MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

 エヌ・シー・ジャパンは,PC向けMMORPG「リネージュ2」のライブサービス,そしてクラシックサービス同時となるアップデートを,本日実施した。本日は「L2Day」(エルツーデイ)こと“リネージュ2の日”。両サービスで,これを記念したスペシャルイベントが始まっている。

エイタロウソフトは、『ブレイブオンライン~残された光~』のサービスを2018年12月下旬をもって終了することを発表した。本作は、異世界ファンタジー世界を舞台とし、懐かしくも可愛らしいドット絵で描かれたキャラクターたちが縦横無尽に駆け巡る本格派MMORPG。2013年7月11日にiOS版、同年10月29日にAndroid版のサービスを開始しており、iOS版のサービス開始から約5年5カ月でのサービス終了となる。© eitarosoft,inc. All Rights Reserved.

総額1000万円以上の“100グラボ”は圧巻の一言。「黒い砂漠」アップデートカンファレンスをレポート

 ゲームオンは12月1日に,同社がサービス中のMMORPG「黒い砂漠」に関して,韓国で発表された今後のロードマップを公式サイトで公開した。これが日本ではどのように導入される予定なのか,メディア向けにカンファレンスが行われたので,その内容をお届けしよう。

 エヌ・シー・ジャパンは,PC向けMMORPG「TheTowerofAION」に向けたアップデート「凍てついた聖物」を,予告どおり本日実施した。第三龍帝エレスギガルとの決戦に向け,“最上級のPvE装備”が手に入るダンジョンなどが実装。“レベル75の新キャラをいきなり作れる”企画にも注目だ。

【Gzブレイン調査】2018年の国内eSports市場は13倍の48.3億円と急拡大 2022年には99.4億円に 

Gzブレインは、2018年の日本国内におけるeスポーツ市場規模について、前年比13倍の48.3億円だったと発表した。2022年には99.4億円まで伸びるとの見通しも示した。発表ではこのほか、市場の成長予測やファン数(試合観戦・動画視聴経験者)の推移を発表した。<プレスリリースより>◆ 2018年国内eスポーツ市場規模は、前年比13倍の48.3億円に。2018年の日本eスポーツ市場規模は、前年比13倍の48.3億円となりました。今年2月、「日本eスポーツ連合(JeSU)」の発足とプロライセンスの発行開始を皮切りに、eスポーツに関する報道が急増、また、各テレビ局によるeスポーツ関連番組の放送開始に伴い、スポンサーシップに関わる収益が拡大しました。さらに、『Fortnite(フォートナイト)』、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』といったタイトルのゲ

KLab<3656>は、本日(12月12日)、事前登録受付中のモバイルオンラインRPG『禍つヴァールハイト』について、2018年に配信開始を予定していたが、2019年に変更することを明らかにした。ゲームのクオリティ向上のため、としている。同社では、「本作を心待ちにしてくださっている皆様には、心よりお詫び申し上げます。」と謝罪した。さらに作り込まれたゲームに期待しよう。 特設ページ公式TwitterGoogle Play©KLabGames

海外:海賊ファンタジーMMO『ATLAS』Steam早期アクセス開始延期へー12月20日配信に変更

 ロックスター・ゲームスは、プレイステーション 4/Xbox One用オープンワールドアクション「GTAオンライン」にてアップデート「アリーナウォーズ」を実装した。

スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

​CTWは、本日12月11日より、新作HTML5ゲーム『ガールズ&クリーチャーズ』をゲームサービス「G123.jp」で正式リリースした。本作は、次々に現れるモンスターを仲間と共に倒していくMMORPG。一見ありがちかと思いきや、全く異なる2つの世界を同時に楽しめる。◆簡単操作寝ている間に簡単レベルアップ、たくさんある装備もワンタップでまとめて強化など、煩わしい操作は一切なし。バトルもオートで進むので、RPGゲームの美味しいところだけをノーストレスで大いに楽しめる。◆異なる世界観勇者サイドについて人間の少女と魔王に立ち向かうか、魔王サイドについて人外の少女と勇者の行く手に立ちはだかるか。どっちを選ぶかによって増える仲間やステージ背景も違うので楽しみ方はユーザー次第。◆豊富なクエスト与えられた任務をクリアするか、他のプレイヤーとの一騎打ちでトップを目指すか、魔獣や騎獣を倒して仲間にする

黒い砂漠

『レインボーシックス シージ』不適切発言の取り締まり方を改良。自動検出&フィルタリングと手動審査の組み合わせ

『レインボーシックス シージ』のテキストチャット内での誹謗中傷・人種差別的発言など不適切な発言の取り締まりが改良された。不適切ワードの自動検出とフィルタリング、Ubisoftによる手動審査を組み合わせることで、発言者と読み手の両者に対する対応を改善する試みだ。

韓国:韓国Netmable、新作モバイルMMORPG『ブレード&ソウルレボリューション』をリリース…リリース当日にApp Store売上ランキングで首位獲得!

韓国Netmableは、新作モバイルMMORPG『ブレード&ソウルレボリューション(블레이드&소울 레볼루션)』を韓国App StoreとGoogle Playで12月6日にリリースした。先行ダウンロードを実施しており、App StoreとGoogle Playの無料ランキングで首位を獲得したが、App Storeではリリース当日に売上ランキングで首位を獲得し、現在も首位をキープしているほか、Google Playでも12月10日現在、2位に付けている。本作は、PCオンラインゲームとして人気を博したMMORPG『ブレード&ソウル』のモバイルゲーム版にあたる。原作の膨大な世界観と、コンテンツをモバイルに再解釈したという。Unreal Engine 4で製作された最高レベルのフル3Dグラフィックスをもとに高クオリティシネマティックな演出と、メインシナリオに忠実なストーリー、軽システム、

ゲームのアカウント育成や成績向上を代行する「ブースト行為」が、韓国にて“法律”で禁止へ。最大200万円の罰金措置

韓国にて、ブースト行為を禁止する法律が可決された。韓国国会において、ゲーム産業促進法改正案が通過し、料金を支払いゲームのアカウントのレベルアップを代行してもらうサービスを全面的に禁じるという。ゲーム単位ではなく、国家レベルで禁止するという大胆な施策だ。

 ACCESSPORTは本日,ダークファンタジーMMORPG「LeagueofAngelsII」の新サーバー“ワールド19”をオープンし,マウント“キングライオン”やGRマウント“白虎”または“犬神”が入手できる記念キャンペーンが開催中だ。また,“DMMGAMES”でのチャネリングも開始した。

オンラインゲーム開発のソフトギア、グラフィック制作のデジタルポケットを吸収合併 グラフィック制作能力を強化へ

オンラインゲーム開発のソフトギアがデジタルポケットを吸収合併することがわかった。この日(12月11日)付の「官報」に掲載された合併公告で判明した。デジタルポケットは解散する。ソフトギアはオンラインゲームの受託開発やライブラリ開発・販売、コンテンツサービスを主力事業としている。オンラインコンテンツ向けの技術開発からオンラインゲーム開発/運営開発までをワンストップで提供している。また、デジタルポケットは、3Dや2Dなどのキャラクターデザインのほか、UIの制作などを行っており、グラフィック制作能力の強化が狙いとみられる。  

【MMD研究所調査】「2018年版:スマートフォン利用者実態調査」を実施…遊んでいるゲームアプリの上位は『ツムツム』『ポケGO』『パズドラ』

MMD研究所は、コロプラ<3668>が提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査の第19弾として「2018年版:スマートフォン利用者実態調査」を実施した。 なお、今回の調査は、スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女2,718人を対象に2018年10月31日~11月1日の期間に実施している。 ■スマートフォンの利用時間「2時間以上3時間未満」が24.1%、「3時間以上4時間未満」が18.5%タブレットの利用時間「30分未満」が24.8%、「1時間以上2時間未満」が18.1%スマートフォンを所有する15歳から59歳の男女(n=2,718)を対象に、スマートフォン以外でインターネットに接続できる機器の所有(複数回答可)について聞いたところ、「ノートパソコン」が61.4%と最も多く、次いで「テレビ」が42.3%、「

League of Angels II

フォワードワークスは、本日(12月10日)、スマートフォン向けゴルフゲーム『みんゴル』においてアップデートを行い、「サクサク快適なプレイ」を楽しめるよう、動作の快適化を中心とした改善を行った。また、 コイン(※1)やプライズチケット、能力ボールなど『みんゴル』を存分に楽しめる豪華報酬をプレゼントする「カムバックキャンペーン」も開催中。■運営よりメッセージ動画“さらにサクッと爽快!を目指して”を配信今回の動画では、「みんゴルファー」の要望に応えたアップデートの内容とともに、今後の『みんゴル』ついても語られる内容に。『みんゴル』では今後も、定期的に「みんゴルファー」にアンケートを実施していく予定。▼「今後の『みんゴル』について」動画はこちら▼▼「今後の『みんゴル』について」特設サイトはこちら▼https://www.mingol.com/update1812/ 

FPSの開発一筋12年のクリエイターが語る、人間の本能と心理を応用したレベル制作。スムーズにマルチプレイを楽しんでもらうために【CEDEC+KYUSHU 2018】

2018年12月1日、福岡市の九州産業大学にて行われたCEDEC+KYUSHU 2018から、“人間の本能と心理を利用したFPSのレベル制作”をお届けする。

ゲームの承認が凍結されていた中国に,オンラインゲーム倫理委員会が新設される。すでに20タイトルの審査を実施

オーストラリアのストリーマー『フォートナイト』配信中に妻へ暴力を振るい逮捕

「荒野行動」、大規模オフラインイベント「荒野行動1周年感謝祭」を開催有名配信者からアーティストまで勢ぞろい!

 NetEaseは12月9日、Android/iOS用バトルロイヤル「荒野行動」が11月に1周年を迎えたことを記念して、東京・晴海のCROSS DOCK HARUMIにて「荒野行動1周年感謝祭」を開催した。

PS4版『PUBG』は実際どうなのか?インベントリ等に不満がありつつも「王道の面白さ」を確認【特集】

ローソンの「からあげクン」が『ファイナルファンタジーXIV』とコラボ決定! 1月22日より「にんにく焦がしマー油味(リミットブレイクフレイバー)」を発売

ローソンは、12月7日、「からあげクン」とスクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジーXIV』がコラボした「にんにく焦がしマー油味(リミットブレイクフレイバー)」を、1月22日より発売することを発表した。また、本商品はモーグリとからあげクンがコラボしたオリジナルパッケージとなっている。 特設ページ

FinalFantasy14

海外:弾幕ローグライクMMORPG「Survived by」,OBTが本日スタート

海外:2DグラフィックスのMMORPG「Survived By」,アーリーアクセス版が配信開始。プレイヤーキャラクターは死ぬたびに世代交代

 DigitalExtremesは本日,MMORPG「SurvivedBy」のアーリーアクセス版をSteamでリリースした。本作は2Dグラフィックスを採用したアクションシューティングゲームで,火球や魔法を掻い潜りながらキメラを倒していく。基本プレイは無料(アイテム課金制)だ。

10周年を迎えたMOFPS「AVA」運営チームに10年間の思い出と“これから”を聞いた

 ゲームオンのオンラインFPS「AllianceofValiantArms」は,12月1日にサービス開始から10周年を迎えた。そんな節目の年ということで,これまでの10年と“これから”について,日本運営チームの大濱学士氏と,氏が率いる「アヴァレンジャイ」に聞いた。

 X.D.Globalは本日(2018年12月7日),スマホ向け新作アプリ「非人類学園-ExtraordinaryOnes-」で,事前登録の受付を開始した。配信時期は2019年1月を予定しているとのこと。本作は,NetEaseGamesが開発し,全世界で1000万人以上がプレイしたとされる“パロディアニメ風”のMOBAだ。

PS4版『PUBG』ダウンロード版の配信が開始された。地面に足跡が残る雪原マップ「Vikendi」の実装スケジュールも公開されており、PCテストサーバー上には12月7日に、PCライブサーバーには12月19日に、PS4/XBOには2019年1月に実装予定。『PUBG MOBILE』向けの日程は近日発表される。

『白猫プロジェクト』×『モンスターストライク』衝撃コラボはなぜ実現したのか? その裏側をキーマンたちに聞く

2018年11月24日から12月14日まで、スマホゲームアプリ『白猫プロジェクト』で開催中の『モンスターストライク』とのコラボ企画。人気タイトルどうしの衝撃コラボはどのように実現にいたったのか? その経緯をキーマンたちに聞いた。

「The Game Awards 2018」各部門受賞作品リスト―『RDR2』が最多4部門受賞!【TGA2018】

スマホゲーム会社の雇用動向(45) KLab、第3四半期の従業員数は21人増の584人に拡大…引き続き人員増強フェーズに

KLab<3656>は、11月8日に開示した第3四半期(18年7~9月)の決算説明会資料で、グループ従業員数が前四半期比で21人増の584人になったことを明らかにした。これは直接雇用されている正社員の人数で、契約社員とアルバイトは含んでいないとのこと。内訳を見ると、海外が3人増の50人、国内が18人増の534人に増えた。2017年の第3四半期より人員増強フェーズに移行しており、採用力を強化しているという。 【関連記事】・【決算まとめ】ゲーム関連企業32社の7-9月…32社中13社が営業赤字に モバイルゲーム大手の利益率もさらに低下 グローバルで飛躍するアカツキとKLab・【速報】KLab、3Qは売上高36%増、営業益24%増と2ケタ超の増収増益に 『キャプテン翼』や『ブレソル』の好調が寄与・KLab、7~9月の海外売上高は30億円の大台突破し過去最高を更

海外:「ARK: Survival Evolved」のデベロッパによる海賊MMO「ATLAS」の制作が発表&最新トレイラー公開。発売は12月13日を予定

 ロサンゼルスで開催されたゲームイベントTheGameAwards2018」で,PC向けの新作MMO「ATLAS」の制作が発表され,トレイラーが公開された。プレイヤーは16世紀頃のカリブ海を思わせる世界で海賊となり,仲間と共に冒険を繰り広げる。発売はもう来週,2018年12月13日とのことだ。

海外:海洋ファンタジーMMO『ATLAS』12月13日配信開始!【TGA2018】

 ウォーゲーミングジャパンは本日,2019年後半に配信を予定しているPlayStation4/XboxOne向けオンライン海戦アクション「WorldofWarships:Legends」のクローズドβテストを12月21日より実施すると発表した。これに合わせて,事前登録受付を公式サイトにて開始した。

『CS:GO』が基本プレイ無料化。同時にバトルロイヤル型のゲームモード「Danger Zone」が実装された。「Danger Zone」は『CS:GO』のゲームメカニックを活かしているほか、他モードのようにマッチ時間の短い短期決戦型のバトルロイヤルモードとなっている。

アソビモは、スマートフォン向け正統派MMORPG『トーラムオンライン(Toram Online)』において、12月6日(木)より、クリスマスイベントの新シナリオを公開した。現在開催中のクリスマスイベントに、新たに2つのストーリーシナリオ「ノエリエル城の氷像」と「氷像の補修」を追加。2015年から続くストーリーの続きとなる今回のシナリオでは、凍結した「ナビダの街」を救った冒険者一行が、さらに世界各地のクリスマスを盛り上げるべく、さまざまな依頼を頼まれる。加えて、「鍛冶屋」などで生成できる装備アイテムには、「サンタひげ」「トナカチューシャ」など、クリスマス気分を盛り上げる7つの装備アイテムを追加。また、本日12月6日(木)のアップデートで計18点のキャラクターメイキングパーツを追加し、『トーラムオンライン』で制作できるキャラメイクの組み合わせが5000億通りを突破。髪型や髪色はもちろん、前髪の

AVA

 カプコンは本日(2018年12月6日),同社がサービス中のオンラインゲーム「Dragon’sDogmaOnline」のアップデート「シーズン3.4」を実装した。実装に併せて,最新アップデートの一部内容と記念キャンペーンの情報が公開されているので,確認しておこう。

 DMMGAMESは本日,アクションMMORPG「Skyforge」のPS4版の配信を,PSStoreで開始した。本作は,魔法と科学が発達した惑星「エイオン」を舞台にした,SFファンタジーテイストの作品だ。PS4版のサービス開始に合わせて,ログインキャンペーンやSSコンテストなど各種イベントがスタートしている。

 ゲームオンは本日,サービス中のオンラインFPS「AllianceofValiantArms」にて,サービス開始10周年を記念して特別チャンネル「CLASSIC」を実装した。約10年前の,サービス開始当時の環境で戦えるチャンネルで,この装備のみで行われる公式大会のエントリーも始まっている。

AVA

「Yahoo!検索大賞2018」発表会が開催。ゲーム部門は「MONSTER HUNTER: WORLD」が受賞

 2018年12月5日,東京の虎ノ門ヒルズにてヤフー主催による「Yahoo!検索大賞2018」発表会が開催された。これは,前年と比較して検索数が最も急上昇した人物や製品などを表彰するもので,カルチャーカテゴリーのゲーム部門はカプコンの「MONSTERHUNTER:WORLD」が受賞した。

 Webzen Japanは、PC用MMORPG「MU LEGEND」において、大型アップデート「戦花舞うノリア」を12月5日に実装した。

Epic Gamesがゲーム配信プラットフォーム「Epic Games Store」を発表。収益の88%が開発者の取り分となる,Steamより高い収益分配率に

 EpicGamesは,独自のゲーム配信プラットフォームとなる「EpicGamesStore」を発表した。最大の特徴は,ゲーム開発者がその収益の88%を受け取り,EpicGames側はサーバー運営費として12%を徴収するというビジネスモデル。その高い収益分配率から,Steamの大きなライバルとなりそうだ。

MU LEGEND
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>