MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

Niantic,Pokemon Goプレイヤーの力を借りて世界中のARマップ構築を予定

 エレクトロニック・アーツが「バトルフィールド」シリーズの新作と思しき,ティザーサイトを公開している。そこには「歴史が変わる」「2018年5月23日」「#battlefield」というキーワードが書かれている。

「JOGA安心安全ガイドライン窓口」1月〜3月分のレポートが公開。「その他」カテゴリへの投稿件数が「有料ガチャについて」を初めて上回る

ネクソン,2018年度第1四半期の連結業績を発表。「アラド戦記」など中国事業の好調から過去最高業績に

 ネクソンは本日,2018年度第1四半期(1月1日〜3月31日)の連結業績を発表した。中国における「アラド戦記」の旧正月アップデートの好調などが牽引し,売上収益,営業利益共に大きく成長。主力ゲームタイトルが世界で堅調に推移したことにより,過去最高業績を達成している。

成功するモバイルの有料ゲームとはどういうものなのか

中国:Aiming、繁体字版『CARAVAN STORIES』の事前登録を開始! 台湾・香港・マカオで展開予定

Aiming<3911>は、本日(5月10日)、繁体字版『CARAVAN STORIES』の事前登録を開始した。台湾・香港・マカオが対象地域で、リリース時期は未定とのこと。本作は、6種族と多様なビーストが共存するイアルを舞台に描かれるファンタジーRPG。各地で出会うヒーローやビーストとの共闘、RPGでは異色のタワーディフェンス型対人コンテンツ「デュエル」、圧倒的なグラフィックとスケールで描く、スマートフォンの限界に挑んだRPGとなっている。日本国内では、2017年11月の配信開始以来、全国規模でテレビCMを展開するなどにより、順調にユーザー数を伸ばしてきているという。また、4月19日にはPC版の配信も開始した。 © Aiming Inc.

「みんゴル」で1対1の対戦が楽しめる新モード「ツアーでゴルフ」の狙いを,総合プロデューサー川口氏に聞いてみた

 フォワードワークスが配信中のスマホ向けゴルフゲーム「みんゴル」でアップデートが行われ,キャディと一緒に1対1へと挑戦し,勝利を目指す新モード「ツアーでゴルフ」が追加された。本作の総合プロデューサーを務める川口智基氏に,アップデートの詳細と狙いについて話を聞いたので,本稿で紹介しよう。

EA、ルートボックスについて今後も提供の姿勢を新たに―ギャンブルであることは否定

カナダ・クイーンズ大学「Steamユーザーレビュー」に関する研究発表、プレイヤーはバグよりもゲームデザインに多く言及

 X-LEGENDENTERTAINMENTJAPANは本日,MMORPG「幻想神域-CrosstoFate-」で,特別ルールで戦う「カードバトルイベント」やログインキャンペーンを開始した。さらにダンジョン「ルインズロード」と「モールシャトー」には高難度「地獄級」も実装されている。

大規模esportsトーナメント“IEM”はどのようにしてこの規模に成長したのか? 東京オリンピックでの施策はあるのか? Intelキーマンに独占インタビュー

大規模esportsトーナメント‟IEM”。本イベントの企画・運営に携わるIntel ゲーム&VR / ARセールスゼネラルマネージャーのLee Machen氏の独占インタビューをお届け。氏から見た日本esportsや、IEMが目指す未来像、IEM平昌につづき2020年の東京オリンピックに併せてIEMを開催するのか、伺ってきた。

[Unite 2018]中国で大ヒットしたスマホゲーム「旅かえる」の裏側で起きていた混乱とは。その解決と収益化のポイントが語られたセッションをレポート

 2018年5月7日から9日にかけ開催された「Unity」の開発者向けイベント「UniteTokyo2018」から,中国でヒットを飛ばしたスマホゲーム「旅かえる」の事例を紹介するセッション「旅かえる-中国でのヒットとともに何が起きていたのか&課金・広告共存の収益化」の模様をお届けする。

幻想神域

 エヌ・シー・ジャパンは本日,MMORPG「リネージュ2ライブサービス〜EpicTaleofAden〜」に関して,2018年5月23日に実施するサーバー改編の詳細を発表した。今回の改編では,12年ぶりの新サーバーとなる“パプリオン”が追加される予定だ。

 ゲームオンは本日,PC向けMMORPG「TERA:TheExiledRealmofArborea」にて,新ダンジョン「革命団の隠し砦」を実装した。「革命団の隠し砦」は,5人パーティで挑戦する上位難度のダンジョンで,砦の奥には獣王「アスラン」が待ち受けているという。

 ゲームオンは本日,MMORPG「黒い砂漠」の新クラス「ラン」を実装した。「ラン」は,半月錘という武器を用いた範囲攻撃を得意とするクラス。実装にあわせて,プレゼント抽選に参加できるTwitter企画や,パッケージの割引販売などが始まっている。サービス3周年を記念した,「3周年タイム」のみのレアアイテム販売も行われる。

【速報】コロプラ、第2四半期の営業益は43%減の41億円 スマホゲームの課金収益が低下

コロプラ<3668>は、本日5月9日、第2四半期累計(2017年10月~2018年3月)を発表し、売上高235億5800万円(前年同期比13.6%減)、営業利益41億8000万円(同43.2%減)、経常利益38億7000万円(同49.6%減)、最終利益26億0300万円(同46.7%減)だった。大幅な減益となったが、『白猫プロジェクト』など、売上の多くを占めるスマートフォン向けゲームの課金収益が低下したことによる。 この四半期では、国内向けに「ディズニー ツムツムランド」「アリス・ギア・アイギス」の配信を開始した。また、「クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ」や「白猫プロジェクト」といった既存ゲームにおいては、TVCMやオンライン動画プラットフォームのプロモーションに加え、グッズの製作、リアルイベント等を実施することでユーザとのエンゲージメントを高めるサービス運用をして

海外:基本プレイ無料チームベースシューター『Paladins』正式リリース!

【NDC18】韓国でも今、脱出ゲームがアツい! 江南の脱出ゲームカフェ「Cede-K」で行われた『Elsword』脱出ゲームツアーをレポート

ネクソン<3659>連結子会社のNEXON Koreaは、4月24日~26日の3日間、韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンス「Nexon Developers Conference 18(NDC18)」を開催した。本稿では、カンファレンス期間中に、ネクソンのタイトル『Elsword』と脱出ゲームカフェ「Cede-K」がコラボした『Elsword』脱出ゲームを取材する機会をいただけたので、施設内のレポートや担当者に伺った話をお届けしていく。なお、脱出ゲームというゲームの特性上、今回体験した謎の具体的な中身や内容については掲載NGとなっている点をご了承いただきたい。 ▲脱出ゲームカフェでは、閉じ込められた部屋に隠された謎を解きながら仲間と共に脱出を目指していく。 現実世界で謎解きをしながら制限時間内に危機的状況からの脱出を目指すこのイベントは、日本では20

 セガゲームスは本日,オンラインRPG「ファンタシースターオンライン2」にて,EPISODE5春の中規模アップデート「美しき四天と無限の世界」Part1を実装する。アップデートでは,通常クラスのレベルキャップが85まで開放され,新たなクラススキルが2つ追加される。

内なる“怒り”が新生FFXIVを作った――不定期連載「原田が斬る!」,第6回は「ファイナルファンタジーXIV」吉田直樹氏に聞く,MMORPGの過去と未来

 鉄拳シリーズのプロデューサー・原田勝弘氏による対談企画「原田が斬る!」の第5回をお届けする。原田氏が今回のお相手として選んだのは,「ファイナルファンタジーXIV」のプロデューサー兼ディレクターである,スクウェア・エニックスの吉田直樹氏だ。

海外:『WoW』サーバーにDDoS攻撃を仕掛けた男性へ懲役1年と賠償金約330万円の判決ー海外報道

PSO2

海外:『S.T.A.L.K.E.R.』風サバイバルMMORPG『Next Day: Survival』正式リリース日決定!

カプコン,2018年3月期決算短信を発表。「MONSTER HUNTER: WORLD」の大ヒットなどで,営業利益は前年比17.5%増

 カプコンは本日(2018年5月8日),2018年3月期の決算短信を発表した。2017年4月から2018年3月までの連結業績は,売上高945億1500万円(前年比8.4%増),営業利益160億3700万円(前年比17.5%増),経常利益152億5400万円(前年比21.2%増)で,当期純利益は109億3700万円(前年比23.2%増)。

海外:F2Pシューター『Loadout』が5月末でサービス終了へー原因は「EU一般データ保護規則」

 ヴァロフジャパンとALL-Mは本日,PC向け新作共闘アクションゲーム「KRITIKAR:evolution」にて,CBTの参加者募集を開始した。今回の応募可能なのは,現在「KRITIKA」をプレイしている人に限られており,募集期間は5月7日から25日までとなっている。なお,6月以降にはOBTの開催も予定されている。

EYOUGAMEは、5月7日、本格王道MMORPG『ソードウォリアーズ–無双神剣–』を2018年初夏にリリースすることを発表した。リリースに先立ち、事前登録の受付を開始した。10万人突破でレアキャラクター「剣魂-朱緋の桜(永久)」をプレゼントする。本作は、プレイヤーが剣士として、友達と協力し、神話級のダンジョンでボス打倒を目指すMMORPGだ。ギルドに参加して、マッチング対戦、PVP、GVGなど、多彩な戦闘が楽しめる。 ◆ストーリー大昔、魔界と人間界の間に激しい戦いがあるそうだ…ぎりぎりまで侵略に勝ったが、もし邪霊たちがまた侵略を掲げ攻めて来たら、もう抵抗できないと判断した…魔界の入り口を封じ込めるため、人間の王者は古今剣士達の魂を召喚して、神剣を練成した。数千年が経ち、神剣の力もどんどん消えていく…剣魂も、世界中

「荒野行動」初の公式オフラインイベント開催決定最優秀賞チームには公認実況者として総額1,000万円相当の動画投稿契約を締結する権利が付与

 NetEase Gamesは、Android/iOS/Windows用アドベンチャー「荒野行動 -Knives Out-」初の公式オフラインイベント「荒野の光!スター誕生!」を開催する。

新たなeスポーツ団体「日本eスポーツリーグ協会(JeSA)」が発足。独自のプロライセンス制度を掲げる

Access Accepted第574回:欧米各国で加速するルートボックス規制

 アメリカやヨーロッパで,ルートボックスに対する規制が進んでいるようだ。オランダがルートボックスを含む複数の人気タイトルに対して是正を命令し,隣国のベルギーもそれに追随。アメリカでもルートボックスを規制する法案の審議に入るなど,欧米ゲーム業界はビジネスモデルの見直しを迫られている。

オルトプラス、SDNAとイエラエセキュリティとの3社共催でセキュリティセミナー「多様化するスマホアプリ向け攻撃とその“守り”」を5月23日15時より開催

オルトプラス<3672>とソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(SDNA)、イエラエセキュリティは、3社で共催するセキュリティセミナー「多様化するスマホアプリ向け攻撃とその“守り”~攻撃の実演から学ぶセキュリティ対策~」を5月23日15時より開催する。同セミナーには、オルトプラスより、開発部オルトプラスラボフェローの横田佑斗氏と開発部アカウントマネージャーの笠藤晴香氏が登壇する。(以下、プレスリリースより) ■セミナー概要<テーマ>「多様化するスマホアプリ向け攻撃とその“守り”~攻撃の実演から学ぶセキュリティ対策~」<対象>モバイルアプリ開発部門の方、セキュリティ部門、品質管理部門の方モバイルアプリのセキュリティ対策に課題感をお持ちの方<内容>ゲームのチート被害や脆弱性を突いた情報漏洩など、近年スマホアプリをター

海外:ハーレム禁止。『Stardew Valley』のバージョン1.3では、恋愛にだらしないプレイヤーはきついお仕置きを受ける

今月5月1日、PC版『Stardew Valley』において、バージョン1.3のベータアップデートが実施された。同アップデートの目玉は、オンラインを通じて友人と共に牧場生活を楽しめるマルチプレイヤーモードの実装であるが、シングルプレイヤー向けにもさまざまなほっこりするイベントが追加されている。実はその裏では、険悪なイベントが導入されたことも確認されている。 The post ハーレム禁止。『Stardew Valley』のバージョン1.3では、恋愛にだらしないプレイヤーはきついお仕置きを受ける appeared first on AUTOMATON.

Snail Gamesは、『ドラゴンレボルト』のサービスを2018年5月14日12時をもって終了する。本作は、こだわり抜いたグラフィックと種族と職種の組み合わせによるアクション性豊かなキャラクターによるやり込み要素が満載のスマートフォン向けMMORPG。2017年8月9日よりサービスを開始しており、サービス開始から約9ヶ月でのサービス終了となる。(C)2017 Snail Games Japan,All Rights Reserved.

『PUBG』Steam版のアイテムトレード機能が停止に―第三者サイトでのアイテム売買を防止するため

Steam公式の利用者統計にて英語利用者が再び首位に―ネットカフェの過剰集計分が修正も、中国語は未だ2位の勢い

海外:あのMMORPGの楽しさをもう一度。キャラを育成せずにレイドボス戦だけが楽しめる,「Ragtag Adventurers」を紹介

 MMORPGは面白い。とくに気心知れた仲間とパーティを組み,強大なボスと戦う「レイドボス戦」は多くのMMORPGゲーマーを魅了してきた。ボスニア・ヘルツェゴヴィナのデベロッパが発表している作品は,まさに「レイドボス戦だけを遊ぶゲーム」なのだ。発展途上のタイトルだが,簡単に紹介したい。

日本におけるeスポーツ問題と展望,そしてゲーム依存症の今後。ゲームと社会との関係を問う「黒川塾」第59回をレポート

 黒川文雄氏が定期的に開催している「黒川塾」。これまでもさまざまな議題を取り上げてきたが,「eスポーツの展望とゲーム依存症を考察する会」と題して行われた第59回では,カジノ研究家の木曾崇氏と,本誌でもおなじみ山本一郎氏が登壇。「JeSUに本当に期待したいこと」を中心としたトークが繰り広げられた。その模様をレポートする。

海外:基本無料MOBAシューター『Paladins』正式サービス開始日が決定!

『PUBG』開発元、制作初期メンバー全員に最大5億円のボーナスを支給へ。昨年入社した社員にも平均300万円支給

PUBG Corp.は、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』に携わる同社のスタッフにインセンティブボーナスを支給したようだ具体的な額としては、企画段階から参加した初期メンバー20人全員に、少なくとも10億ウォン(約1億円)から50億ウォン(約5億円)を支給。昨年の発売後に入社した社員300人に対しても平均3000万ウォン(約300万円)を支給したという。 The post 『PUBG』開発元、制作初期メンバー全員に最大5億円のボーナスを支給へ。昨年入社した社員にも平均300万円支給 appeared first on AUTOMATON.

「10連ガチャでSSRを多く引いた方が勝利」 AnimEVOの「グラブル」トーナメントが闇のゲームすぎる → 競技内容変更に

これが真のe(economic)スポーツ……!

任天堂、Web上でMiiを作成・編集する機能を5月下旬に追加─『Miitomo』サービス終了に合わせ

 NHNハンゲームは本日,PC用ベルトアクションRPG「ELSWORD」に,新たなレイドボス「ドラバキ」を実装するアップデートを行い,それを記念したアップデート記念イベントを開始した。また,4年ぶりとなるエルソード公式決闘大会「最強タッグバトルトーナメント」の募集もスタートしている。

 ゲームオンは、PC用MMORPG「黒い砂漠」において、5月9日の実装に先駆けて「ラン」の先行キャラクター作成を開始した。5月9日のメンテナンス開始前までに「ラン」を作成しておくと、ゲームアイテムがプレゼントされる。

「PUBG MOBILE」で,スマホでも最高のバトルロイヤル体験を――日本上陸を果たしたPUBG Corp.副社長 チョ・ウンヒ氏インタビュー

 PUBG(株式会社)が2018年5月中旬のサービス開始を予定しているスマホ向けタイトル「PUBGMOBILE」。バトルロイヤルゲームの大本命として注目度の高い同作だが,今回4Gamerではその準備のため来日した同社の副社長,チョ・ウンヒ氏に話を聞く機会を得たので,その模様をお届けする。

 VALOFEJAPANは,PC向け新作共闘アクションゲーム「KRITIKAR:evolution」(クリティカ・レヴォリューション)を発表した。本作は,「KRITIKA」をより遊びやすく調整し,新要素を取り入れたリニューアル作品だ。「KRITIKA」プレイヤー向けに行われるCBTの参加応募受付も始まっている。

黒い砂漠
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>