MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

「World of Tanks」今年初の大規模イベント「紅白WoT合戦」開催!ユーザー大会の決勝も同時開催。ユーザー主体の大規模イベント

 1月12日、ウォーゲーミングジャパンはWebMoneyの協賛でPC用オンラインタンクバトル「World of Tanks(以下、WoT)」においてオフラインイベント「紅白Wot合戦」をLFS池袋 esports Arenaにて開催した。

「リネレボ」のオフラインイベント、「リネレボファンミーティング~体験せよ!頂点(3次クラス)を!~」を開催要塞戦のセオリーがガラリと変わる、3次クラスの先行体験で参加者が衝撃を受けた!

 ネットマーブルは東京・品川グランドホールにて1月13日に「リネージュ2 レボリューション(以下、リネレボ)」のオフラインイベント「リネレボファンミーティング~体験せよ!頂点(3次クラス)を!~」を開催した。

海外:『Skyrim』にオンラインマルチプレイを導入する非公式Mod「Skyrim Together」ベータテストが近日実施へ

d開発チームThe Together Teamは1月11日、『The Elder Scrolls V: Skyrim』でのオンラインマルチプレイを実現する非公式Mod「Skyrim Together」のクローズドベータテストを近日中に実施すると発表した。

「App Ape」を運営するフラー、2018年3月期は1.47億円の最終赤字…「官報」で判明

アプリ分析プラットフォーム「App Ape」を運営するフラーは、1月7日付の「官報」に第7期(2018年3月期)の決算公告を掲載し、1億4700万円の最終赤字だった。同社はつくばエクスプレス沿線にあるKOIL(柏の葉・オープン・イノベーション・ラボ)を拠点とし、スマートフォンアプリに特化したテクノロジーとサービスを提供するベンチャー企業で、アプリ分析プラットフォーム「「App Ape」を運営している。同社は、2018年2月、コロプラやオプト、朝日新聞社、日本交通、インフォテリア、個人投資家複数名から総額2.3億円の資金調達なども行った(関連記事)。 

WoT

大規模マルチプレイを実現する新鋭の開発ツールSpatialOSが、Unity規約違反によりライセンスはく奪。ライバルEpic Gamesが約27億円のツール乗換基金を用意

Unityのサービス利用規約に反するとして、開発ツールSpatialOSの提供元ImprobableのUnityライセンスが停止された。この一件を受けてEpic Gamesが25億ドルのツール乗換基金を発表している。

 IGGが2019年1月に配信を予定している,スマホ向け戦略MMORPG「モバイル・ロワイヤル」を一足先にプレイしてきた。IGGといえば「ロードモバイル」のイメージが先立つが,モバロワはローモバで好評な魅力はそのままに,より“ハイ”な調整がされたハードコアタイトルであった。

Epic GamesストアがSteamと同条件の返金機能を実装、「地域ごとの価格差」も設定

Unity、Improbableの批判に対して反論 「記事の内容は正しくない、規約上認められない不適切な方法で利用していた」

ユニティは、自社のBlogにおいて、Improbableとの関係を解消した理由を、「Unityのサービス利用規約に違反していることが判明してから継続的に行っていた交渉が失敗に終わったため」と発表した。これはImprobableの一種のミドルウェアとなるSpatialOSの利用がUnity上できなくなった際に、同社がユニティに対して批判的な声明を出したことを受けての内容となる。ユニティは「Improbable 社のブログ記事に対する Unity の見解(および、SpatialOS 向けゲームの開発を続行していただいて問題ない理由)」と題した記事で以下のような反論を行っている。 >先般、Improbable 社から Unity との関係に言及したブログ記事が公開されました。しかし、Improbable 社の記事の内容は正しくありません。Unity が Improbable 社と

 コーエーテクモゲームスは、プレイステーション 4/Xbox One/PC用激闘エンターテインメント「DEAD OR ALIVE 6」のPS4版において、「オンラインβテスト版」を用いたテストプレイを1月12日0時より1月14日まで実施する。「オンラインβテスト版」はPlayStation Storeよりダウンロードが可能で、テストへの参加にはPlayStation Plusの加入が必須となる。

SpatialOSの開発で知られるImprobable、Epic Gamesとの連携を強化 「デベロッパーのために協力体制を築く」と共同声明 ユニティを批判

Epic GamesとImprobableは、デベロッパーのために協力体制を築くという声明を発表し、ユニティを批判しつつ、SpatialOSとUnreal Engineとの連携を強化していく考えを示した。イギリス・ロンドンを拠点とするImprobableは、SpatialOSを開発している。SpatialOSは、ゲームなどで利用する3D空間を設計・構築・実行する、一種のミドルウェアで、無料のオープンベータ版も公開されている。UnrealエンジンやUnityとの組み合わせることで、より豊かな世界のシミュレーションが可能になる、としている。SpatialOSは、MMOなどのゲーム開発で利用することを想定しているが、仮想空間の構築という点で、交通、水道・ガス・電気・下水、インターネットの接続状況を含んだ都市開発のシミュレーション用途への期待もあるようだ。こうしたなか、ユニティは、先日、Unity

UnityによるImprobableのライセンス失効によりSpatalOSのゲームは脅威に晒されている

NeteaseとBlizzard、パートナーシップを継続 『StarCraf』、『Hearthstone』、『Diablo』、『Overwatch』のパブリッシングは2023年まで延長に

NetEaseは、1月10日、Blizzard Entertainmentとの中国本土でのパートナーシップ延長を発表した。これにより『World of Warcraft』、『StarCraf』、『Diablo』、『Hearthstone』、『Heroes of the Storm』、『Overwatch』といったシリーズのパブリッシングを2023年1月まで延長している。両社のコラボレーションは2008年に開始、NetEaseは『StarCraft 2』とプラットフォームである『the Blizzard Battle.net』を中国で普及するため協力していた。Blizzard Entertainmentの社長 J. Allen Brack氏は、「NetEaseは、Blizzardのゲームを多くのプレイヤーに提供するための尽力な支援となった。私たちは中国に強力なパートナーを持つことに感謝してい

アソビモ、スマホ向けMMORPG「アヴァベルオンライン」 地方オフラインイベント第2弾が1月26日に大阪市で開催

 スマホ向けMMORPG「黒い砂漠MOBILE」で本日(2019年1月11日),クローズドβテストの募集受付が開始した。募集人数は1万名で,応募期間は1月25日まで。βテストの開催期間は1月31日から2月2日までとなっている。

アクティビジョンが8年間続いた『Destiny』シリーズのパブリッシング契約を解消。権利は開発元Bungieに戻り、自主パブリッシング体制に移行

アクションアドベンチャー『Destiny』のアクティビジョンと開発元Bungieによるパブリッシング契約が終了し、シリーズはBungieの自主パブリッシング体制に移行する予定。

海外ゲーム業界団体ESA、「ゲーム依存症」認定のWHOと会談―認定撤回を求め

中国政府当局、ビデオゲーム84タイトルを認可 テンセントやネットイースのタイトルは含まれない ロイター報道

中国政府が新たに84タイトルの新作ビデオゲームを認可した。1月10日付のロイターが報じている。報道によると、中国政府はビデオゲームが暴力的で、視力低下や依存症にもつながるとの批判を受けて、昨年3月からゲームの認可を凍結していたが、昨年12月下旬に認可の凍結を解除、80タイトルのゲームを認可したという。第2弾の認可では、最大手である騰訊控股(テンセント・ホールディングス)と、網易(ネットイース)のゲームについては第1弾と第2弾のいずれのリストにも掲載されなかったとのこと。【関連】・中国政府がビデオゲーム認可第2弾、テンセントは含まれず(ロイター) 

『PUBG』にて、多数のチーターがBANされる。チーターの中には、“プロプレイヤー”も含まれていた

PUBG Corporationは、本作における不正プログラムへの対応について報告。数多くのチーターをBANしてきたが、調査の結果、プロプレイヤーまでもがチート行為に手を染めていたことが明らかになってきた。

Netmarble、スマホ向けMMORPG「リネージュ2 レボリューション」 リネレボファンミーティングが1月13日に開催

Liberappが「HTML5 スマホゲーム業界カオスマップ(2019β)」を公開

2018年に亡くなったスタン・リー風のNPCが『World of Warcraft』に出現!

 バンダイナムコエンターテインメントは2019年1月10日,同社が2月14日に発売を予定している対戦アクションゲーム「JUMPFORCE」のPS4版とXboxOne版において,1月18日から21日までの期間でオープンβテストを実施することを発表した。今回のOBTでは17名が使用可能で,オンラインロビーでの対戦を楽しめる。

ユービーアイソフトの『ディビジョン2』PC版はSteamではなくEpic Gamesストアでのリリースに。今後もさらに多くのユービーアイタイトルが追加予定

ユービーアイソフトの『ディビジョン2』PC版が、エピック・ゲームズの運営するEpic Gamesストアで配信されることが判明。PC版の動作環境なども公開されている。

【新春特別企画】2019年注目のMMORPGをまとめて大紹介!「FFXIV: 漆黒のウィランズ」から「黒い砂漠 Mobile」まで。再び隆盛期を迎えた期待の次世代MMOたち

 MMORPG業界にとっては、ここ数年は停滞期と呼べる時期だった。「World of Warcraft」の後を継いで次世代のデファクトスタンダードになるような有力タイトルはなかなか現われず、彗星の如く候補作が現われては墜落していく。ゲームショウで大々的に発表される期待の大作は、その後なかなか進捗に関するニュースが入ってこず、たまに聞こえてくるのはMMORPGの不振を伝えるようなニュースばかり。

 ヴァロフジャパンは本日,同社が運営する本格ターン制MMORPG「アトランティカ」において,11周年を記念した大型アップデートを実施することを発表した。このアップデートでは,レベルキャップの開放や新システムの追加など,多彩なコンテンツが提供されるという。

日本初となる音ゲーのeSports実業団が設立、“超絶的福利厚生”完備で選手&ストリーマーを募集中

X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPANは、本日(1月9日)より、スマートフォン向けアプリ『暁のエピカ -Union Brave-』において、声優の「加隈亜衣」さん演じる新キャラクター「【紅蓮の槍】フレイ」が期間限定で英雄ガチャに登場したことや、妖狐と巫女をモチーフにした新アバターをショップに追加したことを発表した。■新SSランク英雄「【紅蓮の槍】フレイ」登場!本日より、限定SSランク英雄「【紅蓮の槍】フレイ」(CV:加隈亜衣)が期間限定で英雄ガチャに新登場した。期間中「【紅蓮の槍】フレイ」の魂が20個排出されるキャンペーンや、排出率が通常より大幅にアップするキャンペーンを同時開催中だ。新たなパートナーとともに、冒険を楽しもう!・【紅蓮の槍】フレイ(CV:加隈亜衣)「私の炎の槍が悪を貫く!」炎の力を宿した槍使いで、ラタート大陸の騎士の1人。悪を打ち払うという使命感が強く、騎

2018年1月9日、ゲームオンはPC用MMORPG『ArcheAge(アーキエイジ)』において、大型アップデート“ArcheAge5.0”の一部となる“レイドボス勢力制限”を実装した。

Blizzard Entertainment、『ハースストーン』世界選手権を4月25日から28日の間、台北で開催!

Blizzard Entertainmentは、『ハースストーン』のHCT世界選手権を4月25日から28日の間、台北(現地時間)で開催する。同社では、昨年の1年間に渡って、世界中の『ハースストーン』の一流プロ選手たちがこの大会の16の出場枠と賞金総額100万ドルに狙いを定め、ツアーストップやプレイオフイベント、そしてシーズン選手権で競技し、ポイントの獲得や大会上位への入賞を果たしてきた。そのファイナルマッチである世界選手権が今回の大会となる。世界選手権の最終的な出場選手のリストと大会の詳細は、後日公開する予定。このニュースは、昨年 2018 年 12 月 28 日から 30 日に台北で開催された 2018 年ハースストーン・オールスター・インビテーショナルで発表された。大会では、2018 年 HCT 秋季選手権で決勝に進出した Wu "BloodTrail" ZongC

ArcheAge

 NHNハンゲームは本日,同社が運営するPC用ベルトアクションRPG「ELSWORD」において,13番目のプレイアブルキャラクターとなる「ラビィ(CV:加藤英美里)」の1stラインを実装した。また,ラビィ専用アイテムなどが入手できるイベントと育成応援キャンペーンが始まっている。

 ネクソンは2019年1月9日,同社がサービス中のオンラインアクションRPG「アラド戦記」で,ミッション形式のダンジョンを通じてキャラクターを最高レベルまで上げられる期間限定の新サーバー「ジャンピングサーバー」を実装した。90レベルを達成したプレイヤーには特典がプレゼントされるほか,育てたキャラクターを一般サーバーに移動できる。

NHN ハンゲームは、「HANGAME」で提供するカジュアルゲームを複数タイトルを2月27日11時をもって終了する。終了するタイトルは以下のとおり。・リバーシ・みんなでパンパヤ・対戦万里・五目ならべ・すごろく・ビンゴ・大富豪・7ならべ・万里の長城・麻雀ソリティア・パンパヤ(c) NHN PlayArt Corp. 

ネクソン<3659>は、本日(1月9日)より、モバイル向けフィールドバトルアクション『FAITH - フェイス』において、新コンテンツの実装などを含む3週連続のアップデートを実施する。本日実施の3週連続アップデート1週目では、階層型ダンジョンを攻略する「永遠の聖所」に、ギルドメンバーと協力して挑む新コンテンツ「ギルド占領戦」を追加した。また、「ギルド占領戦」の実装を記念して、豪華報酬がもらえるログインボーナスや任務イベントも開催する。■永遠の聖所 ギルド占領戦の概要多数の階層で構成された5つの階層型ダンジョン(一般+4属性)「永遠の聖所」に、新たに「ギルド占領戦」を追加した。ギルド占領戦は、ギルドメンバーと協力して各聖所の特定階の“占領“を目指す、戦闘コンテンツ。ギルドメンバーと協力して占領階のボスモンスターに挑み、ボスに与えた合計ダメージのポイントが最

海外:対戦シューター『Dirty Bomb』が完全無料化!次回アップデートにて課金要素が廃止に

ValveアンチチートシステムによるBANが2018年12月、過去比6倍に急上昇…『CS:GO』無料化が影響

スクウェア・エニックスは、本日(1月9日)、新作タイトル『FINAL FANTASY DIGITAL CARD GAME』を発表した。本作は、2019年配信予定の「ファイナルファンタジー」シリーズ完全新作となるオンライン対戦カードゲーム。プラットフォームは「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」が予定されている。また、本日より、本作の公式サイトと公式Twitterアカウント、公式LINEアカウントをオープンしたほか、クローズドβテストの参加者の募集を開始した。<世界観設定>「偉大なる物語」の記憶により維持される世界。そこで君は英雄たちを具現化したカードに出会う。毎年開かれる遊戯の祭典を目前にし、盤上で紡がれる全く新たな戦いが、今、幕を開ける。<概要>「ファイナルファンタジー」シリーズの完全新作オンライン対戦カードゲームが登場する。相手の動きを予測して、限られた時間の中で最善の一手を目

アラド戦記

 スクウェア・エニックスは1月8日、プレイステーション 4/Windows/Mac用MMORPG「ファイナル ファンタジーXIV(以下、FFXIV)」のPatch 4.5「英雄への鎮魂歌」を実装した。

海外:Gravity、『Ragnarok M : Eternal Love』を北米・南米・オセアニアで明日より正式リリース 日本リリースは年内の予定

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>子会社の韓国Gravityは、モバイルMMORPG『Ragnarok M : Eternal Love』を明日(1月9日)より北米・南米・オセアニアで正式リリースする模様だ。米国子会社GRAVITY INTERACTIVEを通じて配信する予定。リリースに先立ち、1月3日~6日にクローズドベータテストも行われていた。『Ragnarok M : Eternal Love』は、大人気オンラインRPG『ラグナロクオンライン』のモバイルゲーム版にあたる。先行して韓国や繁体字版、東南アジアで配信されており、高い人気を誇っている。とりわけタイ、インドネシア、フィリピンでは売上ランキングで首位を快走するなど圧倒的な人気となっている。北米・南米・オセアニアでもヒットが期待されるが、12月より実施した事前登録においても85万人を超えるユーザーが登

Rockstarの壊滅的な職業倫理

海外:「エイリアン」MMOシューターがCS/PC向けに開発中―シネマティックユニバースを基に

 EnMasseEntertainmentとBlueholeは本日,PS4版「TERA」に新クラス「ムーングレイバー」を実装した。ムーングレイバーは,槍のような武器「グレイブ」で広範囲に攻撃ができる,女性のアタッカークラス。1月29日までにログインすると,無料でキャラクタースロット1つが用意されるので,新クラスを体験するチャンスだ。

Twitchストリーマー、月間505時間配信という新記録樹立。『Path of Exile』をメインに、1日平均17時間近く配信し続ける

『Path of Exile』のTwitch配信者として知られるZizaran氏が、月間505時間26分というTwitch配信時間の新記録を樹立。Giantwaffle氏による前記録を100時間以上も更新した。時間の大半は『Path of Exile』のプレイによるものだ。

 ケイブは本日(2019年1月8日),スマホ向け新作アプリ「デビルブック」のサービスを開始した。本作は,絵本風タッチによるこだわりのグラフィックスが特徴に挙げられる“ファイティングマンガMMORPG”。ゲームのサービス開始に伴い,ゲーム内アイテムをもらえる各種キャンペーンが実施中だ。

eスポーツのオンラインコミュニティ「Esportsの会」がDiscordに発足

海外:基本プレイ無料の『Orcs Must Die! Unchained』が不振のため4月にサービス終了。開発元は、新作2作品の発表を予告

インディースタジオRobot EntertainmentのCEOであるPatrick Hudson氏は1月8日、『Orcs Must Die! Unchained』と『Hero Academy』、そして『Hero Academy 2』のサービスを終了すると発表した。不振および旧作の整理が理由だという。

TERA
  1. 5
  2. 6
  3. 7
  4. 8
  5. 9
  6. 10
  7. 11
  8. 12
  9. 13
  10. 次へ >>