MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

海外:ポケモン風MMO『Temtem』KickStarterキャンペーン達成!以降はストレッチゴールへ移行

 GAMEVILCOM2USJapanは本日(2018年6月5日),スマホ向けMMORPG「ロードオブロイヤルブラッド」の配信を開始したと発表した。本作では,広大なフィールドでくり広げられる戦闘やミッションをはじめ,「PvP」「RvR」といったさまざまなコンテンツが楽しめる。

中国:Aiming、中国のX.D.社と『CARAVAN STORIES』の中国本土ならびに韓国における独占ライセンス契約を締結 正式サービス開始は18年冬以降の予定

Aiming<3911>は、本日(6月5日)、『CARAVAN STORIES』の中国本土ならびに韓国における独占ライセンス契約を中国・上海のX.D. Networ(以下「X.D.社」)と締結したことを発表した。X.D.社は、中国本土において数多くのブラウザ/モバイルゲームを企画・開発・運営している企業で、近年では『ラグナロクオンライン』のスマートフォン版『仙境传说 RO(Ragnarok M)』の中国本土のパブリッシングを担当しているほか、8500万人を超えるユーザーを抱えるAndroid向けアプリストア「TapTap(https://www.taptap.com/)」を所有・管理している。なお、『CARAVAN STORIES』の中国本土ならびに韓国での正式有料サービス開始時期は、2018年冬以降の予定としている。<X.D.社の概要>会社名:X.D. Network Inc

 LINEが開発中のスマホ向けRPG「ガーディアンズ」の先行ダウンロードが,本日(2018年6月4日)スタートした。なお,ゲームのプレイは6月5日10:00の正式サービス後に可能となる。本作は,仲間とともにフィールドに巣食うモンスターを討伐していくMMORPGだ。

ライトな4v4対戦アクション『Fantasy Versus』「ファンタジーアースゼロなどから深く影響を受けた」【注目インディーミニ問答】

「World of Tanks Blitz」、勝率67%の凄腕女性プレーヤーQueenさんインタビュー戦車は可愛い! 戦車はピンク! 女性ならではの感性で配信を続けるワケとは?

 オンラインタンクバトル「World of Tanks」のモバイル版である「World of Tanks Blitz(WoT Blitz)」において、「Pink Your Tank」イベントが実施されているのをご存じだろうか。これはテーマ曲が世界的に有名な同名アニメーションを称えるために毎年5月18日に実施されている「ピンク・パンサー・デイ(Pink Panther Day)」に合わせて、ピンク色の塗装をゲーム内に導入し、“ピンクのパンター”というダジャレを実現しただけでなく、特定のオリジナル車輌を除くほぼ全車両にピンクの塗装を導入し、「World of Tanks Blitz」をピンク色に染め上げようというイベントだ。

スクウェア・エニックスのモバイル向け『GO』シリーズの終了が示唆される。モバイルの有料ゲーム市場の停滞が理由

スクウェア・エニックス モントリオールのモバイル部門の責任者であるPatrick Naud氏は、PCGamesInsider.bizのインタビューを通じて、『GO』シリーズの終了を示唆した。基本プレイ無料タイトルの高品質化にともなう、有料ゲーム市場の停滞が理由であるとしている。 The post スクウェア・エニックスのモバイル向け『GO』シリーズの終了が示唆される。モバイルの有料ゲーム市場の停滞が理由 appeared first on AUTOMATON.

マイネットゲームス、タイトル名非公開のスマートフォンゲーム(ネイティブアプリ)の運営を開始

マイネット<3928>グループのマイネットゲームスは、6月1日より、タイトル名非公開のスマートフォンゲーム(ネイティブアプリ)の運営を開始したことを明らかにした。収益を分け合うプロフィットシェアモデルになるとのこと。タイトル名についは、パブリッシャーとの契約により非公開となるという。なお、これにより、同社の運営するタイトルは全部で38タイトルとなった。

Yostar、『アズールレーン』の広告素材に他社の登録商標を誤って使用していたと発表 問題素材の精査と差し替えを実施

 Yostarは、6月4日、『アズールレーン』で公式番組『アズレンTV』と一部WEB広告に他社の登録商標を誤って文言に記載する事象が発生していたと発表した。同社では、これを受けて、『アズールレーン』のファンと、『艦隊これくしょん』と『戦艦少女R』の関係者とファンにお詫びをするとともに、今まで使用した全ての広告素材の精査を再度行い、問題素材の差し止めと差し替えを行ったとの報告を行った。 ■『アズールレーン』 公式サイト公式TwitterApp StoreGoogle play© 2017 Manjuu Co.ltd & Yongshi Co.ltd All Rights Reserved.© 2017 Yostar Inc. All Rights Reserved.

海外:非対称型対戦シューター『Evolve Stage 2』サービス終了が発表、旧『Evolve』一部モードは今後もプレイ可能

『Destiny』開発元のBungieが『荒野行動』を展開する中国の大手パブリッシャーNetEaseと提携。約110億円の出資を受けて新規IPの開発へ

Bungieは6月2日、中国の大手ゲームパブリッシャーNetEase(網易)とパートナーシップを結んだことを発表した。BungieのCEO Pete Parsons氏によると、同社はビジネスモデルから市場への売り込み方まで自分たちでコントロールできる自社パブリッシングに向けた取り組みを進めているという。 The post 『Destiny』開発元のBungieが『荒野行動』を展開する中国の大手パブリッシャーNetEaseと提携。約110億円の出資を受けて新規IPの開発へ appeared first on AUTOMATON.

NHN PlayArtとコーエーテクモゲームスは、6月1日、2018年リリース予定の『アトリエ オンライン ~ブレセイルの錬金術士~』で、登録者数が20万人を突破を発表した。これによって事前登録20万人突破特典である錬金術士「ロロナ」を、正式サービス開始時に全員プレゼントすることが決まった。さらに事前登録特典の追加を発表した。 ■事前登録人数20万人突破! 「ロロナ」全員プレゼント決定!現在実施中の事前登録キャンペーンにて登録人数が20万人を突破したので、下記の特典を正式サービス開始時に、ゲーム参加者全員にプレゼントする。 ■事前登録の追加特典を発表!新たに、事前登録者数が30万人突破時の特典追加を発表する。追加特典は、ゲーム内で役に立つ便利アイテムなどを予定している。 ・30万人突破時の追加特典採取時に使用することで高品質な素材が獲得できる妖精アイテムセッ

スクエニ、『ファイナルファンタジーXIV』で警視庁新宿警察署が実施する「“ながらスマホ”防止キャンペーン」に協力 啓発イラスト・動画を公開

スクウェア・エニックスは、6月1日、『ファイナルファンタジーXIV』において、警視庁新宿警察署が実施する「“ながらスマホ”防止キャンペーン」に協力し、その一環として啓発イラストおよび動画を制作したことを発表した。同社は、キャンペーンへの協力の一環として、「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクターを使用した啓発イラストおよび動画(30秒版・90秒版)を制作したという。啓発イラストは“ながらスマホ”の危険性を伝えるチラシとして、本日(6月1日)新宿駅において実施された警視庁新宿警察署および新宿防犯協会が主催するイベントにて配布され、啓発動画(30秒版)は、新宿駅近郊の街頭ビジョンにて本日以降順次、放映される。▼「“ながらスマホ”防止キャンペーン」啓発イラスト▼啓発イラストはチラシやクリアファイル等として各種イベント等

スマホ向けアプリの高額課金者による座談会が開催。6月8日のセミナーで結果が発表に

テレビゲーム総合カテゴリの第1位は「MONSTER HUNTER: WORLD」。「Amazonランキング大賞2018上半期」が発表

 Amazon.co.jpは,「Amazonランキング大賞2018上半期」を本日発表した。テレビゲーム総合カテゴリで第1位となったのはPS4「MONSTERHUNTER:WORLD」。2017年11月13日から2018年4月30日までの期間にどういったタイトルやゲーム機が人気だったのか,興味のある人はチェックしてみよう。

16周年を迎えた『FFXI』の開発者インタビュー「ストーリーまわりの追加や新しいトライを続けていく」

プレイステーション2でサービスを開始したスクウェア・エニックスのMMORPG『ファイナルファンタジーXI』が、2018年5月16日でサービス16周年を迎えた。区切りとなる周年のタイミングで、プロデューサーである松井聡彦氏とディレクターの藤戸洋司氏にインタビューを実施したので、その模様をお届けしよう。

モノビット「Monobit Unity Networking 2.0」がUnityのWebGL出力に対応…ブラウザゲームのマルチプレイ搭載がスムーズに

モノビットは、本日6月1日、 リアルタイム通信エンジン「Monobit Unity Networking 2.0」のバージョンアップを行い、UnityのWebGL出力への対応するなどのアップデートを行った。これにより、ブラウザゲームでのマルチプレイに対応できるという。 「Monobit Unity Networking2.0」は、 Unity専用の無料アセットで、クライアントプログラムだけでマルチプレイゲームを簡単に実装できる。さらに新製品「Monobit Revolution Sever」の新コアを採用し、 TCPに加え、 UDP/RDUPも正式サポートするなど大幅な通信性能アップを図ったという。 「Monobit Unity Networking Ver2.0」のアップデート概要は以下のとおり。​【MUN 2.0機能拡張および機能改善】現行の最新リリース版(MUN

インターネットリサーチによる「eスポーツ」に関する調査結果が公開に。有効回答数1万2633のうち,55.1%がeスポーツを認知していると回答

 クロス・マーケティングは本日(2018年5月31日),インターネットリサーチによる「eスポーツ」に関する調査結果を公開した。今回の調査は,15〜49歳の男女を対象に5月11日から5月13日の間に実施されたもの。有効回答数1万2633のうち,若い世代を中心に55.1%がeスポーツを認知していると回答している。

DMM GAMES、他社ゲームの宣伝で「艦娘」呼称が使用されたことに対して発表

 DMM GAMESは、他社ゲームの宣伝、告知において「艦娘」という呼称が使用された件についての発表を5月31日に行なった。

 ライアットゲームズは、PC用MOBA「League of Legends」のチームトーナメントモード「CLASH」を一時停止する。

FinalFantasy14

GMO、ゲームアプリ内で「ビットコイン」を報酬として配布できる「CryptoChips」を8月より提供開始…第1弾タイトルは『ウィムジカル ウォー』に

GMOインターネット<9449>は、本日(5月31日)、ゲームアプリ内で仮想通貨「ビットコイン」を報酬として配布できる「CryptoChips byGMO」を開発し、 グループ会社を通じて8月より提供することを明らかにした。「CryptoChips」が実装されたゲームアプリのプレイヤーは、 ゲーム内のランキングや、ミッション達成時、アイテム獲得時などの報酬として、“秘密のおこづかい”のように仮想通貨を受け取ることが可能になるという。第一弾タイトルとして、リアルタイム型ジントリバトルゲーム『ウィムジカル ウォー』に8月に実装し、 ゲーム内のプレイヤーランキングに応じてビットコインの配布をプレイヤーが予め用意したウォレットに配布する予定。 また、 GMOインターネットグループが提供するその他のゲームアプリにも「CryptoChips」の実装を予定し

GameJeansは、本日(5月30日)、『オーディンクラウン』のサービスを2018年7月31日12時をもって終了することを発表した。本作は、『神撃のバハムート』のリリースに携わった経験を持つ飯野晃広氏が設立したGameJeansの第一弾タイトル。本格3DアクションRPGにMOBAの要素が加わったゲームとして、2018年2月8日よりサービスを開始したが、サービス開始から約5ヵ月でのサービス終了となる。© GameJeans, Inc.

Paradox Interactive:「ボードゲーム制作については多方面からアプローチがありました」

ブラウザゲームプラットフォーム「にじよめ」がDLsiteに統合 →「DLsite.com にじよめ」に

「今後ともよろしく」感ある。

【インタビュー】新作発表の裏にある仕掛けとこだわりとは…スマホゲームにおけるマーケティングの変化とKLabGamesの挑戦

KLab<3656>は、去る5月10日、平成30年12月期の第1四半期累計(1~3月)の決算を発表し、売上高79億2700万円(前年同期比51.0%増)、営業利益13億4500万円(前年同期比43.8%増)、経常利益12億2900万円(前年同期比16.4%増)、最終利益8億500万円(前年同期比16.9%増)と2ケタ超の大幅増収増益となった(関連記事)。 昨年6月にリリースした『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』と同じく8月にリリースした『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』の売り上げが寄与したほか、『BLEACH Brave Souls』の売上も増加し、海外売上高も前四半期から64.0%増という驚異的な伸びを記録している。 また同社では、第1四半期期間にて「AnimeJapan 2018」にて出展も行い、新規タイトルの発表を行った。

 ゲームオンは,PC用MMORPG「ロードス島戦記オンライン」に2次クラスを実装するアップデートを,本日実施した。アップデートではパラディンやナイト,プリースト,モンク,ソーサラー,ウォーロックという6クラスの2次クラスが追加。新たなスキル・パッシブの取得や既存スキルの強化が可能となっている。

 ネクソンは本日(2018年5月30日),同社がサービス中の2Dアクションオンラインゲーム「メイプルストーリー」に,キーボードとマウスを同時に使用して戦う新コンテンツ「キャプテンヴァガ」を実装した。さらに,アニメ「カードキャプターさくら」とのコラボも本日よりスタートしている。

 バンダイナムコオンラインは本日,PC用オンラインゲーム「機動戦士ガンダムオンライン」にて,大型アップデート「La+」を実装した。アップデートでは,大規模バランス調整「統合整備計画」や階級システムのリニューアルなど,さまざまなシステム面の改善が実施される。

 Webzen Japanは、5月16日よりサービスを開始したWindows向けMMORPG「MU LEGEND」において、アップデート「3vs3共闘戦」を実装した。今回はこのアップデートの他、今後のアップデートで実装予定のコンテンツのロードマップも公開となった。

 ゲームオンは,PC用オンラインRPG「黒い砂漠」に向けた本日のアップデートで,ランの「真・スキル」を実装した。また本日は,バレンシア地方に新狩猟モンスターが実装され,合わせて新イベント「バレンシア狩猟イベント」が開始。そのほかのイベント情報もチェックしておこう。

GAMEVIL COM2US Japanは、5月30日より、iOS/Android向け戦略MMORPG『ガーディウス・エンパイア(GARDIUS EMPIRE)』の配信を開始した。戦略MMORPG『ガーディウス・エンパイア(GARDIUS EMPIRE)』は、広大なマップ上で部隊を駒のように動かしながら世界中のプレイヤーたちとぶつかり合う「ストラテジーゲーム(SLG)」と、キャラクターを育成して冒険と物語を楽しめる「ロールプレイングゲーム(RPG)」が融合したハイブリットゲーム。■火蓋は切って落とされた「天界」の世界を遊びつくせ! RPGとストラテジーゲームが融合した本作は、 RPGメインの「冒険」とストラテジーゲームが楽しめる「天上対戦」モードを搭載し両方楽しむことができる。総勢300体を超える英雄はすべて最高レアリティまで育成可能。お気に入りの英雄を育成し天界の世界を遊びつく

海外:The Farm 51の新作オンラインFPS「World War 3」のアーリーアクセス版が2018年内にSteamでリリース。バトルロイヤルモードを実装へ

 ポーランドのTheFarm51が,新作オンラインFPS「WorldWar3」のアーリーアクセス版を2018年内にSteamでリリースするとアナウンスした。現実のロケーションや各国の戦闘部隊をフィーチャーしたチーム対戦重視のゲームになりそうで,バトルロイヤルモードも用意されるようだ。

 LINEは本日(2018年5月30日),アイディスとの共同開発タイトルとなるスマホ向けMMORPG「ガーディアンズ」を,6月5日にリリースすると発表した。また事前登録者数30万人突破を記念して,公式サイトにてオリジナルTwitterアイコン&壁紙を配布中だ。

【セミナー】ロングヒットタイトルのキーパーソンが登壇 長期運営のノウハウとは…「超長期ゲーム運営サミット」セミナーレポート

GREE<3632>とファンプレックスは、5月10日、六本木ヒルズ森タワー 9階セミナールームにて、「超長期ゲーム運営サミット」を実施した。本セミナーでは、5年以上に渡りヒットを維持し続けている各タイトルのキーパーソンから、長期運営におけるノウハウが披露された。本稿では、当日の模様をお届けする。 ▲グリー株式会社 超長期ゲーム運営サミット 責任者 馬場 貴之氏冒頭にはイベントの発起人でもある、馬場 貴之氏が登壇。馬場氏は"長期運営タイトル"とは、ヒット創造の成功体験を生み出す”開発力”に加えて、不調をきたした際のリカバリー、すなわち"運営力"が大切であると指摘。また、運営力の主な要素が「マーケティング戦略」「PLチューニング」「ユーザーリレーションシップ」の3点であると提示し、「各社のノウハウを共有し、よ

黒い砂漠

 タカラトミーは、Android/iOS用MOBA「ZOIDS FIELD OF REBELLION」のサービスを7月27日に終了すると発表した。また5月29日のアップデートにて、「ゾイドゴールド」の販売を終了した。

 ネクソンは本日(2018年5月29日),スマホ向けRPG「OVERHIT」の正式サービスを開始した。本作は,「HIT〜HeroesofIncredibleTales〜」を手がけたNATGamesが贈る新作アプリ。なお,事前登録者数は50万人を突破している。正式サービスを記念して,SR英雄が必ず手に入るガチャチケットをもらえるログインイベントなど,記念のキャンペーンやイベントが実施中だ。

御影良衛氏はいかにしてどん底から立ち直り,再起するに至ったか。「クラン戦記」開発者インタビュー

 現在事前登録を受付中のスマホ向けRPG「クラン戦記」の企画を手がけているのは,かつてイメージエポックの社長を務めた御影良衛氏だ。同社は2015年に破産したが,御影氏はそこからどのように立ち直り,「クラン戦記」にどのような思いを込めているのか。じっくりと話を聞いた。

 本日12:00,リブリーズとMIKAGEが共同開発するブラウザ/スマホ向けMMORPG「クラン戦記」の事前登録受付がDMMGAMESで開始された。ドット絵を採用した“カジュアル型MMORPG”と題された本作の企画を手がけるのは,元イメージエポック代表取締役社長として知られる御影良衛氏だ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>