性

海外:『PUBG』PC版テストサーバー再開が告知―車両や四肢に貫通要素が導入予定

ELSWORD

 スクウェア・エニックスは,2018年3月8日にスマホ向けリアルタイム対戦ゲーム「TRINITYMASTER」のサービスを開始すると発表した。公式Twitterでは配信に先駆け,1万円分のギフトコードが抽選で30人に当たるスタートダッシュキャンペーンを実施している。

「MONSTER HUNTER: WORLD」の出荷本数が全世界で750万本を突破。カプコンの単一タイトルとして史上最高記録を更新

 カプコンは本日,発売中のハンティングアクション「MONSTERHUNTER:WORLD」を全世界で750万本出荷したと発表した。本作は,実に9年ぶりとなる据え置き機向けに発売された「モンスターハンター」シリーズの最新作。750万本という記録は,カプコンの単一タイトルとしては史上最高の出荷本数とのことだ。

海外:サイバーステップ、『ゲットアンプドモバイル』のアメリカ、カナダ向け正式サービスを2月の予定から延期 ゲーム全体のクオリティ向上を図るため

サイバーステップ<3810>は、2018年2月に開始するとしていた『ゲットアンプドモバイル』のアメリカ、カナダ向け正式サービスを延期した。延期の理由は、ゲーム全体のクオリティ向上を図るため、開発を続行することとなったため。なお、新たな正式サービス開始予定日は、2018年中となっている。■『ゲットアンプドモバイル』​ 公式サイト©2018 CyberStep, Inc. All Rights Reserved

マイネット、後場に入って一段安…ゲームサービスのサーバーへの不正アクセスを嫌気 運営タイトルの約3分の1に影響

マイネット<3928>が後場に入って一段安した。本日(3月5日)の前場引け後に、同社グループが運営する一部のゲームサービスのサーバーに対して不正アクセスが断続的に検知され、運営タイトルの約3分の1にあたる 13タイトルで長時間メンテナンスを行うなどの影響が出たことを明らかにしたことが嫌気されている。なお、前場引け後の発表時点では、サービスの復旧と抜本的な対策が完了次第、あらためて発表するとしており、完全に状況が解決するまでにはもう少し時間がかかりそうだ。【関連記事】マイネット、サーバーに不正アクセス 13タイトルで長時間のメンテナンス 

マイネット、サーバーに不正アクセス 13タイトルで長時間のメンテナンス

マイネット<3928>は、本日(3月5日)、同社グループが運営する一部のゲームサービスのサーバーに対して悪意ある攻撃(不正アクセス)が断続的に検知されており、運営タイトルの約3分の1にあたる 13タイトルで長時間メンテナンスを行うなどの影響が出ていることを明らかにした。3月1日18時頃から行われており、現在、復旧作業を行うとともに、警視庁への相談、顧問弁護士と協議し被害届けの提出を準備しているとのこと。また、不正アクセスに伴うユーザーの個人情報の流出は現在確認されていないという。また、取引先であるパブリッシャーや版元、プラットフォーム事業者をはじめとする法人とは情報の共有などの連携を図り、問題の解決に向け誠実に対応していく、とした。サービスの復旧と抜本的な対策が完了次第、改めて発表するとのこと。 

世にも珍しいeスポーツに特化したゲームショウ「IEM Expo」レポート「PUBG」、女性「CSGO」大会、「Quake III Arena」まで、様々なeスポーツが展開

 ポーランドカトヴィツェにおいて開催されているIEM Katowiceでは、「CSGO」と「Starcraft II」のWorld Championshipのみならず、隣接するInternational Conference Center Katowiceで開催されているIEM Expoも人気を集めている。入場無料のIEM Katowiceに対して、IEM Expoは60ズロチ(約1,850円)からの有料イベントだが、朝から超満員の人気振りだ。

プラネット、スマートフォンゲームに関する意識調査 スマホユーザーの4人に1人が毎日ゲームで楽しんでいる

プラネット<2391>は、日用品にまつわるトピックスをお届けする 『Fromプラネット』 の第80号として、 スマートフォンゲームに関する意識調査の結果を発表した。<プレスリリースより> 最も 「ほぼ毎日」 ゲーム している 人 が 多い年代は?スマートフォン(以下、 スマホとも表記)があれば、 いつでもどこでも手軽にできる、スマホゲーム。 今回は、スマートフォンゲームについてアンケートを行い、 ゲームをする頻度や場所、 よくするゲームの種類やスマートフォンゲームの魅力などをまとめました。 始めに、 ふだんスマートフォンでゲームをするかどうかを聞きました。 すると、 「ほぼ毎日」から「月に2~3回以下」までの数値を合わせた、 “スマートフォンでゲームをする人”の合計は48.8%。 スマホを持っている人の約半数はゲームをしていることがわ

スマホゲーム会社の雇用動向(35) コロプラ、17年12月末の従業員数は15人減の1237人に

コロプラ<3668>は、2017年10~12月の決算説明会資料で、2017年12月末のグループ従業員数が前四半期末(17年9月)比で16人減の1237人となったことを明らかにした。内訳を見ると、コロプラ本体が横ばいで、グループ会社の人数が15人減ったとのこと。コロプラは、サイバーエージェントなどと同じく、新卒社員が入る第3四半期(4~6月)に従業員数を大きく増やす傾向にある。 

スマホゲーム会社の雇用動向(32) KLab、17年12月末は514名に増加 前四半期から人員増強フェーズに

KLab<3656>は、2月13日に発表した決算説明会資料で、同社グループの役職員数が前四半期比で7人増の514人になったことを明らかにした。ほぼ横ばいだった。同社は、海外スタジオの閉鎖など整理縮小を行い、2017年12月期に入って従業員数を大きく減らしていたが、国内のみをみると、第1四半期末の435人から増加傾向にあることがわかる。同社の高松和幸氏は、決算説明会で「前四半期より人員増強フェーズに移行したが、今後も一定割合で増えていく見通し」とコメントした。 

スマホゲーム会社の雇用動向(34) ネクソン、17年12月末の従業員数は168人増の5768人に 北米セグメントが大きく伸長

ネクソン<3659>の2017年12月末のグループ従業員数は、前四半期末(17年9月)比で168人増の5768人と増えたことがわかった。北米セグメントが94人増の445名と大きく伸びたことが主な要因だった。ネクソンは、昨年11月、子会社のネクソンコリアが米国のゲーム開発会社Pixelberry Studios(ピクセルベリースタジオ)を買収しており、この効果が出たものとみられる。このほかの地域セグメントを見ていくと、主力の韓国が92人増の4426人、日本が5人増の537人、中国が33人減の239人となった。 

「ブラウザ三国志」アップデート先行体験イベント「天象の乱」の参加登録が受付中。新要素の斧兵科や天候で何が変わるのか,キーパーソンの予想は

 マーベラスは,「ブラウザ三国志」のアップデート先行体験イベント「天象の乱」の事前登録を,2018年2月28日に開始した。同イベントで体験できる「斧兵科」と「天候」という2つの新要素について,プロデューサーの五味一郎氏,ディレクターの杉村剛介氏に話を聞いてきた。

リンクが眠っていた100年間は,プレイ時間にするとどれくらい? オープンワールドゲームの時間について調べてみた

 オープンワールドの1日が経過するのに必要なプレイ時間は,タイトルによってどれくらい違うのか? そして,ゲーム内の“空白の時間”を現実の時間に換算すると,どれくらいになるのか? 気になったので調べてみた。

「ヤフオク!」におけるゲーム内アイテムやゲームアカウントの出品が禁止へ

2018年3月2日、Webzen JapanはPC用オンラインRPG『MU LEGEND』のクラス概要を公開した。

噂:テンセントが『PUBG』中国サーバーをSteam版と共有しないことを発表か―海外報道

UBI、『ディビジョン』累計プレイヤー数2,000万人突破!統計情報やイベントの詳細も公開

「ゲーム依存症」認定にメンタルヘルス専門家も非難「支持者の間ですら定義が混乱している」―ESA声明

【セガゲームス調査】2017年12月の15~69歳男女におけるスマホ所有率は75.6% スマホゲーム利用者の推計人口は3480万人

セガゲームスは、国内におけるスマートフォン、 スマホゲームの利用動向の把握を目的に15~69歳の男女4,400人を対象とした調査を2017年12月に実施した。この結果をまとめた「スマートフォン・スマホゲーム利用動向調査2017年12月」の概要について発表した。本調査は、セガゲームス内でスマートデバイス・スマホゲームに関する市場調査・分析を行っている「ゲームスタイル研究所」が実施したもの。なお、本調査の詳細は、ゲームスタイル研究所のホームページから、2月28日よりダウンロードすることが可能となっている。▼「ゲームスタイル研究所」https://gamestyle.sega-net.com/(以下、プレスリリースより)<調査項目>1.スマートフォンの所有率・所有者推計人口2.各種ゲームの利用人口推移※以降、スマホゲームユーザー/非スマホゲームユーザー別データ3.スマホ所有者のデモグラフィック4

海外:Xbox 360版『Dragon's Dogma』シリーズ2作品のネットワーク機能停止が海外向けに発表

【ブログ】ゲーム・アズ・ア・サービスの2018年に学ぶ、ゲーム・サービス先進国、中国(@akinaki の古今世界ゲーム見聞録)

2018年は日本のゲーム業界にとって「ゲーム・アズ・ア・サービス」(Games as a service)の1年になるであろう。その中でも重要な位置づけとなるのはeスポーツだ。そこで本ブログで数回にわたり、中国におけるeスポーツの現状をお伝えしていく。まず、筆者が、2006年4月28日にGzブレインの関連サイトでゲームに関するマーケティング分析をおこなう、専門サイト“F-ism”に掲載した記事を公開します。

 X-LEGENDENTERTAINMENTJAPANは本日,オンラインアクションRPG「SEVENTHDARK」に,レベル68の新装備などを追加するアップデートを実施。それに合わせて,「幻想神域」や「星界神話」といった他作品の人気キャラクターがゲスト出演する期間限定のコラボイベント「HAPPYLEGENDFRIENDS」がスタートした。

 HappyTukは,GMOゲームポット(※)から運営移管した,横スクロールのオンラインアクションRPG「トキメキファンタジーラテール」の正式サービスを本日(2018年3月1日)スタートした。

台湾XPEC、資金手当の必要からオルトプラス株式を全て売却 XPECの持つオルトプラスの転換社債の取り扱いが焦点に

オルトプラス<3672>は、この日(3月1日)、XPEC Entertainmentが保有していたオルトプラス株式59万4240株のうち、59万4200株の売却を行った旨の通知を受けたと発表した。潜在株式及び単元未満株式を除いて、XPECの保有株式はゼロになったという。両社は、資本業務提携を行っているが、XPECが資金手当の必要から合意に反してオルトプラス株式の売却を行っていた。オルトプラスは、金融機関に一括売却するよう提案し、XPECも了承したものの、勝手に売却を行っていたとのこと。なお、オルトプラスでは、XPECとの間で資本業務提携の解消とともに、転換社債の取り扱いについても協議を行っていく方針。

アソビズムは、本日(3月1日)、LINE<3938>との初の共同タイトルとなるリアルタイム争奪バトルゲーム『LINE トロッコウォーズ』の配信を決定したことを発表し、本日より事前登録を開始した。配信開始は2018年4月の予定。本作は、企画・開発・運営を『ドラゴンリーグ』の運営ディレクターを務めたアソビズムの小池達雄氏が率いるKOIKE STUDIOが担当しており、LINEがマーケティング協力および提供する共同タイトルとなっている。3つのチームがそれぞれのトロッコに乗り込んで競争し、ひとつの宝箱を奪い合いながらゴールを目指すリアルタイム争奪バトルゲーム。1台のトロッコには4体のハンターを乗せることができ、プレイヤー自身はそのうち2体のハンターを操作する。敵CPU「ヤミヤミ」とのレースや、2人のプレイヤーが1台のトロッコに乗り込んでの協力プレイ、他プレイヤーとの対戦プレイなどのバト

ネットマーブルジャパン、17年12月期の最終利益は32%増の1億1800万円 『リネージュ2 レボリューション』を提供

ネットマーブルジャパンは、本日(3月1日)付の「官報」に第17期(2017年12月期)決算公告を掲載し、最終利益が前の期比32.5%増の1億1800万円となり、増益を達成した。また3期連続の最終黒字となった。同社は、Netmarble Gamesの日本法人として、PCオンラインゲームやスマートフォン向けのモバイルゲームを提供している。『セブンナイツ』と『黒の騎士団 ~ナイツクロニクル~』も加えて、昨年8月にリリースした新作『リネージュ2 レボリューション』が大ヒットした。 

ソフトギア、大規模MMOやFPS開発を想定したライブラリ「STRIX ENGINE2.0」を発表Unreal EngineやUnityに対応、マッチメイキングAPIとルーム管理機能を完備

 オンラインゲームの受諾開発やライブラリ開発、販売を行なうソフトギアは、Unreal EngineやUnityに対応した高速ゲームサーバーライブラリ「STRIX ENGINE2.0」を発表した。価格は500万円(税別)。

海外:バトルロイヤルゲーム『H1Z1』が正式リリース! 新モード「Auto Royale」も登場

SEVENTH DARK

海外:モブキャスト、「モバサカ」のグローバル版が世界142の国で配信中

中国での配信が始まったスマホ版「PUBG」がダウンロード数ランキングで首位に。スマホでもコアゲームが求められることを証明

 中国でスマホ版の「PLAYERUNKNOWN’SBATTLEGROUNDS」が2月8日に配信され,大きな盛り上がりを見せている。AppAnnieが公開したレポートによると,中国だけで配信前に1億5000万以上もの数がDLされ,配信から2日間でランキングで首位となったとのこと。スマホでもコアゲームが遊ばれる時代になったという見方もできそうだ。

ネクソンが社会貢献活動推進のため“ネクソン財団”を設立

 ゲームオンは本日,オンラインRPG「黒い砂漠」にて,4週連続アップデートの最終となる第4弾を実施し,ダークナイト,格闘家,ミスティックの3クラスに「真・スキル」を実装した。また,指定されたアイテムを納品することでシルバーを獲得できるイベントが開催されている。

アソビモは、スマートフォン向け王道 MMO“J”RPG『アルケミアストーリー(Alchemia Story)』において、2月28日より、炎属性スキルの新一次職「炎術士」を実装したと発表した。<以下、プレスリリースより>■新一次職「炎術士」登場! 新しい一次職「炎術士」が登場しました。炎属性スキルをもった炎術士は、炎を操る術を使い、敵を制する職業で、大迫力の炎属性スキルで戦う魅力的な一次職です。 ▲一次職「炎術士(女性) 」 ■新マップ「炭鉱」追加! 新しいマップ「炭鉱」が追加となりました。壮大な石造りの構造で、中に進んで行くと囲炉 裏や採掘工場もあります。そして、今回の新マップの追加とともに、新しいクエストも登場。 新マップへは「広がる平野」の西側より移動できます。 ■「炎術士」実装記念!“火&rdquo

スクウェア・エニックスは、本日(2月28日)、新作スマートフォン向けゲーム『TRINITY MASTER』(以下『トリマス』)を2018年3月に配信することを決定した。さらにサービス開始後に「トリマス公認実況者」を決める実況キャンペーンを実施することも発表した。■2018年3月の配信が決定!今冬配信予定だった本作の3月配信が決定した。現在サービス開始日に向けて最終調整を進められており、あらためて開始日の詳細について発表するとしている。 ■「Mirrativ」と連動した実況キャンペーンも開催!スマートフォンの画面をわずか数タップでそのまま生配信・録画できる新しい生放送・実況配信アプリ「Mirrativ」と連携した実況キャンペーンを開催することも決定した。今回の取り組みでは「Mirrativ」を活用して『トリマス』を実況配信した中から抽選でガチャに使用できるダイヤをプレゼントするだけ

 ネクソンは,PC用MMORPG「TreeofSavior」に向けた,ソードマン系隠しクラス「ムエタイ」の追加を含むアップデートを,本日実施した。アップデートでは,“1つ前のクラスに戻る”という「ランクダウン」といった機能が追加されたほか,仕様変更やUIの改善,スキル調整なども行われている。

海外:Sci-Fiオンラインシューター新作『Defiance 2050』発表! F2Pで今夏リリース

黒い砂漠
  1. 5
  2. 6
  3. 7
  4. 8
  5. 9
  6. 10
  7. 11
  8. 12
  9. 13
  10. 次へ >>